とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    木浪聖也

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2
     阪神のドラフト3位ルーキー、木浪聖也内野手(24)=ホンダ=に同1位の近本光司外野手(24)=大阪ガス=が「愛のツッコミ」を入れた。

     木浪は7日のヤクルト戦(神宮)に「8番・遊撃」で先発。同点に追いついた4回1死一、二塁で相手先発・原樹理から右前へ勝ち越し適時打。先頭で迎えた9回には中前打でチャンスメークし、無死一、二塁で近本のバント処理を焦った近藤の悪送球の間に3点目のホームを踏んだ。

     試合後には、プロ初のヒーローインタビューを受けた木浪。「(4回は)チャンスで自分に回ってこいと。絶対に打ってやろうと強い気持ち。打ててよかった」。アナウンサーから自己紹介を兼ねてアピールポイントを聞かれると「全力疾走なので、それを見にグラウンドへきてください!」と呼びかけた。

     木浪は4月25日のDeNA戦では走者を置いて送りバントに失敗。これを同じ新人の近本が起死回生の逆転3ランで帳消しにしたのは記憶に新しい。「自分が聖也の分まで巻き返そうと思っていた」という近本の言葉に、木浪は「助けてもらって本当に感謝しかないですよ」と頭を下げるなど“同期愛”は強い。

     そこで、この日の木浪について近本に聞こうと夕刊フジ記者が近寄ると、「えっ、僕なんか悪いことしました?」とニヤリ。木浪のヒーローインタビューの内容を伝えると、「全力疾走!? アイツ、足遅いっすよ!」と関西人らしくツッコミを入れつつ、「彼が活躍したら僕もうれしいし刺激にもなります」と満面に笑みをたたえた。

     木浪は開幕スタメンに抜擢されたが、不振でわずか4試合で手放した。「落ち着いてきたから使っている」(清水ヘッドコーチ)といわれる通り、最近再び先発で起用されている。矢野監督も「競争しながら地力もつけてほしい」と期待をかける男は今度こそレギュラーの座を固める。(山戸英州)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190508-00000012-ykf-spo



    阪神ドラ3・木浪にドラ1・近本が“愛のツッコミ”  https://www.zakzak.co.jp/spo/news/190508/spo1905080005-n1.html  木浪のヒロインの内容に、「全力疾走!? アイツ、足遅いっすよ!」と関西人らしくツッコミを入れつつ、「彼が活躍したら僕もうれしいし刺激にもなります」と満面に笑みをたたえた。 近本君ツッコミできるんやwwww


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2
     「ヤクルト1-3阪神」(7日、神宮球場)

     プロ初の決勝打で、初めてのヒーローインタビューだ!阪神ドラフト3位の木浪聖也内野手(24)=ホンダ=が四回、1-1の同点に追いつき、なおも1死一、二塁の好機で右前に勝ち越しタイムリーを放った。九回にもこの日2安打目の中前打から、3点目の生還。さあ、12連戦のラストも勝って、5カード連続勝ち越しや!

     勝利への執念がバットに宿り、白球に乗り移った。一塁ベース上で右拳を突き上げた後、両腕を掲げてベンチの祝福に応える。重要な局面で勝負強さを発揮し、プロ初の決勝打でチームを勝利に導いた。慣れ親しんだ地で大歓声を全身に浴びた木浪。俺が決める-と若武者が躍動した。

     同点となった直後の四回1死一、二塁。「チャンスで自分に回って来いと思っていた」とネクストバッターズサークルから気合い十分だった。1ボールからの2球目、ヤクルト・原が投じた真ん中寄り135キロのカットボールを捉えた。打球は一、二塁を破り右前へ。ルーキーの一打にベテランも全力で応える。二走・福留が激走し、勝ち越しの本塁を駆け抜けた。

     神宮を主戦場とする東都大学リーグ。亜大時代には、この地で喜びと悔しさの両方を味わった。3年春からは主力として試合に出場し、3年秋には明治神宮大会優勝を経験。だが、4年秋のリーグ戦では右手を骨折。三塁側のボールボーイとして学生最後の試合を終えた。

     「最後の最後で試合に出られなかったり、悔しい思いをしましたけど、優勝したりといい経験もできた。プロ野球選手として戻って来ることができたので、全てがいい思い出です」

     得点圏打率を・350とした木浪のバットが、貴重な追加点を生み出した。先頭で迎えた九回。4番手・近藤の直球を中前へはじき返した。無死一、二塁となってから近本の内野安打に相手の失策が絡み生還。2点差とし、勝機を高めた。

     4月18日のヤクルト戦では全力疾走を怠って途中交代を命じられた。それだけに「試合に出られることが一番。全力疾走とかできることをやっていきたい」と起用に全力で応えている。

     ルーキーの奮闘を含め、チーム一丸の勝利で連敗を阻止。2位ヤクルトと1ゲーム差に迫った。5カード連続の勝ち越しを飾れば、並ぶことができる。「絶対あしたも勝ちますので、熱い声援お願いします」。初のヒーローインタビューではたくましく声を張り上げた。目の前の一戦、一戦に全身全霊を注ぎ、チームの勝利に貢献し続ける。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190508-00000023-dal-base



    【ブレないデイリー】今日の一面 木浪、プロ初V打!四回価値ある一撃 新人離れの勝負強さ…得点圏打率.350 記事はコチラ→ https://www.daily.co.jp/tigers/2019/05/08/0012309855.shtml  #タイガース #阪神 pic.twitter.com/H7fEMj6evU


