とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    桑原謙太朗

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    右肘のコンディション不良から再起を目指す阪神桑原謙太朗投手が復活への青写真を描いた。

    3月には打撃投手を務めるなど順調に回復。チームの活動休止中はペースダウンしたが、現在は「ブルペンに入る手前」まで進んだという。17、18年と2年連続で60試合以上に登板した右腕は「開幕と言われたときにしっかり投げられる状態を作っていきたい」と逆算して調整を進める。




    桑原謙太朗は一昨年のブレークを今季再現して欲しいね。元DeNAから阪神に来て実力を発揮したのは正直好感持てる。





    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     右肘痛からの復活を目指す3年前の最優秀中継ぎ投手・阪神の桑原が19日、2軍施設の鳴尾浜球場で打撃投手として登板し、熊谷、藤谷を相手に37球で安打性1本に抑えた。キレのあるボールで藤谷のバットをなんと3本もへし折るなど球威十分。昨年4月19日の巨人戦を終えて2軍落ちしてからリハビリ期間が続いているが、打者と対戦できる状態まで回復している。





    桑原が復活でもしたらいよいよ阪神強い



    ジョンソンドリスが抜けてるから もちろんエドワーズスアレスもおるけど 桑原が復活したらより中継ぎは厚くなるよなぁ


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ようやくフリー打撃登板へと歩を進めた。右肘痛からの復活を目指す阪神・才木浩人投手(21)と桑原謙太朗投手(34)が鳴尾浜で打者相手に投げ込む段階までたどり着いた。


     才木はドラフト2位・井上(履正社)と同4位・遠藤(東海大相模)と相対した。直球だけではなく、カーブやスライダーなどの変化球も積極的に試投。両打者が差し込まれファウルとなる場面も際立った。

     「バッティングピッチャーなので、ファウルを取ろうというよりストライクゾーンに投げきることを考えていた」という。井上には左越え本塁打を打たれたが、両打者に54球を投じ、安打性の当たりは5本。「悪くはない」と確かな感触を得た。

     一方、桑原は小幡、藤谷と相対した。直球に加え、伝家の宝刀であるスライダーを投じ、打者の反応を確認した。安打性の当たりもほとんどなく、約50球を投じた。実戦段階に近づいているかと問われると「そこまではまだいっていない。これからしっかり投げて実戦に戻れるようにやっていきたい」と力を込めた。

     打者に投げることはかなり久しぶりのことであった。才木は昨季5月19日のウエスタン・広島戦(由宇)以来約10カ月ぶり。桑原は昨季4月19日・巨人戦(甲子園)以来約11カ月ぶり。本来の力を取り戻せば、1軍戦力として十分期待される両投手が順調な調整ぶりを示した。




    桑原投手は昨年4月19日、才木投手は昨年5月19日以来の実戦マウンドへ一歩前進した形。 打者側から投球を見ていた平田二軍監督も「順調にきてるね。才木にしても桑原にしても球に力があるよ」と目を細めていました! pic.twitter.com/9tRi5ZPJ3j



    @SponichiHinata @S_hrt35 幸か不幸か、開幕戦遅れた事で、更に磐石になる阪神タイガース投手陣。才木、桑原、復活。岩崎、島本、伊藤和、復帰。



    @SponichiHinata 2人とも大好きな選手、頑張ってほしい☺️


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    右肘痛の影響で昨季7試合登板にとどまった阪神桑原謙太朗投手が復肩を目指す。この日は鳴尾浜で練習。雨で足場が悪く、ブルペンの傾斜を使ってキャッチボールを行った。

    「ここまで投げられるようになってきた。最終的にそこ(好調時)を目指していきたいけど、まずは投球をして試合に投げられるようになってから」。17年に最優秀中継ぎ投手賞のタイトル奪取した実力者が、救援右腕の地位奪回を目指す。




    阪神は藤浪と桑原さえ復活すれば安泰やから 藤浪は先発でも中継ぎでもバッターでもいいから輝き取り戻してくれ



    阪神桑原「まずは投げられるように」地位奪回目指す(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース やっぱりまだまだ見通しが立っているレベルではないか……  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200124-01230865-nksports-base 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神の桑原謙太朗投手(34)が23日、完全復活を遂げて再び勝利の方程式を担うことへの意欲を示した。藤川らと共に鉄壁の救援陣を築き上げ、チームを勝利に導く。

     若い選手が汗を流す鳴尾浜で、黙々とメニューをこなした。キャッチボールでは一球一球を丁寧に投じて感覚を確認。「もう一度、普通に投げたい。それが一番です。(中継ぎに)若い子も、外国人も入ってくる。競争しないといけない」と再起への思いを強めた。

     17、18年と2年連続で60試合以上登板とフル回転した右腕。だが、今季はわずか7試合の登板にとどまり、4月下旬に出場登録を抹消されて以降は、右肘痛の影響などもあって実戦復帰を果たせなかった。

     右腕が復活を果たせば、チームにとって大きな戦力アップが望める。「そこ(勝利の方程式)に入るまでに、投げられるようにならないと。そこからですね。貢献したいので」。来季は藤川が守護神を務めることが濃厚で、新外国人のジョン・エドワーズと桑原の3人で勝ちパターンを担えば“新JFK”が結成される。

     「(1軍で)できるかではなく、やりたいなと思います」。約1年間の“充電”を終えた右腕が、歓喜の瞬間のために再びフル稼働する。




    🐯桑原... 復活で”新生JFK”結成や! 勝利の方程式入り目指す 「競争しないと」👍 マジで復活を期待するぞ〜🙏 #阪神タイガース #桑原謙太朗 記事デイリーさん pic.twitter.com/E99khE2W4Q



    @yakyuragu 活躍してや!🙏


    続きを読む

    このページのトップヘ