とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    小幡竜平

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神・小幡竜平内野手(20)が30日、西宮市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、380万円アップの1100万円で一発サインした。

     「上げてもらいました」と昇給を喜んだものの「自分としてはチャンスの中で勝ち取れなかったというのが一番、悔しいです」と定位置奪取に至らなかったことに反省を口にした。

     高卒2年目の今季は1軍デビューを飾り、54試合の出場で打率2割2分、0本塁打、7打点の成績を残した。8月27日の中日戦(甲子園)では、球団の10代野手では1997年の浜中以来、23年ぶりの安打をマーク。9月4日の巨人戦(甲子園)では高校時代に宮崎選抜で同僚だった巨人・戸郷から適時打。10代野手の伝統の一戦での適時打は91年の新庄以来だった。

     来季に向け、オフは体作りに励む。「守備も打撃も下半身が一番大事になる。1軍に上がってからすごく疲れて、きつい面もあったので、走り込み、ウェートトレを中心にやっていきます」と決意を表明。「自分の将来像としては1番・遊撃を目標にしてやっていきます」と力強く言い切った。




    虎の希望 小幡竜平 年俸380万UP



    現状難しいやろけど、目標は高くやな。
    近本が3番打てるようなら木浪の成長曲線、小幡の成長如何では早めの1番遊撃もありうるかもやけど ☺️ https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201130-21300425-nksports-base 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     11月29日まで宮崎県の各地で開催されているフェニックスリーグ。生目の杜運動公園第二球場では28日、北海道日本ハムと阪神タイガースの試合が行われ、若手選手を中心に来シーズンに向けてのアピール合戦が繰り広げられた。試合は北海道日本ハムが前半に点数を重ねて、阪神に8対1で勝利した。阪神は先発・馬場 皐輔(仙台育英出身)が前半に失点を重ねてしまい追いかける展開から、日本ハム・立野 和明(中部一出身)を攻略することが出来なかった。

     その阪神の中でも光ったのは4番に座った井上 広大(履正社出身)、7番・小幡 竜平(延岡学園出身)、そして8番・遠藤 成(東海大相模出身)の3選手だ。

     ファームで活躍し続け、シーズン終盤に1軍昇格を果たして初ヒット初打点を記録した井上。日本ハム戦は4打数2安打と言う結果。先発・立野からヒットこそ出せなかったが、2番手・高山 優希、3番手・柿木 蓮(いずれも大阪桐蔭出身)からヒットを放ってみせた。

     履正社時代と変わらぬ懐の深さを活かして手元まで引き付け、ポイントまで最短でバットを出していく。オープンスタンス気味のところから少し軸足に重心の乗せて置き、小さく足をあげてタイミングをとる。テイクバックをあまりとらずにトップに入ると、突っ込むことなくバットが振れているのが印象的だった。

     高校時代は重心を高くして、バットのヘッドもピッチャーに向けるなど、反動を使うところもあったが、フォームから1年間の変化を感じることが出来た。確率を上げて1軍定着を目指してほしい。

     また最終回、柿木からヒット1本を放った小幡は、あらかじめヘッドを寝かせつつ後ろの大きいテイクバックをとった状態で構える。ただ、井上に比べて若干突っ込み気味になっており、最終回にレフト方向へ打ったように逆方向へは上手く打てる打ち方になっているように感じられる。その一方で、インコースのボールをどう裁いていくのか。その辺りの対応が今後の課題となるのではないだろうか。

     そして残念ながらヒットが出せなかった遠藤だが、東海大相模時代と変わらぬ初球からの積極性は光った。対応力に長けた無駄の少ないフォームからインパクトまで力強く振り抜いていく。また素振りの様子を見ていても返し、リストに強さを感じさせた。しかし高校時代の反動を利用したフォームから比較すると、プロレベルに順応するべく創意工夫していることは見えてきた。まずは1軍デビューへ来季の飛躍を楽しみにしたい。

     チームは今シーズン2位で終了。優勝した宿敵・ジャイアンツとはゲーム差7.5と大きく離される結果となった。猛虎復活へ、井上、小幡、遠藤ら若虎の来シーズンの台頭を楽しみにしたい。




    井上マルチ、小幡も最後に一本か



    井上マルチ、率を上げたいと有言実行するバケモノ


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <みやざきフェニックス・リーグ:阪神1-1ロッテ>◇23日◇宮崎市清武SOKKENスタジアム

    高卒2年目の阪神小幡竜平内野手が左腕キラーになっている。ロッテ戦は「3番一塁」で先発。第1打席で育成左腕の本前の内角球を左翼線に運んだ。

    ここ3試合で6安打で、うち5安打が左腕から。「左が嫌だというイメージは特に持っていない。左投手からヒットが出るというのは、しっかり自分のポイントで呼び寄せて打てている」と分析した。




    小幡大化けしそう



    髙山はモデルチェンジしながら率を残したし北條は一塁に取り組んでいる 小幡井上ら若手は言うことない 島田熊谷植田はとにかく打ってくれないと話にならないので頑張れ


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/11/23(月) 10:28:24.40 ID:JnN2Hecx0
    阪神・小幡 本気で「1番遊撃」獲り
    https://news.yahoo.co.jp/articles/f1c852eb565691a83fbba62b2e8618bcc9749c7e

    平田二軍監督「小幡は三振が多い。いやらしいバッターにならないと。内野安打をもっと。」

    小幡「とにかく今年は振るだけ振って。打撃も守備も下半身が大事。」

    3: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/11/23(月) 10:29:55.80 ID:7aKM+2Sr0
    かしこい

    8: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/11/23(月) 10:30:35.17 ID:UGrXza7Z0
    もっと歯向かってほしい
    そして実力で黙らせてほしい

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1606094904/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「フェニックス・リーグ、ロッテ-阪神」(23日、SOKKENスタジアム)

     フェニックス・リーグ第4クール3戦目。阪神の先発マウンドには川原が上がる。また、打線では前日の試合で3安打を放った小幡を「3番・一塁」で起用。井上は「4番・左翼」で出場している。

     試合開始は12時30分を予定。両チームのスタメンは以下の通り。

     【阪神】

     1番・三塁 熊谷

     2番・右翼 島田

     3番・一塁 小幡

     4番・左翼 井上

     5番・DH 坂本

     6番・中堅 小野寺

     7番・捕手 片山

     8番・遊撃 遠藤

     9番・二塁 植田

        投手 川原

     【ロッテ】

     1番・左翼 宗接

     2番・中堅 高部

     3番・一塁 山口

     4番・捕手 佐藤

     5番・遊撃 茶谷

     6番・三塁 松田

     7番・右翼 高浜

     8番・DH 江村

     9番・二塁 西巻

        投手 本前




    3番小幡ええやん 大きく育て



    3番ファースト小幡か


    続きを読む

    このページのトップヘ