とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    西勇輝

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2018/12/14(金) 21:02:08.97 ID:tOt6WLvpp
    2

    今でも覚えている西の言葉がある。交流戦まっただ中の6月5日のことだ。偶然か、場所は甲子園。阪神戦前の練習終了後におそるおそる話を聞いた。

    このとき西は5試合連続で勝ち星から遠ざかっていた。完全に試合を壊したわけではなく、打線の援護がない試合が続いていた。ストレスがたまっているのではと思ったが、予想外の反応が返ってきた。

    「今はいいイメージしかない。早く投げたくてたまらない」と笑うと、こう続けた。「日々、進化しているって実感できているから。だから、ぶれることはない」。
    前向きな言葉がどんどん出てくることに驚いた。次のヤクルト戦では7回無失点で、勝ち投手に。自分自身を冷静に分析できるから、勝ち星に一喜一憂することがないのだろう。

    今回の入団会見後の囲み取材でも冷静だった。報道陣は威勢のいいコメントが欲しいもの。「完投、完封を狙っていきたいか」という質問には、「完投や完封をして、次の試合が2イニングで終わってしまうくらいだったら、常に7回まで投げるほうがいい」。
    また、「年間200イニングを目指したいか」と聞かれると、「今は分業制。なかなか200というのは難しい」とし、「160~180イニングをコンスタントに投げていけば、おのずと成績が出る」。決してリップサービスはしない。

    西のすごみは「自分自身を冷静に分析する能力」だと思う。それは、この日の報道陣とのやりとりの中でも垣間見られた。阪神でも淡々と、自分の仕事をやってのけるのではないか。この日、改めてそう思った。(辻隆徳)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181214-00000088-asahi-spo

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1544788928/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    151: 名無しさん@\(^o^)/ 2018/12/14(金) 16:58:04.02 ID:7KtR8etCd
    西と糸原を足した 
    2




    引用元: http://hayabusa5.2ch.sc/test/read.cgi/livebase/1544763631/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

    FA権を行使してオリックスから阪神への入団を表明していた西勇輝投手(28)が14日、大阪市内での入団会見に出席。新天地でのプレーに向けて「甲子園を熱くできたらと思います」と決意を示した。

     西はスーツに濃紺のネクタイ姿で登場。緊張気味ながらも、時折、柔らかい笑顔を見せた。矢野監督らも同席しての会見。これまでの期間を振り返りながら決断に至り「ホッとしています」。阪神入りを決めた理由は「自分に一番合っていると思いまして。たくさんのファンが熱く応援してくれるので、それを後押しされて投げてみたいな、と。(交渉の席で)監督がファンを喜ばせたいという言葉が一番響きましたし」と話した。

     この日は背番号「16」のタテジマのユニホーム姿も披露。自身がプロ初勝利を挙げている甲子園球場の印象については「思い入れもありますし、苦手なイメージもない」と語った。

     会見に同席した矢野監督は西の投球術と中堅選手のリーダー役に期待。「全てに置いてレベルの高いピッチャー。若い選手も凄く勉強になってくると思う」と投球スタイルを褒めると同時に「中堅もいるんですけど、西が引っ張ってくれるような。中堅の中で西が引っ張ってくれるような」と期待を寄せる。

     西は11月7日にFA権行使を表明。阪神とは同16日に極秘で1回目の交渉。他にも、引き留めを図るオリックス、ソフトバンク、DeNAとの交渉して熟考を重ねてきた。同25日、オリックスのファンフェスタでは、「何とか一日でも早く決断したい」と心境を吐露。古巣への思いと、新たな場所で自分の可能性を試したい気持ちで揺らいでいた。

     阪神と3度目の交渉となった7日には矢野監督も交渉に出馬。その席で指揮官から「ファンを喜ばせたい」などの熱烈なラブコールを受けた西は「阪神タイガースさんにお世話になることを決めました」と新天地でプレーする覚悟を見せていた。

     今季は開幕幕投手を務め、10勝13敗と負け越しはしたが、自身5度目の2桁勝利。プロ通算通算74勝65敗で防御率3・30。左手首を骨折した昨季を除けば、安定してローテを守ってきた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181214-00000056-dal-base 

    西勇輝 阪神ユニフォーム姿

    1

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    3
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2018/12/10(月) 13:53:12.63 ID:Aha6L20j0
     

    あの時点で絶対決めてたやん

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1544417592/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2018/12/08(土) 07:12:56.40 ID:CAP_USER9
    aJGq-OIl_400x400

    オリックスからFAを行使した西勇輝(28)が7日、阪神入りを表明した。西は古巣のオリックス、ソフトバンクと交渉していたが、この日、阪神は3度目の交渉では矢野監督が直接出馬。
    阪神の誠意に打たれた西が最終決断した。矢野監督は来季の開幕投手候補として西に大きな期待を寄せているが、オリックスから過去にFAで阪神に移籍した2人の投手はいずれも失敗に終わるという苦い過去がある。

    オリックスから阪神にFAで移籍した選手は、西が6人目。特定球団へのFA移籍数でいくとダントツのトップだ。同じく関西を本拠地にする2チーム。西も「環境を変えたくなかった」ことを移籍理由のひとつにあげたが、引越しや家族の学校の転校問題などに頭を悩ますこともなく、今の生活環境のまま、条件がアップ、しかも人気球団に移籍できるという複数のメリットがあるため、一時期、オリックスから阪神へのFA流出が後をたたなかった。オリックスは阪神の“草刈場”となっていた。しかし、そのオリックスから阪神にFA移籍してきた選手で成功した人物は少ない。暗黒の歴史、悪しきジンクスとなっている。

