とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    西勇輝

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

     「阪神5-2ヤクルト」(21日、甲子園球場)

     阪神がヤクルトに連勝。7月7~9日の広島戦で3連勝して以来、半月ぶりで、同3連戦以来のカード勝ち越しになった。ヤクルト戦は2017年以来の6連勝。先発の西が7回4安打2失点の粘投で、5月10日の中日戦(甲子園)以来72日ぶり4勝目を手にした。

     試合は過去、3勝7敗と苦手にしているヤクルトの先発・山中に苦戦。初回、無死一、三塁を無得点で終えると、二回以降はなかなか得点圏に走者を進めることができなかった。それでも五回、2死から北條、西の連打で一、二塁を作ると、1番・近本が打席に立った。

     1-1から3球目。真ん中に甘く入った直球をミスショットした。ファウルで追い込まれたが、気持ちを切り替えて打席に入り直す。続く4球目。同様のコースで、球1個分高く浮いた120キロを強振した。力強い白球は浜風を切り裂き、右翼スタンドまで到達した。

     「打ったのはストレートです。1球前の球を仕留め切れず、追い込まれてしまったので、なんとか食らい付いてという意識が、ホームランという最高の結果になりました」。6月18日の楽天戦(倉敷)以来21試合、90打席ぶりの7号3ラン。阪神新人の7本塁打は、2017年の大山以来となった。

     一方、先発の西は山田、青木らから3三振を奪うなど、初回から気持ちの入った投球でナイン鼓舞。四回、バレンティンにソロ本塁打を浴び、六回には一塁・マルテの野選で1点を失った。この際、ベースカバーに向かった西は足を痛めて倒れ込んだが、治療を施しながら続く七回も無失点で切り抜けて役目を終えた。

     八回には代打・鳥谷の中前打から、マルテが押し出し四球、高山は押し出し死球でリードを広げた。

     八回をジョンソン、九回をドリスとつなぎ、逃げ切り勝利。ドリスはDeNA・山崎に並ぶリーグトップの19セーブ目。

     6連敗のトンネルを抜け、借金を3まで減らした。月曜日の休みを挟んで、23日からはDeNA、巨人(甲子園、東京ドーム)との6連戦。





    【一軍】公式戦【阪神5-2ヤクルト】 投打がかみ合い勝利!このカードの勝ち越しも決めてチーム浮上の大きな弾みになったで!  http://hanshintigers.jp  #hanshin #tigers #阪神タイガース #ぶち破れオレがヤル



    @hanshintigersjp 虎ほーꉂꉂ🐯



    @hanshintigersjp このままの勢いでウル虎の夏じゃあ‼️



    @hanshintigersjp 西勇輝に白星!!!とらほーーー



    @hanshintigersjp にしーーちかもとー!!とりたにー!!!



    @hanshintigersjp やっぱ近本なんだよね



    @hanshintigersjp #hanshin 西と近本、新戦力で掴んだ勝利最高や!!\(^o^)/ 西は二ヶ月半ぶりの勝利で 近本は二日連続の決勝打!! 西は今まで勝てなかった分勝ってくれ!! 近本も新応援歌と共に息を吹き返した。 来週はベイ読売の六連戦。 絶対に勝つぞ!!( ^o^)ノ #toraban1008 pic.twitter.com/L1NUVl7Qnh


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     「阪神-ヤクルト」(21日、甲子園球場)

     連勝へ。勢いを加速させたい阪神は西勇輝投手(28)にマウンドを託した。要所を押さえる粘りの投球。7回を投げ4安打2失点で、2カ月以上ぶりの勝利投手の権利を得た。

     序盤からコーナーを突く、西らしい投球が光った。それでも四回。先制点を突然奪われた。内角への直球を、バレンティンにうまくさばかれ、白球は左翼席へ。痛恨の一発を浴び、1点を失った。

     9人目の“野手”でもあった。1点を追う五回。2死走者なしから、北條が左前打で出塁すると、西が打席へと向かった。その3球目、110キロのスライダーを狙う。白球を右前へと運び、その後の近本の逆転3ランを呼び込んだ。グラウンドをゆっくりと回り、ベンチへと戻ると、西は近本と抱き合った。

     だが、逆転に成功した直後の六回だった。先頭の代打・山崎に右中間を真っ二つに割る三塁打を許すと、1死を挟み、2番・青木。一塁への鋭い当たりを、前進していたマルテもスライディングキャッチで好捕。即座にホームへ転送したが、判定はセーフに。野選で1点を失った。

     1点差で、1死一塁。ここでクリーンアップを迎える正念場となったが、前打席本塁打を浴びていたバレンティンを中飛。4番・村上を外角低めに制球し見逃し三振に斬って取ると、力強くほえた。

     西は5月10日を最後に白星から遠ざかっているが、この8試合のうち6試合でクオリティースタートを記録するなど、先発としての仕事は果たしてきた。現在5位。「絶望まではいっていない」とチームを鼓舞し続ける右腕の力投が光った。





    西7回投げ切った。勝ち投手の権利譲らず。 #阪神タイガース #hanshin



    西、久しぶりに勝ち投手の権利ついた!!



    西くんは7回2失点のHQS。 PJ8回を無失点。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

     21日のヤクルト戦(甲子園)に先発する阪神・西勇輝投手(28)が20日、雨天中止による登板日変更にも余裕を見せた。

     19日の同カードが今季2度目の中止となり、登板予定だった高橋遥がこの日にスライド。西の登板日も当初予定から1日ずれる形になった。ただ、プロ11年目のFA右腕にとっては慣れたもの。「スライドとかは特に(影響)ないので。特に変わらないですね」と冷静だった。





    明日7月21日18:00より阪神甲子園球場にて東京ヤクルトスワローズ戦!予告先発は阪神・西勇輝投手!ヤクルトは山中浩史投手です。西勇輝投手が勝利へ導く!チーム全体を鼓舞するピッチングに期待しましょう! #阪神タイガース #ぶち破れオレがヤル pic.twitter.com/7cpVS8pKae



    @TigersDreamlink そろそろ勝ち星つけてやってくれや



    @TigersDreamlink 打線奮闘だね!



