とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    ピアース・ジョンソン

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

    <中日6-4阪神>◇17日◇豊橋

    阪神が6連敗を喫した。同点の8回、3試合連続登板となったベテラン藤川球児投手(38)が竜打線につかまり、今季初黒星。

    球宴明けの3試合はいずれも救援投手に黒星がつく敗戦が続いている。

       ◇   ◇   ◇

    <阪神6連敗中の救援陣の苦闘>

    ◆ジョンソン初黒星(8日巨人戦)同点で迎えた8回にジョンソンがけん制悪送球や三盗で招いたピンチから失点。来日初の敗戦投手となった。

    ◆ジョンソン初のイニング途中降板(15日中日戦)球宴明けの初戦。ジョンソンは同点の8回に登板。2死から崩れ、アルモンテ、ビシエドに打たれ、初の2失点。イニング途中降板も来日初だった。

    ◆小野サヨナラ押し出し(16日中日戦)同点の9回に登板した小野だったが、1死満塁のピンチを招き、アルモンテに痛恨の押し出し四球を与えた。





    最近全然チエック出来てなかったけど、交流戦前2位で折り返したと思ったら6連敗か( ̄▽ ̄;) 藤川とかジョンソン含め中継ぎ陣も疲れも出てきてるだろし、信頼出来る中継ぎが打たれたら仕方ない。 もう時期梅雨も明けるし、阪神の梅雨も明けて連勝してくれることを期待しようヾ(*‘ω‘ )ノ #阪神



    藤川で負けてジョンソンで負けて負け方がグロいわ



    小野泰己はともかく、藤川とジョンソンが打たれるのは阪神にとっては痛いな


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

     阪神は15日、後半戦初戦となった中日戦(ナゴヤドーム)に2―4と逆転負け。今季5度目の4連敗で借金は3となった。

     先発ガルシアが今季初対戦の古巣に6回2失点と力投したものの、打線は陽川の2号ソロなどで挙げた2点のみ。同点の8回には、無敵の救援エース・ジョンソンが二死一塁からアルモンテ、ビシエドにまさかの2者連続適時二塁打を許し、逆転された。ジョンソンは今季ワーストの2失点で初めての途中降板。来日初黒星を喫した8日の巨人戦(甲子園)以来、2試合連続の失点劇で2敗目となった。

     ジョンソンは「これも野球だ。調子とか、球自体は良かったぐらい。何もかも悪かったわけじゃない。切り替えて明日以降、頑張りたい」と話した。

     手痛い黒星発進となった矢野監督は「仕方ない。状態は全然悪くなかった。甘く入ったのをうまく打たれた」と話した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190715-00000033-tospoweb-base



    今季33試合投げて防御率0.54のジョンソンが中日相手にまさかの2失点で負け投手…オールスターでは完璧なピッチングしてたのに ウソやろ(┯_┯)



    まさかの2失点でジョンソンがノックアウトか



    まさかまさかのジョンソン2失点💦💦


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

     阪神・金村投手コーチが14日、ジョンソンの連投制限を“解除”する意向を口にした。

     「状態を見ながらになるけど(連投に)体も慣れてくるだろうからね。シーズンの中でチームが良い位置にいて、連勝とかそういう状況になれば、全然いってもらうと思う」

     セットアッパーを務める助っ人右腕は、開幕からフル回転。キャリアで経験のないペースで登板数を重ねたことによる勤続疲労を配慮され、6月7日に一度、出場選手登録を抹消された。3週間のリフレッシュ期間を経て、同29日に復帰してからは再離脱のないよう危機管理を徹底。連投は「2」に抑えて慎重に起用されてきた。

     ただ、15日からはペナント争いが佳境を迎えていく後半戦に突入する。2位ながら首位・巨人とは9・5差と離されており、目の前の1勝を着実に拾っていくことが猛追には不可欠。33試合で防御率0・54、リーグトップの25HPをマークするジョンソンのフル回転も必要になる。同コーチはこの日までに、本人と今後の起用法について話し合い、連投制限を解除する“了承”を取ったことを明かした。

     「彼のキャリア、体のことを考えれば無理はさせられないけど(藤川)球児、ドリスが連投してる中で“このままではいけないよ”というのは伝えた。彼もブルペンみんなのことが大好きだから、そういう状況になればいってくれると思う」

     新神戸駅から陸路で名古屋入りしたジョンソンも「どんな状況でも毎日、準備する。何連投だろうが言われたところでやっていく。ブルペン全員で戦っていく」と熱いコメントで呼応した。背番号52のリミッター解除が猛虎逆襲の合図になる。(遠藤 礼)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190715-00000064-spnannex-base



    2面はジョンソンさんが主役です。 逆襲の後半戦。3連投解禁。 矢野監督一戦必勝宣言!! 中日戦の先発投手の声もお届けします✨ 梅ちゃん。後半戦。守り勝つ野球を✨ 糸井さん打線引っ張る。バントも練習😯 マルテさんVS松坂さん心待ち。 大山君上り調子。(頼みます)😁 3面は後ほど。 pic.twitter.com/7AfqyjIA1q