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2
    <ヤクルト1-3阪神>◇7日◇神宮

    阪神がヤクルト戦で逆転勝ちを飾った。4回に同点に追いつき、一気に勝ち越し。勝ち越し打を放ったのはドラフト3位木浪だった。木浪は9回にも中前打を放って2安打。日刊スポーツ評論家の桧山進次郎氏は今後への大きなマルチ安打だったとみた。

       ◇   ◇   ◇  

    4回はマルテの四球が木浪の決勝タイムリーを呼びました。内角シュートを頭に置き、外角球に手を出さなかった。1死一、二塁と塁が埋まったところで、木浪が1ボールからストライクを取りにいったカットボールを見逃さずにうまく打ちました。

    木浪に関しては、8番で自由に打たせて、打撃を向上させるのも選択肢のひとつでしょう。ただ上位を打つ能力がある選手だけに、状態が上がれば、2番起用を考えてもいい。開幕から好調を維持していた梅野は打撃面で下降線をたどっています。捕手というポジションで6番を任させるのは酷な部分もあります。打順を下げて、彼の打撃を生かしたい。その一方で、糸原は得点圏に走者がいる場面で勝負強さを発揮できます。2番という打順はもったいなく、クリーンアップの後で走者をかえす役割を託したいところ。

    開幕当初は1番木浪、2番近本という形でした。その後、高い出塁率を記録する近本を1番に固定できたことで打線に安定感が生まれました。木浪が2番に座れるぐらいまで状態が上がれば、下位打線までさらに厚みのある打線が組めます。もちろん、送りバントなど課題はありますが、この日の木浪の2安打は今後に楽しみを残すものになりました。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190507-05071012-nksports-base



    近本、木浪のルーキーコンビのおかげで、強力打線に仕上がってきました! 阪神木浪2番なら打線厚み間違いなし/桧山進次郎  https://www.nikkansports.com/baseball/column/analyst/news/201905070001012.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp  @nikkansportsさんから



    阪神木浪2番なら打線厚み間違いなし/桧山進次郎  https://www.nikkansports.com/baseball/column/analyst/news/201905070001012.html?utm_source=twitter%26utm_medium=social%26utm_campaign=nikkansports_ogp  まあ木浪が2番打てるぐらい調子上がればそら強いわね、結局理想は1木浪2近本や


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2
     阪神のドラフト3位・木浪聖也内野手(ホンダ)が、7日のヤクルト戦(神宮)でプロ初の決勝打を含む2安打と活躍。初のヒーローインタビューに、「チャンスで自分に回ってこいとずっと思っていました」と初々しい笑顔で答えた。

     --決勝打を含む2安打。ナイスバッティングだった

     「ありがとうございます」

     --四回の第2打席、ネクストバッターズサークルからも気合が入っているように見えた

     「絶対打ってやろうという強い気持ちで入って、打てたんでよかったです」

     --チャンスで自分に回ってこいと思っていたとか

     「チャンスでは自分に回ってこいとずっと思っていました」

     --九回にも大きな追加点につながる突破口を切り開いた。いいヒットだった

     「ありがとうございます」

     --抜けた瞬間は

     「先頭バッターだったんで、とにかくヒット出られたのが一番よかったと思います」

     --意外にも初めてのヒーローインタビュー

     「そうですね、はい」

     --声援はいかがですか?

     「ありがたいです。ありがとうございます」

     --自分のここを見てほしいというところは

     「自分のアピールポイントなんで、全力疾走を見にグラウンドにきてください」

     --あす勝てば、5カード連続の勝ち越し、2位ヤクルトの背中をとらえられる

     「絶対あしたも勝ちますので、熱い声援をお願いします」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190507-00000578-sanspo-base 






    秋山2勝目!ルーキー木浪決勝打で初のヒーローインタビュー! 2位ヤクルトまで1ゲーム差!とらほーーーー! pic.twitter.com/kdjBjFirjY



    木浪ヒロインは初だったか。ここから数字も上げていって近本と新人王争いしてくれたら最高 → 阪神 決勝打の木浪は初のヒーローインタビューで「絶対に打ってやろうと」(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190507-00000142-dal-base  @YahooNewsTopics


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2
     ◇セ・リーグ 阪神―ヤクルト(2019年5月7日 神宮)

     阪神が1点を追う4回に逆転に成功した。

     先頭の4番・大山が粘りを見せて10球目を中前打にし、出塁すると、2試合ぶりに先発出場した福留が右中間を破って無死二、三塁とチャンス拡大。絶好の同点機で、続く梅野が、深めの守備体勢を敷いていた遊撃にゴロを放って同点にした。

     さらに、7番・マルテが四球を選んで1死一、二塁とし、8番のドラフト3位・木浪が一、二塁間を破る適時打を放って逆転に成功。ルーキーの3試合連続安打となる貴重な一打で、序盤、無得点に抑えられていたヤクルト先発・原から得点を奪った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190507-00000162-spnannex-base 






    【一軍】公式戦【阪神2-1ヤクルト】 4回表 木浪、鮮やか!ドメさん、激走や! 投手:原 打者:木浪 結果:ライト勝ち越しタイムリーヒット!  http://hanshintigers.jp/  #hanshin #tigers #阪神タイガース #ぶち破れオレがヤル #聖也がヤル



    @hanshintigersjp 木浪いいぞー!


    続きを読む

    このページのトップヘ