とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    真弓明信

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


    <解体新書>

    本塁打ゼロでも、バースになれる可能性はある!

    阪神新外国人のジャスティン・ボーア内野手(31=エンゼルス)は、来日後ノーアーチでオープン戦を終え、メジャー92本塁打の長打力は影を潜めている。

    日刊スポーツ評論家で元阪神監督の真弓明信氏(66)が、4番候補のフォームを分析。3冠王を2度獲得した最強助っ人との共通点を挙げ、バースになるための「条件」も掲げた。【取材・構成=田口真一郎】

       ◇   ◇   ◇

    ボーアはオープン戦で長打力を発揮できなかったが、打撃フォームを見る限りは、決して悪くない。自然体に構え、特徴的なスタンスではない。動きだしにおいて、<2>から<3>で1度バットを下げて、ヒッチしている。力みを抜くために、こういう動きをするのだが、リスクはある。この写真のように、<4>から<5>へとトップの位置へしっかりとグリップが上がっていけばいいが、下がったまま打ちにいけば、アッパースイングになる。ダウンスイング時のようにボールに対して最短距離でいけないので、差し込まれたり、ゴロになり、打球が上がらなくなる。そうなると、なかなか打てないだろう。

    ボーアの長所は体重移動にある。<3>でしっかりと軸足に乗せて、<5>で右足を地面につける。この瞬間、右足にすべての体重を移してしまうと、いわゆる突っ込む状態になる。軸足にウエートを残し過ぎても、投球に食い込まれてしまい、ボールは飛ばなくなる。その点、ボーアはいいバランスで体重移動ができている。頭の位置も動いていないので、多少、体勢を崩されても、対応できる要素はある。上体に頼る外国人が多い中、これほど下半身の移動ができるというのは、悪くない。

    現役時代に同僚だったバースの良さというのも、体重移動にあった。写真<4>のテークバックから<8>まで下半身主導で、ボールをとらえにいっている。それでいて、速球で食い込まれそうになれば、少し体重を戻して回転する。半速球や変化球の時はそのまま前方向に体重を乗せながら、対応する。タイミングをズラされた時に、下半身で調整するのが一番簡単だ。上体で合わせようとすると、頭や肩が突っ込む形になり、打撃の調子が悪くなる。ボーアがオープン戦で結果を残せなかったのは、キャンプからの疲れがあったのかもしれない。守備練習を多めに受けて、下半身ができてくると、調子は上がってくる。現時点ではそれほど心配する必要はない。

    ▼記事つづき全文はこちら



    17日の日刊スポーツ大阪版1面。本塁打ゼロでも、バースになれる可能性はある! 阪神新外国人のボーア内野手は、来日後ノーアーチでオープン戦を終え、メジャー92本塁打の長打力は影を潜めている。日刊スポーツ評論家で元阪神監督の真弓明信氏が、4番候補のフォームを分析 pic.twitter.com/DXle6AwiVO



    @fukudasun 阪神優勝


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 20/02/25(火)15:25:30 ID:sh3
    井川?

    5: 名無しさん@\(^o^)/ 20/02/25(火)15:37:10 ID:01A
    今の阪神に丈夫な大和を三人足せば優勝出来る

    引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1582611930/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


    <野球塾:真弓明信氏>

    日刊スポーツ評論家陣が語る「野球塾」は元阪神監督・真弓明信氏(66)が今季も解消できなかった若手の伸び悩みの原因を分析。不振にあえぐ大山悠輔内野手(24)を例に挙げながら、課題克服の鍵を提言した。【取材・構成=田口真一郎】

       ◇   ◇   ◇

    矢野阪神は14年連続で優勝を逃し、Aクラス入りも難しい状況にある。チーム89本塁打はリーグ5位。この数字を象徴に、今季も攻撃力不足に苦しんだ。近本、木浪の新人選手をのぞけば、4番を期待された大山ら若手選手の伸び悩みは深刻だ。シーズンも残り8試合。来季につなげることはできるのか。

    真弓氏 例えば、大山は昨年9月に9本塁打と量産した。あれだけのセンスを持っていて、打てないのはおかしい。もっと良くなりたい、と思って取り組んでいるが、おそらく、何か大きな勘違いをしているのだろう。メンタルを指摘する声もあるが、打てないと精神状態は悪くなるもの。間違いなく、フォーム的な問題だ。

    現在の大山を分析。打者の基本に立ち返ることを提言した。

    真弓氏 最近はあまり足腰の使い方を言われなくなったが、下半身でリードすれば、バットが内側から出て、最短距離で捉えることができる。しかし大山の場合は、軸となる右足が動く。腰を回転させるのに軸足は重要なのだが、そこがズレると、下半身を使っていないのに等しい。上体に頼ると、バットが止まらず、カットボールやツーシームなど微妙な変化に対応できなくなる。それなら球種を見極めてからバットを振ろうとするが、それでは間に合わない。大山がタイミングの面で立ち遅れるのは、そういう所にある。下半身主導なら、打ちにいっても、バットのヘッドが出てきていない分、変化に対応できる。

