とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    齋藤友貴哉

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     阪神春季キャンプ(8日、沖縄・宜野座)阪神のドラフト4位・齋藤友貴哉投手(24)=ホンダ=が8日、沖縄・読谷村内の宿舎に隣接する室内練習場で休日返上で汗を流した。第3クールでは11日の紅白戦で初登板予定。同じくホンダから入団した同3位・木浪聖也内野手(24)の活躍に刺激を受け、マウンドに上がる。

     同期の豪快な放物線で、ハートに火がついた。眼鏡越しに見える鋭い目。休日返上で練習した齋藤が、虎入り後の実戦初登板での猛アピールを誓った。

     「本当に刺激はすごいもらったので、次は『自分もいけるぞ』という気持ちでやっていきたいと思います」

     パワーを注入されたのは、前日7日の紅白戦(宜野座)で木浪が放った右翼席への決勝3ランだ。しかも新人では12球団最速弾という“勲章”までついてきた。

     右腕は11日の紅白戦での登板が有力で、最速153キロを誇る自慢の直球でホームラン級のインパクトを残す構えだ。準備も万全に仕上げる。この日は午前11時頃に室内練習場に姿を現すと、投球する姿を撮影したカメラマンの連続写真を何度も確認した。

     「(腕の)使い方がよくなってくると投球にもいきてくる」。課題にあげるスナップスローの改善のために球団関係者と入念にキャッチボールなどを行い、報道陣への公開時間が終わってもウエート室にこもって体を鍛え続けた。

     前日の一戦は若手中心だったが、次戦は新助っ人のマルテや遊撃定位置奪取を目指す鳥谷らが出場する可能性もある。「(実戦は)ゼロで抑えることにこだわりたい。真ん中にいってもファウルをとれるような球を投げて勝負したい。すごい打者はいますが、結果を求めて、どんな打者でも抑えていきたい」と齋藤は気合をみなぎらせた。

     オレもヤル! 即戦力右腕がパワー全開で9日からスタートする第3クールでも腕を振る。 (新里公章)

    https://www.sanspo.com/baseball/news/20190209/tig19020905020003-n1.html

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     阪神のドラフト3位・木浪聖也内野手(24)=ホンダ=、同4位・斎藤友貴哉投手(24)=ホンダ=が8日、休日返上で練習を行った。

     沖縄・宜野座キャンプは休みだったが、2人そろって室内練習場でキャッチボールなどで汗を流した。

     7日の紅白戦では、6回に“プロ1号”となる決勝3ランを放った木浪はマシン打撃で逆方向を中心に打ち込み。「ホンダのチームメートや、高校の同級生から(祝福の)連絡をもらいました」と笑顔を見せた。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1


    阪神ドラフト4位の齋藤友貴哉投手(24=ホンダ)が2日連続のブルペン投球を行った。スプリットも交えてバランスを確かめながら31球投げた。「昨日より、しっかり腕を振れて投げられた」。

    矢野監督も「昨日よりはよかった。2日連続でブルペンに入れる状態は、いい準備をできていると思う」と評価。視察した中日井本スコアラーが「強心臓だね。あのマウンドで笑顔を見せているのは」とうなっていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190202-00468035-nksports-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


    阪神ドラフト4位の齋藤友貴哉投手(24=ホンダ)が沖縄・宜野座の合同自主トレで、投球練習を行った。

    直球を主体に22球。「しっかり腕を振って、強い球を投げていけたら」と振り返った。救援での登板が予想され、連投を任される可能性もある。「これから(ブルペンの回数を)重ねていきたい」と意気込んだ。

    ◆阪神梅野(齋藤の投球を受け)のコメント「腕の振りがいいので球の力がある。最初の仕上がりとしてはできあがっている。体重がしっかりと乗っていて、力が伝わっている印象」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190130-00463597-nksports-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/01/21(月)17:26:49 ID:nas
    阪神新入団選手の「24歳トリオ」が21日、兵庫・西宮市の鳴尾浜球場で休日返上して練習を行った。

    この日は新人合同自主トレの休日だったが、ドラフト3位の木浪聖也内野手(24=ホンダ)、同4位の齋藤友貴哉投手(24=ホンダ)、育成1位の片山雄哉捕手(24=BC福井)がグラウンドに現れた。

    3人は和やかな様子でキャッチボールやランニング、バッティングで汗を流した。齋藤は「3人でやろうと言っていたので。疲れを取るために、積極的休養でリフレッシュしました」と説明。プロ初めてのキャンプが目前に迫る。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190121-00453836-nksports-base

    引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1548059209/

    続きを読む

    このページのトップヘ