とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    片岡篤史

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2018/11/05(月) 20:46:30.01 ID:cN1fNxVt0
    no title

    結果が全て

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1541418390/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2018/10/15(月) 09:09:54.19 ID:U7zy9I3S0
     阪神は14日、片岡篤史1軍ヘッド兼打撃コーチ(49)から辞任の申し入れがあり、受理したことを発表した。
    片岡コーチは金本監督が就任した16年に1軍打撃コーチとして入閣。ヘッドコーチを務めた今季は、チーム打率2割5分3厘、577得点はともにリーグ5位にとどまっていた。
    シーズン最終戦だった13日の中日戦(ナゴヤD)では、試合後に「悔しいし、申し訳ないシーズンでした」と発言。金本監督が続投した場合には、来季から2軍監督に配置転換される予定だった。

    1


    https://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20181014-OHT1T50302.html

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1539562194/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2018/10/14(日) 17:10:33.97 ID:JXAUagVn0

    2: 風吹けば名無し 2018/10/14(日) 17:11:08.12 ID:mnHjmrDc0
    やったぜ。

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1539504633/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ひかり ★ 2018/10/14(日) 07:16:53.91 ID:CAP_USER9
     (セ・リーグ、中日2-3阪神=延長十一回、25回戦、中日14勝11敗、13日、ナゴヤD)金本監督の辞任とともに責任を問われる阪神・
    片岡ヘッド兼打撃コーチは今季最終戦後、自身の去就について明言を避けた。

     「何も決まっていないから、答えられない」

     この日、揚塩球団社長が矢野2軍監督に来季1軍監督の就任を要請。すでに福原投手、藤井バッテリー、藤本内野守備走塁の2軍3コーチの
    1軍昇格は決まっているが、1軍監督の決定には当分時間がかかりそうで、それ以外は白紙となっている。この日も谷本球団本部長らが
    ナゴヤドームを訪れていたが、来季の契約更新などについての通達はなかったもようで、選手への別れの挨拶も金本監督だけだった。

     チーム打率・253はセ・リーグ5位。宙ぶらりん状態のコーチ陣が多いが、片岡ヘッドの退団は避けられない状況。新監督が決定次第、
    球団サイドは早急に組閣作業に入っていく。


    2
    2


    サンスポ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181014-00000020-sanspo-base

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1539469013/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: マイメロディ ★ 2018/10/12(金) 02:59:46.41 ID:CAP_USER9
    阪神が、片岡篤史ヘッド兼打撃コーチ(49)と来季の契約を結ばない方針であることが11日、分かった。

    同コーチは16年から打撃コーチを務め、今季からはヘッドコーチを兼ねていた。今季は攻撃陣が不調でチーム打率はリーグ5位の2割5分3厘に終わっていた。


    2


    10/12(金) 2:30配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181012-00359265-nksports-base 

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1539280786/

    続きを読む

    このページのトップヘ