とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    川原陸

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     プロ2年目のシーズンを終えた阪神・片山雄哉捕手(26)が25日、宮崎市内のチーム宿舎で契約更改交渉を行い、現状維持の年俸420万円だった。

     「結果を出すことができず、とても苦しい1年間でした」

     2019年7月に育成契約から支配下登録されると、アピールを続け、今年は1軍の沖縄・宜野座キャンプ行きを勝ち取った。しかし、レギュラーシーズンでは1軍昇格はなし。「1軍に上がるためには打撃が鍵。打率と長打力を伸ばしたい」と課題は明白だ。

     同じく2年目のシーズンを終えた川原陸投手(19)は20万円減の年俸460万円でサイン。「自分はまだまだできると思っている。今年は来年にとっての階段だと思っています」と来季の飛躍を誓った。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <みやざきフェニックス・リーグ:阪神1-1ロッテ>◇23日◇宮崎市清武SOKKENスタジアム

    高卒2年目左腕の阪神川原陸投手(19)がフェニックスリーグのロッテ戦に先発し、5回3安打無失点と好投した。4回まで毎回得点圏に走者を背負いながら後続を断った。「フェニックスが始まって調子が良い投球が多かったので、今日悪いと評価は悪いとなる。今日は頑張ろうと思いました」。宮崎で3試合目、先発では初の起用に応えた。

    9月中旬から約1カ月半は下半身のコンディション不良で実戦回避。その間は阪神で05年に15勝を挙げるなど、黄金期を築いた下柳剛氏が行っていた「インターバルピッチ」に挑戦した。ブルペン投球とダッシュを交互に繰り返すメニューで、安藤2軍投手コーチの指導の下、川原の場合は「15球→10メートルダッシュ5往復」を1日5セット。「疲れていても強い球を投げるという目標があった。少しずつ真っすぐも良くなっている」。川原と同じ長崎県出身で、かつての左腕エースの流儀で投球を磨いてきた。

    1年目は実戦登板ゼロ、今年も離脱があり、故障がちだった。その姿に平田2軍監督は「(プロで)だめだったら長崎に帰ってちゃんぽん屋やれって言ってんねん」と、独特の言い回しで愛のムチを送ってきたと明かした。同監督も長崎県出身。川原の好投を「気持ち入ってたな」とたたえた上で、「俺は陸にすごく期待していた。それを裏切った。少々じゃ合格点を出さない」と柔らかな表情で同郷の19歳にまたハッパを掛けた。川原も「3年目になるのでしっかり結果を残したい」。この日を21年の飛躍への礎にする。【只松憲】

    ◆川原陸(かわはら・りく)2000年(平12)12月12日生まれ、長崎県出身。創成館では3年夏の甲子園に出場。1回戦で後に阪神入りする創志学園の西純と先発で投げ合い、16三振完封負け。川原は4回途中4失点。18年ドラフト5位で阪神に入団し、昨年は腰痛で実戦登板ゼロ。今季はウエスタン・リーグで3試合に登板して0勝2敗、防御率5・14。今季推定年俸は480万円。186センチ、86キロ。左投げ左打ち。




    阪神 2年目左腕の川原が5回零封でアピール Pリーグ・ロッテ戦(スポニチアネックス) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/37582aec108eb1bb8d543ba3180d3093579c5b59  阪神の2年目・川原が、5回3安打無失点の好投でアピールに成功した。 川原陸の活躍は興奮してきたな…



    川原、5回3安打無失点か 2年目として良くなってるんちゃう? #阪神タイガース #フェニックスリーグ宮崎


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「フェニックス・リーグ、ロッテ1-1阪神」(23日、SOKKENスタジアム)

     試合を終え、阪神の平田2軍監督が取材に応じた。先発し、5回3安打無失点と好投した川原陸投手について序盤から全力投球で挑んだ姿勢を含めて評価。その上で、上積みを期待してユニークな激励をしていると明かした。以下、一問一答の要旨。

     -久々に先発の川原は安定していた。

     「やっぱり気持ちが入ってたな。去年も今年も2年間(怪我で)残念だった。西と及川と川原を2軍のローテーションでなんとかって思ってたけど、今年1年投げれなかった。そういう悔しさがかなり出てたマウンド」

