とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    西勇輝

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     ◆オープン戦 阪神―西武(17日・甲子園)

     阪神・西勇輝投手(28)が、オープン戦2度目の先発。西武の強力打線に対し、予定の5回を4安打1失点でマウンドを降りた。

     初回。1死1塁で秋山への3球目を投じた後、降りしきるひょうの影響で試合は一時中断。それでも、再開後は秋山を空振り三振。4番・山川はスプリットでバットをへし折り、中飛に打ち取った。

     2回、3回は三者凡退と抜群。5回は先頭の外崎に四球。続く栗山を投ゴロに打ち取ったに見えたが、自身の二塁悪送球で一、三塁のピンチを迎えた。1死後、二ゴロの間に失点。その後の満塁では得点を許さず、先発の役割を十分に果たしたが、自己採点は厳しい。

     「最後が悪すぎる。今の時期は結果ではなくて内容がすごく大事。その中で自分がした(ミスの)重大さをしっかり受け止めて、この1週間自分なりに考えて練習していきたい」と話した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190317-00000156-sph-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


    初回の守備、3回の攻撃中に試合が中断するも、5回まで投げ抜く ■阪神 – 西武(オープン戦・17日・甲子園)

     阪神の西勇輝投手が開幕に向けて順調な仕上りを見せた。17日、本拠地・甲子園での西武とのオープン戦。2度の降雨中断にも動じずに5回4安打1失点と好投した。

     不安定な天候にも、西の投球は乱されなかった。初回、いきなり降り出した雹の影響で中断がありながらも無失点に切り抜けると、2回以降も西武打線に得点を許さず。

     3回の攻撃中にも再び雨足が強まり中断を挟んだが、西はマウンドに立ち続けた。5回に四球と自らの失策などでピンチを招き、内野ゴロの間に1点を失ったものの、失点はこれだけ。5回4安打1四球1失点と結果を残した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190317-00320817-fullcount-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     阪神・西勇輝投手(28)が14日、西宮市内の甲子園球場施設内で自身がプロデュースした「西勇輝の東海ご当地尽くし弁当」(税込み1300円)をPRした。出身地である東海地方にちなみ、「味噌カツ」「松阪の鶏焼肉」「四日市の豚テキ」「津餃子」「桑名の牛しぐれ飯」などがぎっしり詰まったこだわりの一品になっている。

     味噌カツをほうばりながら、西は「自分が好きな味がぎゅっと詰まった弁当になっています。食べやすいと思います。よく食べていたので。この味噌カツ。いろんな人に食べてもらいたいなと思います」と声を弾ませた。

     他にも矢野新監督の「矢野監督の豪華ハラミ焼肉スペシャル」(税込み1500円)、「矢野監督のガーリックステーキ丼」(同1300円)など新商品が盛りだくさん。新たなコラボグルメが加わり、甲子園での観戦がますます充実しそうだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190314-00000565-sanspo-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


    <オープン戦:阪神1-3巨人>◇10日◇甲子園

    阪神先発の西勇輝投手が巨人とのオープン戦(甲子園)で3回1安打無失点と好投した。日刊スポーツ評論家の梨田昌孝氏が、西の投球術について語った。

       ◇   ◇   ◇

    オープン戦とはいえ負けすぎはいただけない。それでも先発した阪神西の投球だけはさすがだった。制球のついたボールの出し入れ、駆け引きなど、完璧なピッチングだった。

    3イニングで対した9人の打者のうち、唯一出塁を許したのが3回。先頭陽岱鋼に中前打、続く石川をフォークで空振り三振。1死一塁から炭谷を、まんまと二ゴロ併殺に仕留めた。

    炭谷にすれば、昨季までパ・リーグで対戦した西の投球スタイルはインプットされていたはずだ。シュートでゲッツー狙いでくると読んだところを、初球スライダーを投じられた。

    炭谷の読みは外れ、一瞬、腰を引くような形で二ゴロ併殺に倒れた。これが本番なら、巨人ベンチはエンドランなどの策を講じていただろうが、このシーンに冠しては、西の「勝ち」だった。

    このまま西の調整が順調にいけば、シーズン15勝は稼げるとみている。ただそれは、打線の援護があってのことという条件付き。ゲームを作る能力はあるわけで、早めの1点が西を貴重な勝利に導く。(日刊スポーツ評論家)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190310-03100790-nksports-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     「オープン戦、阪神-巨人」(10日、甲子園球場)

     ここまで6試合を戦い、オープン戦未勝利(5敗1分け)の阪神は期待の新加入・西勇輝投手(28)が『虎の西』として甲子園デビュー。今年初の伝統の一戦で貫禄のピッチングを披露した。

     初回先頭の田中俊をいきなり見逃し三振で打ち取ると、続く坂本は3球での空振り三振に打ち取る。3番・丸は中飛で、わずか9球での三者凡退だ。

     二回もビヤヌエバ、亀井をともに右飛、中島を遊ゴロに打ち取り、今度は8球で三者凡退。三回は先頭・陽の中前打で初めて走者を背負ったが、続く石川を3球で三振に打ち取り、さらに炭谷を二ゴロできっちりと併殺に仕留めた。

     結局、全く危なげないピッチングで三回25球、1安打、無失点。先発ローテの柱として獲得した右腕が、その期待にたがわぬ投球で虎党を喜ばせた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190310-00000059-dal-base

    続きを読む

    このページのトップヘ