とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    木浪聖也

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2

     「阪神紅白戦、紅組10-7白組」(7日、かりゆしホテルズボールパーク宜野座)

     阪神のドラフト3位・木浪聖也内野手(24)=ホンダ=が7日、今キャンプ初の紅白戦で12球団ルーキーの実戦一番乗りとなる“プロ初本塁打”を放った。「7番・三塁」で出場し、同点の六回2死一、二塁、守屋の直球を右翼席へ運んだ。両軍合わせて25安打の最後に、鮮烈な印象を残した決勝3ラン。内野の定位置争いへ最高のアピールとなった。

     一振りで球場の視線を独り占めにした。甲高い打球音にどよめいたスタンド。高々と舞い上がった白球が悠々と右翼席に消える。度肝を抜いた木浪の豪快弾。初実戦で衝撃デビューを果たした。

     「前の打席で高め(直球)を振って三振をした。(守屋が)インコースに強い球を投げていたので、反応で回ったらホームランになったのでよかった」

     同点の六回2死一、二塁。カウント1-1から守屋の内角144キロ直球を捉えた。コンパクトに左肘を内側に畳んで鋭く体を回転。スムーズな流れのままに鋭く放った決勝の3ラン。実戦初安打が“プロ初本塁打”となった。

     反省を生かした。五回は、内角高めの直球に空振り三振。「同じミスはしてはいけないと思っている。(投球を)ベンチで見るとかして自分の中で工夫していきました」と即座に対応し、高い修正能力を発揮した。

     パンチ力だけではない。二回無死一塁で迎えた実戦初打席。「前の日から(バントをすると)決めていた」と、ノーサインながら初球を投手前に転がして犠打を成功。攻撃のリズムを作り、この回、先制点を含む6安打7得点の猛攻へと結びつけた。三塁守備でも初回、フェンス際へのファウルフライを難なく捕球。安定感を見せた。

     両手はマメだらけ。「どうしても(バットの)ヘッドが寝てしまうクセがあったので。最短で出せるように」。自主性が尊重される個別練習では打撃を選択するなど、バットを振り込んで課題改善に努めている。

     矢野監督は「うまく反応して打ちましたし、内容のある打球の質でした。そこ(レギュラー)を狙えない素材ではないと思う」と絶賛。浜中打撃コーチも「あの場面で打てるとはビックリしました。何か持ってるんじゃないか」と目を細める。

     首脳陣から得た高評価。それでも木浪は「結果は出たんですけど、これからも出るとは限らない。もっと練習して次も結果を出せるようにやっていきたい」。鳥谷や上本、糸原、北條らとの定位置争いを制するためにも慢心はない。あふれる向上心。進化を続ける背番号0から目が離せない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190208-00000026-dal-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


     阪神春季キャンプ(7日、沖縄・宜野座)ドッカーーン! 阪神のドラフト3位・木浪聖也内野手(24)=ホンダ=が7日、初実戦となる紅白戦(宜野座)に紅組の「7番・三塁」で出場。7-7で迎えた最終回の六回に新人では12球団最速弾となる決勝3ランを放った。両軍合わせて25安打17得点の乱打戦に矢野燿大監督(50)も「いうことない」と大満足。甲子園でも、こんな打ち勝つチーム待ってるで!

     快音とともに、曇天の宜野座にアーチを架けた。殴り殴られ、また殴り返しの初実戦。最後の最後で勝負を決めたのは木浪だった。しかも、新人では12球団最速というおまけつき。緊張の面持ちながら、胸を張って、ダイヤモンドを一周だ。

     「皆さんすごい、打つなというイメージで。最後、反応ですけど、インコースの球を打てたので本当によかったです」

     おいしい場面を逃さなかった。7-7で迎えた六回2死一、二塁。カウント1-1からの3球目、守屋が内角に投じた144キロ直球を振り抜いた。打球は高々と上がって右翼の芝生席中段へ着弾。まさに、打った瞬間。雨予報の中、詰め掛けた4700人の虎党から割れんばかりの拍手を浴びてのハイタッチだ。

     沸かせたのは最速アーチだけではない。0-0の二回無死一塁。プロ初打席でいきなり、バットを寝かせた。投前犠打で、一挙7得点を呼び込む。試合を通してノーサインを貫いた矢野監督は思わず「俺は打って欲しかったのよ」と苦笑いだったが、木浪は「小技もできるということを見せたかった。自分でちゃんと準備して、やれるかというのを考えてやったので。1球で決められてよかった」としてやったり。社会人のホンダ時代は1、3番を任されており、つなぎ役とは、ほぼ無縁。プロで生きていくために、宜野座でもコツコツとマシンを相手にバント練習を繰り返した。

     送ってもよし。ツボに入れば放物線も描ける。新人らしからぬ潜在能力の高さに周りも黙っているわけにいかない。両軍合わせて17得点。指揮官は「これぐらい、どんどん打ってほしい。みんな打ったんでね。いうことないんじゃないですかね」と手放しに喜んだ。

     木浪の目下の目標は北條や鳥谷らとの激しい遊撃争い。ライバルと比べ、打力で劣っているとみられていただけに虎将も「打撃でアピールできたのはチャンスは広がりますよね」とうれしい悲鳴。キャンプインに際し、「切磋琢磨はいらない。バチバチに」と送り出した効果が表われた。

