1: あちゃこ ★ 2017/10/22(日) 12:23:42.83 ID:CAP_USER9
 巨人・高橋由伸監督(42)が21日、阪神2軍の練習を電撃視察した。宮崎・アイビースタジアムで 観戦予定だった、みやざきフェニックス・リーグの阪神-巨人戦が中止に。隣接する室内練習場で、 1時間半にわたり熱視線を送った指揮官は「若い選手が出てくるのは、チーム力が上がることにつながる」と 若虎の成長を警戒した。

 中谷、大山、高山らの打撃を凝視し「彼らの年代の選手が伸びたら強くなる」と話した指揮官は、 ブルペンまで足を運び、望月の投球を観察した。敵軍の練習を長時間視察するのは異例。「いい機会になった」と うなずき、中谷や大山の名を挙げ「やっぱり1軍で出ている選手は、それなりにいいなあと思うよね」
と振り返った。

 自軍も来季は若手の底上げが大きなテーマとなる。自軍の練習を見終えた指揮官は「岡本や重信も、 なんとか(今秋を)きっかけにしてほしい」と期待を口にした。1泊2日の宮崎視察。天候不順のため、 目的だった試合を見ることはかなわなかった。だが、普段はできない体験を収穫とし、帰京の途に就いた。

デイリースポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171022-00000019-dal-base 


ebe4a8474ae52bfb5a9affc36480809f

スポーツ報知
http://www.hochi.co.jp/giants/20171021-OHT1T50267.html

引用元: ・【野球】巨人・由伸監督 異例の阪神若手視察 1時間半熱視線で中谷らを警戒

続きを読む