    阪神・ジョンソン、“3連投解禁”に「言われたところでやっていく」― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/07/15/kiji/20190715s00001173067000c.html  PJではなくジョンソンになっていたから、チャリコさんではないのかな?でもこの記事の書きかたは、チャリコさんと思っていたら、チャリコさんで安心♪


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1



    My first all star game experience was incredible! Thank you to all the fans, coaches, and players for such a great weekend! pic.twitter.com/EOE0w9GQOd



    @Flowbro33 ナイスピッチング✊✨



    @Flowbro33 ナイスピッチングPJ😆 阪神タイガースに来てくれてありがとう!!!



    @Flowbro33 PJナイスピッチング‼ Thank you. I'm touched🤗


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

     「マイナビオールスターゲーム・第2戦、全セ11-3全パ」(13日、甲子園球場)

     来日1年目での球宴出場となった阪神のピアース・ジョンソン投手(28)が、デイリースポーツに手記を寄せた。八回から登板。最速152キロの直球とパワーカーブを駆使し、1回1安打無失点に抑えた。夢舞台に立てたことへの感謝を示すとともに、少年時代に見たMLBオールスターの思い出、阪神入団へのきっかけともなった甲子園球場への思い入れなどを語った。プロ人生初の球宴に臨んだジョンソン。「何と言えば分からないくらい最高だった」と、興奮冷めやらぬ様子で振り返った。

      ◇    ◇

     まずは、この場を借りて投票してくれたファンの皆さんに感謝したい。僕にとってはキャリアで初めてのオールスター。選出してもらったことは、この上なく光栄に思うし、家族も喜んでくれたよ。

     今回、選ばれたことで21年前の記憶がよみがえったんだ…。98年、お父さんに地元のコロラドで行われたMLBのオールスターに連れて行ってもらった。メジャーの強打者がホームランダービーで描いた弾道、目の前で躍動するスーパースター。幼い僕にとっては刺激的な時間だった。

     とにかくオールスターというのは、どのスポーツでもそうだけど、そう簡単に選ばれるものではないからね。プレーヤーとして初めて参加した2日間は、夢のような時間だったよ。

     今回、甲子園で開催されることがすごくうれしかったんだ。少し大げさに聞こえるかもしれないけど、入団に際して阪神タイガースを選んだ理由の一つは、この甲子園球場でもあるんだ。これだけ歴史があって、みんなが特別視する神聖な場所。それがオールスターの舞台になるのは、より特別な感じがしたんだ。

     結果は1回無失点。やっぱり甲子園で投げられたことは光栄だったよ。僕がメジャーでプレーしたのは2017、18年の2シーズン。マイナーで過ごす時間が長かった。マイナーでは朝起きて動くことが多い。それが一番苦労したかな…。メジャーのようにナイター、ナイターではないから、そこが一番難しかった。

     18年にはジャイアンツで37試合に登板した。その年のオフ、阪神タイガースから声を掛けてもらったんだけど、日本でのチャレンジを決断した決定的な理由は、全く違う舞台で多くのことを経験して勉強したいと思ったから。そこが大きかったし、新たなチャンスをうかがっていたからね。日本でプレーした後にアメリカに帰ろうとか、そこまで考えていたわけではない。日本で成功を収めたいと思って来日したよ。

     日本での1年目、これまで自分がやってきたことは正しかったと思う。しっかり準備して、体のケアも含めていいパフォーマンスができた。投球の軸になっているパワーカーブは、高校時代のコーチに教えてもらったんだ。アメリカでリリーフをやっていた時から今ぐらいの頻度で投げていた。一番自信のある球なので通用はしていたかな。パワーカーブがあるから今の自分があると思うよ。

     でも、結果を残せているのは、守備で助けられたことが大きい。特に梅野捕手がリードで引っ張ってくれたし、配球も含めて助けてくれている。やっぱり梅野捕手の存在はむちゃくちゃ大きいよ。

     阪神ファンにはどんな時でも熱い声援を送ってもらっている。感謝の気持ちしかないよ。これから後半戦が始まるけど、ファンのためにいい試合ができるように全力を出し切って毎試合、勝てるように頑張るよ。(阪神タイガース投手)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190714-00000033-dal-base



    愛するぴーじぇー(´•ω•̥`) 阪神・ジョンソン、堂々1回0封デビュー「夢のような時間だった」 独占手記(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190714-00000033-dal-base 



    今回のオールスターゲームは阪神の為にあった感じがする… 😅 阪神ジョンソン無失点「楽しめた」守護神談議にも花 #SmartNews  https://www.nikkansports.com/baseball/news/201907130001244.html 


    続きを読む

    このページのトップヘ