とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    ドラフト2019

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2018/12/31(月) 05:38:08.67 ID:CAP_USER9
    来季も西を獲る!阪神が、来秋ドラフト上位候補として創志学園(岡山)の西純矢投手(2年)をリストアップし、密着マークすることが30日、わかった。
    1月中旬には同校に担当スカウトを派遣して練習を視察予定。
    複数球団の上位候補に挙がるのは必至だが、阪神スカウト陣も年明けから本格的に調査を開始させる。球団幹部の1人は、密着マークする方針を隠さなかった。
    「良い投手ですよね。選抜に出るのは難しいでしょうが、追いかけていくことになると思います」

    2年生で出場した今夏の甲子園で度肝を抜かされた。1回戦の創成館戦で、16三振を奪う力投で完封勝利。第100回の記念大会で一気に主役の一人に躍り出た。最速150キロの直球を軸にカーブ、スライダー、フォーク、チェンジアップと変化球も多彩な本格派右腕。
    派手なガッツポーズで話題となったようにあふれる闘志も満点だ。

    同幹部が「西選手の遠い親戚みたいですね」と話したように、実はオリックスからFA宣言して新加入した西とは親戚関係にあたる。少なからず“縁”も感じる。
    「西勇輝」のあとを継ぐ虎の次世代エースは「西純矢」となるかもしれない。

    また、地元・兵庫にも猛虎と縁がある逸材がいる。社の藤本竜輝投手(2年)で、今ドラフトで1位入団した近本の7学年後輩になる。
    最速147キロの右腕には熱視線がすでに注がれており、ある球団関係者も西と同様に年明けから本格的にマークすることを明かした。

    「藤本君は来年の兵庫県では一番の投手。近畿でも屈指でしょう。バランスの取れた投手らしい体格をしている。
    球速もコンスタントに140キロを超えるし力を入れたら145?146キロを出す。素材は一級品です。見ていくことになります」

    須磨翔風の才木が16年ドラフト3位で入団して頭角を現してきており、近年は兵庫県の公立校が注目されている。
    今ドラフトでは3位まで野手を指名したため来秋は上位で投手を指名する可能性が高い。
    大船渡・佐々木、横浜・及川、星稜・奥川と高校生投手が豊作な中で、阪神は西に加えて藤本のマークを強めて成長を見守っていくつもりだ。

    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/12/31/kiji/20181230s00001173377000c.html
    2018年12月31日 05:30


    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1546202288/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2018/12/27(木) 06:23:47.18 ID:tvZGnfet0
    1

     阪神が来秋のドラフト候補として、駿河総合・紅林弘太郎内野手(2年)をリストアップしていることが26日、分かった。身長186センチと恵まれた体格から繰り出される長打力と強肩が魅力の大型遊撃手で、上位候補に浮上する可能性を秘めている逸材。チームに目を向ければ藤浪、大山、北條ら来年25歳を迎える世代の選手たちが多く、高校生を中心に次代の虎を担う逸材たちを徹底マークしていく方針だ。

     次世代のエース候補と4番候補の獲得が来秋ドラフトのテーマとなる。球団幹部は「来年は高校生中心になるだろう」と前置きした上で、駿河総合の紅林について「リストには入っている。来年、見ていく選手になる」と明かす。

     紅林は甲子園出場経験こそないが、高校野球界では恵まれた体格と身体能力が高く評価されている選手。身長186センチの大型ショートで、力強いスイングから繰り出される長打力、さらに目を見張る強肩が武器の逸材だ。

     すでに阪神は来年ドラフトに向けて大船渡・佐々木、星稜・奥川、横浜・及川、創志学園・西ら高校生投手を上位候補として調査する方針を固めている。そこに野手の紅林も入ってくるとみられ、成長度合いを測っていくことになる。

     チームの年齢構成を見れば秋山、梅野、岩貞らを第1世代のグループとして中堅を迎えつつある。その下に藤浪、大山、北條ら来季25歳前後を迎える選手たちが第2世代として多数在籍。その第1、2世代が第一線にいる間に、来年以降、20歳前後の第3世代となるグループを形成していかなければならない。

     今秋のドラフトでは2位で遊撃手の小幡(延岡学園)を獲得。5位で好素材の左腕・川原(創成館)を指名した。ここに4番を打てる逸材と右のエース候補を獲得できれば、将来的なチームの骨格を形成することができる。

     年明けの新人合同自主トレ期間中に第1回のスカウト会議が行われる予定。来季のチーム状況を見つつ、将来性豊かな選手たちを調査していく。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181227-00000016-dal-base

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1545859427/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/10/31(水) 06:11:49.25 ID:CAP_USER9
    高校「BIG4」密着マークや!!阪神が来秋ドラフトに向けて、目玉となる4投手の密着マーク大号令を出していたことが30日、分かった。
    注目は大船渡・佐々木朗希投手、星稜・奥川恭伸投手、創志学園・西純矢投手、横浜・及川雅貴投手の4人。 球団幹部は「スカウトに頑張ってもらう」とし、編成部は早くも1年後の争奪戦に向けて動きだした。

    今秋ドラフトの余韻も冷めぬ中、スカウト陣は早くも1年後に向け、各地で動きだしていた。球団幹部が明かす。
    「来年は高校生にいい投手が多いらしいですね。いい選手が各地に散らばっているので、スカウトもやりがいのある年になりそうです」。密着マークを続けていくのは、「BIG4」の4選手だ。

    阪神は今秋のドラフトで育成を含む7人を指名。1位入札は3回続けて外野手を選択。近本光司外野手(23)=大阪ガス=を獲得した。
    また、2、3位も小幡竜平内野手(18)=延岡学園、木浪聖也内野手(24)=ホンダ=といずれも野手。4位斎藤友貴哉投手(23)=ホンダ=を指名したが、即戦力として期待する右腕だった。

    高卒は5位の川原陸投手(17)=創成館=1人。6位の湯浅京己投手(19)=BC・富山、育成1位の片山雄哉捕手(24)=BC・福井=と続く。
    上位から野手中心の指名になったのは、来秋に向けた戦略、布石。特に高校生投手の逸材多数が背景にある。中でも目玉になるのは大船渡の佐々木だ。球団幹部が続ける。

    「佐々木くんはメジャーのスカウトも注目して、視察にも行っているみたいです。そこは東北の担当スカウトに頑張ってもらって」

    すでに大谷(エンゼルス)2世の呼び声が高く、夏の岩手大会1回戦・盛岡三戦で自己最速157キロを計測した。星稜の奥川は今夏の甲子園開幕戦、藤蔭戦で150キロを計測。
    2年生でただ1人、U18高校日本代表に選出された。創志学園の西は今夏の甲子園1回戦・創成館戦で16奪三振。一躍、脚光を浴びた。
    横浜の及川は最速152キロの左腕で、中学時代から注目を集めている。

    目玉になる1位候補が東北、北信越、関東、中国と散らばるのもポイント。各担当スカウトの目、力量が試される1年になりそうだ。
    阪神は2015年度から高山、大山、清宮(日本ハム)、藤原(ロッテが交渉権獲得)と4年連続で野手を1位指名。5年ぶりの投手1位入札なるか。豊作ドラフトに注目が集まる。

    egosi

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181031-00000022-dal-base
    10/31(水) 6:01配信

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1540933909/

    続きを読む

    このページのトップヘ