とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    星野仙一

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2




    アリアスです。ウィルスでみんなの暮らしが脅かされているよね。僕のビジネスも今回の影響を大きく受けているよ。こんな時、僕のメンターの星野監督の言葉を思い出すんだ。”Never Never Surrender”、決して諦めない、屈しないってことだ。#BeatCOVID19 #阪神タイガース #オリックス #巨人 #JRFPA https://t.co/pmCjaR26IA



    アリアス太ったなぁ



    わぁん!😭アリアス!好きだった! ネバーネバーネバーサレンダーや😭


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム>

    昨秋キャンプ、今春キャンプと阪神の臨時コーチを務めていた山本昌氏が2月16日、予定されていた日程を終えた。

    同氏は「初めてプロの選手にコーチという肩書でやらせてもらいましたけど、僕自身が勉強する機会が多かった。1人1人が成果が出るとうれしいな」と笑顔でキャンプ地の沖縄・宜野座を後にした。帰りの車に乗り込む際には藤浪、望月らが並んで一礼。感謝の気持ちを示した。

    初めての“コーチ”が阪神…? 中日一筋32年の山本昌氏が阪神の臨時コーチに就任することは確かに驚きだった。だが、恩師の言葉がレジェンドの背中を押したのではと、勝手ながら想像する。通算219勝を挙げて50歳までマウンドに立った球界のレジェンドは、15年10月の引退会見でこんなことを言った。

    「星野(仙一)さんが『一生野球のことを考えて終われ』と激励してくださった。遊んでたら叱られちゃいますよ」。中日時代から続く矢野監督との縁があって実現した「山本昌臨時コーチ」。加えて、阪神を指揮した恩師の言葉も影響したのではと思う。2年前に天国へと旅立った星野さんは「マサ、ありがとうな」と笑顔を浮かべているに違いない。【桝井聡】




    昌さん、本当にありがとう!きっと影から縁を繋いでいただいたであろう星野監督にもお礼を言いたいです。恩を返すために日本一になります。 #阪神タイガース  https://twitter.com/yamamoto34masa/status/1229066146659201024 



    阪神「山本昌臨時コーチ」は星野さんの言葉が後押し  https://www.nikkansports.com/baseball/column/bankisha/news/202002160001137.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp  昌コーチありがとうございました😭 臨時はずしてもよかったのに...。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神の矢野燿大監督(51)は3日、2018年1月4日に70歳で死去した星野仙一氏の命日を前に、恩師に思いをはせるとともに2020年シーズンにかける意気込みを語った。

     「星野さんの勝利への情熱にファンも燃えていた。そのハートについていきたい。引っ張っていく力は半端なかったし、同じことはできない。オレはオレのやり方になるけれど、ファンの人に喜んでもらう、ハートで野球をやるのは一緒。“楽天と阪神で日本シリーズを”とおっしゃっていたけど、実現できるように頑張りたい。今年は勝つ、と決めているのでね」

     闘将とまで形容された恩師に対し、就任1年目の昨季は矢野ガッツに象徴される「楽しむ」を前面に押し出した。相反するようにも見えるが、根底にあるのは星野イズムに他ならない。目の前の1球に対する執念。そして、勝利への執着心。その全ては恩師と同じく、ファンを喜ばせるためにある。表現の違いはあっても中日、阪神で受けた教えを、片時も忘れたことない。

     「しんどいこともたくさんあったし、結果に左右される自分もいた。ドラフト、キャンプインでは形見のネクタイをつけさせてもらった。(傍らに)ついていてほしいとか、頼っている自分がいた。(墓前では)報告もあったし、見守ってください、ということかな」

     指揮官にとって星野氏は今も頼れる存在であり続ける。遠征の際には墓前で手を合わせたこともあった。昨春キャンプイン前日の移動日や昨秋のドラフト会議では形見分けで譲り受けたネクタイを着用。見えない力をもらっていたという。

     「一人一人、根本には気合と根性というのがあるんだけど、やってもうまくいかないことが多いからこそ、楽しむというか。楽しめたら体も動くし、気持ちも前向きになる。選手、ファン、スタッフ、子どもたちの笑顔を求めていきたいし、ただ勝つだけでは面白くない。野球界全体を変えるつもりで」

     ぶれない心もまた、恩師のスタイルを踏襲する。今季のスローガンは「It’s6806 Time! オレがヤル」。笑顔であふれた矢野阪神が優勝することで、まだまだ閉鎖的な野球界全体を変えてみせる。(森田 尚忠)




    今日1月4日は阪神タイガースを優勝へ導いてくれた星野仙一さんの命日になります。 当然、恩師星野仙一さんに矢野監督も今年こそ優勝を、と誓うと思います。 矢野イズムをフル回転させて、ファンを喜ばせる 星野さんもファンを喜ばせる野球をしました 目指すはV奪回 2020年。今こそ悲願の優勝を🏆 pic.twitter.com/lXNNsCykOg



    @taka_dw Takaさん おはようございます☀️2回目の命日なんですね😢 星野さんがご存命なら…と思う事多数ありましたが今年 矢野タイガースが優勝してくれる‼️と私も思って応援します💪同じく私も今日から仕事です😅お互い頑張りましょう⤴️⤴️



