とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    岡田彰布

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神は8日、甲子園で予定されていた巨人戦が雨天中止となった。元監督でデイリースポーツ評論家の岡田彰布氏(62)は、借金「6」と低迷する虎に対して「焦るな」と提言。同一カード3連敗を阻止し、6週間程度の期間を設定して勝率5割を目指していくべきと訴えた。そのための浮上策として、相手投手の右左でオーダーを変えるのではなく、調子のいい選手を固定して起用することを勧めた。

     正直、この雨天中止は痛い。マツダスタジアムでいい勝ち方をして連勝。波に乗って甲子園に戻ってきたわけだから、阪神としては何としてもやりたかっただろう。

     ここまでの14試合を見ても、やはり開幕カードの3連敗が響いている。そこで1勝2敗だったら、1カード、2カードでも取り戻せていたはずだ。現状で借金は「6」。ここで言えるのは、一気に勝率5割へ戻そうと考えて、焦らないことだ。

     今年は過密日程になるため、現時点でチームにエンジンをかければ必ず、終盤にひずみが来る。さらに慌てて勝率5割に戻そうと考えて勝負手を誤ると、序盤で取り返しのつかない事態になってしまう。

     今後の戦いを進めていく上で、まずは同一カード3連敗をしないことを考えてほしい。そして6週間くらいの期間を設定して、現状の借金「6」を返済して勝率5割に戻すくらいのイメージで戦っていく。3連戦があるなら2勝1敗、たとえ負け越したとしても1勝2敗なら十分に取り戻せる。逆に同一カード3連敗を喫してしまうと、そう簡単には取り戻せない。

     現状からの浮上策としては、とにかく調子のいい選手でオーダーを固定することだ。開幕からここまでを見ていると、相手投手の右左でオーダーを変えたり、スタメン捕手を3連戦すべてで入れ替えたりというのもあった。これではチームの戦う方針、どういう野球をするのかというのが選手たちにも見えてこない。

     相性もあるのかもしれないが、やはり正捕手の梅野には100試合くらいは任せたい。起用し続けた上で疲れが見えてきた、少し流れを変えたいというのであれば、そこで初めて別の選手を使う選択肢が生まれる。

     とにかく今は焦らないこと、そして慌てないこと-。チームにスパートをかけるのは勝率5割に戻してからでも遅くない。現状は相手どうこうではなく、自チームの選手の状態を見極めて、少しずつ借金を減らしていってほしい。




    監督経験者は苦労が理解出来るのかな。また監督するか… 矢野阪神に岡田彰布氏「焦るな」 6週間かけて5割でいい…その理由は?(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/2f4917c04811be371692d00ea03486dbb3c0710a 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    「巨人7-1阪神」(21日、東京ドーム)

     ホンマに、何でこうなってしまったんよ-。阪神は開幕の巨人3連戦で球団史上初の屈辱となる3連敗を喫した。阪神元監督でデイリースポーツ評論家の岡田彰布氏(62)は現状のチーム状態を「最悪レベル」と評し、「こうなるまでに止めなあかんかった」と指摘。今3連戦の分岐点を冷静に分析した上で、今季初勝利こそが浮上への打開策になると語った。

      ◇  ◇

     球団史上初となる屈辱の開幕G戦3連敗-。3試合で開幕オーダーの構想は崩れ去り、ストロングポイントの投手陣も打たれた。岡田氏は東京ドームの記者席で「流れを変えるポイントはいくつかあった」と分析する。

     この日、最大の焦点に挙げたのは四回、ガルシアの交代機だ。巨人打線が助っ人左腕の浮き始めたボールに狙いを定め、試合をひっくり返された。「ガルシアの状態も良くなかったし、もうパーラに打たれたところで代えんと。やはり2点差が限度。連敗して迎えたわけやから、次の回の7番から始まる打順まで待つ余裕はないよ」と試合展開を読んだ。

     逆に巨人は勝負どころと踏んで、3-1の2死二、三塁から2三振の湯浅に代えて北村を代打に送る。結果、北村と坂本に連続適時打を浴びて一挙5失点。なすすべなく宿敵にスイープされ「初戦からすべてが後手後手。本当ならこうなるまでに止めなあかんかったんよ」-。そう総括した岡田氏が指摘したポイントは確かにあった。

     ◆第1戦 阪神2-3巨人

     最大の転機となったエース・西勇の交代機。宿敵のエースが七回までマウンドに上がる中、「菅野に投げ勝ちたいという気持ちが伝わってきている。続投させなあかん」と七回攻撃中に語っていた。

     だがベンチは故障明けの岩崎をマウンドに送る。「まだ勝ちパターンも明確に固まっていない中、これで打たれたら西も岩崎もつぶしてしまうことになるよ」-。結果は岩崎が吉川尚に2ランを浴び、次打者・坂本にも今季初安打を許した。

     「ノーヒットの2人に打たれたわけやから。選手は無安打と開幕の1本目が出るのでは全然違う。しかも左の岩貞が明日の先発やろ?これは、響くよ」とこの時点で予言していた岡田氏。次戦を考慮した上で逆転2ランの直後に右へスイッチし、コロナ禍で不安が残る坂本と左腕の対戦を避け、封じ込める。そんな戦略的視点があれば…展開は変わったかもしれない。