    もちろん、選手は懸命に課題を克服しようと努力している。しかし方向性を誤れば、より悪化することもある。

    真弓氏 みんな、一生懸命、弱点を直そうとするが、解釈を間違えれば、余計に悪くなる。「体が開かないように」「崩されないように」と自分の形にばかりこだわっていても、投手はそこを崩そうと投げてくる。体が開いても、泳がされて片手でも、バットの芯で打つ。そんな練習を考えていかないといけない。いいポイントで数多く打つことが大事だ。打撃投手の球でも、常に同じボールが来るわけではない。タイミングが外れても、しっかりとバットに当てることを考えれば、良くなるはずだ。大山は自分の打つポイントをもう1回、見直したほうがいい。いい時の自分の映像を取ってあるはずだ。いいバッターがどんなポイントで打っているのか見てもいい。

    頭で理解しながら、打撃の基本にシンプルに立ち返るべきと提言する。シーズンが終わり、秋季キャンプ、オフ、春季キャンプというサイクルがやってくる。チーム全体で打力向上に向き合わないと、来季の開幕で再び同じ苦しみを味わう。

    真弓氏 何がダメで何をすべきか。課題をしっかり見つけてクリアする。この時期からでも徹底的にやらないと。現場だけでなく、球団も真剣に取り組まないと、毎年、同じことの繰り返しになる。





    打撃コーチて戻ってきてくれよ #hanshin #tigers 阪神若手伸び悩み…球団も真剣に尽力を/真弓明信  https://www.nikkansports.com/baseball/news/201909170000826.html?utm_source=twitter%26utm_medium=social%26utm_campaign=nikkansports_ogp 



    阪神若手伸び悩み…球団も真剣に尽力を/真弓明信(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース #大山悠輔 大山にとって、今季は試練の1年やったと思う。 虎の暗黒時代、同じく不振で、桧山と新庄が三振王争っていたけれど、晩年の成績をみたら、虎のレジェンドやから。来年に期待^_^  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190917-09170826-nksports-base 



    お気に入りは皆伸び悩み。 大山、北條、中谷、江越、陽川… 生え抜き4番にこだわり過ぎ。 ダメな時は諦めて他チームから取るか助っ人を。 助っ人選びは下手やからなぁ… 阪神若手伸び悩み…球団も真剣に尽力を/真弓明信  https://www.nikkansports.com/baseball/news/201909170000826.html 



    阪神若手伸び悩み…球団も真剣に尽力を/真弓明信  https://www.nikkansports.com/baseball/news/201909170000826.html?utm_source=twitter%26utm_medium=social%26utm_campaign=nikkansports_ogp  新井さんもぽんもわかりやすいて言うてたなぁ…右打者何とかしたってほしいなぁ。。



    阪神若手伸び悩み…球団も真剣に尽力を/真弓明信(日刊スポーツ)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190917-09170826-nksports-base  「伸び悩み」と言うけど、社会人から入った近本がこれだけやってるんやから北條とか中谷とか陽川は単に実力不足や。伸びしろはもうないで #hanshin


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/06/23(日) 20:12:33.76 ID:b0so7q/l0
    no title

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/06/23(日) 20:13:10.21 ID:G3leqT6l0
    かっこええ

    7: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/06/23(日) 20:13:59.73 ID:wr1acoHu0
    嫁さんのセンスだと思う

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1561288353/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


    <日本生命セ・パ交流戦:阪神4-3日本ハム>◇9日◇甲子園

    最後に原口がサヨナラ勝ちを決めたのは、まさに代打の“神髄”といえる一打だった。わたしも経験しているが、代打というポジションは、「1球」で仕留めることが宿命づけられている(シーズン代打30打点のセ・リーグ記録保持者)。

    9回2死二、三塁。日本ハム秋吉が1-1から投じた外角球はぎりぎりのコースで、狙っていないと打てなかった。インコースはボールになると読んでいたはずで、3球目になった「その1球」を待った結末だったといえる。

    チームとしても粘り強く戦ったが、大きかったのは梅野の三盗だ。7回裏に1点差に詰め寄って、なおも1死二塁。北條の打席で二塁走者梅野がスタートを切ったのは、逆に日本ハムとすれば不意を突かれた。

    捕手清水の三塁悪送球を誘って、梅野がまんまと同点のホームを踏むことができた。リードを許している場面での思い切った策が功を奏し、競った展開に持ち込めたのが、最後につながったといえる。

    途中まで劣勢だっただけに、ここで踏ん張ったのは大きい。これで交流戦は5割に戻した。今後も粘り強く戦っていくことで勝機を見いだしたい。(日刊スポーツ評論家)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190609-06090885-nksports-base



    お早う~ございます🤣 🐯原口さん~劇的~🐯 🐅サヨナラ~虎ほー🐅 🐯原口さん甲子園での~ 復活ほー🐯 🐅原口さん~克服~執念~ 外角打ちほー🐅 🐯㊗️おめでとう~ほー🎊🐅 🐅矢野監督~男泣き~ 矢野ガッツほー🐯 昨日は 原口さん病の克服🔥魂打ちに 感動しました~! 今週も宜しくです🙇 pic.twitter.com/KNs6plYNo5



    2アウト13塁!!! 北條、打ちよった! 彼、ついに覚醒したか??? そして原口いいいいいいいいい!


    続きを読む