とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    川原陸

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

     阪神のドラフト5位・川原陸投手(18)=創成館=が7日、鳴尾浜の選手寮「虎風荘」に入寮した。阪神タイガース入団決定後に、サプライズでクラスメイトからもらった川原の身長よりも大きい抱き枕を持参した。

     「二学期の終わりにクラスのみんなからもらった。受けを狙ってだと思いますけど」と笑顔の川原。入寮し、初めて抱き枕を使用してみて「寝やすかったなと思います」と感触の感想を口にした。

     そんなクラスメイトの思いを抱きながらプロで成長を遂げたい。「(高校を)代表できるようにがんばりたい」と力を込める。いよいよ始まるプロ生活。「ここからがスタートだと思うので、一日でも早くいい成績を残せるように」と晴れ渡る空を背に、決意を新たにした。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190107-00000079-dal-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/01/06(日)17:28:52 ID:obe
    2

    阪神のドラフト5位左腕・川原陸投手(18=創成館)が6日、長崎・諫早市内の同校グラウンドで自主トレを公開した。

    寒空の下、ランニングやキャッチボールなど2時間の練習を実施。「このグラウンドで3年間お世話になったので、最後にこのグラウンドで出来て良かった。今年からはプロ野球選手という自覚を持って、長崎県の代表として頑張っていきたい」と、決意を新たにした。

    7日には入寮を迎えて本格的にプロ人生がスタートする。公称184センチ、80キロだが、オフのウエートトレーニングなどで体重は85キロまでアップ。プロ仕様の体に変化しつつある。川原は「(アピールポイントは)球持ちの良さとか回転だと思うので、ブルペンに入れたときはそこらへんをアピールしたい。まずは2軍の試合で投げたい」と意気込みを語った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190106-00437569-nksports-base

    引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1546763332/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2018/12/04(火) 08:17:07.00 ID:1M7nBHsYp
    2

    阪神の新入団選手発表会が3日、大阪市内のホテルで開かれた。ドラフト5位・川原陸投手(18)=創成館高=は会見前にとあるアクシデントが-。これもプロの洗礼!?

    会見直前にD5位・川原(創成館高)をハプニングが襲った。内幕を揚塩球団社長が明かした。現場は会見場に向かうエレベーターの中だった。

    「監督と(新人)7人と一緒にエレベーターに乗りましたけども、みんなガタイがでかくて…」

    体の大きな金の卵たちがギュウギュウ詰め。操作盤の近くにいた川原の肩が、たまたま緊急ボタンに当たってしまった。

     「どうされました!?」

    非常事態発生と、スピーカーから確認のアナウンスが鳴り響く。すかさず矢野監督が「おまえ(川原)、自己紹介せえ!」。ムチャぶりに、思わず川原は隣にいた誰かの腕をギュッと握った。

    「川原、俺の手を握るなよ!」。絶妙に突っ込んだのは育成D1位・片山雄哉(BCL福井)。これには一同爆笑。「いきなりいい雰囲気が彼らのなかに出てました」と揚塩社長はニッコリだ。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181204-00000021-sanspo-base

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1543879027/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    阪神からドラフト5位指名された川原陸投手(17)=創成館=が8日、長崎市内のホテルで入団交渉に臨み、契約金3000万円、年俸500万円で仮契約した。(どちらも推定)

    同校初のプロ野球選手は、今春の選抜大会で8強に導いた184センチの大型左腕だ。全国的に名をはせたのは、昨秋の明治神宮大会だ。根尾、藤原のドラ1コンビをはじめスラッガーがそろった大阪桐蔭を準決勝で破り、準優勝。公式戦で唯一、土を付けた好投手である。

    指名あいさつから7日がたち、少しずつ緊張もほぐれてきた面持ちだった。仮契約交渉の席では、引退後の練習内容や私生活のことなども話したという。初めてもらう“給料”についても「まだ思い浮かんでいません」とはにかみながら、「家族に何かの形で恩返しできたら」と笑った。 創成館が生んだ初のプロ野球選手ということもあり、「長崎がここまで育ててくれた。活躍して恩返ししたい」と抱負を語った川原。目標は、阪神のエースになることだ。今後もプロとしての土台作りにまずは励んでいく。


    0b4ad42ac61a99d575cc6a92bcc5b12b


    https://www.daily.co.jp/tigers/2018/11/08/0011802387.shtml
    続きを読む

    このページのトップヘ