とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    木浪聖也

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     「阪神春季キャンプ」(25日、宜野座)

     阪神ドラフト3位の木浪聖也内野手(24)=ホンダ=が25日、春季キャンプでの実戦全試合安打締めへ意欲を示した。最後の舞台は26日の紅白戦。8試合連続となる快音を響かせ、内野のレギュラー獲得を猛アピールする。

     宜野座で最後となる実戦には、西や藤川ら実績のある投手が登板予定。「一流投手との対戦は勉強になりますし、その中でも結果にこだわってやっていきたい」。打席の中で先輩の力量を体感するだけでなく、しっかりとバットを振って対応していく構えだ。

     ここまで与えられたチャンスで結果を残してきた。第1音は7日の紅白戦で放った右翼席への3ラン。そこから2度目の紅白、3度の練習試合、ヤクルト、中日とのオープン戦でも安打をマークした。18打数8安打6打点の打率・444。首脳陣の評価も日に日に高まっている。

     それでも木浪は納得していない。「自分の中では想像以上といいますか、出来すぎなくらい。でも、まだまだ課題もありますし、自分に足りないところもたくさんある」と気持ちを引き締めた。

     見つかった課題はすぐさま修正した。24日の中日とのオープン戦で一ゴロを本塁へ送球したが、高めに浮いて捕手のタッチが間に合わず野選。この日のシートノックでは、本塁に設置された低めの的に2球目で的中。「あそこに投げないといけないということは、昨日思い知った」と反省を生かした。し烈な内野争いを制するため、攻守で技術を磨いていく。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190226-00000026-dal-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     (オープン戦、中日4-2阪神、24日、北谷)止まらん! 阪神のドラフト3位・木浪聖也内野手(24)=ホンダ=は中日戦に「7番・一塁」で出場し、7試合連続となる安打を放った。

     「(連続安打は)全く気にしていません。毎日、必死です」

     二回2死走者なしで中日先発・柳から中前打。主戦場は二遊間だが、一塁やDHで起用される状況からも首脳陣の期待の高さがうかがえる。

     青森山田高の同級生である中日・京田とはこの日、言葉を交わす機会は訪れなかったというが、その姿は刺激になった。

     「一流の投手の方の球はなかなか打てないところもありますが、甘い球を仕留められるよう意識していきたいです」

     1つずつ結果を積み重ね、レギュラーの座を狙っていく。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190224-00000591-sanspo-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2
     「オープン戦、中日-阪神」(24日、北谷公園野球場)

     阪神のドラフト3位・木浪聖也内野手(24)=ホンダ=が、実戦7試合連続となる安打を放った。

     1点リードの二回2死走者なし。2ボール1ストライクからの4球目、外角低めのスライダーを捉えた。鋭い打球を中前へ。2度の紅白戦、3度の練習試合、前日23日のオープン戦・ヤクルト戦に続きこれで7試合連続安打をマーク。レギュラー獲得へ猛アピールを続けている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190224-00000073-dal-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/02/22(金) 18:30:17.08 ID:PMI7kBED0
    うおお
    no title

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1550827817/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


    <練習試合:阪神5-0広島>◇21日◇かりゆしホテルズボールパーク宜野座

    阪神ドラフト3位ルーキー木浪聖也内野手(24=ホンダ)がまた打った。21日の阪神の沖縄・宜野座キャンプで行われた練習試合広島戦に、プロ初の一塁でスタメン出場。九里と岡田のローテ級右腕から先制の2点打を含む2安打を放ち、5試合の実戦成績は打率4割6分2厘、6打点の大暴れ。前楽天監督で今春から日刊スポーツ評論家に復帰した梨田昌孝氏(65)が“木浪のスゴさ”に迫った。【取材・構成=松井清員】

       ◇   ◇   ◇

    木浪は本当に大したものだ。初回の1死満塁の好機で(前打者の)中谷が初球、簡単に内野フライを打ち上げた。3四球でもらったチャンス。さあ一気にいくぞという場面で、5番が外野フライも打てないのかと、ベンチのムードは最悪だ。その悪い流れを会心の一振りで断ち切り、流れを呼ぶ先制の2点打を放ってみせた。リーグ4連覇を目指す広島との注目の初対決。景気よく快勝できたのは木浪のおかげだ。

    一番の長所はスイングがコンパクトで、しっかり振り切れることだ。初回は九里の内角141キロを完璧に捉えて右前に運んだ。大山とのエンドランを決めた3回2死一塁の第2打席も、岡田の内角147キロを右前に運んだ。この時、バットは折られたが、しっかり振り切っているから安打ゾーンに飛ぶ。ただでさえ新人は緊張し、アピールしようと力むことが多い。ローテ級の2人相手に冷静にボール球も見極め、自分の打撃で結果を出した。選球眼も抜群の実戦派で、立派のひと言だ。

    2安打以上に目を見張ったのは左腕と対戦した第3打席だ。結果はレグナルトの148キロに空振り三振したが、直前カウント2-2からのファウルも体が開かず、最終球もしっかりしたスイングで振り切った。レグナルトは勝利の方程式入りが濃厚で、球の出所が分かりづらそうな好投手だ。直前、右の大山(空振り三振)と中谷(一ゴロ)は全く自分のスイングをさせてもらえなかった。だが木浪は体が開くこともなかった。2日前の打撃練習で対戦したガルシアからも痛烈な打球をセンターに運んでいた。左腕を苦にするタイプでもなさそうだ。

    矢野監督がプロ初の一塁で起用したのは、高い打撃力をどこかで生かしたいと考えたからでテストは大正解。遊撃の鳥谷や北條をはじめ、一塁のマルテやナバーロらにも強い刺激を与え、チーム内競争を一層激しくしたことは間違いない。開幕1軍は確実だろうし、レギュラーの一角を取る可能性も十分ある。将来的にも広島田中広のように、パンチ力があり広角に打てる好打者になれる可能性を感じる。楽しみな新人が出てきた。(日刊スポーツ評論家)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190221-00490948-nksports-base

    続きを読む

    このページのトップヘ