    第1号は、1993年のオフの石嶺和彦。当時、33歳。1年目の成績は130試合にフル出場して、打率.246、17本塁打、77打点だった。数字的にはほぼ横ばいで成功の部類に入る移籍だが、2年目以降、膝の故障に苦しみ成績が急落した。DH制がなく外野守備が負担となり3年目は26試合出場にとどまり在籍3年で引退した。

    石嶺入団の翌年には、続けて36歳の山沖之彦がFA移籍したが、一度も調子が上がらないまま1軍登板はなし。「肩に力が入らない」。最悪の状況に陥って、そのオフにユニホームを脱ぎ、当時、フロントの調査不足が大きな問題になった。山沖は移籍前年には21試合に投げ7勝4敗の成績を残していたのだが……FA移籍選手の1軍出場ナシの記録は山沖だけだ。

    3人目は2000年の“星の王子様”と呼ばれた左腕の星野伸之。当時34歳。
    山沖のトラウマからかオリックスからのFA獲得はしばらく見送られていたが、野村克也監督が久万オーナーに直訴して獲得に乗り出した。開幕投手に抜擢されたが、打線の援護がないまま、9回無失点に抑えても勝てない試合があるなど勝ち星に恵まれず、そのうち遅球とカーブのコンビネーションもセ・リーグの打者に慣れられた。序盤KOも目立ち、ローテーを守りながらも、初年度は5勝10敗の成績に終わった。2年目も開幕投手に抜擢されたが、その後、体調を崩すなど、結局、在籍3年で引退となった阪神での勝ち星は8勝だった。

    星野氏は、当時、オリックスと阪神の環境の違いへの戸惑いを度々、口にしていた。
    マスコミの数の違いに熱狂的ファン。好投を続けても勝ち星がつかなければ「勝たなければ」の大きなプレッシャーがのしかかってくる。
    しかも当時の阪神は打線も貧弱で弱かった……。

    その後は、2013年に捕手陣の強化のために日高剛を取ったが、大きな戦力とはならず、2年目は、ほとんど2軍暮らしでオフに戦力外通告を受けて引退。
    2017年から4年18億円の大型契約で加わった糸井嘉男(37)は、故障が目立つようになり、移籍初年度の数字は、前年度と遜色なかったが53盗塁は21盗塁に激減。
    今年も怪我に泣き、球団内部からは「糸井の獲得は失敗ではなかったが、大成功でもなかった」の声が聞こえてくるほど。糸井の加入初年度にチームは2位となったが、今季は最下位で糸井獲得に奔走した金本監督がユニホームを脱ぐ形になった。

    成功の部類に入る糸井以外、阪神はオリックスからFA移籍した選手の“墓場”となってしまっている。

    西は、その暗黒の歴史を塗り変えることができるのだろうか

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181208-00010002-wordleafs-base
    12/8(土) 6:00配信

    no title

    no title

    no title

    no title



    no title

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2018/12/08(土) 07:13:25.54 ID:wN1xhJHs0
    阪神OBでパ・リーグの野球に詳しい池田親興さんは、西には、過去の失敗した2人の投手とは、決定的に違うアドバンテージがあるという。

    「まず年齢。西は、まだ28歳。36歳の山沖氏、34歳の星野氏とは違う。一番充実した年齢での移籍になった。
    それとパ・リーグと、セ・リーグの野球のレベルの差。
    交流戦の結果を見れば明らかだが、山沖氏、星野氏の時代と比べて、さらにセ、パのレベルの差が広がっている。
    西は、西武やソフトバンクという強力打線を相手に投げてきた。
    今後、自らが打席に立つというストレスはあるかもしれないが、DHがあり、セで言えば、4番打者が2人いる打線を相手にしてきたのだから、今季の成績以上は期待できるだろう。
    コントロールピッチャーで連打も浴びない。メッセンジャーは別格として西がローテーを引っ張り、5つ以上の貯金を作るくらいの気持ちでやれれば、結果は伴ってくるのではないか」

    2014年から3年連続で2桁勝利。昨季は故障などもあり、5勝6敗、防御率3.44の数字だったが、今季は初の開幕投手を務め、10勝13敗、防御率3.60とV字回復した。
    だが、池田さんは、不安要素も指摘する。

    「オリックス時代には何も問題にならなかったようなコメントでも阪神では大きく取り上げられる。マスコミやファン、注目度はオリックスと違う。
    その環境で力を発揮できるのか、どうかという不安もある。
    また今年はピッチングの内容としては決してよくなかった。
    得点力の低い阪神打線をバックに投げるのだから防御率をもう少し下げないと白星にはつながらない。援護がなくても我慢のピッチングを続けることができるのか。
    本拠地がドームから甲子園に替わり集中力を保つことも難しくなる。そういう環境の違いも、彼に襲いかかることになる」
     オリックスから阪神にFA移籍してきた投手は活躍できない……という悪しきジンクスを西はどう打ち破るのか。
    オフの補強戦略で他球団に遅れをとってきた阪神がようやく西という開幕投手候補を得て息を吹き返したのではあるが……。

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1544220776/

    続きを読む

    このページのトップヘ