とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    齋藤友貴哉

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    <阪神4-12巨人>◇19日◇甲子園

    阪神ドラフト4位の齋藤友貴哉投手(24=ホンダ)が巨人戦で無失点デビューを飾った。17日に初昇格したばかりの背番号48は、3番手でマウンドへ。3四球を出したが、重量打線相手に2回1安打無失点と踏ん張った。

    7回は先頭の田中俊に四球、小林に二塁打を許し無死二、三塁のピンチを招くも、後続を3者凡退。「0点(に抑える)というのは中継ぎにとって大事なことだと思うので、そこに関しては良かった」。最速は151キロをマーク。「あがってしまって、ストライクを取れる球がなかなかなくて、変化球を投げられなかった」。そう振り返ったが、走者を背負っても動じず、真っすぐを押し込んだ。

    妻子持ちながら、1年目は野球に集中するため“単身赴任”で入寮を決意。2月のキャンプは近本やホンダ同僚、木浪とともに1軍の沖縄で過ごした。キャンプ後は2軍に合流となったが、武器の直球に磨きをかけ、変化球の精度を高めながらこの日を待っていた。

    初登板が伝統の一戦。「見渡す限りお客さんがいて、緊張してあがってしまった。次からは緊張感を力に変えて、どんどんやっていきたいと思います」。初々しくも頼もしかった。【磯綾乃】

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190419-04191018-nksports-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

     ◇セ・リーグ 阪神―巨人(2019年4月19日 甲子園)

     6点ビハインドの6回からドラフト4位の齋藤友貴哉投手(24=Honda)が3番手でプロ初登板。。2回で3四球を与えながら1安打無失点に抑えた。

      0―6で迎えた6回に3番手として登板。先頭の丸にストレートの四球を与えたが、続くビヤヌエバを右飛に。4番・岡本には再び四球を与えて1死一、二塁のピンチを招いたが、亀井を空振り三振に仕留めると、ゲレーロは二飛に退けた。

     2イニング目に入った7回も先頭の田中俊を四球で歩かせるなど不安定な投球が続き、続く小林に右中間二塁打を許して無死二、三塁。だが、ここから菅野を三振、坂本勇を中飛、丸を一ゴロに仕留めてこの回も無失点。その裏、2死二塁で打席が回ると代打・近本が送られた。

     「ファームでしっかり準備できたけど、後は試合で投げてチームに貢献するだけ」と話していたルーキー右腕。直球の最速は151キロを計測するなど、伝統の一戦で持てる力を発揮した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190419-00000202-spnannex-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

     阪神のドラフト4位ルーキー・齋藤友貴哉投手(24)が17日、今季初めて出場選手登録された。

     不振で2軍落ちしたガルシアに替わって1軍に合流。ヤクルト戦の試合前練習後は緊張の面持ちで「ファームでしっかり準備できたけど、後は試合で投げてチームに貢献するだけ」と言葉に力を込めた。

     春季キャンプは1軍で過ごしたものの、3月から2軍に合流して鍛錬を積んできた。同世代で社会人・Hondaでもチームメートだった木浪の活躍も刺激になったようで「悔しさだけを持ってやってきた」と気合十分。プロ初登板へ期待が高まる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190417-00000175-spnannex-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

    阪神は3試合連続7失点を喫したガルシアを抹消。ドラフト4位の齋藤友貴哉投手を昇格させた。

    【セ・リーグ】

    ■出場選手登録

    巨人
    投手 高橋優貴

    中日
    投手 山井大介

    阪神
    投手 齋藤友貴哉

    ■出場選手登録抹消

    阪神
    投手 O・ガルシア

    【パ・リーグ】

    ■出場選手登録

    西武
    投手 本田圭佑

    日本ハム
    外野手 岸里亮佑

    ■出場選手登録抹消

    日本ハム
    投手 上原健太

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190417-00348561-fullcount-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     (オープン戦、中日4-2阪神、24日、北谷)阪神のD4位・齋藤友貴哉投手(ホンダ)がオープン戦初登板。六回から3番手でマウンドにあがり、先頭打者を歩かせたが、後続を断って無失点デビューを果たした。「少し緊張しました。先頭を意識していたのに、入りが四球になってしまって、反省点です。でも、結果的にゼロに抑えられたことは良かった」。中継ぎの一角で開幕1軍を狙うルーキーが、無難なスタートを切った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190224-00000589-sanspo-base

    続きを読む

    このページのトップヘ