とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    木浪聖也

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    3


    激熱の遊撃争いだ! 阪神ドラフト3位の木浪聖也内野手(24=ホンダ)が10日、沖縄・宜野座キャンプで行われたシート打撃で、左腕岩貞から2打席連続安打を放ち、さらに株を上げた。

    視察に訪れた侍JAPAN稲葉篤紀監督(46)も打撃センスを絶賛。遊撃に再挑戦している鳥谷敬内野手(37)も二塁打を放った。鳥谷が聖域に返り咲くか、勢いある木浪がポジション奪取か…。北條、植田らもひしめく激戦区から目が離せない。

    新顔のバットがまたも快音を奏でた。右に左に。木浪が巧みなバットコントロールで広角に打ち分けた。

    「実戦で初めての左投手だったので(体が)開かないことだけを意識した結果がいい方向につながった」

    侍JAPANにも選出された経験のある左腕岩貞から2打席連続安打。1打席目は内角にきた121キロスライダーを引っ張り込んで右中間へ。足を止めることなく、一気に三塁に到達。2打席目は外角高めの137キロ直球をきれいに流した。

    視察に訪れた稲葉監督も「(左投手から)非常にコンパクトに右中間とレフト前にうまく打っている。内角真っすぐもファウルになったけど、ライトに引っ張れる。素晴らしい打撃をしていると感じましたね」と、一目を置く内容だった。

    左腕対策を練って、プロの扉を開いた。社会人1年目に左右の投手別打率を見比べた際に「左が全然ダメだった」と感じた。そこで、2年目は左腕投手のボールを「克服しよう」と、打撃投手にも苦手コースを注文して数多く打った。そんな努力家は“一発屋”では終わらない。7日紅白戦で決勝3ランを放ち、注目を集めたばかりだったが、この日も結果を残した。矢野監督は「内容がある。スライダーを引っ張って、真っすぐを逆方向に打って走塁もよかった」と褒めた。さらに「どんどん株を上げてね。(競争が)面白くなってきたんじゃない」と、内野陣のレギュラー争いを楽しみにした。

    木浪は本職の遊撃に加えて、二塁、さらに三塁も守れる。そんな新顔には負けまいと、ベテランも負けじと存在感をアピールだ。左中間二塁打を放った鳥谷は「(調子は)普通です。(紅白戦は)頑張ります」と淡々と語り、球場を後にした。北條、植田らも狙う遊撃のポジション。結果を出し続ける新顔が、ダークホースとなる。【真柴健】

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190210-00477923-nksports-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1


    「阪神春季キャンプ」(10日、宜野座)

     阪神のドラフト3位・木浪聖也内野手(24)=ホンダ=が、今キャンプ初のシート打撃でも、2打数2安打と猛アピールに成功した。

     相手は開幕ローテ入りが有力な岩貞。左対左の不利な状況にも関わらず、カウント1-1から3球目。2球続いた内角低め、121キロのスライダーに反応した。鋭いライナー性の打球は二塁・糸原の頭上を越え、右中間を真っ二つ。打球が最深部まで届くと、懸命な走塁で三塁を陥れた。

     7日の紅白戦には「7番・三塁」で先発出場。同点の六回、守屋から決勝3ランを放った。守備でも堅実なプレーを見せ、矢野監督も遊撃のレギュラー候補として「あるんちゃう、ホンマに。これもできる、あれもできるっていう部分が、その(レギュラー争いの)ライン上にある。可能性は十分」と評価を上げていた。

     さらに第2打席でも、岩貞と対戦。1死三塁の場面で打席に立つと、1ストライクから2球目、外高めの137キロ直球に逆らわず、巧なバットコントロールで左前に運んだ。紅白戦に続いて、実戦の中で高い対応力を証明。ルーキーの台頭で鳥谷、北條らとの遊撃争いは、さらにヒートアップしてきそうだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190210-00000065-dal-base 





    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     阪神・矢野燿大監督(50)が8日、ドラフト3位・木浪聖也内野手(24=Honda)も正遊撃手の候補であることを明かした。紅白戦での衝撃デビューから一夜明け。下馬評では鳥谷と北條の一騎打ちが予想された遊撃争いに、期待の新人が急浮上した。

     「ホンマに(正遊撃手の可能性が)あるんちゃう。スローイングも良い。レギュラーに近づいていると思う」

     決して、競争心をあおるためのリップサービスではなかった。入団前から定評があったのは堅実な守備力。実際、キャンプインしてからも、首脳陣は非凡なセンスを評価していた。その一方で、打力が課題として見られ、プロの厳しい壁にぶち当たることが予想されていた。そんな「木浪評」が一変したのは、チーム初実戦となった前日7日の紅白戦。守屋からかっ飛ばした右越え決勝3ランが、大きなプラスアルファとして加点された。

     「ハマったらああいうふうにしっかり振り切れる打撃もあってとなれば、レギュラーにまた近づいたと思う」

     周囲を魅了した打撃には、指揮官も絶賛した。無理もない。144キロの内角直球に対し、右肘をたたんで捉えた。右翼の芝生席中段で弾むプロ1号は技ありの一発。球団新人がチーム初実戦で本塁打を記録するのは03年から始まった宜野座キャンプでは史上初で、その事実もまた無類の勝負強さを際立たせる。

     「自分で考えてできる部分もある。オプションでいろんなポジションができるっていうのもそうだし。声が出せるのもそう。そうやって考えていけば、もう、そっちに近づいていっているやん」

     プロ初打席では自らの判断により、犠打を一発で成功させた。そんな状況判断の良さも評価の対象だ。「(レギュラーの)可能性は十分」とうなずく指揮官の評価もうなぎ上り。金の卵の出現で、虎の最激戦区がますます過熱していく。(山本 浩之)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190209-00000037-spnannex-base

    続きを読む

    このページのトップヘ