とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    ドラフト2019

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


    虎も「令和元年ドラフト」の目玉選手を密着マークする。4月5日から行われるU18高校日本代表第1次候補選手の研修合宿を、阪神のスカウト陣が視察する予定。大船渡(岩手)の佐々木朗希投手(3年)らが一堂に会する機会で、ドラフト注目選手を早くからマークする。

    最速157キロ右腕の大船渡・佐々木は、3月31日の作新学院(栃木)との練習試合で日米18球団45人のスカウトが集結するなど、今秋ドラフトの超目玉選手。これまで甲子園に出場したことがなく、視察する機会は限られていた。今回の合宿には、全国トップレベルの高校生選手が集まり、佐々木の能力を評価するにはこれ以上ない場になりそうだ。

    第1次候補選手には「高校四天王」と呼ばれる大船渡・佐々木、横浜(神奈川)・及川雅貴、星稜(石川)・奥川恭伸、創志学園(岡山)・西純矢の3年生投手4人も選出された。最速150キロ超投手4人の“競演”は今回が初めて。今年のセンバツで及川は1回戦、奥川は2回戦敗退と早い段階で姿を消した。西はセンバツに出場できなかったこともあり、それぞれの選手を1度に視察できるまたとない機会だ。「令和元年ドラフト」を成功させるため、マークを続ける。

    https://www.nikkansports.com/baseball/news/201904010000473.html

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     今秋のドラフト指名候補、大商大・大西広樹投手(21)が15日、1軍クラスも出場した阪神2軍との練習試合(鳴尾浜)に先発し、5回2安打無失点と好投した。

     「うれしいです。(フォークでも空振りを奪ったが)1個、上に行くだけで持っていかれる。真っすぐもそう。真っすぐも悪くなかったが、変化球の反応が見たかった」

     スピードガンの最速は144キロ。自己最速148キロには届かなかったものの、キレのあるスライダーとフォークを駆使。内野安打2本のみに封じた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190315-00000587-sanspo-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1


    「高校生投手四天王」の創志学園(岡山)・西純矢投手が9日、香川・丸亀城西との練習試合で今季初先発した。5回を1安打8奪三振に抑え、最速は149キロをマーク。順調なスタートを切った。

    8日に高校野球の対外試合が解禁され、この日が西にとって今季初マウンド。初回、先頭打者を三振に取ると、そこから毎回の8奪三振。「力みなく投げられた」という直球に、2種類のスライダーやカーブなど変化球を試した。1四球と制球面でも安定感を見せた。

    初登板に「少しは緊張した」という西は「いいボールがいっていた。今日はストレートが良かったんで、カーブとかの変化球も生きてきたと思う」と振り返った。

    球速は意識せず、うまく力を抜いて投げていたというが、149キロをマークしたことには「ビックリです」と驚いていた。

    バックネット裏には8球団のスカウトが西の投球を見つめた。阪神の山本スカウトは「ストレートも速いし、変化球も切れる。腕の振りも速い。間違いなく上位候補」と高く評価した。

    https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/201903090000346.html

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/01/21(月)05:29:35 ID:nas
    阪神がドラフト上位候補の創志学園(岡山)・西純矢投手(2年)の重点マークを宣言した。20日、岡山市内の同校施設で担当の山本宣史スカウト(56)が年明け初視察。「スケールが大きい。あれだけの直球があり、球種も豊富。あの体は魅力」。何度も視察しているが、室内でのブルペン投球80球を目に焼き付けて「成長している」とあらためて魅力を感じ取った。

    大船渡(岩手)・佐々木朗希、横浜・及川雅貴、星稜(石川)・奥川恭伸とともに注目。この日はほかにヤクルト、楽天のスカウトが訪問。各球団、マークを続けているが虎も継続して熱視線を送る。 西が昨年定めた目標は「日本一」と「160キロ」。加えて、この日は「ドラフト上位指名が目標です」と高いステージを見据えた。阪神に加入した西とは遠縁にあたる。面識はないというが、当然、追いかけるべき存在になる。

    正月に地元で引いたおみくじは2年連続の大吉。昨夏の甲子園では初戦の創成館(長崎)戦で16奪三振、無四球完封の離れ業をやってのけた。センバツ出場は微妙だが、昨年以上の1年になることを目指し、厳しい走り込み、投げ込みを自らに課して進化中。山本スカウトは「ドラフト上位候補なのは間違いない。もちろん追いかけますよ」と成長曲線に注目している。【柏原誠】
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190120-00453127-nksports-base

    引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1548016175/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/01/12(土)15:04:07 ID:QFH
    2

     高校“ビッグ4”に注目! 阪神は11日、西宮市内の球団事務所で第1回となるスカウト会議を行い、今秋のドラフト会議に向けて約150人をリストアップ。畑山俊二統括スカウト(54)は「例年よりも高校生の割合が多いかな」と話すと4投手を名指しした。

     「西君もそうですけれど、佐々木君、及川君、奥川君。どの球団も上位候補で出てくるでしょう。うちもそういう形になるでしょうね」

     高校生投手が豊作といわれる今年。すでに球団は昨夏の甲子園(1回戦・創成館高)で16奪三振での完封勝利を飾った創志学園高の最速150キロ右腕・西純矢投手(2年)をマークしていくことを明かしていたが、大船渡高の最速157キロ右腕・佐々木朗希、横浜高の最速152キロ左腕・及(およ)川雅貴、星稜高の最速147キロ右腕・奥川恭伸の3投手(すべて2年)も上位候補にリストアップ。今後も徹底マークしていく構えだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190112-00000012-sanspo-base

    引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1547273047/

    続きを読む

    このページのトップヘ