とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    小川一平

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「DeNA6-0阪神」(26日、横浜スタジアム)

     阪神のドラフト6位・小川一平投手(東海大九州)が、1点ビハインドの八回に2番手で登板したが、オースティンに2ランを浴びるなどして5失点と炎上した。

     先頭のソトに右前打で出塁を許すと、続くオースティンに、3球目の147キロの真っすぐをバックスクリーンにたたき込まれた。

     その後、4番・佐野と5番・ロペスを打ち取り2アウトとしたが、宮崎、伊藤光に連続安打、代打・柴田に四球を与え2死満塁とし、9番・大和に2点適時打を許した。さらに、2死一、三塁から梶谷にも安打を許し、打者一巡で一挙5失点。

     20日の初登板では、2/3回を3安打5失点とプロの洗礼を浴び、ベンチで悔し涙を流した。その後、登板した2試合でリベンジを果たしていたが、またしても矢野監督の期待に応えることができなかった。




    小川くんの使い方、もうちょっと考えたってくれんかなぁ?? あとボーアはガマンしてスタメンで使い続けるべき! #阪神タイガース 阪神ルーキー小川が2番手で炎上 悔し涙の初登板に続きまたも5失点(デイリースポーツ) #Yahooニュース  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200626-00000143-dal-base 



    今年のよく分からん采配 1. 100球未満の西を6回で降板させ、その直後逆転される(開幕戦)(これはまだ理解できる) 2. 2点ビハインドの7回にルーキー小川プロ初登板。そして大炎上(開幕2戦目) 3. 1点ビハインドの8回に小川を登板させ炎上。イニング途中に交代もさせず投げさせる(開幕7戦目) 4. 捕手併用


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <ヤクルト6-1阪神>◇24日◇神宮

    阪神ドラフト6位小川一平投手が山田哲を抑え、好調をアピールした。

    8回に5番手で登板。2死から四球を出したが、ここまで2安打の2番山田哲を145キロ直球で二ゴロに打ち取った。

    「少しずつですが、落ち着いて投げることができるようになってきました。2死からの四球は反省ですがボールの勢い自体は良かったと思うので、この状態を続けていきたいです」。プロ初登板こそ5失点(自責1)も、その後は2戦連続無安打無失点と結果を残している。




    〈今日の虎 〜阪神全力応援〜〉 連勝とはいかず、1点しか取られへんのはちょっとピッチャーしんどいよな。 なかなかチャンスメイク出来ひんし、チャンスでも打てんかったらどうしようもないって感じ。 ドラ6の小川くんはしっかり腕振れていていい感じでしたね! 「阪神の野球」を築いていかんとな〜 pic.twitter.com/9PFLULvmwy



    阪神の小川投手  順調にいけば藤川クラスになりそうなよかん


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「巨人7-1阪神」(21日、東京ドーム)

     阪神ドラフト6位の小川(東海大九州)が前夜のリベンジを果たした。6点ビハインドの七回にマウンドへ。先頭の4番岡本を148キロで三ゴロに打ち取ると、続く中島は147キロで右飛。最後は陽岱鋼を149キロで中飛に打ち取った。最速は152キロを記録した。

     「昨日は緊張もありボールが先行してしまい、自分自身で苦しい状況を作ってしまいました。今日は切り替えて思い切って投げることを意識した結果が自分の思い描いているボールを投げることにつながりました。いいカウントで投げることができたので抑えることができたと思います」

     小川は開幕2戦目にプロ初登板。1回を持たず、2/3を3安打5失点(自責1)とプロの洗礼を浴びていた。




    阪神 敗戦も… ドラ6小川は リベンジ成功 岡本、中島、陽岱鋼を三者凡退 (デイリースポーツ) 👏👏🤨 よしっ!  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200621-00000096-dal-base 






    小川ドラ6でこれなら掘り出しものやなぁ 阪神の中継ぎって榎田松田と使い潰して出荷して復活される印象しかないが

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <巨人11-1阪神>◇20日◇東京ドーム

    阪神は大敗し、開幕から連敗スタートとなった。開幕から2連敗は14年ぶり。新外国人選手の4番ジャスティン・ボーア内野手(32)は2度の満塁機で凡退するなど4打数無安打。2月から開幕までの実戦で左投手に対し、18打席16打数ノーヒットだったが、この日も4打席とも左投手との対戦で攻略できなかった。試合後の矢野燿大監督(51)の主なコメントは以下の通り。

    -先発の岩貞は状態もよさそうに見えたが

    矢野監督 気持ちも向かっていた。今シーズン初登板なんで慎重になるのはあると思うけど。押し出しはちょっともったいないなと思うけど、それ以外は岩貞らしく投げ切ってくれたんじゃないかなと思ってます

