とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    井上広大

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神は1日、兵庫県西宮市の鳴尾浜球場で若手選手による強化指定練習をスタートし、井上広大外野手(19)は今オフ、YouTubeで楽天・浅村らを参考にし、自分の打撃フォームを試行錯誤していくことを明かした。また、西純矢投手(19)は3日に1回の頻度でブルペン入りすることをノルマに課した。

     12月に突入し、寒さが本格化してきた鳴尾浜。井上は時折、「ふんっ」と声を上げながら、タンクトップ姿でウエートトレーニングを行った。プロ入り初のオフ。12月はまず、理想の打撃フォームを追い求める。

     全体練習のなかった11月30日も休まずに室内で打撃練習し、これまでとは違う練習に取り組み始めた。「どの選手の形、フォームとかが一番自分に振りやすくて、自分に一番近いのかみたいな感じで、色んな選手のまねをしました」。まず参考にしたのは楽天・浅村だ。

     「バットもめっちゃ(背中側に)倒して、(ヘッドが)めっちゃ(頭の後ろ側に)入るじゃないですか。そこからボールまでどうやって早く出すかだけを考えてやった。あとは、ボールに当たるゾーンを長くするためには、どこでどうトップに入ったらいいかとか、そういうのを考えてやってます」

     YouTubeで多くの選手を観察して模倣する。「試す時間は今しかないので」。12月は試行錯誤の期間とし、1月に完成形を作る。高卒1年目の今季は1軍初出場、初安打初打点もマークしたが、11打数1安打とプロのレベルを痛感させられた。

     課題は山積み。技術はもちろん、体作りも重要だ。背中や内ももの筋肉を重点的に強化中で、その中でも「瞬発系をやって、守備、走塁、打撃につなげる」とレベルアップに不可欠なボディーを作り上げる。

     来年の目標にまず掲げたのは1軍キャンプスタート。改めて「1軍がいいです」と、来春キャンプを沖縄で迎えることに意欲を見せた。そのためにも、ここからの2カ月は無駄にはできない。

     「振り込み」と「体作り」の2つをテーマに自分を追い込んでいく。2年目の飛躍へ向け、井上にオフはない。




    便利な時代になりましたね。 阪神・井上 オフはユーチューブトレ 楽天・浅村を参考に打撃フォーム試行錯誤へ/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2020/12/02/0013907414.shtml  @Daily_Onlineより



    阪神井上広大外野手は一流選手をモノマネしながら、理想のフォームを探究していく。 鳴尾浜での自主練習に参加。オフだった前日11月30日にも室内練習場でマシンを打ち込み、楽天浅村らのフォームを見よう見まねで試したという。「どの選手の形、フォ…  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202012010000890.html  pic.twitter.com/x0reovJyRg


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神電鉄が経営する甲子園歴史館は1日、10周年特別企画として阪神の西純矢投手、井上広大外野手、及川雅貴投手、遠藤成内野手によるオンライントークイベントを20日に開催することを発表した。

     高校時代に甲子園を湧かせた4選手が、今シーズンプロで経験した内容やこれからの目標、高校時代の思い出などを語る。トーク中でのチャット機能及び、甲子園歴史館Twitterで選手らへの質問募集も行われる予定。チケット購入はローソンチケットにて、12月2日10時から受付開始。




    12/20(日)にこれからの阪神タイガースを担う若虎4選手によるオンラインイベントを開催します⚾️今シーズンで経験した内容や高校時代の話等を語っていただきます!参加者の中から抽選で20名様にサインボールのプレゼントも🎁チケット発売は明日から! 詳細は https://koshien-rekishikan.hanshin.co.jp/system/news_topics/detail/697  #阪神タイガース pic.twitter.com/TFl5HaNQPM


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     11月29日まで宮崎県の各地で開催されているフェニックスリーグ。生目の杜運動公園第二球場では28日、北海道日本ハムと阪神タイガースの試合が行われ、若手選手を中心に来シーズンに向けてのアピール合戦が繰り広げられた。試合は北海道日本ハムが前半に点数を重ねて、阪神に8対1で勝利した。阪神は先発・馬場 皐輔(仙台育英出身)が前半に失点を重ねてしまい追いかける展開から、日本ハム・立野 和明(中部一出身)を攻略することが出来なかった。

     その阪神の中でも光ったのは4番に座った井上 広大(履正社出身)、7番・小幡 竜平(延岡学園出身)、そして8番・遠藤 成(東海大相模出身)の3選手だ。

     ファームで活躍し続け、シーズン終盤に1軍昇格を果たして初ヒット初打点を記録した井上。日本ハム戦は4打数2安打と言う結果。先発・立野からヒットこそ出せなかったが、2番手・高山 優希、3番手・柿木 蓮(いずれも大阪桐蔭出身)からヒットを放ってみせた。

     履正社時代と変わらぬ懐の深さを活かして手元まで引き付け、ポイントまで最短でバットを出していく。オープンスタンス気味のところから少し軸足に重心の乗せて置き、小さく足をあげてタイミングをとる。テイクバックをあまりとらずにトップに入ると、突っ込むことなくバットが振れているのが印象的だった。

     高校時代は重心を高くして、バットのヘッドもピッチャーに向けるなど、反動を使うところもあったが、フォームから1年間の変化を感じることが出来た。確率を上げて1軍定着を目指してほしい。

     また最終回、柿木からヒット1本を放った小幡は、あらかじめヘッドを寝かせつつ後ろの大きいテイクバックをとった状態で構える。ただ、井上に比べて若干突っ込み気味になっており、最終回にレフト方向へ打ったように逆方向へは上手く打てる打ち方になっているように感じられる。その一方で、インコースのボールをどう裁いていくのか。その辺りの対応が今後の課題となるのではないだろうか。

