とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    濱中治

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: どうですか解説の名無しさん@\(^o^)/ 2018/11/13(火) 17:03:24.78 ID:eWPbly5Pp
    今季最下位からのチーム再建を目指す矢野阪神が「幻のうねり打法」の復活に着手している。そのけん引役は2003、05年のV戦士で二軍から昇格した浜中治新打撃コーチ(40)だ。

    「うねり打法」とは今では聞き慣れない打ち方だが、02年当時の星野監督体制で田淵幸一チーフ兼打撃コーチが「体をうねるようにして打つべし!」と教えて命名したもの。熱心な虎ファンの間では今でもカルト人気を誇るキーワードだが、
    その指導で当時4番も任された浜中コーチは02年に18発、06年に20発の本塁打をマーク。しかし、その後、「うねり打法」の申し子も故障や不振で成績はジリ貧…。体制も変わり、いつの間にか誰も呼ぶこともなくなった。
    そこで今回、浜中は「うねり打法は僕には合っていた打ち方と思っていた。田淵さんの指導は今も僕の中で強いし、本当に影響を受けたもの。下半身でためにためたパワーをいかにインパクトで伝えられるかという打ち方だけど、
    今思えばタイプとかじゃなく誰にでも合う理論。しっかりとそれをまた教えていければ」というのだ。

     実は現役引退した際は「結局、うねりとは何だったのか、わからない」などと漏らした浜中コーチだが、4年間の指導者経験も加わってようやく理解できたのだろう。
    中でも“後継者”として期待するのが、昨年代打の切り札として活躍した元育成枠の原口文仁捕手(26)で「特に彼はその資質、技量を持っている。田淵さんの教えが自然とできている」と太鼓判を押す。

     長続きしなかった「幻のうねり打法」の復活。慢性的な貧打線がこれで解消すれば大物OBの田淵氏も大喜びだろうが、できるかどうかは、まさに濱中コーチの腕にかかっている。

    1(UpPhoto)(noise_scale)(Level1)(x3.000000)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181113-00000052-tospoweb-base



    3: どうですか解説の名無しさん@\(^o^)/ 2018/11/13(火) 17:04:14.25 ID:zbX4kh7+0
    絶対アカン

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1542096204/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    阪神秋季練習(23日、甲子園)阪神・中谷将大外野手(25)が、初日から豪快アーチを連発した。バックスクリーン2連発などを含む45スイング10サク越え。
    2軍打撃コーチから配置転換となった浜中治打撃コーチ(40)も「すごくいい形で打っていてビックリした」と仰天だ。矢野燿大新監督(49)も見つめる中、悩める大砲が開眼をアピールだ。 悔しさをぶつけるように振った。

    首脳陣からチームに、そして球場全体に新鮮な空気が漂った一日。この25歳の体からは、悲壮な覚悟がにじんでいた。中谷らしい豪快アーチを、ここから一気に取り戻す。矢野新監督がケージ脇からジッと見つめる中、大きな大きな弧を何本も描き、甲子園の秋空を貫いた。 「自分の形を見つけていくだけです。キャンプで作っていきたい」 フリー打撃の10スイング目までは逆らわずに中堅から右方向へ快音を連発したが、それ以降は一気に力を込めた。

    12スイング目の左越えアーチを皮切りに、白球が次々とスタンドに飛び込んだ。20スイング目と21スイング目では、2連続でバックスクリーン弾。計45スイングで安打性の打球は26。サク越えは10本に及んだ。

    3


    https://www.sanspo.com/baseball/news/20181024/tig18102405020012-n1.html

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2018/10/18(木) 07:49:44.86 ID:UxAsh0HIp
    来季1軍打撃コーチ就任が濃厚な阪神の濱中治2軍打撃コーチ(40)が17日、右の大砲育成への決意を新たにした。今季伸び悩んだ中谷、大山、陽川。
    「知らない選手たちじゃない」と、2軍で指導してきた若虎たちの飛躍にさらに力を注ぐ。チームもファンも待ち焦がれる一日も早い右の和製大砲育成にいそしむ。

    笑い声の中に、真剣味を帯びた言葉がいくつも混ざった。悩み、苦しんだ右打者たちへ。変わらず伝えていくのは金本-矢野イズムだ。「やらされてやるのでは、ダメだぞということだね」。待望久しい右の大砲育成へ。濱中打撃コーチが“名脇役”を目指す。

    まず名前を挙げたのは、もがき続けている中谷だった。無限の可能性をどう開花させていくか。着目したのは「率」だ。「確実性。そこができるようになれば、ホームランというのは自然と増えてくるもの。気持ち的に余裕が出てくるだろうから」。
    昨季は生え抜きの右打者として06年の同コーチ以来、シーズン20本塁打を達成したが、今季はわずか5本。伸び悩んだ若虎の飛躍に思いを込めた。

     「一皮…もう二皮むけてほしい」

    右の大砲候補が軒並み成長しきれなかったシーズンだった。レギュラー定着を期待された大山は最終的に11本塁打をマークしたが、前半戦は不振に苦しんだ。陽川も自己最多の6本塁打をマークしたが、まだ潜在能力を生かし切れていない。

    新たな経験を武器とする。矢野監督が率いたファームは12年ぶりの日本一に。「あの緊張感の中で、見事な勝ち方ができた。俺らコーチ陣もいい経験になったし」。2軍とはいえ、頂点に立った者にしか見えない景色を今後の育成に生かしていく。

    一方、1軍が最下位に終わった現実を受け止め、悔しさを飛躍の一助とする。「なんとか監督の力になりたいし、右のバッターたちを頑張らせていかないと」。タテジマの指導者となって4年。やるべきことは明確だ。

    胸に秘めるのは責任と覚悟。宮崎の地からチームを思う。「やるしかないよ。選手も、コーチも」-。

    3


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181018-00000024-dal-base

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1539816584/

    続きを読む

    このページのトップヘ