とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    小川一平

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    阪神からドラフト6位で指名された東海大九州・小川一平投手(22)が14日、熊本市内のホテルで入団交渉を行い、契約金3000万円、年俸700万円で仮契約を結んだ。

    指名あいさつから約2週間。長めに伸びていた髪を心機一転で整えて決意を新たにした。仮契約を終え「ドラフトが終わった後に実感が湧いて、プロと契約したんだなと思いました」と初々しい笑みを浮かべた。

    182センチの長身から繰り出される最速149キロの直球と、フォークに似た独特のチェンジアップが武器の右腕だ。

    大学に入学してすぐの16年4月。熊本地震で被災し、寮のあった南阿蘇村は震度6強を観測。2カ月間は練習が出来なくなるなど、甚大な被害を受けた。4年間過ごした熊本県は、熊本城も工事中など完全復興へ道のりはまだ半ば。「熊本に来てすぐの事。今でも思い出します。自分よりももっとすごいこと(被害)が起こった人もいる。1試合でも早く1軍で投げて、(熊本)に恩返しできればと思う」。熊本に届く活躍を見せることが、なによりの恩返しとなる。(金額は推定)

    ◆小川一平(おがわ・いっぺい)1997年(平9)6月3日、神奈川県逗子市出身。逗子小2年で逗子オリーブスで野球を始め、逗子中では軟式野球部。横須賀工では3年夏2回戦敗退で甲子園出場経験なし。東海大九州に進み、2年時に大学選手権出場も初戦敗退。182センチ、80キロ。右投げ右打ち。





    本日14日(木)、ドラフト6巡目で指名しました #小川一平選手 との入団交渉を行い、仮契約が完了いたしましたのでお知らせいたします。 pic.twitter.com/sg7U5CPGKk



    @TigersDreamlink 小川くん、頑張れ!



    @TigersDreamlink 秀太スカウトなので 期待特大。 それにしても応援しやすいお名前。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


     阪神タイガースからドラフト6位指名を受けた東海大九州の小川一平投手が11月6日、実家のある逗子の市役所を訪れ、桐ケ谷覚市長にプロ球団入りを報告した。(逗子葉山経済新聞)

    記念撮影をする時に、小川一平選手の隣になりたくて駆け寄ってきた逗子オリーブスの低学年の児童たち

     桐ケ谷市長は「昔から一平君のおじいさん、おじさんとは顔なじみ、ドラフトの翌朝はおじいさんから喜びの電話があった。酒屋さんだから、鏡開きをやるかなと期待していた。本当におめでとう」と歓迎した。

     逗子生まれの小川さんは、逗子小学校、逗子中学校、県立横須賀工業高校出身。この日プロ入り報告のため訪れた市長室には、小川さんが小学2年から通った少年野球チーム「逗子オリーブス」の酒井博監督、中学時代の野球部顧問・二宮理教諭も同席した。

     小川さんは「中学では200メートルトラックを年始に100周走らされた。走ることが嫌いだったので、あれ以上にきつい練習はない、鍛えられた」と振り返ると、二宮さんは「正直プロに行かれるとは思わなかった。ただ、ゲームメイクができて度胸があり、どんな相手でも変わらず淡々と投げられるタイプだった。同じ逗子出身の先輩がプロに行くということで、彼を直接知らない生徒たちも関心が高い」と喜んだ。

     野球好きという桐ケ谷市長は、小川投手の球種に関心を持ち、握り方などを熱心に質問。「プロの世界は上を目指したいという強い心が必要。ノートに毎日記録して読み返すことも大切。開幕投手とは言わないが、早くマウンドで投げているところを見たい」とエールを送った。

     小川投手は「先発、中継ぎ、抑えとどんな場面でもできる投手になりたい。即戦力と将来性と両方を期待していただいているが、今年は2軍で体力面も能力面も力を付けて1軍を目指す」と意気込む。

     小川投手は11月14日、阪神と仮契約を行う予定といい、背番号発表を多くの地元民が心待ちにしている。

     小川投手は11月3日、「逗子オリーブス」の練習に足を運び、指導を受けたコーチたちにあいさつ。児童たちと写真を撮ったり、サインの求めに応じたりした。児童の1人は「僕もサインを練習している」とボールに書かれた小川投手のサインを興味津々にのぞき込んでいた。




