とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    ジェフリー・マルテ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


    阪神新外国人ジェフリー・マルテ内野手(27=エンゼルス)の開幕2軍が決定した。

    16日に判明した右ふくらはぎの張りで別メニュー調整が続く。清水ヘッドコーチは「ふくらはぎなので、選手生命にも関わる。向こう(2軍で)で試合に出られるようにならないと難しい。(6試合しか)オープン戦も出ていない」と説明。マルテ本人は試合出場を強く希望しているが、無理はさせられない状況だ。

    浜中打撃コーチも「開幕してすぐ(1軍は)ないと思う」と、見通しを語った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190323-03230956-nksports-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


    阪神ジェフリー・マルテ内野手の1軍合流は、見送りとなった。

    右ふくらはぎの張りで別メニューで調整中。この日は甲子園室内でキャッチボール、置きティー打撃、捕球練習、ベースを回る練習を軽めの強度で行った。一夜明けの体調に問題がなければ強度を上げる。開幕参戦は微妙な状況ながら、マルテは「あくまで開幕に向けて自分としては間に合わせたいという気持ちでやっている」とあきらめない気持ちを示した。ぶっつけ本番で開幕を迎える可能性もある。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190322-00000019-dal-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     右ふくらはぎの張りで1軍の遠征メンバーから外れている阪神・マルテは20日、鳴尾浜で残留練習に参加したものの、激しく動くことはなかった。

     「自分の感覚が日に日に良くなっているのは感じる。一番は開幕に合わせたいなと思うので、状態を確認しながら、チームと相談して進めていけたら」

     前日19日は軽めにフリー打撃も行っていたが、この日はランニング後にトレーナーと右足を回すなどして動きの確認のみ。打撃練習もしなかった。権田トレーナーは「一段階一段階、確認していきながら進めていきたいなというところ」と説明。最短復帰は22日のオリックス戦(京セラ)だが、開幕ピンチだ。

    https://www.sanspo.com/baseball/news/20190321/tig19032105010004-n1.html

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/03/18(月) 06:47:38.40 ID:AIItVJ0Hp
    開幕ピンチ!?阪神のジェフリー・マルテ内野手(27)が19日からの関東遠征に帯同しないことが17日、明らかになった。右ふくらはぎの張りを訴え、2試合連続でオープン戦を欠場。試合前練習も別メニューで行った。

    矢野監督は試合後、新助っ人の今後について言及。「今、無理をさせてもという感じで思っている。今の段階では(遠征には)連れて行かない予定」とした。
    16日に病院で検査を受けたが、清水ヘッドコーチは「診断結果は悪くないけど、箇所がデリケートな部分だからね」と慎重な姿勢を見せていた。

    チームが遠征に出ている間は、関西で実戦復帰への準備を進める予定。矢野監督が「まずはそこを目指してやりましょうか」と明かしたように、最短の復帰目標は22日からのオリックス3連戦(京セラドーム)になる。

    ただ張りを訴えた右ふくらはぎは野球選手にとって重要な箇所だけに、悪化させるとシーズンにも響く。開幕に間に合わない可能性も否定できない中、慎重に復帰への歩みを進めていく。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190318-00000026-dal-base

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1552859258/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


    右ふくらはぎの張りを訴えた阪神新外国人のジェフリー・マルテ内野手(27=エンゼルス)の開幕発進が不透明な状況に陥った。17日は全体練習に参加せずクラブハウスで別メニュー。16日のウオーミングアップで痛めた同箇所の回復を優先し、西武戦も欠場した。

    主砲候補がペースダウン。矢野監督もテレビ中継の試合中インタビューで「大きな離脱になる可能性は低い。でも、無理はさせられない」と説明した。19日DeNA戦からの関東3試合は帯同せず、回復にあてる方向だ。「いまのところ、最後の3つに合わせる形で調整して。そのなかでどうなるかは流動的」と続け、先行きは読めない。

    16日は病院で診察を受けて重症ではない見立てだが不測の事態も想定。来日2年目のナバーロが連日、先発出場した。この日は3回に左前打を放つなど猛アピールだ。指揮官は「その分、ナバーロも元気にやってくれると思う」と期待する。あらゆる状況に備え、本番に向けて調整を進めていく。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190317-03170883-nksports-base

    続きを読む

    このページのトップヘ