とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    オネルキ・ガルシア

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「巨人-阪神」

    (19日、東京ドーム)

     先発した阪神のオネルキ・ガルシア投手(31)が6回を投げ、7安打3失点。先発投手としての役割を果たしたが、初回に2失点し、巨人に流れを渡したことが痛恨だった。

     その立ち上がり。1死から俊足の松原に二塁内野安打を許すと、続くウィーラーがランエンドヒットを成功させ、右前打を放ち、松原は一気に三塁へ到達。ここで前夜、高橋から決勝ソロを放った岡本に回った。

     初回からいきなりのピンチ。フルカウントから低めを突いたが、スライダーをうまく左前へ弾き返され、先制点を献上。続く丸にも左犠飛を許し、2点を奪われてしまった。

     二回から三回までは低め低めを突く丁寧な投球を続け、無安打投球。四回は中島や大城に安打を浴びる場面もあったが、北村を三ゴロ併殺打に打ちとるなど持ち味の投球を発揮。五回は特に圧巻で、先頭の吉川尚を見逃しの3球三振に抑えると、続く坂本を右飛。最後の松原も137キロスライダーで見逃し三振で3アウトに刻んだ。

     ただ、またしても六回に岡本に打たれた。外角のツーシームを右翼席に運ばれ、点差を3点に広げられてしまった。同じ打者に二度やられたことは悔しい。ファイティングポーズを崩すことなく、投げ抜いた108球。細かな課題を修正して、次回こそ今季2勝目をつかみ取る。




    梅野さんとガルシアってかピッチャーが頑張ってるしか感想出てこない阪神



    QS達成してるし失点を最小限に留めることが出来たのはよかったです! 阪神・ガルシア、巨人・岡本にやられた 適時打&1発浴びて6回3失点  https://www.daily.co.jp/tigers/2020/08/19/0013617554.shtml 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神オネルキ・ガルシア投手は19日巨人戦に先発する。前回11日DeNA戦は7回1失点と好投し、今季8試合目で初勝利をゲットしており「気持ちがいい中で次も投げられる」と笑顔で投手指名練習に参加した。

    巨人戦は今季3戦2敗、防御率4・80。「(3連戦で)2勝、3勝してカードを勝ち越せば、それが最後の結果につながる。1位のチームに勝てるようにしたい」と鼻息が荒い。




    さて、そろそろ本気出すか。 阪神・ガルシア、19日の巨人戦へ気合 「1位のチームに勝てるようにしたい」/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2020/08/17/0013611069.shtml  @Daily_Onlineより



    #阪神タイガース 明日からの東京ドーム巨人戦3連戦 8月頭の甲子園3連戦は1勝2敗。 なんとしても、この3連戦は勝ち越し最低限。 3連勝で、ゲーム差2.5になればなんとか9月戦線へ勝負が挑める。 #高橋遥人 #ガルシア #青柳晃洋


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    ● DeNA 2 - 9 阪神 ○
    <11回戦・横浜>

     阪神のガルシアが今季、8度目の登板で今季初勝利を挙げた。

     1-0の初回に楠本に本塁打を浴び追いつかれ、3回までは毎回の4四球と苦しいピッチングだった。それでも4回以降は、3回までとは別人の投球で許した四球は0、被安打も2。ガルシアは7回を4安打、7奪三振、1失点に抑えた。

     11日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター DeNA-阪神戦』で解説を務めた佐々木主浩氏はガルシアの投球に「立ち上がりは不安定だったんですが、一汗かいて急によくなりましたよね。力みも消えてね。ボールの力もありましたし、最後まで落ちませんでしたね」と振り返った。

     佐々木氏は試合後、「1勝するまでは、不安ですよ。あとは藤浪に勝ちがつけば、いいと思いますよ」と話していた。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)




    ガルシア初勝利。良かった。あとはマジ藤浪晋太郎だけ。がんばれ。 #阪神タイガース #熊谷



    ガルシアおめでとう🎵 やっと初勝利‼️ 次は藤浪晋太郎。 ほんまに待ってます。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ガルシア


    <DeNA2-9阪神>◇11日◇横浜

    阪神オネルキ・ガルシア投手(31)が今季8度目の登板で初勝利を挙げた。7回を投げ、4安打1失点。序盤3イニングで4つの四球を出したが、4回以降は無四球と安定感を取り戻し、打線の援護を受けた。108球は今季最多の球数だった。

    打線は3番サンズが1回に先制犠飛、同点で迎えた6回1死三塁で勝ち越しの適時二塁打を放って2打点の活躍。近本は10試合連続安打をマークするなど3安打。木浪、梅野も2打点を記録。中盤までは1点を争う展開だったが、終わってみれば10安打9得点での勝利。チームは借金を2に減らした。




    中盤以降は安定した投球を披露してくれました。 阪神ガルシア”8度目の正直”で初勝利、7回1失点  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202008110001098.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp 



    今季8度目の登板で初勝利!ガルシアおめ! ハマスタでひさびさ快勝! 野手の皆さん、次はそろそろ西くんの3勝目と藤浪の復活白星の援護をたのんます pic.twitter.com/bTY4Bdb1Xf


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    ◆JERAセ・リーグ公式戦 DeNA2―9阪神(11日・横浜)

     投打の助っ人コンビが躍動し、阪神が2位・DeNAの連勝を止めた。

     「投」のヒーローはガルシアだ。初回1死から楠本に同点ソロを浴びたが、2回以降は最速151キロの直球を軸に力強い投球を披露した。7回を散発4安打1失点。7つの三振を奪う力投を見せ、8試合目でようやく今季初勝利を挙げた。

     「打」の主役は勝負強さが光るサンズ。初回1死三塁で先制の中犠飛を放つと、1―1の6回1死三塁で左中間へ決勝の適時二塁打。「ランナーが3塁にいたから、最低でも外野まで飛ばすことのできるボールを待っていたよ」。得点圏打率は驚異の5割。打点は大山に並ぶチーム最多タイの27となった。昨季の韓国リーグ打点王が日本でも本領を発揮している。

     チームは2点リードの9回に木浪の2点二塁打や熊谷の今季初打点となる適時打などで一挙5得点。10安打9得点で快勝した。投手陣はガルシアのあと、8回から馬場―尾仲とつないだ。




    【一軍】阪神9-2DeNA 効率よく得点を重ねて快勝!そしてガルシアは待望の今季初勝利や!ほんま嬉しいわ!  http://hanshintigers.jp  #hanshin #tigers #阪神タイガース #Its勝笑Timeオレがヤル



    @hanshintigersjp ナイスゲーム!明日も勝って勝ち越しや!



    @hanshintigersjp ナイスゲーム! 明日も点とってね!


    続きを読む

    このページのトップヘ