とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    木浪聖也

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title


     「阪神秋季キャンプ」(12日、安芸)

     内野の一角を巡る戦いが激しさを増している。遊撃の定位置を争う阪神・木浪聖也内野手(25)と北條史也内野手(25)が12日、今キャンプ初めて行われたシート打撃でともに2安打と猛アピール。実りある秋を過ごし、ひと冬越えてレギュラーの座をつかむのはどっちだ。

     どちらも譲らなかった。今キャンプ初のシート打撃。北條が快音を響かせれば、木浪も負けじと痛烈な打球を見せつける。遊撃の定位置獲りへ、若虎が高いレベルで競い合った。

     木浪、北條と並んだ打順。まず、先手を打ったのは北條だ。第1打席で福永が投じた内角への直球を左前へ放った。無死一塁で迎えた3打席目には、浜地の直球に食らいついて右前打。好機を広げる一打でアピールした。「手応えというか、体を追い込んで、振り込んでいるという中で。久しぶりの実戦でしたし、どんどん振っていこうと思っていた」と収穫のあるマルチ安打をマークした。

     木浪も黙ってはいない。2死一、三塁での第2打席。高橋遥が投じた外角132キロの変化球にバットを合わせた。打球は三遊間を破って左前へ。三走・江越を生還させる適時打となった。

     1本では終わらない。先頭で迎えた3打席目は浜地から中前打を記録。「結果を求められていると思うので、いい準備をして打席に入ることができた。いつでもアピールできるときはアピールしないといけないと思っているのでやるだけです」と貪欲な姿勢を示した。

     シーズン通して繰り広げられた木浪、北條らによる正遊撃手争い。決着はついていないだけに、今キャンプ中の取り組みが来季に大きくつながる。シート打撃後に矢野監督がまず名前を挙げたのは木浪だった。「聖也はいい感じだったかな。内容的にも」と評価した。

     一方で北條との遊撃手争いについても言及。「総合力というのももちろん大事になるし、北條の強みは作戦がいろいろできるところ。聖也に関しては、まだその部分ではジョー(北條)よりは差があると思うし。でも守備でいえば、聖也が上だと思うし」と互いにさらなるレベルアップを求めた。

     定位置争いはまだ序章。「競争は激しいので、勝つために自分のやるべきことをしっかりやっていきたい」と木浪。同い年の2人が一つしかない遊撃のポジションをつかむために切磋琢磨(せっさたくま)する。





    おはようございます😀今朝もデイリーお届けします 1面は木浪選手と北條選手、熾烈なショート争いですね 昨日今キャンプ初のシート打撃で共に2安打でアピール💪これからもレギュラー争いの戦いは続きます 他は藤浪選手昌さんから憲伸カットボール伝授⚾藤原オーナー視察です 今日もよろしくです🐯🙇 pic.twitter.com/TuPtI3iXRA



    今日の関西地区スポーツ紙1面 日刊スポーツ…ニノ結婚 サンスポ…ニノ結婚 スポーツ報知…ニノ結婚 スポニチ…近本流レーザービーム デイリー…木浪vs北條バチバチ やはり…デイリースポーツはぶれなかったwww。



    北條ショート、木浪セカンドにすりゃええんやで(ニッコリ)


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    阪神木浪聖也内野手(25)が、バットを迷いなく振り抜いた。強い打球は左前に勢いよく弾む。「シート打撃、そういうので結果が求められると思ったので、しっかり準備して臨むことが出来た」。

    高橋遥から左前打を放つと、浜地からも中前打。高知・安芸の秋季キャンプで初めて行われたシート打撃で、3打数2安打と猛アピールした。今キャンプでは「中途半端なスイングをしない。内から出す」ことにこだわり、早速練習の成果を出した。

    守備ではこの日、遊撃の後に三塁も守った。それでもやはり欲しいのは遊撃のポジション。「守れるところを守りたいですけど、やっぱりショートを守りたいですね。競争が激しいので、それに勝つために自分のやるべきことをやっていきたい」。今季は97試合で遊撃として出場。来季へ激しい競争を自覚するが、真っ向勝負をいとわない。

    今季46試合で遊撃につき、大きなライバルとなる北條も、この日のシート打撃で3打数2安打とアピール。俊足と守備範囲に定評がある植田も、もちろん候補に挙がる。矢野監督はそんなポジション争いを歓迎する。「北條の強みは作戦がいろいろ出来る部分。でも守備で言えば聖也(木浪)が上だと思うし。いろいろ個人差はあるし、競って。その中から決めていくことになると思う」。現時点での評価は“五分五分”の模様。勝負の2年目へ。強みを伸ばして欠点をなくし、来季こそ正遊撃手の座を奪う。【磯綾乃】

    ▽阪神北條(シート打撃で2安打) 体を追い込んで振り込んでいる中で、久しぶりの実戦だったんですけど、どんどん振っていくことが出来た。試合に出るために、1年間いい成績を残すために、という思いでやっている。自分自身がしっかりレベルアップしないと目標に近づけないので。




    木浪 北條に負けん! (日刊スポーツ) 「やっぱり遊撃を守りたい」 #阪神秋季安芸キャンプ #木浪聖也  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191112-11121013-nksports-base 



    @t7o7r7a7tigers7 木浪選手は 打率280と守備は 球際の強さの守備! お願いしまっせ! チャンスは 貰ってる方やと思うんで!



