とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    エフレン・ナバーロ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


    阪神は28日、エフレン・ナバーロ内野手(33)が米国に帰国したと発表した。

    ナバーロは球団を通じて「タイガースファンの皆さん、阪神タイガースと私を応援してくれて本当にありがとう。皆さんの声援が大好きでした」などとコメントした。

    来日2年目の今季は開幕スタメンだったが15試合出場で打率2割9厘、0本塁打にとどまり、大半が2軍暮らしだった。今季限りで退団する方向。




    ナバーロ退団悲しいなぁ 2軍でも腐らず真面目に練習して若手にもアドバイスしてくれるぐう聖だし



    ナバーロも退団なん😶



    ナバーロ退団かぁ 個人的に今シーズン期待してたんやけど2軍でも結果出なかったし退団はやむを得ないな... でも去年はシーズン途中加入の割には打った方だし守備も結構上手かったから普通に良い選手だったと思う ナイスガイだしこれからの人生も応援したいな ありがとうナバーロ!



    ナバーロ退団かよ… たまたま観たテレビの試合でヒロインやっててめっちゃ真面目で礼儀正しい人やわ〜って好感持ってたから見るの楽しみにしてたんにな〜 もうちょっとチャンスあげて欲しかったな〜



    うーん、ナバーロ退団か


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2







    うぉおナバーロ帰国か



    えっ?ナバーロ帰国したって退団ってことなん?😢



    ナバーロさん帰国…今こそ伊藤隼太は米津玄師のLemonを独唱する惜別の自撮りをアップすべき



    試合出場の予定がないから帰国と書いてあるけど、ナバーロのコメントがまるで退団する人みたいなコメント… ナバーロまで退団はやだよ、、、😭



    ナバーロ帰国のツイートにこんないいねついててすごい 好かれてたんやねって


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1


    ホークス 髙橋純平 ナバーロから三振を奪う! 三振したナバーロも拍手 https://t.co/z87e73hnz9



    @BCADayan66 めっちゃ良いやつじゃんなばーろ



    @BCADayan66 @G78NrTCRNOPYq6b ナバーロ、そんな余裕無いやろ!


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1


    今日はナバーロと福永の誕生日! ナバーロはシュアなバッティングで一軍の座を掴み取ってほしい!! 福永は神宮で納得のいくピッチングができなかったと思うけど、2軍で頑張ってまた1軍にもどってきてほしい! 二人にとって素敵な一年になりますよーに!



    5月14日は福永春吾選手・25歳の誕生日や!おめでとさんです!球団選定ファーム3・4月度月間MVPや!ファームで鍛えた経験を活かして今季は一軍で活躍頼むで!  http://hanshintigers.jp/  #hanshin #tigers #阪神タイガース #ぶち破れオレがヤル #春吾がヤル



    5月14日はナバーロ選手・33歳の誕生日や!おめでとさんです!阪神に来て2年目や!今季はパワーアップした打撃で存在感を見せつけてや!  http://hanshintigers.jp/  #hanshin #tigers #阪神タイガース #ぶち破れオレがヤル #ナバーロがヤル


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2
     阪神・ナバーロが会心の一打を放った。7日のウエスタン・中日戦(鳴尾浜)で0-0の三回1死一、三塁から浜田達の低めにきた130キロの変化球を捉え、バックスクリーン直撃の先制3ラン。「とにかく自分の仕事を…という気持ちで。やっていることが結果につながってくれた」と笑顔を見せた。四回には無死満塁から二ゴロに倒れるもその間に三走が生還し、4打点と勝利に貢献した。マルテの1軍昇格で2軍落ちしたが、チャンスをうかがい、打撃の状態を上げていく。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190507-00000575-sanspo-baseiv>


    鳴尾浜 対中日ドラゴンズ ナバーロ 第1号ホームラン💙💙



    鳴尾浜試合終了。11-2タイガース勝ちました。本日のMOGは先制3ランのナバーロ選手。#hanshin #tigers


    続きを読む

    このページのトップヘ