とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    近本光司

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


    「阪神春季キャンプ」(13日、宜野座)

     阪神のドラフト1位・近本光司外野手(24)=大阪ガス=が今季、本拠地で打席に立つ際の登場曲をMrs.GREEN APPLEの「僕のこと」に決めたことが13日、分かった。胸を熱くする“熱狂ソング”と共に打席に入り、チームを勝利に導く快音を奏でる。また、初の対外試合となる14日の練習試合・楽天戦(宜野座)に「9番・中堅」で先発予定。レギュラー奪取へアピールする。

     偶然耳にした歌が心に響いた。Mrs.GREEN APPLEの「僕のこと」。年末から熱戦が繰り広げられていた「第97回全国高校サッカー選手権大会」の応援歌だ。近本は音楽プレーヤーに同曲を入れており、「普段から聴いていた曲で、登場曲を(球団から)聞かれたときに『これだ』と思いました」と即決した。

     選曲した理由の一つは感銘できる歌詞にある。「ああなんて素敵な日だ 幸せと思える今日も 夢破れ挫ける今日も ああ諦めずに足宛(もが)いている」という箇所。「打てている日でも打てない日でも、1軍でやれていることはいいことだと思って打席に向かいたいので」。プロとして戦える感謝の気持ちと歌詞が重ね合う。

     この登場曲でファンと一体になることが近本の願いだ。「しっかりと覚えてもらえるように打席に多く立ち、ファンの方に歌ってもらえるようにしたい」。糸井が打席に入る際にSMAPの「SHAKE」が流れるとファンも一緒に口ずさむように、「僕のこと」で球場全体を“近本一色”に-。スタンドからの声援を力に変える。

     甲子園に響き渡ることを実現させるためにも、レギュラーの座をつかむ。その第一歩として重要となるのが、初対外試合となる14日の練習試合・楽天戦だ。「9番・中堅」で先発予定。「結果が出なくても出ても、自分がやりたいことができたかどうか。(紅白戦から)いい感じで試合に入っていけると思います」。休養日のこの日は大事な試合に向けて体調を整えた。

     ここまでのキャンプは順調。11日の紅白戦では藤浪の151キロ直球を左前へはじき返し、盗塁を決めるなど持ち味を存分に発揮している。浜中打撃コーチは「結果というよりも内容を重視してこっちも見ているので、やってきたことを出してくれればいい」と平常心で試合に臨むことを期待した。

     社会人出身の即戦力。結果が求められることは近本自身も十分理解している。「しっかり自分のできることをやってききたい」。聖地に登場曲を響かせ、快音を奏でるためにも、地道な努力を積み重ねていく。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190214-00000027-dal-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


     阪神春季キャンプ(13日、沖縄・宜野座)阪神のドラフト1位・近本光司外野手(24)=大阪ガス=が14日の楽天との練習試合(宜野座)で初対外試合デビューすることが13日、決まった。「9番・中堅」でスタメン出場する予定。母校、社高の2年後輩の楽天のドラフト1位・辰己涼介外野手(22)=立命大=との対面も力に変え、ノーサインの中で“足攻”を決める。

     ついに出陣のときがきた。しかも、スタメン出場のチャンスももらった。近本が自慢のスピードをいかんなく発揮し、激しい外野の定位置を狙うサバイバルから一歩抜け出る見せ場を作る。14日の楽天戦に、「9番・中堅」で打って出る。

     「前の実戦からすると盗塁は自分のやりたいことができたと思うので、盗塁に関してはいい入りができるんじゃないかとは思います」

     初の対外試合を前に、50メートル5秒8を誇る自慢の武器への自信はさらに増していた。7日と11日の紅白戦ではいずれも1安打ずつ快音を響かせた。直近の11日は藤浪の151キロを左前に弾き返すと、次打者の初球で二盗もマーク。その勢いのままにダイヤモンドの上を暴れまわれる“条件”も整った。

    全文
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190214-00000502-sanspo-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


     「阪神春季キャンプ」(12日、宜野座)

     阪神のドラフト1位・近本光司外野手(24)=大阪ガス=が、矢野監督から準備の大切さを説かれた。試合形式のノックで中堅守備に就いた新人は、犠飛を捕球した際の送球判断をミスしたり、バックホームが乱れるなどした。

     ノック後、外野手のみのミーティングを終えた新人に矢野監督が近づき、数分間、身ぶり手ぶりも交えて指導。指揮官は「いろいろ本人も考えてやっているけど。(話したのは)だいたい準備のこと。風とか走者とか。無難にいくよりも、うまくなるための意識とかね」と説明した。

     「(中前打を)ランナー一塁のときに三塁に投げるのか、勝負せずに打者を進塁させないように二塁に投げるのかというような確認ができた」と練習の成果を口にした近本だが、すぐに課題克服に取り組んだ。

     特守では捕球だけでなく、状況を想定して送球寸前の動作まできっちりとこなした。「練習できるのも今しかない」と近本。外野の定位置をつかみ取るためにも、どん欲に吸収していく。

    2

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2

    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/02/12(火) 19:46:57.23 ID:nTzYcOaR0
    気になる

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1549968417/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


     ◇阪神紅白戦 紅組7―1白組(2019年2月11日 宜野座)

     阪神のドラフト1位・近本(大阪ガス)は初対戦の藤浪に力負けしなかった。「2番・左翼」で出場した紅白戦。速球2球に手が出ず簡単に追い込まれた。ボールになった変化球を挟んだ4球目。151キロの外角球に力強く踏み込み、鋭く三遊間を抜いた。

     「狙っていた球でも、コースでも、なかったんですけど、いいところに飛んでくれてよかった」

     社時代に甲子園出場はなく、大阪桐蔭のエースとして春夏連覇した藤浪は同世代でも、ずっと遠い存在だった。時は巡り、高校時代を通じても今回が初対決。その最初のスイングで捉え、「晋太郎から打ったヒットは非凡なものがあるなと思った」と矢野監督をうならせた。

     自慢の足でも魅せた。続く鳥谷の打席で待望の「初盗塁」を記録。迷いなく初球に走った。7日の紅白戦では二盗に失敗し、10日のシート打撃では実戦形式で盗塁を決めたとはいえ、出塁から2人目の打者を迎えた場面。「(最初の打者の)初球に走れなかったので負けだなと思う」と悔やみ、次こそは…と心に決めていた。

     「今日は絶対に初球から走ってやろうと思っていたのでよかった」

     反省をすぐ行動に結び付け、アピールに成功した。同じように痛恨のミスも糧にすればいい。1死から四球を選んだ6回だ。再びスタートを切り、勢い余って中谷が二飛を打ち上げても全力で三塁まで駆けた。原因はアウトカウントの勘違い。「最後の走塁は自分のミスです。しっかり準備ができてなかった」。猛省はしても、うつむくことはしない。「盗塁だったり、走塁を教えてもらっているので、次もどんどん走っていきたい」。失敗を恐れず、前を向いた。(長谷川 凡記)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190212-00000059-spnannex-base

    続きを読む