とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    伊藤和雄

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇セ・リーグ 広島―阪神(2020年8月7日 マツダスタジアム)

     阪神のリリーフ陣が踏ん張れない。

     4点劣勢で迎えた6回に登板した伊藤和は制球が定まらず1死から3者連続四球で満塁。野間を空振り三振に斬ったものの、代打・長野に中前に運ばれ2点を失い、大盛にも中前適時打でこの回3失点。この日も含めて直近6試合で12四球を与えている右腕がこの日も課題を克服できず、広島に流れを明け渡した。




    小川はまだルーキーやし、四球出してないだけ、マシかな 伊藤和は何年目やねん。しかも四球からの自滅何回見たことか。ピッチャーとして終わってる。トレードで行ってくれへんかな



    伊藤和と小川だからしゃーない 2桁取られたから明日に期待


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「阪神5-9ヤクルト」(15日、甲子園球場)

     期待が大きいからこそ歯がゆく映った。連勝ストップに直結した救援陣の乱調。阪神・矢野監督は「ああいうところで粘っていかないと、上(の順位)に行くって難しくなる」。同点の七回にマウンドへ送った伊藤和、そして1点ビハインドの九回を託した馬場-。岩崎、スアレスへとつなぐ役割を担う2人に奮起を促した。

     3点差を追いついた直後の七回。2番手で投入した伊藤和は、1死二塁から荒木に四球を与え、青木には右前打を浴びた。「和雄(伊藤)が何とか頑張ってくれたらというのはあったんやけど」。1死満塁で村上を迎えた場面で能見にスイッチ。だが、百戦錬磨のベテランでもリーグ打点王の勢いは止められず、決勝の中前2点打を浴びた。

     1点差の九回には馬場が、2死一、二塁からエスコバー、井野に連続適時打を浴びて3失点。「あと1球というところでね」。助っ人砲を追い込みながらも、勝負所で押し切れなかったことを悔やんだ。

     守護神・藤川が右肩のコンディション不良で離脱中。チームとしては痛いが、新星が生まれるチャンスだ。「ああいうところでしっかり食い止めてくれれば、連勝とか大型連勝という形につながると思う」。接戦を落とした事実は痛いが、2人の巻き返しを指揮官は待っている。




    阪神・矢野監督 乱調の伊藤和と馬場に奮起促す「ああいうところで粘って…」(デイリースポーツ)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200716-00000024-dal-base  まあ、あそこはかずおにピシャリと抑えて欲しかったけど…登板間隔も空いてたし、しゃーない。あんな日もある。



    阪神・矢野監督 乱調の伊藤和と馬場に奮起促す「ああいうところで粘って…」  http://a.msn.com/02/ja-jp/BB16MRcA?ocid=st2  昨夜は継投の失敗でした、残念。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/07/13(月) 23:47:23.07 ID:6dmku6iY0
    no title

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/07/13(月) 23:48:17.14 ID:6dmku6iY0
    8回、9回を状況を見てスアレスと岩崎で使い分けその前の6回7回を馬場イトカズ

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1594651643/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「DeNA6-8阪神」(27日、横浜スタジアム)

     プロ9年目の苦労人右腕が、ついにプロ初勝利をつかんだ。2年ぶりに1軍のマウンドに上がった阪神の伊藤和が1点ビハインドの八回から登板し、1回無安打無失点の好投で逆転劇を呼び込んだ。かつて同じ背番号92を背負った藤川からウイニングボールをもらい、勝利の味をかみしめた。

     「今さらって感じで恥ずかしいですけど、勝てたことは素直にうれしいですね」

     八回、先頭の大和は143キロ直球で一飛。続く中井をチェンジアップで空振り三振。最後は梶谷に対し、捕手の梅野が構えたところへ145キロ直球を投げ込み、見逃し三振。「ゼロに抑えることだけを考えていました」と納得の三者凡退だ。

     「あの言葉が直球に自信をくれました」-。18年、ファームの抑えだった伊藤和。当時の2軍首脳陣、2人の言葉が自信となった。一人は藤井2軍バッテリーコーチ。「お前の真っすぐは飛ばないから自信を持って投げろ。絶対にいける」。以来、全力で直球を投げられるようになり「思い切って腕を振れるようになったんです」と懐かしげに明かす。

     もう一人は矢野監督だ。2軍監督時代の「どうせやるなら楽しんでいこうぜ」という一言が原動力となっていた。試合後、監督は「和雄、おめでとう」と直接祝福し「和雄の1勝は俺にとっても忘れられない1勝」と感慨に浸った。




    ファームでは伊藤和雄さんいつもいい仕事してたよね😊 嬉しい😆 阪神・伊藤和 プロ9年目初星!三者凡退1回0封 矢野監督「おめでとう」/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2020/06/28/0013462501.shtml  # @Daily_Onlineより



    プロ9年目の苦労人が、ついにプロ初勝利をつかんだ。2年ぶりに1軍のマウンドに上がった伊藤和が1点ビハインドの八回から登板し、1回無安打無失点の好投で逆転劇を呼び込んだ。「今さらって感じで恥ずかしいですけど、勝てたことは素直にうれしいですね」 #伊藤和雄  https://www.daily.co.jp/tigers/2020/06/28/0013462501.shtml  pic.twitter.com/ukEav50ghE



    阪神・ 伊藤和、プロ9年目でつかんだ 初星!✨ 三者凡退1回0封 矢野監督も祝福 (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース この選手に泣けたワ。。(/ _ ; )  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200628-00000029-dal-base.view-000 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <DeNA6-8阪神>◇27日◇横浜

    阪神伊藤和雄が2年ぶりの1軍マウンドで、プロ初勝利を挙げた。5-6の8回に6番手で登板し、3人を相手に完全投球。

    「自分のボールをしっかり投げ込むことができました。これを続けていくことが大事だと思うので、与えてもらった場面でしっかり腕を振っていきたいです」と1軍では18年10月1日DeNA戦(甲子園)以来となる登板を振り返った。その好投が9回の味方打線の逆襲を呼び、うれしい1勝につながった。




    サンズ選手の逆転となる来日初弾の陰に隠れるような形ではありますが(失礼)、育成選手も経験した苦労人、伊藤和雄投手もプロ初勝利おめでとうございます!  https://twitter.com/Daily_Online/status/1276867212662337536 



    伊藤和雄プロ初勝利! サンズ来日初安打が逆転3ラン! #阪神タイガース #Its勝笑Timeオレがヤル #伊藤和雄 #サンズ #カズオがヤル #サンちゃんがヤル


    続きを読む

    このページのトップヘ