    @TigersDreamlink 西!!!!!!お前が頼りや!頼む!



    @TigersDreamlink 勝利投手頼む!



    @TigersDreamlink 打線援護頼むよ😂


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

     ◆投手

     今季FAで加入した右腕が後半戦も安定感あふれる投球を披露する。前半戦は15試合に登板し、防御率2.87。クオリティースタート(6回以上で自責3以下)を12試合で達成。達成率80%はリーグトップタイだ。打線の援護に恵まれず、勝敗こそ3勝7敗だが「チームに勝ちが来るように自分自身が投げるだけです」。重要視するイニングはリーグ3位の103回1/3を消化。夏場は右腕の力が必要になる。西らしい投球ができれば、8試合遠ざかっている白星も自然と増えるだろう。(中村 晃大)

     ◆打者

     快足のドラフト1位ルーキーが今やチームの浮沈を左右する存在になった。開幕直後から好調で、交流戦まで打率3割7厘、15盗塁とチーム2位の原動力に。しかし、交流戦では打率1割6分5厘、3盗塁と不調で、チームも借金4を背負って10位に沈んだ。ただ、交流戦明けからは復調気配。初出場の球宴第2戦では史上2人目のサイクル安打を達成。「状況に応じて、やるべきことをやりたい」。独走する首位・巨人を追いかけるには、近本が出塁して俊足でかき回すことが求められる。(嶋田 直人)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190715-00000101-sph-base



    【阪神】 後半戦ローテ再編 ガルシアがナゴヤドームで先発 望月が今季初先発  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190712-00000023-dal-base  (デイリー) vs中日《ナゴヤD・18(水)豊橋》 15(火)ガルシア 16(水)西 17(木)岩田 vsヤクルト《甲子園》 18(金)高橋遥 19(土)青柳 20(日)望月



    さあ。今日から後半戦! 1番近本暴れまくれ!2番糸原しっかり繋げ!大山4番の意地みせてやれ!!髙山打ちまくれ!梅ちゃん攻守に頼むばい!そして原口!野球の神様は君の味方!おもいっきり楽しめ😊最後に球児!追いかけた夢いっしょにみるぞ✨ペナントレースも残り半周、突き進め阪神タイガース! pic.twitter.com/9PPwPEhW52



    後半戦スタート⚾️ 頑張っていきましょう〜💪 近本くんと木浪くんの応援歌覚えな😍✌️


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     “師弟”対決は、ともにピリッとしない展開となった。今季、FAで阪神に移籍した西にとっては、8日の巨人戦(甲子園)は4年前から自主トレをともにしている先発・菅野とは初の投げ合い。背番号「16」は相手エースが打席に立つと、笑みを浮かべながら真っ向勝負を挑んだ。

     「先頭打者とかヒットを打たれた後の連打とか、そういうところに気をつけたい」

     試合前日にそう話していたように、首位を走るG打線を警戒していたが…。一回からいきなりピンチを招いた。2死から3番・丸、4番・岡本に対し、連続四球。自ら得点圏に走者を置くと、大城に初球の外角への直球を中前に運ばれて、あっさりと先制点を許した。

     これで登板10試合連続で先制点を献上。今季は15試合のうち12試合で先制を許しており、またも先手を打たれる形となった。

     それでもバットでは、師匠から「H」のランプを灯し、意地を見せた。同点に追いついた直後の二回2死で打席に立つと、2-1からの4球目、甘く入った137キロの変化球を中前へ。その後、満塁へと好機が拡大したが、得点にはつながらなかった。

     巨人戦は今季2度目で、4月21日(甲子園)では7回4安打2失点で敗戦。オリックス時代を含め、ここまで通算5試合登板し、0勝3敗、防御率5・34。5月10日の中日戦(甲子園)で今季3勝目を挙げて以来、7試合白星から遠ざかっている。

     リードした直後の四回には、2死二塁で菅野に中越えの適時二塁打を許し、同点とされた。さらに六回には大城にこの日2打点目となる右越えのソロ本塁打を被弾。結局6回3失点で降板し、自己ワーストに並ぶ8試合連続勝ち星なしとなった。

     西は「坂本と公式戦で初めてバッテリーを組みましたが、良いリードに引っ張ってもらい、野手の方々にも助けてもらったおかげで何とか最低限粘ることはできました」とコメント。ゲームは作ったが、白星には結びつかなかった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190708-00000583-sanspo-base



    阪神3-4読売 虎先発・西/兎先発・菅野で始まった試合両投手共に6回3失点で降板。8表阪神3人目PJ、1塁走者への牽制悪送球がキッカケで結果勝ち越し点を許す。8裏9裏相手リリーフ投手による四球で出塁・2塁進塁するもあと1本が出ず敗戦。勝てた試合だけに悔しいが、明日明後日は奮起して欲しい。



    6回3失点で大事なところで打たれる西が悪いって言われるんか。 大事なところで打てへん打線の方がカスやと思うけどな。



    まけほー…… 西6回3失点と試合を作るもPJが打たれて敗戦…… ヒットは打ち得点圏まで進めるもあと一本が出ず…… 坂本正捕手譲らん3安打2打点は光明


    続きを読む

    このページのトップヘ