とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    ウィリン・ロサリオ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/02/04(月) 17:56:30.82 ID:ctwOzju5d
    球春到来。阪神の春季キャンプ地である沖縄・宜野座にできた“傷痕”は修復されていた。

    バックスクリーンを見つめると、真新しい記憶が鮮明によみがえる。宜野座村を悩ませた犯人は、昨季に阪神でプレーしたウィリン・ロサリオ内野手だった。

    ガシャンッ! ロサリオがぶっ飛ばした打球がバックスクリーンに突き刺さった。白球は高い放物線を描き、風にも乗ってバックスクリーン上部を直撃。

    すると表示されていた「阪神タイガース」の「イ」の下部の液晶が壊れ、ライトが消滅した。ロサリオ伝説の極致ともいえる電光掲示板の破壊だ。

    金本前監督も「電気、ついてないん? 壊れたん? 」とバックスクリーンを確認。「145…。色をつけて150!」と150メートル弾を認定したほどだった。

    ロサリオの一撃に困ったのは宜野座村役場だ。破壊弾の情報が入ると緊急会議を開き、修理を決定。
    13年に完成したばかりの電光掲示板には総額1億2000万円がかかったそうだが、担当者は「お金のこと(費用)はまだ決まっていませんが…」と心配そうに話していた。

    ただ、着地点は意外? にも近かった。担当者は「修理にお金がかかると思っていたのですが、確認でスコアボードの裏側を見てもらうと、すぐに直ったんです。
    (コードが)パカっと外れていて、それをはめ込むだけでよかったので…。だから修理は0円だったんです」と笑顔で説明した

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/02/04(月) 17:57:23.35 ID:ctwOzju5d

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1549270590/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


    米球界復帰を目指し、公開練習も実施  元阪神ウィリン・ロサリオ内野手が1日(日本時間2日)、ツインズとマイナー契約を結んだことが明らかになった。地元ミネソタのラジオ「1500ESPN」でホストを務めるダレン・ウォルフソン氏ら複数の米メディアが伝えている。

     ロサリオは2011年にロッキーズでメジャーデビューした後、2016年からKBOハンファで2季を過ごし、通算打率.330、70本塁打、231打点の活躍だった。だが、昨季所属した阪神では1軍と2軍を行き来し、わずか75試合の出場で打率.242、8本塁打、40打点にとどまっていた。今オフは母国ドミニカ共和国でウインターリーグに参加しながら米球界復帰を目指し、先日はメジャー球団を対象に公開練習を行った。

     4年ぶりの米球界復帰。招待選手として参加するメジャーキャンプで十分な結果を残し、開幕メジャーを勝ち取りたい。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190202-00291120-fullcount-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/01/06(日)00:05:49 ID:obe
    633

     昨季終了後に阪神を自由契約となったウィリン・ロサリオ内野手が4日(日本時間5日)
    自身のツイッターを更新。打撃練習で快音を飛ばす動画を公開している。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190105-00276192-fullcount-base

    引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1546700749/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/01/02(水) 10:50:25.61 ID:x0pLc3/4M
    2


    <ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム>

    前方から、知っている顔が歩いてきた。10月初旬のある休日。真冬の取材で着るためのダウンジャケットが欲しくて、家族とアウトレットモールに出かけていたときのことだった。

    黒色の帽子をかぶった体の大きな外国人がこちらを見つめている。どこかで見たことのある顔だなと思ったが一瞬では気付かず、そのまま通り過ぎた。ハッとした。振り返ると、そこには前阪神ウィリン・ロサリオ内野手(29)がいた。手には紙袋が2つ。買い物を楽しんでいた。

    偶然の出会いだったが「どうにかして話しかけないと」と使命感に駆られた。家族を置き去りにして、そっと走って追いかけた。すらすらと英語が話せたらと後悔しながら…。

    「ハイ、ロサリオ!」

    私の引きつった声にロサリオは笑顔を返してくれた。8月下旬にシーズン2度目の出場選手登録抹消となり、2軍にいた。秋風が吹き始めるころだ。ドミニカ共和国に帰国する前に土産を買っているのか? このまま空港に向かって離日でもすればニュースになると思った。

