とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    西勇輝

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


    <阪神0-3巨人>◇21日◇甲子園

    阪神西勇輝投手(28)は7回4安打2失点(自責1)と力投したが、3勝目はならなかった。4回の先制点は味方の失策が絡んだ。ビヤヌエバに中前打を許し、無死一塁から木浪の野選と糸原の悪送球が重なり1点を失った。「自分たちができることができなかっただけ。1点取られてもなんとかできると思っていたので、引きずることもなかった」。その言葉通り3者凡退で後続を断った。

    7回は2死二塁から山本に適時三塁打を許し、2失点目。「見ての通り、自分の責任です」と話したが、打線の援護が遠い中で我慢の投球を続けた。そんな西の姿に矢野監督は「攻めていく気持ちも持ちながら、チームにそういうムードを見せながら投げてくれた。最後(7回)も勝負という形を取ったのは僕なので、西を責めることは一切ない」と断言した。

    最後まで西は下を向かなかった。3回1死の打席では一、二塁間を破る打球で懸命に走るも亀井の好送球で右ゴロ。リプレー検証でも覆らなかったが、連敗阻止にかける気持ちをにじませた。2回の木浪の好守には拍手とハイタッチでたたえ、降板後も声でチームを鼓舞した。「こういうゲームを続けていけば、ものにできる試合もあると思う。そこまで悲観することはないと思う」。2敗目がついても、西の前向きな姿勢に変わりはない。【磯綾乃】

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190421-04211054-nksports-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

    「阪神-巨人」(21日、甲子園球場)

     先発の西勇輝投手(28)が7回4安打2失点(自責は1)でマウンドを降り、今季3勝目とはならなかった。

     初回から丸、岡本を相手に三振を奪う上々の立ち上がり。序盤三回まで、強力巨人打線をわずか1安打に封じる快投で、相手のスコアボードにゼロを並べた。

     しかし四回無死一塁で岡本がショートゴロ。遊撃・木浪は二塁へ送球したが一走・ビヤヌエバがスタートを切っていたためセーフ(記録は野選)。その後、二塁・糸原の一塁へ悪送球。一旦は無死二、三塁で再開しかけたが、審判団が集まって協議し、三塁にいたビヤヌエバの生還がコールされた。

     送球がベンチやスタンドに入った場合は2個の進塁が与えられるため、ボールデッドとなった時点で二塁にいたビヤヌエバの本塁生還が認められた。

     嫌な形で1点を献上したが、後続を落ち着いて仕留め、最少失点で切り抜けると、テンポ良く両サイドに投げ分けて右腕は味方の反撃を待った。

     だが七回、1死からゲレーロに二塁打を許すと、2死までこぎつけたものの8番・山本に初球のスライダーを捉えられ、左中間への適時三塁打。重い追加点を与えてしまった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190421-00000109-dal-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

     平成最後の「伝統の一戦」となる21日の巨人戦(甲子園)に先発予定の阪神・西勇輝投手は20日、甲子園でダッシュなどで調整。「相手打線というよりも自分のピッチングをすることが第一。隙を出さないようにしたい」と力を込めた。

     7日の広島戦(マツダ)で9回6安打9奪三振で、自身2年ぶり完封勝利。ここまで登板3試合すべてでクオリティースタート(6回以上を3失点以内)を達成しており、2勝1敗、防御率1・57。チームは今季巨人を相手に0勝5敗と苦戦しているが、好投で連敗を食い止める。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190420-00000559-sanspo-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

     テンポの良さと対応力の高さが強みだ。

     阪神・西勇輝投手(28)が14日の中日戦(甲子園)で7回2失点の好投を演じ、今季2勝目(1敗)。打ってもプロ11年目にして初の適時打を放ち、投打にわたる活躍でチームの連敗を「4」で止めた。

     「しっかり前を向いてやれたことに、価値があると思います」

     本拠地甲子園で阪神移籍後初登板。2回には加藤に先制中前適時打を許したが、その後2併殺でピンチをしのぐと試合の流れが変わった。味方打線が4回、糸井の二塁打を起点に打者一巡の猛攻で一挙5得点。1死二、三塁で回ってきた打席では自ら左翼線へ2点適時打を放ち、「振ったら当たりました」と笑った。

     「いいリズムで投げて勝てた」という自画自賛の投球で、「こういうゲームを続けることで勝てるチームになると思う。投手はなるべく粘り強くやるべき」と語った。

     15試合を消化しチーム打率・226、総得点51(いずれもリーグ5位)の“貧打線”が、西の先発試合ではつながる。西が広島を完封した7日の試合でも、9得点を挙げている。平野打撃コーチが「西は『行くぞ、行くぞ、行くぞ!!』という姿勢が出ているでしょ。ああなると野手もリズムに乗れる。テンポを含めて、そういう部分が大きいよ」と指摘するように決して偶然ではない。

     この日は雨中の投球となったが、別のチーム関係者は「雨さえも味方につけたね」と称賛。足場が悪いため3回終了後、マウンドに砂が入れられた。「普段より滑りやすく投手は怖さを感じるはずだが、西はステップ幅の広い投球フォームも幸いしたかもしれない」。対照的に相手先発の吉見は、3回まで無安打投球だったが、砂が入った直後4回に突如、制球を乱した。「西も本拠地の京セラをはじめドーム球場が多かったオリックス時代と違い、セ・リーグでは天候に左右される球場が多くなるが、甲子園初登板でいきなり悪条件に対応したのはさすが」とうなずいた。

     矢野監督も「連敗を止めてくれて意味ある1勝だった」と最敬礼。新加入の右腕がチームの軸となれる能力を示した。(山戸英州)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190415-00000008-ykf-spo

    続きを読む

    このページのトップヘ