とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    木浪聖也

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


    <オープン戦:オリックス4-8阪神>◇24日◇京セラドーム大阪

    トップバッターは任せろ! 阪神ドラフト3位の木浪聖也内野手(24=ホンダ)が、「開幕1番」を心待ちにした。開幕スタメンを目標に掲げ、チャンスをつかんだ。「緊張すると思うけど、一生懸命やりたい。必死でやるだけです」と語る表情は初々しかった。

    23日にオープン戦首位打者に立ったが、この日は5打数1安打。打率は3割7分3厘で3位に後退。05年赤星以来の快挙達成はならなかった。それでも2回には右翼に2点タイムリーを放ち、好調をキープしたままオープン戦を終えた。「キャンプが始まってから、ずっとやるべきことをやってきた。自信がついた部分もある。でも、シーズンに入ってからが大切。練習からしっかりやっていきたい」。

    この日、矢野監督は開幕オーダーを明言。木浪は同じルーキーの近本と1、2番コンビを組む。指揮官は「マイナスが少ないよね。打てるとか、対応できるとか。見逃し方もいい。元気がある。プラスが想像以上に多かった」と予想以上に活躍に目を丸くした。結果を残し、リードオフマンの遊撃スタメンという大役を務める。19年虎の「セイヤ」が大ブレークの予感だ。【真柴健】

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190324-03241042-nksports-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

    <オープン戦:オリックス-阪神>◇24日◇京セラドーム大阪

    阪神ドラフト3位の木浪聖也内野手(24=ホンダ)が追加点となる2点適時打を放った。

    9番西の適時打で2-0とした2回1死満塁。内角に入ってきた128キロスライダーにうまくバットを合わせた。

    「前の打者の西さんが打ったので、自分も続こうと強い気持ちを持って打席に入りました。打った瞬間は捕られてしまうかと思いましたが、なんとかヒットになってくれて良かったです」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190324-03240366-nksports-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


    ■オリックス 4-2 阪神(オープン戦・23日・京セラドーム)

     阪神は23日、オリックスとオープン戦(京セラ)を戦い、2-4で敗れた。

     1番二塁で起用されたドラフト3位ルーキーの木浪聖也内野手は、22日の同戦に続き2戦連続2安打。6回の第3打席で右前にこの日最初の安打を放つと、8回の第4打席では左前へと弾き返した。これでオープン戦16試合で12球団単独トップとなる21安打、打率も.389まで上昇させた。

     先発の岩貞祐太投手は6回3失点。5回に味方の失策絡みで2点を失い、自責点は1だった。この日の失点がオープン戦3試合目で初の失点。15イニングを投げて、防御率0.60となった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190323-00326571-fullcount-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


    <オープン戦:オリックス3-2阪神>◇22日◇京セラドーム大阪

    阪神ドラフト3位の木浪聖也内野手(24=ホンダ)が、阪神ルーキーのオープン戦最多安打(80年以降)を更新した。「1番遊撃」で先発した初回。オリックス先発山岡の初球146キロ直球をいきなりとらえ、中前に運んだ。「準備はちゃんとして、初球から打とうと思っていました」。これでオープン戦通算安打数を18本とし、これまで最多だった16年高山の17本を超えた。

    3回の第2打席でも145キロの直球を内野安打に。最多安打記録を19本に伸ばすとともに、現時点で12球団トップに立った。打率も3割8分と首位打者も射程圏内に入ってきた。21日のロッテとのオープン戦(ZOZOマリン)では、4打数無安打と連続試合安打が「9」でストップしていたが、悔しさを晴らすかのようなこの日の2安打。「1番」としてチームを勢いづける。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190323-03221457-nksports-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


    <オープン戦:オリックス-阪神>◇22日◇京セラドーム大阪

    阪神ドラフト3位の木浪聖也内野手(24=ホンダ)が、阪神ルーキーのオープン戦最多安打(80年以降)を更新した。

    1

    【写真】木浪聖也は一塁内野安打で出塁する

    「1番遊撃」で先発。初回に山岡の初球146キロ直球をいきなりとらえ、中前に運んだ。これでオープン戦通算安打数を18本とし、これまで最多だった16年高山の17本を超えた。

    3回の第2打席でも145キロの直球を内野安打に。最多安打記録を19本に伸ばした。

    これまでの最多は16年高山の17本、80年岡田と01年沖原の16本、04年鳥谷の15本と続いていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190322-03220887-nksports-base

    続きを読む

    このページのトップヘ