    北條の強みは色々な作戦ができる部分。でも守備は木浪の方が上。と矢野監督。植田もそこに入ってくる。 常に競争。頑張って勝ち取ってほしい。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


     1年目の木浪聖也にとってレギュラーをつかむための足掛かりになるシーズンだった。矢野監督も終盤の木浪の動きに「プロ(選手)になってきた」という言い回しで評価を与えた。

     秋季キャンプ突入前の「みやざきフェニックス・リーグ」では8試合に出場し打率.385(26打数10安打)と今季一軍でもまれただけに、モノの違いを見せつけた。

     開幕スタメンから、セ・リーグに新人では近本に次ぐ113試合に出場。7月26日に二軍落ちも経験したが、再昇格の8月6日以降は最後まで一軍でプレーし続けた。

     今シーズンは好不調の波が激しかった。月別のアベレージも0割台に落ち込めば、4割台に急上昇するなど、来シーズンへの課題になった。

     木浪は「すべてを自分のプラスにしながら成長したい」と足元を見つめる。新井二軍打撃コーチからのマンツーマン指導もヒントになったという。

     2年目に向けて定位置を固めるために本人が「お手本になった」と言ったのが、チームを去っていく先輩・鳥谷の存在だ。

    「自分にもいろいろ教えていただきました。構え方とか、二遊間の打球を捕って一塁送球するときの体重の掛け方とか……。あのレベルでもこんなに練習するのか、と思っていました」

     CSではDeNAとのファーストステージでは打率7割超も、巨人とのファイナルは快音が響かず。攻守にレベルを上げて「遊撃・木浪」を不動のものにする。




    頼むよ 阪神・木浪聖也内野手 攻守にレベルを上げていく/来季こそ主力に(週刊ベースボールONLINE)  https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191110-00000006-baseballo-base 



    #オーロラビジョン】 阪神・木浪聖也内野手 攻守にレベルを上げていく/来季こそ主力に 成績・プロフィール  https://sp.baseball.findfriends.jp/player/19940136/  月別のアベレージも0割台に落ち込めば、4割台に急上昇するなど、来シーズンへの課題になった。 #tigers  https://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=015-20191118-10 



    『イーした』ってのは『Eした』って事で『エラーした』って事で良いのかな?? 木浪くん、『Eした』って言ってコーチに『E顔してる』って言われてた〜 ⬇️E顔してる木浪くん(笑)#木浪聖也 pic.twitter.com/mjd5RjgL6A


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title


      阪神秋季キャンプ(4日、安芸)阪神は4日、秋季キャンプ休日。計8選手が安芸ドーム内で自主練習を行った。来季2年目の木浪聖也内野手(25)は井上一樹打撃コーチ(48)の指導を生かし、さらなるレベルアップを誓った。

     昨年の秋季キャンプ最初の休日は植田一人が汗を流した安芸ドームに、この日は木浪、大山、片山、熊谷、藤谷、福永、石井、牧と計8選手が姿を見せた。確実に浸透している自主性-。ウエートトレーニングなどで体を動かした木浪は、井上新打撃コーチからの言葉を胸に、2年目のステップアップを誓った。

     「ボールの内側にバットを入れるいうことを自分の課題にしていて。悪いときにはこう(外回りに)なるし。自分のやりたいことと井上コーチのいうことが一致した。力が入っていたら内に入ってこない。今は脱力じゃないですけど、いつでも力を出せるようなイメージでやっています」

     安芸で初対面となった井上打撃コーチとは、第1クールの中で、濃密にコミュニケーションを図った。「大体どこ(の打順を)を打つだろうみたいな。そういうことを言われたので。強いライナー、間を抜くような。そういうのを求められると思う。自分が打つ打順はそういうことができないといけない」。今季は8番の51試合が最多だったが1、2番でも32試合に出場。自分は来季どこを打って、どんな打撃をしたいのか-。明確に描きながら成長していく。




    阪神・木浪ら8選手、休日返上!確実に浸透している自主性 #SmartNews 休日返上で練習するのが自主性なのかな。  https://www.sanspo.com/baseball/news/20191105/tig19110505020009-n1.html 



    阪神秋季安芸キャンプ 木浪・大山・片山・熊谷 藤谷・福永・石井・牧 休日返上! 確実に浸透している自主性 (サンケイスポーツ)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191105-00000030-sanspo-base 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    阪神木浪聖也内野手が秋季安芸キャンプで、打撃の意識改革に取り組んでいる。

    同キャンプ初のオフとなった4日も休日返上で安芸ドームに姿を見せ、体を動かした。このキャンプでは「ボールの内側にバットを入れること」を課題に、練習に励む。1年目の打撃を分析し「悪くなると外からバットが回る」と修正点を把握。シーズン終盤は上位打線も任され、打線の軸としてレギュラー定着に期待がかかる来季へレベルアップを図る。

    「自分のやりたいことと、井上コーチが言っていることが一致した」。練習では左打ちの木浪の背中側からティーを上げてもらい、右目でボールを見ることを意識。遠回りしないコンパクトなスイングを体に染み付けている。つなぎが求められる役どころ。「バットを内から出すことで、ボールに回転もかかるし、飛距離も出る。間を抜けるような強いライナーが求められると思うので」と理想を追い求める。【奥田隼人】




    スポドリ?飲んでる木浪くん。 pic.twitter.com/ifgFo987p4



    日刊スポーツさん。 木浪君。 打撃の意識改革始めました💥=͟͟͞͞⚾️ 成る程。自身の打撃の改善しなければいけない点をしっかりと把握してますね🙂 頑張って行きましょう😌🐯✨ pic.twitter.com/dk6VeU6dUG


    続きを読む

    このページのトップヘ