     -内角攻めが多かった印象がある。

     「配球うんぬんより、とりあえず80球いけるところまでっていうことにしていた。初回から全力でいけって言って、3回からちょっとスピード落ちたけどそれでええねん。どれだけめいいっぱい初回のトップバッターからいくかっていうところ。そういう気持ちが出てた。まだまだインコースのボールがどうこうとかいうレベルじゃない。ただ気持ちで押しこんでんねん。ロッテのバッターは詰まったりしてた。まだまだそこからよ。そういった意味ではフェニックスで3回目の登板で、今年の反省とか気持ちが出てるよ」

     -テンポの速さは持ち味。

     「まぁまぁテンポだけ。及川もこの前からテンポを良くしろって課題を出した。スライダーでストライクが取れるようになってる。公式戦に投げさせていた頃はただ投げてただけだけど、故障中にインターバルピッチングを安藤コーチがさせた。走らせて、投げさせて、また走らせて。下柳がやってたようなこととかいろんなことをやったんで、こういうゲームに投げることに飢えていたと思うよ。だめだったら長崎に帰ってちゃんぽん屋やれって言ってんねん。金出したるよ。もうけはこっちや。まだまだ緩めないこっちは。お子ちゃまよ」

     -及川、西が入ってきて一層成長しないと。

     「そう、だから俺は陸にすごく期待してたところだから。それを裏切ったのは、少々じゃ合格点を出さない」




    いいね川原くん! 阪神 川原が好投&坂本が貫禄の一打も9回に追いつかれ引き分け(スポニチアネックス)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201123-00000182-spnannex-base 



    阪神 2年目左腕の川原が5回零封でアピール Pリーグ・ロッテ戦― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/11/23/kiji/20201123s00001173263000c.html  来たよ!😁🐯 そうや! 阪神の左腕にはこの投手がおる! 一軍での左腕不足を救って下さいよ!😄🐯


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「ヤクルト-阪神」(23日、神宮球場)

     両チームのスタメンが発表された。

     4位・阪神は正捕手の梅野がスタメンから外れ、坂本が先発マスクをかぶる。梅野は6月27日・DeNA戦(横浜)以来、46試合ぶりにスタメン落ちとなった。

     3番は福留。9日・広島戦(マツダ)以来のスタメンとなった。

     先発マウンドには秋山が上がる。7月14日・ヤクルト戦から自身4連勝中の右腕は、青柳と並んでチームトップタイの5勝目を目指す。

     阪神と1ゲーム差で追う5位・ヤクルトの先発は小川。前回登板した15日・DeNA戦(横浜)でノーヒットノーランを達成して以来の登板となる。

     試合開始は午後6時予定。スタメンは以下の通り。

     【阪  神】

     1番・中堅 近本

     2番・二塁 上本

     3番・右翼 福留

     4番・左翼 サンズ

     5番・三塁 大山

     6番・一塁 ボーア

     7番・遊撃 木浪

     8番・捕手 坂本

     9番・投手 秋山

     【ヤクルト】

     1番・右翼 坂口

     2番・二塁 山田哲

     3番・左翼 青木

     4番・一塁 村上

     5番・遊撃 エスコバー

     6番・中堅 山崎

     7番・捕手 中村

     8番・三塁 広岡

     9番・投手 小川




    阪神、川原陸(創成館、2年目)がウエスタンの中日戦に先発 中日、根尾と神宮大会以来の対決



    ウエスタンの阪神中日戦 阪神先発 川原陸選手 中日3番 根尾昴選手 しびれるーーーーーー


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <ウエスタン・リーグ:阪神-オリックス>◇31日◇鳴尾浜

    18年阪神ドラフト5位左腕の川原陸投手(19)が公式戦に初登板し、2回を無安打無失点に抑えた。

    6回から3番手で登板。あっさり2死を奪い、6番後藤に四球を与えたが、7番佐藤優を141キロ直球で三ゴロに打ち取った。

    2イニング目の7回は8番根本を142キロ直球で空振り三振、9番フェリペも直球で中飛。ここまで2安打と当たっている1番広沢にはフルカウントからの四球で、2番小島は二ゴロに打ち取って後続を抑えた。6つのアウトをすべて直球で奪い、最速は146キロを計測。2四球1三振でマウンドを降りた。

    ルーキーイヤーだった昨季は、同リーグ開幕前に腰を痛めた影響で登板はゼロ。プロ2年目でようやく公式戦のマウンドに上がった。




    阪神川原が2軍戦で公式戦初登板、2回無安打無失点(日刊スポーツ)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200731-27310420-nksports-base  よしよし。川原が頑張れば、湯浅も同じように頑張るから、頑張れ!

    続きを読む

    このページのトップヘ