とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    齋藤友貴哉

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     (オープン戦、中日4-2阪神、24日、北谷)阪神のD4位・齋藤友貴哉投手(ホンダ)がオープン戦初登板。六回から3番手でマウンドにあがり、先頭打者を歩かせたが、後続を断って無失点デビューを果たした。「少し緊張しました。先頭を意識していたのに、入りが四球になってしまって、反省点です。でも、結果的にゼロに抑えられたことは良かった」。中継ぎの一角で開幕1軍を狙うルーキーが、無難なスタートを切った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190224-00000589-sanspo-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


    <練習試合:阪神4-4日本ハム>◇17日◇沖縄・宜野座

    阪神ドラフト4位の斎藤友貴哉投手(24=ホンダ)がプロの洗礼を浴びた。

    7回に登板。1死後、大田に速球を完璧に仕留められ、左翼に特大アーチを許してしまった。プロ初実戦だった11日の紅白戦は2回無失点デビューを飾ったが、この日はほろ苦い対外試合になった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190217-70000476-nksports-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


    ルーキー2人がいい波乗ってるね~。青森市出身で阪神ドラフト3位の木浪聖也内野手(24=ホンダ)は7日の紅白戦で決勝弾を放つなどアピール。

    本職の遊撃だけでなく、他の位置でもシートノックを受け「全部守れるので、そこも強みにしたい」と開幕スタメンも狙う。

    山形・東根市出身でドラフト4位の斎藤友貴也投手(24=ホンダ)も前日11日に147キロ直球で空振り三振を奪うなど、2回1安打無失点。「初球の入りの大事さを学んでいる。山形を盛り上げるためにも活躍したい」と誓った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190212-20000889-nksports-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    3



    阪神ドラフト4位の齋藤友貴哉投手(24=ホンダ)が11日、快投デビューした。

    プロ初実戦は紅組の3番手で臨み、5回からの2回を1安打1四球で無失点。「最初なので浮ついた部分もあったけど、梅野さんに助けていただいてなんとか投げられました。(直球は)感じがいい球も何球かあったので、その率を増やしていけるように、実戦だったりピッチングをやっていきたい」と笑顔で振り返った。

    5回は先頭でいきなりホンダ時代の同僚、ドラフト3位木浪とルーキー対決。中前打を許して「木浪がプロ初打者ということで、やられたので、進化して抑えたいという気持ちです」と苦笑い。ドラフト1位近本との初対決では「少し力んだりして」四球を与えたが、最速147キロで上本から空振り三振を奪うなどアピールに成功した。激しい1軍中継ぎ争いに割って入る。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190211-00479264-nksports-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     阪神春季キャンプ(8日、沖縄・宜野座)阪神のドラフト4位・齋藤友貴哉投手(24)=ホンダ=が8日、沖縄・読谷村内の宿舎に隣接する室内練習場で休日返上で汗を流した。第3クールでは11日の紅白戦で初登板予定。同じくホンダから入団した同3位・木浪聖也内野手(24)の活躍に刺激を受け、マウンドに上がる。

     同期の豪快な放物線で、ハートに火がついた。眼鏡越しに見える鋭い目。休日返上で練習した齋藤が、虎入り後の実戦初登板での猛アピールを誓った。

     「本当に刺激はすごいもらったので、次は『自分もいけるぞ』という気持ちでやっていきたいと思います」

     パワーを注入されたのは、前日7日の紅白戦(宜野座)で木浪が放った右翼席への決勝3ランだ。しかも新人では12球団最速弾という“勲章”までついてきた。

     右腕は11日の紅白戦での登板が有力で、最速153キロを誇る自慢の直球でホームラン級のインパクトを残す構えだ。準備も万全に仕上げる。この日は午前11時頃に室内練習場に姿を現すと、投球する姿を撮影したカメラマンの連続写真を何度も確認した。

     「(腕の)使い方がよくなってくると投球にもいきてくる」。課題にあげるスナップスローの改善のために球団関係者と入念にキャッチボールなどを行い、報道陣への公開時間が終わってもウエート室にこもって体を鍛え続けた。

     前日の一戦は若手中心だったが、次戦は新助っ人のマルテや遊撃定位置奪取を目指す鳥谷らが出場する可能性もある。「(実戦は)ゼロで抑えることにこだわりたい。真ん中にいってもファウルをとれるような球を投げて勝負したい。すごい打者はいますが、結果を求めて、どんな打者でも抑えていきたい」と齋藤は気合をみなぎらせた。

     オレもヤル! 即戦力右腕がパワー全開で9日からスタートする第3クールでも腕を振る。 (新里公章)

    https://www.sanspo.com/baseball/news/20190209/tig19020905020003-n1.html

    続きを読む

    このページのトップヘ