とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    補強

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


    <この10年、阪神やっぱりこうやった!?>

    10年から19年までの10年ひと区切り(ディケイド)をテーマに阪神を分析し“猛虎の風説”について考える企画「この10年、阪神やっぱりこうやった!?」。今回は「阪神はFA戦略がヘタ?」です。ドラフトや助っ人獲得以上に戦力を左右するフリーエージェント、阪神のこの10年を振り返ると…。

    阪神のFAで目立つのがオリックスとの関係だ。FA制度が導入された93年オフに移籍してきたのが石嶺和彦だった。翌94年オフには山沖之彦が加入。さらに99年には「星の王子さま」として知られた星野伸之が加入している。すべてオリックスからの移籍だった。

    実力がありながら人気面では大きな差があった阪急=オリックスの選手間に「いつかは阪神で…」という意識があったという話も聞いたことがある。若い人にすれば“昭和の香り”のするエピソードだろう。

    残念ながら、その3人が古巣で残したような結果は出せなかったため、阪神は「FA補強がうまくない」というイメージが生まれたのかもしれない。

    そんなイメージを覆したのが金本知憲だった。02年オフに当時の星野仙一監督からのラブコールに応える形で広島から移籍。一気にチームの中心選手となり、03年、阪神の18年ぶりリーグ優勝に貢献したのは記憶に新しい。

    阪神にとっては同じセ・リーグから初のFA獲得ということも影響したかもしれない。07年オフには金本を慕う新井貴浩も同じく広島から移籍。優勝には結びつかなかったが、その後、広島に戻り、古巣の3連覇に貢献するという異例の展開となった。

    「オリックス→阪神」という傾向は近年、再び高まっている。この10年(ディケイド)で見ると12年に日高剛、16年に糸井嘉男、さらに18年オフに西勇輝とオリックスからの移籍が目立っている。

    阪神は過去に12人のFA選手を獲得しているがその半数の6人がオリックスからの移籍。本拠地が近く、住居などの生活環境を変える必要がないのも大きな要素だろう。

    この10年で見ると糸井も頑張っているが素晴らしかったのは昨季、移籍1年目の西勇輝だ。イニング数でキャリアハイを記録。引退を決めたメッセンジャーに代わり、投手陣の柱となった。

    成功の理由について西に聞くと「トシ(年齢)じゃないですか。以前は30代半ばで移籍することも多かったし」と答えた。事実、FA権の取得年限については段階的に短くなっている。90年11月生まれの西は阪神1年目が28歳で迎えたシーズンとなった。この年齢で移籍となれば阪神に限らず、移籍先で活躍できる可能性は高くなる。

    そんな西の成功例を見ても、阪神のFA戦略は経験を積んだ上で慎重になり、うまくなってきていると言えるかもしれない。【編集委員・高原寿夫】




    阪神FA戦略はヘタ?のイメージも糸井、西で成功(日刊スポーツ)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200117-01170057-nksports-base  糸井さんも 阪神来てから怪我が 多いですよね⁉️ パ・リーグ時代はどうだったんかな⁉️



    別に阪神はFA補強下手ではない気がする 糸井や西が移籍してなければ2017年の2位も去年のCS進出も無かったやろ  https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/amp/202001170000057.html?utm_source=twitter 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    kosien


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/01/14(火) 17:29:16.91 ID:0S9Thwfz0
    【阪神】評価:A
    ジョン・エドワーズ投手(インディアンス)
    ジェリー・サンズ外野手(韓国キウム)
    ジョー・ガンケル投手(マーリンズ3A)
    ロベルト・スアレス投手(ソフトバンク)
    ジャスティン・ボーア内野手(エンゼルス)
    中田賢一投手(ソフトバンク)

    投手陣は昨季防御率1位でさらに投手を多めに補強しさらに強化
    得点リーグ最少をボーアで埋める

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1578990556/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


     昨秋のドラフトでは、相次いで高校生ばかり指名した阪神。今季優勝の命運を握るのは、メジャー通算92発のボーア=前エンゼルス、同49試合登板のエドワーズ=前インディアンス=ら、総勢8人に膨れ上がった助っ人勢であることは言うまでもない。

     矢野燿大監督(51)以下の1、2軍の全首脳陣、球団フロントが兵庫県西宮市内に集い、合同スタッフ会議が8日開かれた。外国人選手の扱いについて、首脳陣の1人は「(ポジションの)確定はしていない。競争してもらわないと困る。結果を出して、競争に残ってもらえれば。どっぷり外国人枠(を使う)っていう存在にはならない」と言い切った。

     今年は東京五輪開催の関係で、開幕が例年より10日ほど前倒し。キャンプ前半から実戦が増える中で、助っ人勢には本職のポジション以外にもつかせる方針だ。来日後に「まずは話してから」と意思の確認はするというが、契約前の交渉内容とのズレなど、扱いを誤ればチームの火種にもなりかねない。

     かねて球団内には「助っ人へのフォローがヘタ過ぎる」との声もある。昨季は途中入団したソラーテが、起用法を巡って電撃退団した。二の舞いを演じないため、フロントは通訳を増員。さらに駐米スカウトのシーツ、ウィリアムス両氏を今春キャンプにベタ付きさせ、フォローする構えだ。

