とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    森越祐人

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

     阪神・森越祐人内野手(30)が22日、チームメートの岩貞祐太投手(27)とともに大阪市内の商業施設で行われたトークショーに参加した。

     質問コーナーで、小学生の女の子から人前で緊張しない方法を聞かれた森越は「しゃべることを何も考えずに出ます。プランを考えると頭がこんがらがってしまうので」と回答。その言葉通り、この日もアドリブで軽快なトークを披露し、会場を盛り上げていた。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181222-00000068-dal-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    阪神・森越祐人内野手(30)が「上本打法」を参考にして打力向上を図る意気込みを示した。細身の体から想像できないパンチ力を持つ先輩の技術を取り入れ、好感触をつかんだ今季。その感覚を確かなものにする。

    今季から打撃フォームを変更。腕を少し突っ張り、バットを小刻みに揺らすタイミングの取り方は上本をほうふつさせた。「打つ前にヒッチしてしまう」とスイングする直前にグリップを一度下げ、そこからまた上げるという動作を入れるクセがあるため、その矯正が目的だった。速球に対応できるよう、構えた時の手の位置を変更。ベストな位置を求め、現在も試行錯誤している。

    上本本人からも直接助言をもらったと言う。それが左肘の使い方だ。「昔は左肘を伸ばすなって言われていたんですけど、上本さんは伸びていて、それは(球に)負けないように左肘を伸ばしていると。そのままぶつけるイメージで。それでもいいんだなと僕は思って、そういう打ち方にしたというのもあります」。甲子園のバックスクリーンに運ぶパワーを持つ先輩の技術を取り入れた結果、徐々に成果も出ている。

    打席数の多い2軍だけの成績を見てみると2017年は73試合で打率・205、長打率・244だったが、今季は86試合に出場して打率・250、長打率・394という数字を残した。塁打数÷打数で計算される長打率が上昇。安打のほとんどが単打だった昨季と比べると、今季は三塁打3本に4本塁打を放った。



    b975733b



    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181121-00000074-dal-base


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    阪神の森越祐人内野手(30)が20日、兵庫・西宮市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、今季年俸1000万円から、50万減の年俸950万円でサインした。 今季は北條の離脱によりシーズン終盤に1軍昇格。主に遊撃で10試合にスタメン出場するなど、苦しいチーム事情の中で屋台骨を支えた。

    それでも課題の打撃で結果を残すことができず「もう一回、自分のアピールポイントに、プラスアルファを。守備で取ってもらったと思いますが、打てれば矢野監督も使いやすくなるので」と前を向いた。 来季がプロ9年目。守備力に定評がある30歳は「平田さん(2軍監督)がフェニックス・リーグに来られた時に、『欠点は伸びしろだぞ』と言ってもらった。

    もう一回、リセットして新たな気持ちで」と活躍を誓う。 声や、持ち前の明るさもアピールポイント。ムードメーカーとしての役割を担う男は、「3日後もあるので」と、23日に迫るファン感謝デーでの活躍を予告?して、会見場を後にした。(金額は推定)

    1


    https://www.daily.co.jp/tigers/2018/11/20/0011836410.shtml

    https://ja.wikipedia.org/wiki/森越祐人


    続きを読む

    このページのトップヘ