    おはようございます☀️ 今日、1/4は星野仙一氏の命日です。 改めてご冥福お祈りいたします🛐 今年の矢野監督を天国で見守って下さい🙏 pic.twitter.com/IZY4cJFnTw


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1

    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/06/01(土) 23:48:12.70 ID:b5cRRb9Y0
    引退
    星野伸 
    葛西 
    伊藤敦 
    遠山


    退団
    カーライル 
    ハンセル 
    ホワイト 
    バルデス(中日へ) 
    横田 
    弓長 
    成本(ヤクルトへ) 
    西川(広島へ) 
    川俣 
    原田 
    船木(ロッテへ) 
    山岡 
    部坂 
    面出 
    根本 
    吉田浩

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/06/01(土) 23:48:19.36 ID:b5cRRb9Y0
    トレード
    松田(佐久本と交換でダイエーへ)
    坪井山田伊達(野口下柳中村豊と交換で日本ハムへ)

    3: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/06/01(土) 23:48:29.61 ID:b5cRRb9Y0
    〔FA〕金本知憲←広島
    〔入団〕
    下柳剛←日本ハム
    中村豊←日本ハム
    野口寿浩←日本ハム
    佐久本昌広←ダイエー
    伊良部秀輝←TEX
    久慈照嘉←中日(自由契約)
    石毛博史←近鉄(自由契約)
    柴田佳主也←日本ハム(自由契約)
    田中聡←日本ハム(自由契約)

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1559400492/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ひかり ★ 2018/03/28(水) 20:23:19.99 ID:CAP_USER9
     「星野仙一元監督のお別れ会」が28日、大阪市内で行われ、阪神・金本知憲監督が涙ながらに弔辞を読んだ。

     ときに言葉に詰まり、嗚咽をもらしながら亡き師に感謝を捧げた金本監督は「選手たちが頑張って、必ず優勝しますので、天国からよくやったなという言葉をかけてください」と語りかけ、
    ウイニングボールを墓前に届けることを約束した。弔辞全文は以下の通り。

      ◇  ◇

     まず、本当にタイガースに呼んでいただいてありがとうございました。いまだに…こうして写真を見るだけで…涙が止まらない日々が続きます。広島出身の僕を、地元の広島でプレーしている僕を本当に強引に
    タイガースに呼んでいただいて、そのおかげで2003年の感動の優勝を味わうことができました。

     本当に阪神ファンを喜ばせたい星野さんの思いと、星野さんを胴上げしたいという思いと、ただそれだけでひたすらに頑張って勝ち取った優勝だと思っています。僕と星野さんは1年しか一緒にプレーしていませんけど、
    その後、僕がずっとタイガースでプレーを続けていても、ケガをしたときには「大丈夫か?」と。フルイニング記録が途切れたときも「今からが大事」だと。「お前の姿、振る舞いをみんなが見ているから」
    と電話をしてくださいました。

     引退するときも電話をいただきまして「まずはゆっくりしろ。そしてすぐにユニホームを着ろ」とアドバイスをいただきました。私が監督の要請をされたときに、かなり迷って消極的だった自分がいたのですが、
    「とにかくやれ、チャレンジしろ。俺ができたんだからお前もできる」と。いやいやいや…って。何回か電話でそういう話もしました。最後は選手時代のFAのときと同じように、強引に「やれ!!ユニホームを着ろ!!」の
    一点張りでした。

     そして僕が監督に就任してからも、楽天の副会長をされているという立場にありながら、常に心配してくれて、チーム作りにアドバイスをしてくれたり、マスコミを通じてすごくサポートしてくださいました。

     最後に会ったのは殿堂入りのパーティーのときでしたが、常に「どうだ、どうだ、あいつはどうだ?」「あの選手は使えそうか?」「あとどれくらいかかりそうか?」とそんな話ばっかりです。何とか星野さんの期待に
    応えられるように、タイガースの監督として強いチームを作っていきたいと思います。

     僕と星野さんの間の三つ目の夢であるタイガースの優勝。一つ目の夢は僕がタイガースに来て星野さんを胴上げするという夢は叶いました。二つ目は何とか楽天で日本一になってほしい。中日とタイガースで成し得なかった
    日本シリーズでの優勝をどうしても、達成してほしい。これが二つ目の夢でした。先ほど言いましたように、三つ目の夢が僕がタイガースで優勝して、胴上げしてもらうところを星野さんに見てほしかったです。

     もうそれは叶わぬこととなってしまいましたが…どうしても…何か…優勝して、よくやったなという言葉をかけてほしかったです。今年、選手たちが頑張って、必ず優勝しますので、天国からよくやったなという言葉を
    かけてください。そして…ウイニングボールを墓前に備えに行きますので、待っていてください。本当にタイガースに呼んでいただいて、ありがとうございました。しっかり島野さんとともにタイガースを応援してください。
    以上で私の弔辞とさせていただきます。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180328-00000088-dal-base
    no title

    引用元: ・【野球】阪神・金本監督 星野氏お別れ会で嗚咽もらして弔辞

    続きを読む