とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    木浪聖也

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


    真弓明信氏(65=日刊スポーツ評論家)が7日、阪神の紅白戦を視察し、ドラフト3位ルーキーの木浪聖也内野手(24=ホンダ)に注目した。

       ◇   ◇   ◇

    木浪はインコースの厳しいボールにうまく反応した。前の打席で内角高めを空振り三振していたので、そのイメージも残っていたことに加え、テークバックからのバットの出方がとてもスムーズだから、芯で捉え、本塁打となった。

    面白いルーキーが入ってきた。この試合では三塁に入り、守備機会もほぼなかったが、もともと守備力を評価されてドラフト指名されたと聞く。どのポジションにも対応できることがアピールポイントであるなら、そこに打撃力も加わればいきなり定位置争いというのも十分、ありえる。

    競争をあおる矢野監督にとっても木浪出現は大きいはずだ。競争、競争と言ってもこれまで同じチームで戦ってきた選手間では、一定の評価はできている。新人がこの時期にインパクトを与えてくれたことは真の競争激化を意味する。タイプとしてはいつの間にかポジションをとっていた糸原に近い。遊撃を中心とした内野争いが一気に過熱しそうだ。(日刊スポーツ評論)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190207-00474135-nksports-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/02/07(木) 18:11:43.33 ID:dU9Oog9i0
    ええねポジポジ
    no title

    no title

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1549530703/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2 

    勝ち越し3ランを放った木浪
     阪神の宜野座キャンプは7日が第2クールの最終日。この日は今キャンプ初の紅白戦が実施され、期待のルーキーがプロ入り後初の実戦に臨んだ。

     この日大きなインパクトを残したのが、ドラフト3位で入団した木浪聖也。24歳の内野手は紅組の「7番・三塁」でスタメン出場すると、第1打席で犠打を一発成功。以降の2打席は凡退となるも、7-7の同点で迎えた6回の第4打席で守屋功輝からライトスタンドへ豪快な一発。実戦での初安打が勝ち越し3ランとなった。

     木浪は初の実戦を振り返り、「緊張していたんですけど、結果も出たのでちょっとホッとしました」と笑顔。値千金の本塁打については「たまたまです」と振り返る。

     第1打席の犠打については、「チャンスがあれば実戦でやってみたいと前の日から思っていた」ことを明かし、「打つだけではなく、バントもできるというところを見せたかった。しっかり決まったのでホッとしました」と狙い通りの成功に胸をなで下ろした。

     また、第4打席の本塁打については、「前の打席で高めで三振していて、今度は変化球というか落ちる系のボールを準備していました」としながらも、打ったのはインハイの直球。かんたんなボールではなかったが、「インコースへ強い球を投げていたので、それも頭に入れながらというところで、うまく反応で回ることができました」とコメント。対応力の高さも見せつけた。

     決勝弾については、矢野監督も「練習から振り切ることができていたので、外野の頭を越える打球というのは十分打てると思っていました」としつつも、「難しいボールでしたけど、反応であそこまで飛ばせるというのは魅力。ホームランバッターではないですけど、ツボにハマればああいうのもある、というのは新たな魅力でしたね」と喜んでいた。

     それでも、初実戦を終えての本人の自己評価は「70点、80点くらいですかね……」と控えめ。「まだ打球がちゃんと飛んできていないので、打球をしっかり捌ければもう少し上がったかなと」と守備でのアピールができなかった点を挙げる。

     最後も「今日は結果が出ましたけど、これからも出るとは限らない。しっかり練習をして、次も結果を出せるようにしたい」。初本塁打に浮かれる様子は微塵も見せず、開幕に向けた長いレースを見据えていた。


    (取材=ニッポン放送アナウンサー・洗川雄司)

    BASEBALL KING
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190207-00177915-baseballk-base 





    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1




     「阪神紅白戦、紅組10-7白組」(7日、かりゆしホテルズボールパーク宜野座)  今年初実戦となる紅白戦が行われ、ドラフト3位・木浪聖也内野手(24)=ホンダ=が、“プロ初本塁打”を放った。  同点の六回2死一、二塁で守屋から右翼席へ完璧な3ラン。これが決勝弾となった。  紅白戦には紅組の「7番・三塁」で先発。1打席目の無死一塁は一塁線へ送りバントを決めた。2、3打席目は凡退していたが、4打席目に最高の結果を残し、“プロ初安打”を放っていたドラフト1位・近本に負けない存在感を示した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190207-00000075-dal-base 




    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     阪神春季キャンプ(5日、沖縄・宜野座)阪神のD3位・木浪聖也内野手(24)=ホンダ=が、投内連係で初めて三塁の守備につき、華麗な身のこなしでアピール。基本は二遊間ながら、ユーティリティープレーヤーぶりも披露して定位置確保を狙う。

     ドームの屋根に落ちる雨音をかき消すほどの威勢のいい声が響いた。木浪が三塁守備で軽快な動き。「違和感なく普通に守ることができました。社会人のときもやっていたので」と汗を拭った。

     本職は遊撃手だが、矢野監督は「いろんなことはオプションの中でやっていけば」と青写真を描く。三塁には大山というレギュラー候補がいて、この日も一緒に練習したが、さまざまなケースを想定しておく。

     藤本内野守備走塁コーチは「器用だし、どのポジションでもこなせる。まとまっているなという感じ」と評価。久慈内野守備走塁コーチも「全然(問題ない)。いろいろ経験させてやれるように」とうなずいた。

     本人は大山との競争について「(大山はバットでの)とらえ方が上手というか、すべてにおいてすごいと思っている。少しでも勉強できたらと思います」と謙虚そのもの。初実戦となる7日の紅白戦に向けて「投手の球を打つことになるので、振り負けないことと、強く振ることをやっていきたい」と自分のことに集中していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190206-00000023-sanspo-base

    続きを読む

    このページのトップヘ