    「アーユー、ゴーイングトゥーゴー、関西エアポート?」

    心優しいロサリオは苦笑いで答えた。「NO、プラクティス、トゥモロー」。そうか、といったん落ち着いて「OK、シーユー、ネクストタイム」と返した。

    浅はかな思惑を抱いた私とは対照的に、明るい表情でそのまま2ショット撮影に応じてくれた。何だか自分が恥ずかしかった。

    今季入団したロサリオは75試合に出場して打率2割4分2厘、8本塁打、40打点。メジャー通算71発、韓国で2年連続「3割30発100打点」の看板からすればやや期待外れに終わった。ただ「いいヤツ」には違いなかった。投手が打たれたら、すぐさま一塁からマウンドに駆け寄った。メジャーで捕手経験があり、心遣いができた。ボディーランゲージで“会話”するときもあれば、無言のメッセージで投手を励ましたことも。

    極度の打撃不振で1度目の2軍落ちとなったのは6月だった。厳しい目を持つファンのヤジにさらされ、金本前監督からはリラックスの意味も込めて、3日間の“打撃練習禁止令”が出された。だが、野球のことが頭から離れなかった。鳴尾浜でバットを握ることはなかったが、打撃用手袋をはめて歩いていた。打ちたい-。思いがあふれていた。

    その日のロサリオは帰路につく際、1本のバットをタクシーに持ち込んだ。神戸市内の自宅に帰ると、データ収集係の兄モイセス・ファビアンさんと動画を徹底的にチェック。「停止」と「再生」のボタンを繰り返し押した。自分のスイングは体重が後ろに残って、本来のミートポイントがブレていた。自宅リビングの家具を押しのけ、思わず“おきて破り”の素振りも行った。翌日にはスイング動画をチームスタッフに見せていた。指揮官からの禁止令はどこ吹く風。そんな“お調子者ぶり”は愛嬌(あいきょう)だった。

    子どものころ夢中になったものに「勉強」と答えるほど研究熱心な男。ロッカー室も整理整頓されていた。だからこそ? 兄のアドバイスも頭で整理して力に変え、半月で1軍に戻った。使用する用具にはこだわりがあり、複数のタイプを交代で使う。メーカーや色違いのバット、ファーストミットとキャッチャーミット、打撃用手袋やアンダーウエアの種類もさまざま。調子や気分に応じて使い分けた。ある選手はロッカーを見て「あんなに種類があるのに、整っている」と驚いていた。

    19年シーズン、ロサリオは阪神にいない。1年前、ロサリオが浴びたような注目を新助っ人マルテが浴びるだろう。高額年俸の対価としてハイパフォーマンスを期待されるのはこの世界の常。ロサリオがもう1年いてくれたら…。そうならないことを願うばかりだ。【阪神担当 真柴健】

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190102-00432817-nksports-base

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/01/02(水) 10:51:49.38 ID:x0pLc3/4M
    ぐう聖やぞ
    どこか取れや

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1546393825/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2018/12/30(日)14:20:30 ID:WbH
    1

    2012年ロッキーズでは正捕手として新人王争い4位  元阪神のウィリン・ロサリオ内野手が29日(日本時間30日)、自身のツイッターを更新し、今オフは捕手復帰に向けてトレーニングを積んでいることを明かした。

     阪神では内野手として登録され、一塁で起用されていたロサリオだが、元々はキャッチャーだった。ロッキーズ時代の2011年には捕手としてメジャーデビュー。翌2012年は打てる捕手としてレギュラーの座を射止め、新人王争いで4位に入った。その後も2シーズンを正捕手としてプレーしたが、パスボールが多く、2015年から一塁手に正式転向。打撃に専念するようになった。2016年から2シーズンを過ごしたKBOハンファでも主に一塁を守り、捕手復帰となれば5年ぶりとなる。

     キャッチャーミットを持ってシンガードを着けたロサリオは、捕手のように構えた状態から、低めのボールを後ろに逸らさず捕球する練習動画を公開。スペイン語で「練習しない日はない。ゴール、集中、決意!」と意欲溢れる言葉を並べた。

     現段階ではまだ来季の所属先は決まっていないが、今オフは母国ドミニカ共和国でウインターリーグに参加。24試合に出場し、打率.278、1本塁打、8打点の成績を残していた。5年ぶりの捕手復帰を目指せるほど万全な状態に整っているロサリオだが、なんとか念願の米球界復帰を叶えたいところだ。。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181230-00273849-fullcount-base

    引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1546147230/

    続きを読む

    このページのトップヘ