とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    島田海吏

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    4


    ルーキー1年目。プロで通用する鋭く速いスライディングは身に付けた。だが、もう一つの課題である盗塁時のスタートを磨いている最中だ。中学時代、陸上100メートル走で、現在の日本記録保持者・桐生祥秀に勝ったことがある、ということが話題となった島田海吏。だが、プロに入って自慢の走塁、盗塁で悩み、苦労した1年だった。

    二軍ではウエスタン・リーグ2位の26盗塁を決めるも、19の失敗があった。プロ入りすぐに練習を始め、スライディングの強さを身に付けた。その後はスタートのときの「思い切ったスタート」を心掛ける。どうしても失敗をしたときの不安が頭をよぎることが、スタートの遅れにつながり、盗塁死が増えた。だが、そこも徐々に克服し、10月1日に一軍に再昇格を果たす。ここから12試合に出場する機会を得た。その中で盗塁数は「0」。1度トライしたが失敗した。 「一軍の投手のクイックの速さはやはり違いました。スタートしなければと思いながら、スタートを切ってしまった感じで、盗塁に失敗しました。迷わず思い切り走らないといけないと思いました」と10月3日、広島戦(マツダ広島)での盗塁失敗を振り返った。

    「僕としては最後のほう、12試合でも一軍を経験させてもらえたことがすごく大きかったです。一軍で何が足りないのかも分かりました」。盗塁をするためには、まず出塁することが大事だ。「二軍の140キロ真っすぐと一軍投手の140キロ真っすぐの質が違いました。そこに負けないバットスイングの力強さも必要です」と秋季キャンプでこの盗塁と打撃2つの欠点を克服する努力を続けた。

    チームNo.1の走力を持つだけに、この2つの武器を手に入れたとき来季ブレークする可能性は高い。「一軍で活躍すれば、あんなにファンの人に喜んでもらえるんだと感じました。あそこ(甲子園)で活躍したいと強く思いました」。だからこそ、自分の弱点を克服して見せるという強い意思がある。「甲子園での歓声を再び」その思いが島田をさらに成長させているようだ。 文=椎屋博幸 写真=BBM 週刊ベースボール


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181129-00000004-baseballo-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    来季2年目を迎える阪神島田が19日、打力強化を誓った。
    「力強いスイングをするためにも体重は必要。振る力や鋭いスイングにつながると思うので」と現在70キロほどの体重から5キロ増を目指すオフになる。

    強化指定選手に選ばれており、今日20日からは鳴尾浜で鍛錬を積む。「1軍でたくさん走るのが目標。体作りも含めてやっていきたい」と来季へ意欲を見せた。


    3


    https://www.nikkansports.com/baseball/news/201811200000245.html


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    阪神・島田海吏外野手(22)が14日、高知・芸西村の秋季キャンプ宿舎で契約更改交渉に臨み、800万円から50万円アップの850万円でサインした。

    ドラフト4位で入団した島田はプロ1年目の今季、12試合に出場し打率・200ながら10月6日のDeNA戦(甲子園)で延長十回にサヨナラ打を放つなど存在感を発揮。「最後も1軍にいれましたし、課題もみえた1年間でした。(課題の)1番は盗塁の成功率が低い。隙をついてスタートを切るところに甘さがあります。もっとチャレンジしながらあげたい」と力を込めた。(金額は推定)


    3


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181114-00000541-sanspo-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    阪神・島田海吏外野手(22)がコロンビアで行われたUー23ワールドカップで日本の準優勝に貢献した。世界の舞台で得たものは対応力。この経験を糧とし、2年目の来季はドラフト1位・近本(大阪ガス)らとの外野レギュラー争いに臨む。

    全9試合に出場。32打数11安打、打率・344という成績を残した。序盤は2番を任されていたが、1次リーグ5戦目のコロンビア戦から1番に打順が上がった。今大会の「最多得点賞」を獲得。
    「コーチの方から『足でかき回してくれ』と言われて、何かしらの形で塁に出て走ってやろうと思っていた。その役割は果たせたのかなと思います」と少しだけ自信をにじませた。 メキシコ、ベネズエラ、韓国とさまざまな国の選手と実戦を重ねた。「調子を落とした後の試合でしっかり結果を残すことができた。対応力は少しついたかなと自分では感じています」と収穫を口にする。未知の相手に対して、安定して結果を残せたことが大きい。

    攻略のポイントを「強引にいかずに、しっかり振りにいきながらもボールの内側を見ていけた」と説明。多くの投手が厄介なムービングボールを投げてくる中、球の内側を叩くイメージを持つことで対応。ただ捉えただけでなく、強いスイングも伴っていたことに手応えを示した。 3日から高知・安芸での1軍秋季キャンプに合流した。課題は明確だ。

    「振る力をつけたい。シーズン中に力負けをして、野球にならなかった場面もたくさんあった。塁に出ないと足を生かせない。振る力をつけないとかなり厳しいところがある」。ポジションを確立するため、打撃力強化にまい進する。

    1


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181104-00000074-dal-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@おーぷん 2018/10/29(月)19:25:14 ID:KeN
    島田海吏選手がコロンビアで行われておりました、第2回WBSC U-23ワールドカップにて「最多得点賞」で表彰されました

    kantoku


    ◇島田海吏選手コメント
    塁に出たら返してくれる頼りがいのあるクリーンアップがいたのでこの賞をいただけたと思っています。来年に向けての課題も見つかりましたし、良かった点もたくさんありました。良かった点は来季に繋げていき、チームに戻ってもしっかり貢献していきたいと思います。


    http://hanshintigers.jp/news/topics/info_5880.html

    やったぜ

    引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1540808714/

    続きを読む

    このページのトップヘ