     矢野監督も「競争が激しくなるのは間違いない」と期待するが、虎の“助っ人シフト”は思惑通りに奏功するのか。(山戸英州)




    取り扱い要注意! 阪神の命運握る助っ人勢… チームの火種になりかねず? (夕刊フジ) ちょっと心配💧  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200109-00000000-ykf-spo 



    「助っ人8人体制の火種」、「ソラーテの二の舞」とかさぁ、東スポ、ゲンダイ、夕刊フジはそれしか書く事がないの?お前らの妄想記事はペラペラだな😞 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200109-00000000-ykf-spo 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    4


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/01/08(水) 12:29:55.98 ID:qEL+VQkP9
    阪神の球団史上最多となる外国人8人制が論議を呼んでいる。阪神は今オフに新外国人としてジャスティン・ボーア内野手(31)、ジェリー・サンズ内、外野手(31)、ジョン・エドワーズ投手(30)、ジョー・ガンケル投手(27)、ロベルト・スアレス投手(28)の5人と契約。契約延長したオネルキ・ガルシア投手(30)、ジェフリー・マルテ内野手(28)、呂彦青投手(23)を含め、今季は外国人8人体制でシーズンに挑むことが決定した。チーム内競争の激化、1年を通じて戦う選手層の強化が主な目的だが、ご存知の通り、外国人の1軍登録枠は4人で、投手または野手として同時に登録申請できるのはそれぞれ3人となっているので、残り4人はファームで調整することとなり、育成が急務の若手のファームでの出場機会を奪うことになりかねない。

     NPBの実績があり計算が立つのは、中日から移籍し、昨季6勝8敗、防御率、4.69だった左腕のガルシアと、ソフトバンクで4年プレーして通算78試合に登板、3勝11敗、1セーブ、29ホールド、防御率4.28のスアレスの2人に1年目に105試合に出場、打率.284、12本塁打、49打点の成績を残したマルテの3人だけ。呂は3年目だが、まだファームでの育成段階だ。

     新4番として期待されている左のボーアは、メジャー通算92発の大砲で、そのパワーと四球を選ぶ選球眼に期待が寄せられるが、昨季は、エンゼルスで打率.172と低調。メジャーでは左投手を苦手としており、92本中8本しか打てておらず、一塁しか守れない。マルテのコンバートも思案されているというがポジションが被る。サンズは、韓国プロ野球で、昨季28本を放っているが、同じく韓国経由のロサリオが力を発揮できなかった例があり未知数だ。

     また投手陣に目を向けると、ガンケルは先発候補のようだが、最大の焦点は、藤川球児と共に勝利の方程式を形成していたジョンソン、ドリスの後釜として獲得されたエドワーズだろう。

     メジャーでは、すべて中継ぎ、救援登板で、今季は9試合に登板して2勝0敗、防御率2.25。196センチと長身で150キロを超える角度のあるストレートに加え、スライダーなどの変化球に制球力がある点は、近年、日本で成功している投手の条件を満たしている。故障明けから右肩上がりのスアレスには、代役としての計算が立つとして、もしエドワーズがこければ、新勝利の方程式が崩壊することになる。

    続きはソースで
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200108-00010000-wordleafs-base

    6: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/01/08(水) 12:33:31.53 ID:InyS2rsL0
    バース様の再来や!

    13: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/01/08(水) 12:37:00.52 ID:l6U1WGfV0
    チームは優勝ボーアタイトル独占あるで

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1578454195/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    3yasyu


    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/01/05(日) 18:59:44.70 ID:MsGpzV8+a
    矢野燿大新監督のもと、3位に食い込んでクライマックスシリーズ進出を果たした阪神。矢野監督体制で2年目となる今季こそ、2005年以来遠ざかっているリーグ優勝を手にしたい。そこでここでは、2020年シーズンの阪神の基本オーダーを占ってみたい。

    1(中)近本光司
    2(遊)木浪聖也
    3(右)糸井嘉男
    4(一)ボーア
    5(三)マルテ(大山悠輔)
    6(左)サンズ(福留孝介)
    7(二)糸原健斗
    8(捕)梅野隆太郎
    9 投手
    開幕投手 西勇輝

     2019年から残留するマルテに加え、ボーアとサンズが加入する今季の阪神。その外国人をいかに起用するかも鍵になる。野手3人を全てスタメンで起用するとなれば、一塁にボーア、三塁にマルテ、そして外野の一角にサンズとなる見込みだ。


    6: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/01/05(日) 19:10:34.41 ID:aCH6K6aG0
    >>2
    1番から4番まで左ってのはちょっとなぁ
    そうなるとマルテに3番打ってもらうか北條2番にいれるかやけど

    7: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/01/05(日) 19:11:38.96 ID:fr+ICmyV0
    北條
    糸井
    マルテ
    ボーア

    でいいやん

    引用元: http://hayabusa5.2ch.sc/test/read.cgi/livebase/1578218127/

    続きを読む