とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    矢野燿大

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1
    1


     「阪神3-1DeNA」(2日、甲子園球場)

     阪神が逆転勝利。引き分けを挟んだ連敗を3で止め、再び勝率を5割に戻した。六回に登板した3年目の馬場がうれしいプロ初勝利を手にした。

     2番手でマウンドに上がった馬場は先頭のロペスを二飛に打ち取ったが、続く倉本にはストレートの四球。続く大和にも四球を与えると、さらには2死後、戸柱にも四球で満塁。しかし、この日3安打と大当たりの梶谷を三邪飛に打ち取り、絶体絶命のピンチを切り抜けた。その裏の味方打線の逆転で、待望の初勝利が転がり込んだ。

     矢野監督は、初勝利の馬場について「自作自演なところはありましたけど」と苦笑い。それでも「ドラフト1位で入ってなかなか1軍で(思うような投球が)できない中で、僕も2軍監督で見てきましたし、このひとつの勝利が自信になってどんどん大きなピッチャーになっていってくれたら」とまな弟子にエールを送っていた。




    自作自演!?も、初勝利のいいスパイスとなりました。 阪神・矢野監督、初勝利の馬場に苦笑い「自作自演ではありましたけど」/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2020/08/02/0013567947.shtml  @Daily_Onlineより



    馬場の投球について 『自作自演なところもありましたけども』(笑) 言わんといたって pic.twitter.com/nGBMbSb9yO


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <阪神3-1DeNA>◇2日◇甲子園

    阪神矢野燿大監督が攻めの采配で流れを引き寄せた。

    5回1失点の先発岩貞スイッチを決断すると、6回から惜しげもなく中継ぎを投入。

    6回攻撃では糸井が右前打で無死一、三塁の好機をつくると、代走島田をコール。プロ初盗塁を決めた島田が決勝のホームを踏んだ。矢野監督は「今日1日、全員で野球できて勝ったというのは大きいと思う」と笑顔で振り返った。




    矢野監督の 全員でやる野球 この言葉好き! やっぱり何事もチームワーク🐯 だからこのチームらしい勝ち方 たまらなく好き👍🐯 #阪神タイガース



    矢野さんが監督に就任してから格段にチームのムードが良くなった。 負けた時は全員が悔しがるし、 勝った時は全員で喜んでる。 タイムリー打つとベンチがあんなに喜ぶんだから打った側はもっと嬉しくなるよね。 年齢関係なく野球できてるのが今の強い阪神タイガースに繋がってると思う。 最高です


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    egosi


    <阪神3-1DeNA>◇2日◇甲子園

    阪神江越大賀外野手が気迫の本塁ヘッドスライディング生還で勝利を決定づけた。

    1点リードの8回、左前打で出塁したサンズの代走で出場すると、大山の死球で二進、ボーアの中飛で三進。続く梅野は遊撃へのゴロになったが「前に(打球が)飛んだので走りました」と、全身を投げ出して3点目をもぎ取った。リードを2点に広げた好走塁。矢野監督は「大賀(江越)しかセーフになれないような、スタートとスピードとスライディング」と絶賛した。




    間一髪!代走江越が生還で貴重な追加点! #hanshin #虎テレ #阪神タイガース https://t.co/EAT2r6jEna



    @TigersDreamlink 江越の足!



    @TigersDreamlink E☆GO☆SHI


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1





     「阪神3-1DeNA」(2日、甲子園球場)

     逆転勝利を手にした阪神の矢野燿大監督は「MVPは島田の盗塁」と島田海吏外野手(24)の“神走塁”を絶賛した。

     場面は1点差で迎えた六回、無死一塁から糸井が右前打で一、三塁と好機を広げる。ここで糸井の代走として出場した。続くサンズの打席で1-2から4球目、果敢に二塁を狙う。「サインは出てないというか、いつでも行けたら行けというところで…」と、ノーサインでの積極走塁。好走と凡走の紙一重の選択で、間一髪のタイミングで二塁に滑り込んだ。

     ベース上では思わずガッツポーズ。プロ3年目での初盗塁に、試合後は「いま思うとちょっと恥ずかしい」と照れ笑いしたが、二塁に進んだことで、大山の右前打で一気に逆転のホームに生還。足で奪った1点に指揮官も賛辞を惜しまない。

     「むちゃくちゃデカいよ。1点負けている状況で、あそこで走る勇気。実際にそこでセーフになってくれるというのは、本当にプロだしね。例えば、近本がスタメンから出ている状況で走るのとは訳が違うので。ああいうプレーに対する価値というのはすごく大きい」

     島田は2017年度のドラフト4位で入団。金本前監督からも足と、打撃を評価された逸材だ。矢野監督が2軍監督を務めた2018年には、リーグ記録を更新する163盗塁の原動力となった1人。「超積極野球」の申し子でもある。

     同年ドラフト1位・馬場のプロ初勝利を導く殊勲の活躍。スペシャリストの台頭がチームに流れを呼んだ。




    「今日のMVPは島田の盗塁、江越の走塁」 こう矢野監督が言うと若手はやる気になるよな!(^^) でも島田は良く走ったよ…あれなかったら同点止まりだから。 9連戦前にいい試合ができた! 巨人には3タテしてもらいましょう😏😏 #阪神



    僕の中の今日の…えーまぁMVPというか…えー…まそれは島田の盗塁かなと思ってます。 矢野監督より 同感です! #阪神タイガース #島田海吏 選手


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <阪神3-1DeNA>◇2日◇甲子園

    阪神糸井嘉男外野手が15打席ぶりの快音で大山の逆転打をお膳立てした。

    6回無死一塁の第3打席で、甘く入った平良のスライダーを鋭い打球で右前へ。無死一、三塁と好機を広げた。

    一時は打率2割4分まで低迷したが、矢野監督は「嘉男(糸井)もずっと苦しんで、もがきながらやっている中で1本出て。これで上がっていってくれたら」と期待を寄せた。




    #すまたん阪神 近本、糸井とヒットで繋いで4番大山がタイムリー。 打線が繋がり投手陣の系統がうまくいくと勝ちますね。 3連敗せんでよかった〜。



    大山のタイムリーもその前の近本、糸井のヒット→島田の盗塁が大きかったな。 糸井は調子アカンかと思ったけど、長打は出てないけどやっぱ技術はあるなあ。 さすがだった。 このまま上がってきてくれるといいわね。


    続きを読む