     「(自己採点は)70点ぐらいですね。守備でどこでも守れることがウリだと思う。守備から入って、打席でチャンスがあったら思い切りスイングしていきたいです」

     17年ぶり最下位となった昨季はチーム打率・253とセ・リーグ5位(最下位はDeNAの同・250)。広い甲子園でも打ち勝てる役者たちは、いる。この日の木浪が、そう。猛虎打線復活を彩る矢野チルドレンが、早くも出てきた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190208-00000013-sanspo-base 




    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


    阪神ドラフト3位の木浪聖也内野手(24=ホンダ)が7日、沖縄・宜野座キャンプの初実戦となった紅白戦に「7番三塁」で出場し“プロ1号”を放った。木浪の父弘二さん(51)が「もしもし日刊です」の取材に応じた。本州最北端・青森でテレビ中継にかじりつき、沖縄で奮闘する息子の姿を見守った。

       ◇   ◇   ◇

    -紅白戦で本塁打

    昔からインコースは強かったんです。でもね、本塁打もですけど、バントを一発で決めたのがよかった。 -仕事の都合で沖縄行きを断念

    本当は観に行きたかったんですけどねぇ。

    -ホンダ時代に木浪が出場した日本選手権は会場の大阪に駆けつけた

    車で青森から観に行ったんです。(妻と)2人で交代で運転しながらです。沖縄も車で行けたらよかったですけどね(笑い)

    -第2クールが終了

    疲れも出てくる時期でしょ? 本人にも良い薬になったと思う。でも、謙虚さを忘れずにと書いてあげてください。

    -1軍なら関東遠征がある

    関東の方に聖也が来てくれたら、もっと観に行ける。次はオープン戦ですか? そこまで(1軍に)残ってくれるといいんですけど…。焦らずに、ですね。【電話・阪神担当=真柴健】




    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


    名刺代わりの1発で売り込み大成功! 阪神ドラフト3位の木浪聖也内野手(24=ホンダ)が7日、沖縄・宜野座キャンプの初実戦となった紅白戦に紅組の「7番三塁」で出場し“プロ1号”を放った。12球団の新人選手最速のアーチで猛アピールした。矢野監督も「打撃でアピールできたのはチャンスが広がる」と絶賛。イケイケの新顔が、北條、鳥谷らがひしめく遊撃争いに挑戦状をたたきつけた。

       ◇   ◇   ◇

    一発で名前を売り込んだ。木浪が、思い切ってフルスイング。白球が右翼席に着弾すると、球場全体が背番号0に拍手を送った。逆風をものともしない一撃で、沖縄・宜野座に詰めかけた虎党に自己紹介を済ませた。

    「最初は緊張していたので、結果が出てホッとしています。結構インコースに強いボールが来ていたので、反応で回ったらホームランになった。どこまで飛んだのかは見れてないです」

    7-7の乱打戦となった6回2死一、二塁。木浪は「周りはみんな結果を出していたので…」と気合を入れて4打席目に向かった。右腕守屋の3球目、内角高め144キロ直球を捉えた。「前の打席に(守屋から)三振していたので、同じミスをしてはいけないと思っていた。直球に振り負けないように意識していました」。狙い通りの一振りで、修正力の高さを示して見せた。

    “狙い”は前夜、眠る前から決めていた。プロ初実戦を控え、布団の中で試合を想定していた。不安に打ち勝つための「イメトレ」は第1打席で生きた。2回無死一塁。「バントすると決めていた。打つだけでなくて、バントもしっかりできることを見せたかったので」。ノーサインの実戦で初球から成功させ、小技ができることを証明した。

    矢野監督は決勝3ランに「本当に難しい球だと思う。反応であそこまで飛ばせるのは木浪のプラスアルファの魅力。ツボにハマれば、ああいう打撃ができる。打撃でアピールできたのはチャンスが広がりますよね」と手放しで絶賛。本職の遊撃に加えて二塁、三塁を守れるユーティリティープレーヤーで、この日は三塁で好捕も見せた。使い勝手のいい選手だが、木浪が狙うはもちろん定位置だ。

    「チームの顔というか、ファンにも覚えてもらえるようにしたい」

    「あいさつ回り」はもう終わり。同学年の北條、鳥谷らがいる猛烈な遊撃争いに左打ちの新顔が参戦する。【真柴健】

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190207-00474417-nksports-base 




    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


    真弓明信氏(65=日刊スポーツ評論家)が7日、阪神の紅白戦を視察し、ドラフト3位ルーキーの木浪聖也内野手(24=ホンダ)に注目した。

       ◇   ◇   ◇

    木浪はインコースの厳しいボールにうまく反応した。前の打席で内角高めを空振り三振していたので、そのイメージも残っていたことに加え、テークバックからのバットの出方がとてもスムーズだから、芯で捉え、本塁打となった。

    面白いルーキーが入ってきた。この試合では三塁に入り、守備機会もほぼなかったが、もともと守備力を評価されてドラフト指名されたと聞く。どのポジションにも対応できることがアピールポイントであるなら、そこに打撃力も加わればいきなり定位置争いというのも十分、ありえる。

    競争をあおる矢野監督にとっても木浪出現は大きいはずだ。競争、競争と言ってもこれまで同じチームで戦ってきた選手間では、一定の評価はできている。新人がこの時期にインパクトを与えてくれたことは真の競争激化を意味する。タイプとしてはいつの間にかポジションをとっていた糸原に近い。遊撃を中心とした内野争いが一気に過熱しそうだ。(日刊スポーツ評論)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190207-00474135-nksports-base

    続きを読む

    このページのトップヘ