とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    ウィリン・ロサリオ

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    01a50617 

     昨季1年で阪神を退団し、今季はツインズ傘下3Aロチェスターでプレーしているウィリン・ロサリオ内野手が8日(日本時間9日)、本拠地でのブレーブス傘下3Aグウィネット戦で17号2ランを含む2安打3打点の活躍を見せた。

     ロサリオはこの日「3番・DH」でスタメン出場。4点を追う4回無死一塁で迎えた第2打席で変化球を捉え左翼席へ今季17号2ランを放った。さらに5回の第2打席では中前適時打を放ちマルチ安打をマークした。

     これでロサリオは今季3Aで83試合に出場し打率.315、17本塁打72打点。メジャー昇格に向け猛アピールが続いている。







    Comparto con ustedes mi jonrón 17 , toda honra para mi Dios y la gloria de Cristo ! https://t.co/wxHLe1QVv8



    @WilinRosario 早くメジャー行って頑張って!!



    ロサリオさん…!?



    ロサリオ大活躍やな😌


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/07/25(木) 13:32:07.42 ID:sMhSybCP0
    昨季阪神に在籍し、1年で退団となったツインズ傘下ウィリン・ロサリオ内野手が、1試合3本塁打7打点の大活躍を見せた。

    23日(日本時間24日)に行われた米マイナーリーグのオリオールズ傘下ノーフォークとの試合。
    ツインズ傘下ロチェスターのロサリオは「4番・DH」で出場すると、2回の第2打席で11号2ランを放った。
    さらに、4回の第3打席では適時二塁打を放ち、この日3打点目をマークした。

    これだけでは終わらない。さらに6回の第4打席で右中間に12号ソロを放つと、8回の第5打席では2打席連続本塁打となる13号2ランを放った。
    この試合、ロサリオ5打数4安打3本塁打7打点の大爆発。マイナーリーグ公式サイトでも「ベテランのロサリオが初の一試合3本塁打を決める」
    との見出しでレポートし「メジャーリーグへの復帰を目指しているロサリオは、プロして経験がなかった快挙を成し遂げた」と伝えた。

    ロサリオは24日(同25日)のノーフォーク戦でも4打数3安打2打点と活躍。今季の成績を71試合で打率.318、13本塁打60打点としている。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190725-00450893-fullcount-base




    3: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/07/25(木) 13:32:55.25 ID:5bSpI1YF0
    まーた阪神が育成してしまったのか

    4: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/07/25(木) 13:32:55.85 ID:OHGvDHRw0
    すげえ
    阪神補強すべきだろ

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1564029127/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2






    Poco a poco ajustándome , el 9no para la gloria de Dios ! https://t.co/578QGjXQDZ



    @WilinRosario ナイスバッティング!



    @WilinRosario ようやっとる



    @WilinRosario ふざけんな片岡



    @WilinRosario 矢野やったら20くらい打ってたんやろな本当勿体ない


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

    8回の第4打席で左翼席へ決勝の4号ソロを放つ  元阪神でツインズ傘下3Aロチェスターのウィリン・ロサリオ内野手が17日(日本時間18日)、本拠地でのメッツ傘下3Aシラキュース戦に「4番・一塁」でスタメン出場。チームトップとなる決勝の今季4号ソロを放った。チームの5-4での勝利に貢献した。

     ロサリオは4-4の同点で迎えた8回。1死走者なしで迎えた第4打席で1ストライクからの2球目、甘く入った変化球を捉え左翼席へ決勝の4号ソロを放った。チームは1点リードを守り切り勝利した。

     今季はここまで10試合に出場し打率.275、チームトップの4本塁打、7打点の成績を残している。

     ロサリオは昨季所属した阪神では1軍と2軍を行き来し、わずか75試合の出場で打率.242、8本塁打、40打点に終わり退団。今季は4年ぶりに米球界に復帰しメジャー昇格を目指している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190418-00349356-fullcount-base



    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1


    地元紙が特集「ツインズの2人のロサリオは近くだが違う世界にいる」

     昨季限りで阪神から自由契約となったウィリン・ロサリオ内野手は、ツインズとマイナー契約を結び、招待選手として今春のメジャーキャンプに参加していた。だが、オープン戦は4試合出場で5打数1安打の打率.200と苦戦。一方で、ツインズには同じ姓を持つエディ・ロサリオも在籍しており、オープン戦15試合に出場し打率.356と好調。エディは今や主軸打者で、「ツインズのロサリオ」は明暗が分かれている。

     ツインズの地元紙「スター・トリビューン」は、「ツインズの2人のロサリオは近くだが違う世界にいる」とのタイトルで特集を掲載。2人の現状について伝えており、その中で元阪神のロサリオがロッキーズでプレーしていた時代、多くの投手が捕手としてのプレーに「文句を言っていた」ことなどを紹介している。

     記事ではまず「5年前、エディは出場停止を受け、ウィリンはメジャーの正捕手だった。現在、エディはツインズで最高の選手かもしれないが、ウィリンはチームに留まることを目指している」と言及。2015年当時と現在とでは、2人のロサリオの立場が逆転してしまったという事実に言及している。

     元阪神のウィリンは、23歳だった2012年にロッキーズで正捕手の座を奪取。その年に100試合先発出場、28本塁打、71打点という好成績を残した。ウィリンはここから3年間、レギュラーとして活躍。「2014年1月の時点で、このドミニカ共和国出身のがっちりした若手捕手には、長くて稼げるメジャーリーグのキャリアが待っているように思われた」。まさに将来を嘱望される存在だった。

     一方で、当時22歳のプエルトリコ出身のエディは、マイナー時代の2014年1月に禁止薬物の陽性反応が出て、50試合の出場停止になったと記事では回顧している。

    「ほとんどの投手たちは…捕手としての彼にかなり文句を言っていた」  その立場が5年後の現在は完全に逆転。もっとも、当時からウィリンは問題を抱えていたという。「コロラドでは、ウィリンには捕球の問題があり、彼を正捕手として起用し続けることができないと決断された。彼は2015年の半分をマイナーで主に一塁手としてプレーした」。打てる捕手として台頭したが、キャッチング技術に問題があり、“捕手失格”の烙印を押されたというのだ。

     記事には、2014年当時にロッキーズに在籍していた名リリーバーのラトロイ・ホーキンス氏が登場。現在、2人のロサリオが在籍するツインズで特別補佐を務めている同氏は、「私は捕手としてのウィリンに問題はなかった。しかし、他のほとんどの投手たちは……捕手としての彼についてかなり文句を言っていたよ」と“暴露”。やはり、捕手としての能力にはかなりの問題があったようだ。

     5年前に出場停止処分を受けたエディは現在、ツインズで4番を打つほどの存在となった。一方で、ウィリンはマイナー契約からのメジャー昇格を目指して、招待選手として奮闘している。特集は「今春、彼らは数100ヤード(約91メートル)離れた距離にいるが、野球の世界では何光年も離れている」と、ウィリンには厳しすぎる一文で締めくくられている。

     昨季は阪神で期待に応えられず、1年で退団することとなったロサリオ。メジャー昇格を掴み取り、“名誉挽回”できるだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190327-00329100-fullcount-base

    続きを読む

    このページのトップヘ