とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    木浪聖也

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1


     「オープン戦、楽天-阪神」(8日、倉敷マスカットスタジアム)

     阪神のドラフト3位・木浪聖也内野手(24)=ホンダ=が、楽天の先発。岸撃ちで開幕スタメンを猛アピールした。

     楽天のエースに二回まで完全に抑えられていた打線は三回、先頭の伊藤隼が右前打で口火を切った。2死三塁まで進み、ここで打席に木浪。「1番・三塁」で先発出場したルーキーは、1ストライクから2球目、内寄り124キロのチェンジアップを狙った。

     一塁左を襲った強烈な打球に、銀次が懸命に飛びついたが、グラブに当てるのが精いっぱい。劣勢の展開の中、右前適時打で1点を返した。

     木浪はキャンプ中の実戦から9試合連続安打。3日のソフトバンク戦で一ゴロに倒れ、連続安打はストップしたが、6、7日の2軍練習試合でも2戦連続安打。この日は球界屈指の右腕・岸からも適時打を放ち、さらなるアピールに成功した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190308-00000065-dal-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     阪神のドラフト3位・木浪聖也内野手((24)=ホンダ=が6日、鳴尾浜で行われた奈良学園大との練習試合に「3番・三塁」で先発し、3打数3二塁打2打点。

     「(出場試合が)1軍でも2軍でも、やることは変わらないです。1日(1本でも)打つことがアピールになる。そういうところにこだわっていきたいです」

     キャンプ中から実戦11試合で打率・538(26打数14安打)と絶好調をキープ。矢野燿大監督(50)は「外す理由がないでしょ」と開幕1軍“当確”を明言した。

    https://www.sanspo.com/baseball/news/20190306/tig19030620250022-n1.html

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     プロ野球2019年シーズンの始まりが近づいてきた。「開幕スタメン」の青写真は、どうなるのだろうか。12球団すべてで激しいスタメン争いが続いているが、昨年最下位の汚名を返上したい阪神タイガース、トラの激戦区はショートだ。

     37歳の鳥谷敬が再挑戦を表明。昨年は北條史也(24)のスタメンが多かったが、ドラ3ルーキーの木浪聖也(24)の評価が急上昇。監督として2005年にチームをリーグ優勝に導いた岡田彰布氏も木浪を絶賛する。

    「しぶといバッティングをする。初球からでも甘い球は狙っていくし、追い込まれても変化球を逆方向に逆らわずに打つなど、プロに対応できとる。すでに実戦で結果を出しているところが凄い。今のところ守備も危なげないように見えるな」

     社会人を経てプロ入りした木浪の“完成度”に岡田氏も太鼓判を押すのだ。

     一方、“元教え子”の鳥谷にはこんな言い方をする。

    「鳥谷はショートの守備がダメでサードにコンバートされたんちゃうからな。そりゃ守備範囲は少し狭くなり、肩も衰えたかもしれんが、サードでもゴールデングラブ賞(2017年)を獲った。40歳を超えて体がもう動かないという状態やない。まだ全然やれるやろ。

     むしろ北條は、ポジションを一度、譲ってもらったのに、その後も不振で二軍に落とされたりしている。プロやから正面から勝ち取らなあかんのになぁ」

     チームは2年連続最下位だけは避けねばならない危機的状況にある。

    「そもそもの話でいうと、この時期に二遊間のレギュラーが決まってないというのはどうかと思うで。連携プレーが多いからな。矢野(燿大)監督は何を決め手にしようとしているのか……。守備なのか、打撃なのか、それとも若手を育てたいのか。その優先順位が見えない。こんな調子では開幕してもレギュラーが決まってへんのちゃうか」

     虎党の心配も募る。

    ※週刊ポスト2019年3月15日号

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190306-00000016-pseven-spo

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/03/06(水) 16:45:36.88 ID:CzRFUlsIa
     阪神のドラフト3位・木浪聖也内野手((24)=ホンダ=が6日、鳴尾浜で行われた奈良学園大との練習試合に「3番・三塁」で先発し、3打数3二塁打2打点。

     「(出場試合が)1軍でも2軍でも、やることは変わらないです。1日(1本でも)打つことがアピールになる。そういうところにこだわっていきたいです」

     キャンプ中から実戦11試合で打率・538(26打数14安打)と絶好調をキープ。矢野燿大監督(50)は「外す理由がないでしょ」と開幕1軍“当確”を明言した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190306-00000569-sanspo-base

    やばすぎ

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1551858336/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     甲子園では今季初のシート打撃で、D3位・木浪聖也内野手(ホンダ)が2安打。聖地“初安打”で、開幕に向けてさらにアピールを重ねた。

     「甲子園は初めてで、今までと違う雰囲気でした。太陽で(ボールが)見づらかったり、広いなと思いました。実戦で結果が出るのはいいことですけど、引き続き練習していきたい」

     岩崎から中前打、島本から左前打。3日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)は途中出場で1打数無安打となり、実戦連続安打は「9」で止まったが、勢いは衰えていない。矢野監督も「ずっといいね。(開幕スタメンは)なくはないでしょう」とうなった。

     D1位・近本光司外野手(大阪ガス)も藤川の変化球を左前へ。さらに盗塁も決めた。「結果とか甲子園が…とかではなくて、自分のやりたいことができるかどうか」と集中力を高めた。
    1

     江越、岡崎とともに、6日は2軍練習試合・奈良学園大戦(鳴尾浜)に参戦。実戦でアピールを重ね、開幕1軍を引き寄せてみせる。

    https://www.sanspo.com/baseball/news/20190306/tig19030605020001-n1.html

    続きを読む

    このページのトップヘ