    -試合は途中までどちらに転んでもおかしくなかった。流れを持っていかれた要因は

    矢野監督 それはみなさんが一番聞きたいJB(ボーア)のところのね、あそこで1本出てないっていうのがね。そういう打順というか、マルちゃん(マルテ)も今状態いいんでね。そういうところでは、あそこで、うーん…1本出てればっていうのは昨日もそうやったけど。そこが結果的にはポイントになってくるかなと思う

    -(ボーアは)切り替えるしかない

    矢野監督 やり返すチャンスもあるしね。今までにそういう経験はあると思う。練習見ても一生懸命やる。練習前の準備にしても、しっかりした準備をして、一塁までしっかり走るとか、そういう姿は見せてくれている。何とか1本出てくれたら

    -打線はチャンスはつくれている

    矢野監督 練習試合の流れからいうとちょっと打線の状態が下がり気味の中でここに来たので。(糸井)嘉男はきょう2本出た。(糸原)健斗も1本出た。そういうところでは上がってほしいと思うけど、絶好調というか調子いいのはマルちゃんくらいなのかな

    -ルーキー小川は2点差の僅差で登板

    矢野監督 俺の評価。一平ちゃんにも言ってたし。初登板っていうのは難しいしね。俺も一平ちゃんには言ってたけど、もちろん抑えてくれたらうれしいけど、どの結果でも初登板絶対緊張するしね、うまくいかなかったとしてもお前の財産になるから、だから思い切って投げきってくれたら。今日みたいな結果であったとしても今後プロ生活送っていく上でお前のプラスになるからと伝えていた。イニングの途中とか楽な場面でいくというのも1つの考え方やけど今日の場面を投げたということは次、どんな場面で行ってもあいつにとってプラスになるっていう俺のなかの判断で。結果に対しては生かしてくれたらと思います

    -小川はまたチャンスも

    矢野監督 もちろん。ボールも悪い感じじゃない。俺もルーキーのピッチャーたくさん受けてきたけど、ストライク入らないピッチャーとかさ、そんなんが多い印象なんよ、やっぱり。だからそれはなかなかやっぱり落ちついて、本来ならお客さんが入ってる中で、より緊張感高まるけど、もしかしたらこのお客さんいないっていうのも、逆に緊張感あったっていうのもあるかもしれない。次からはそうういう基準じゃなくなってくるんでね。プロとして、第1歩を踏み出したわけだから、プロとしてまた次リベンジしてくれたらいい

    -原口の評価

    矢野監督 練習試合、キャンプから含めてチャンスがあってもおかしくないような守りにしても、打つ方にしても結果を残してきたんでね。競争という中から強くなってほしいというところで、そういう姿を見せてくれていた。きょうもスタメンでいったし、きょうのプレーにしても向こうの代走の選手に対して、すばらしい送球だった。打撃もフミ(原口)らしい打撃だったのでそういう評価をしています




    きょうのプレーにしても向こうの代走の選手に対して、すばらしい送球だった。打撃もフミ(原口)らしい打撃だったのでそういう評価をしています 矢野監督、僅差で小川投入は「俺の判断」/一問一答  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202006200000796.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp 



    なんであの場面で一平ちゃんを出したのか疑問だったけど、矢野監督のコメント読んで納得した。 阪神小川が悔しデビュー5失点 矢野監督は奮起期待  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202006200000918.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <巨人11-1阪神>◇20日◇東京ドーム

    阪神ドラフト6位の小川一平投手(23)は、ほろ苦いプロ初登板になった。

    7回から2番手で登板。先頭パーラに右前打を打たれ、自らの暴投と失策、さらに四球も重なって無死満塁とされた。打順は1番に戻り、前日決勝2ランを放った吉川尚は、150キロ直球で空振り三振に打ち取ったが、坂本に左前適時打、岡本にも右前適時打を許したところで降板。3番手の谷川も打ち込まれ、小川は1回もたず5失点(自責1)で1軍初登板を終えた。

    ベンチに帰ると、目に涙を浮かべた表情を見せた。矢野監督も高評価していた右腕が、プロの洗礼を浴びた。




    ドラ6小川投手、いい球投げてた🤔 大きな経験をしたと思う。 またチャンスはある❗️



    いわゆるプロの洗礼を浴びましたね…この悔しさを次回マウンドにぶつけてほしいです😅 阪神ドラ6小川 プロ初登板もほろ苦2/3回を5失点― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/06/20/kiji/20200620s00001173380000c.html 


    続きを読む