     ◆第2戦 阪神1-11巨人

     初回に岩貞が坂本の三塁打から先制点を奪われ、同点に追いついた直後の四回先頭の場面では勝ち越しへつながる中越え二塁打。そして七回にはダメ押しの適時打と、3安打すべてが得点に絡んだ。

     ただこの試合で岡田氏が分岐点としたのは新人・小川への継投。2点ビハインドの七回から投入したことに「まだ2点差やったら分からん。勝ちにいくんやという姿勢をチームに示すには、新人の小川じゃないよ」。打ち込まれ、逆転の望みはその時点で消えた。

     分岐点の一手でことごとく流れを手放し「チームの状態としては最悪のレベル。この3連敗から立て直すのは簡単やないよ。打順だけじゃなく、スタメン捕手も3試合すべて変えたやんか。これではチームは落ち着かん。自分たちの役割は何か。選手たちも見えてないんちゃうか」と指摘した。

     「だから一つ勝って流れを変えんと。勝つことしか打開策はない。次のヤクルト戦でまず、そこを目指してほしい」と虎の奮闘を願った岡田氏。現状が底だからこそ、はい上がるしかない。




    【ブレないデイリー】今日の一面 【岡田彰布氏の眼】チーム状態最悪「勝って流れ変えんと」 阪神開幕3連敗分析 記事はコチラ→ https://www.daily.co.jp/tigers/2020/06/22/0013444071.shtml  #タイガース #阪神 pic.twitter.com/ISZM3na2s0



    開幕3タテ食らっちまいましたが、ペナントレースはこうやって長い目でみないとね。 #阪神タイガース 【岡田彰布氏の眼】疑問感じた阪神ボーアの交代 #SmartNews  https://www.daily.co.jp/tigers/2020/06/21/0013441747.shtml 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     俳優の関口宏が31日、司会を務めるTBS系「サンデーモーニング」で、強引な仕切りぶりを見せ、ツイッターなどで「失礼すぎる」などの声が上がった。

     この日のスポーツコーナーでは、元阪神監督で野球評論家の岡田彰布氏がゲストとしてリモートで登場した。関口はスタジオから岡田氏と6月19日に決まったプロ野球の開幕について、トークした。

     「再開が決まりましたが、どういうふうに受け止めてますか」と関口が問うと、岡田氏は「スポーツ界の先陣を切るので、マスコミを通じて、勇気を与えるプレーをしてほしい」と返答した。

     続けて「選手たちは体力的にも精神的にも落ちますよね」という関口は「選手にいま一番肝心なことはなんですか?」と問いかけたのに対し「体調ですよね。勝ち負けはありますけど、まだ、コロナ終息していないんで、体調だけには気をつけてほしい」と回答。そこへ関口は「そうですよね。気をつけながら何をしなきゃいけないですか。選手はいま?」と重ねて聞いた。

     しかし、岡田氏は「いや、あの、開催できないスポーツもあるので、いい形でスタートを切れるように、体調管理と勇気を与えられるようなすばらしいプレーをやってほしい」とコメントした。

     しかし、求めていた回答が得られなかったのか、関口は「もちろんそうなんですが、そうじゃなくて、だから、それを目指して、選手がいまやるべきことはなんですか?」とイライラした口調でさらに質問。岡田氏は困惑した表情で「やるべきこと?コロナがまた終息していないんで、体調だと思いますよ。始まって誰かかが感染して、また元に戻ってしまうんで…」と応対した。

     最後は、関口は岡田氏の答えを遮るように「体調…。はいはいそらいけませんね。分かりました、分かりました」と一方的に締めくくった。

     リモートでやりとりに時間差が生じるとはいえ、かみ合わないやりとりに、ツイッターでは、関口に問題があるという声がほとんど。「失礼極まりない」「不遜な態度にあぜん」「言い方がよくない」と苦言が飛び交った。




    サンモニ 岡田元監督へ関口宏が「失礼」な対応/野球/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/baseball/2020/05/31/0013385246.shtml  #タイガース #tigers #阪神 #DailySports



    @Daily_Online 「どっちの料理ショー」や「フレンドパーツ2」の関口さんはもういないということか…。



    @Daily_Online 関口宏がこんなもんなんて昔から変わらんやん、見る層なんて知れとるし期待なんかしてないけど傲慢が過ぎるわ これを垂れ流すTBSもそんなもん



    @Daily_Online なんやこれ独裁者かいな(^◇^;) 何を答えて欲しかったんや


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1




    おぉーどんでんww pic.twitter.com/RFOgijS6U6



    今日は「どんでん」が #スポーツ御意見番 か😄 #サンデーモーニング #喝



    サンモニにどんでんゲストキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!



    どんでんと関口さん、話もタイミングも合ってないwww #tbs


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     野球評論家の岡田彰布氏が31日放送のTBS系「サンデーモーニング」(日曜・前8時)にリモート生出演した。

     司会の関口宏から阪神の藤浪晋太郎投手が29日、練習に遅刻したことを理由に無期限の2軍降格となったことについて意見を求められた岡田氏は「残念ですね。コロナで感染して…この間、シート打撃で良いピッチングしていたんです。野球で恩返ししないといけない立場なんで残念です。喝です」と苦言を呈していた。




    関口宏が岡田彰布に「藤浪晋太郎が遅刻で二軍。これいいんですか?」と聞いてる。 おい、聞かなくても分かるだろ。



    鳥谷にコメントする岡田さん。て、藤浪、、 #サンデーモーニング


    続きを読む