とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    西勇輝

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     開幕投手候補の阪神・西勇輝投手(29)に、けん制上達の指南役としての期待が高まっている。

     西勇といえば球界屈指のけん制の名手。オリックス時代からそのレベルは高い。クイックタイムは驚異の0・96秒を叩き出したこともある。金村投手コーチも「センスのかたまり。投手は全員同じ投げ方ではないがヒントになる」と話す。キャンプ中にもけん制練習のメニューを取り入れており、他の投手陣からもその技術を吸収したいとの声が上がっている。

     小野泰己投手(25)は「ターンの速さだったりタイミングが大事だと思うので」と言えば、クイックの速さに定評のある岩貞祐太投手(28)も「右と左では要領は違うけど」とした上で「ランナーをくぎ付けにしながら打者の集中を妨げる投球術を学びたい」と左腕目線から吸収すべき点を語った。

    ▼記事全文はこちら



    西の牽制上手すぎんか? #西勇輝 https://t.co/BD17PIiVVK


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神・西勇輝投手(29)が9日、沖縄・宜野座キャンプでブルペン入り。今季最多200球の投げ込みを行った。

     50球ずつ4つの分野に分けて投球。右打者の外角、内角、セットポジション、変化球とのミックスなど、明確な意図を持って一球一球感覚を確かめた。

     第2クールは球数を増やし、段階を上げていく時期。「球数が多い中でも自分の中でいかに投げミスを少なくするかというのが一番大事。今日は充実した200球だったんじゃないかなと思います」と汗をぬぐった。




    2/9阪神キャンプ 西勇輝ブルペン #西勇輝 #阪神タイガース https://t.co/C76AAjLknO


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2



    開幕投手最有力の阪神西勇輝投手が本格的にブルペン投球を開始した。球筋をじっくり確認するように立ち投げで5球、捕手を座らせて37球の計42球。

    「順調に来ています。足の上げるタイミングもそうだし、土の感じもそうだし、すべてを確かめる感じです」。ボールを受けた金村投手コーチも「フォームの感じ、バランス。さすが」と絶賛した。




    山本昌臨時投手コーチは西勇輝投手と初の対面。福原コーチとともに西勇選手を見つめていました。望月投手は山本昌氏とマンツーマン指導を受けていました。 #阪神 #タイガース #山本昌 #西勇輝 #望月惇志 #沖縄キャンプ #球春到来 pic.twitter.com/qeKzMzZ362


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神の開幕投手最有力の西勇輝投手が改めてチームメートに競争を呼びかけた。キャンプイン直前に矢野監督が開幕投手について「現状では(西勇が)本命に近いのかなというのは誰が見てもそう」と発言。

    西勇は「すごく光栄なこと」としながらも「後輩たちががっついて来てくれるというのを楽しみにしている」と「挑戦者」を募った。梅野と出席したサードユニホーム発表会では「これを着て投げたい。このタイミングでローテーションが来たらラッキー」と笑みを浮かべた。




    西勇輝投手。開幕投手へ自信漂う。 開幕投手本命に挙げられる西君は若手の挑戦を望んでます🤔 そう。去年唯一の二桁勝利を果たしたエ-ス格の西勇輝投手。 若手達よ!西勇輝投手の挑戦状に対し、己のあるだけの力で挑んでみよ!!😐🐯 https://t.co/pGPTyND9MK



    🐯西勇輝投手 🐯梅野隆太郎選手 限定ユニ披露‼︎ pic.twitter.com/ON5LX22aGK


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     【球界ここだけの話】常夏の島でも1月は雨期。今年は太陽が雲に隠れ、雨の降る日が多かった。昨年末から20日まで約1カ月間、ハワイで初の単独自主トレを行った西勇輝は2020年シーズンへ強いこだわりを語っていた。

     「(こだわりたいのは)やっぱりイニング。(チームは)完投が少ないと思う。分業制が進んですごい大変なのは分かるし、完投がいかにしんどいかはめちゃめちゃ分かる。でも平均イニング数が少ない。ここがポイントだと思う」

     オリックスからFAで阪神に移籍した昨季は開幕から先発のローテを守り、26試合の登板でチーム最多の10勝(8敗)。そのうち完投は1試合だったが、投球回数はチーム最多&キャリアハイの172回1/3で、1試合平均にすると6・6回だ。他の投手で完投したのは、自己最多の9勝を挙げた青柳、昨季限りで引退したメッセンジャー、ガルシア、岩田の5人でそれぞれ1回ずつ。規定投球回を達成した投手に限れば、西と青柳のみ。故障者が出るなど、先発のローテーションが固定できなかった影響もあるが、自身も含め先発投手全体で平均イニングの底上げができれば、ブルペン陣の負担軽減だけでなく、個々のレベルアップにもつながるというわけだ。

    ▼記事全文はこちら



    阪神・西勇輝が開幕「本命」 矢野監督が初めて明言「実績、格から言えば一番」  http://bb.antenam.jp/items/view/55151 



    精密機械西勇輝。 一番取りやすい。  https://twitter.com/bot10250064/status/1221116618425520130 


    続きを読む

    このページのトップヘ