     そして残念ながらヒットが出せなかった遠藤だが、東海大相模時代と変わらぬ初球からの積極性は光った。対応力に長けた無駄の少ないフォームからインパクトまで力強く振り抜いていく。また素振りの様子を見ていても返し、リストに強さを感じさせた。しかし高校時代の反動を利用したフォームから比較すると、プロレベルに順応するべく創意工夫していることは見えてきた。まずは1軍デビューへ来季の飛躍を楽しみにしたい。

     チームは今シーズン2位で終了。優勝した宿敵・ジャイアンツとはゲーム差7.5と大きく離される結果となった。猛虎復活へ、井上、小幡、遠藤ら若虎の来シーズンの台頭を楽しみにしたい。




    井上マルチ、小幡も最後に一本か



    井上マルチ、率を上げたいと有言実行するバケモノ


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <みやざきフェニックス・リーグ:阪神0-4ヤクルト>◇27日◇都城

    1年越しの再戦! みやざきフェニックス・リーグで阪神井上広大外野手(19)が同学年のヤクルト奥川とプロ初対戦した。昨夏の甲子園決勝では「高校四天王」の一角から3ランを放ったが、この日は2打数無安打に封じられた。レベルアップに欠かせないライバルの存在。ともに来春1軍キャンプ招集の可能性があり、刺激し合って次は1軍の舞台でリベンジする。

       ◇   ◇   ◇

    リベンジ返しを食らった。463日ぶりの再戦は宮崎で実現。2回先頭。井上は足場を慣らすと、マウンドの奥川を見据えてバットを構えた。スライダーを見逃し、2球目。真ん中高め146キロ直球を打ち返した。打球は左翼へ角度良く上がったが、渡辺のグラブに収まった。5回は追い込まれた後、外角高め147キロにバットは空を切った。2打数無安打。プロ初対戦は奥川に軍配が上がった。

    「(初回は)差されていたんですけど、しっかりと捉えてレフトフライになったことは良かったかなと思います」

    結果より修正できた内容を前向きに振り返った。初回2死一塁の打席では、走者の小野寺が盗塁死。2回は仕切り直しだった。初回は直球を2球見逃した後、3球目の148キロ直球に手を出して振り遅れ気味の空振り。短い時間でタイミングを微調整し、振り負けず左翼まで飛ばした。1年ぶりの対戦には「元からすごいので」と、奥川の能力を改めて実感した。

    履正社の井上と星稜の奥川。高校時代から続くライバル関係は自身の成長に欠かせない。初対戦した19年春のセンバツは4打数無安打だったが、同年夏の甲子園決勝は決勝の3ランでリベンジした。通算3度目は奥川に屈し「自分ももっと頑張らないといけないなと感じました」と少ない言葉に悔しさをにじませた。

    平田2軍監督は奥川の投球を評価した上で、同じ高卒1年目の井上、遠藤、西純、及川らにハッパを掛けた。「奥川がここで投げてきて、いい刺激になった。これからお互いに1軍でしのぎを削れるような選手にならないといけない。これは負けてられないと思ってくれればいい」。北川打撃コーチはオフの仕上がり次第では来春1軍キャンプに推薦すると明言している。次は1軍の舞台での対戦へ-。井上はこの悔しさを糧に、また1つ成長していく。【奥田隼人】




    1年ぶりの対戦には「元からすごいので」と、奥川の能力を改めて実感したって🧡 無安打阪神井上「頑張らないと」奥川に屈し雪辱誓う(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/e75719c9b712f49d56972b64c7d44155950e3786 



    [阪神·井上広大外野手、ヤクルト·奥川恭伸投手に2打数無安打]  ·昨夏甲子園以来463日ぶり対戦 (2020年11月27日·デイリースポーツ)  https://www.daily.co.jp/tigers/2020/11/27/0013896260.shtml 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「フェニックス・リーグ、阪神-ヤクルト」(27日、都城運動公園野球場)

     「4番・左翼」で先発出場している阪神・井上広大外野手(19)がヤクルト・奥川恭伸投手(19)とプロ入り初対戦。2打席対戦し、無安打。勝負は6回1安打無失点と好投した奥川に軍配が上がった。

     初回から打席が巡ってきた。2死一塁。昨夏の甲子園大会以来の勝負だ。ただ、一走・小野寺が二盗に失敗し、二回に持ち越しとなった。

     二回先頭で仕切り直し。1ボールからの2球目内角直球を積極的に振りに行った。左翼方向へ大きな打球が上がった。ただ、左翼手の守備範囲。左飛に倒れた。

     続く対戦は五回。カウント1-2から外角直球に対応しようとしたが、バットが空を切り三振に倒れた。

     昨夏の甲子園大会決勝以来463日ぶりの対戦となった。当時は井上が奥川から中堅左に3ランを放ち、優勝に導いたが、今回は奥川が完全に抑え込んだ。プロ野球の将来を嘱望される2人。来季は1軍での対戦となるか。




    阪神・井上 ヤクルト・奥川に2打数無安打 昨夏甲子園以来463日ぶり対戦(デイリースポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/1de7bd62c9f10a657d5f9441a1c73986b3747b0f  やっぱり良いピッチャーだね〜



    \昨夏甲子園以来463日ぶり対戦⚾️/ ✅阪神・井上 ヤクルト・奥川に2打数無安打  詳細はこちら👇  https://sportsbull.jp/p/892811/ 


    続きを読む

    このページのトップヘ