    阪神入りする小川一平選手が逗子の実家に一時戻った折、会いました。 市長訪問の際のサイン入りボールは岡田元日本代表監督のサイン入りサッカーボールの隣に並ぶ予定。 市役所には阪神タイガースファンが多いとか。 #逗子出身 #阪神  #投手 #逗子 #小川一平 #表敬訪問  https://zushi-hayama.keizai.biz/headline/257/  pic.twitter.com/AOb1hbAg1d


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    阪神からドラフト6位で指名された東海大九州・小川一平投手(22)が28日、熊本市内の同大学で指名あいさつを受けた。

    畑山統括スカウト、永吉編成ディレクター、田中担当スカウトと対面し、スーツ姿の小川は「プロの仲間入りを実感しています」と初々しく話した。

    指名された6人の中では唯一の大卒。182センチの長身から長いリーチを生かし、最速149キロの直球を投げ込む本格派右腕。独特のチェンジアップも魅力で、スカウト陣からは「1軍でも通用する球」と言葉を受け、思いを新たにした。持ち味については「上から角度のある球を投げ込める。その中では、真っすぐが自信があります」とアピール。目標とする選手には、直球が代名詞の阪神藤川球児投手を挙げた。

    即戦力として期待がかかる右腕は「1軍で長く活躍できる選手を目標にしている。活躍すればファンの方にも愛されると思う。1軍で10年、20年できる選手になっていきたいです」と意気込んだ。




    タイガースインスタより。小川投手に指名挨拶。左は懐かしの秀太😁 pic.twitter.com/XJKiEogpz2



    ドラフト5位までの高卒が目立って期待されてるけどドラ6の小川がすごい投手になりそうな希ガス



    日刊スポーツさん。 小川君が指名挨拶を受けました。 目標は藤川球児投手! 即戦力としての期待もかかる小川君。 長く活躍出来る選手になれるように頑張りましょう😌🐯 pic.twitter.com/7xPHLOlFXh


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2



    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/10/22(火) 09:24:05.11 ID:pfaxNc61a
    阪神ドラフト6位の東海大九州・小川一平投手(22)が、野球ができる喜びをかみしめた。
    入学直後の16年4月、熊本地震で被災。住み始めたばかりの寮を出ると、目の前のアパートが崩落していた。
    「あの光景は…。この世の終わりに感じました。絶対に忘れられないんです」。

    実家のある神奈川に帰ったが、いてもたってもいられなかった。
    1人でも多くの人を助けたいと、東京・渋谷のスクランブル交差点で声を張り上げた。
    「募金へのご協力、お願いしまーす!」。立ち止まって財布を広げてくれる通行人に頭を下げた。
    財布の中身全てを募金箱に入れ「辛いと思うけど、頑張ってね」と励ましてくれる人もいた。
    地面を見ながら、涙目にもなった。「ちょっとずつでもいいんです。前に進んでいければ」。

    「夢の祭典」に背中を押された。昨年7月14日、熊本・藤崎台球場で開催されたオールスター第2戦。
    観客席でグラブを持ち、巨人菅野や広島大瀬良、DeNA山崎康らの投球を食い入るように見つめた。

    「ボールボーイしてたんです。補助員で、スタンドから見てました。オールスターが熊本に来て、子どもたちも元気に笑っていた。
    プロ野球って夢があるなぁって。自分も頑張ろうと思った瞬間でした」

    ドラフト上位5人の高校生とは違い、甲子園経験はない。
    「そこは関係ない。プロに入ってやるべきことに集中していきたい」。
    今度はプロ野球選手になって熊本に夢と希望を与える番。恩返しを胸に、タテジマに袖を通す。

    https://www.nikkansports.com/baseball/news/201910210000950.html

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/10/22(火) 09:25:27.58 ID:FFI99t8J0
    ええやつやん

    6: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/10/22(火) 09:28:21.50 ID:myzVYN8r0
    意外と高校生より活躍したりしてな

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1571703845/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1


     阪神6位指名の小川一平投手(22)=東海大九州=が18日、熊本市の同大学キャンパス内で取材に応じ、プロへの道を切り開いてくれた第二の故郷である熊本への恩返しを誓った。自らを成長させてくれた同地は、まだまだ復興活動が続く。プロ野球選手として勇姿を見せることが第一歩だ。そのためにも、1年目での球宴出場を目標に掲げた。

     興奮でなかなか寝付けないまま、朝を迎えた。夢にまで見た日から一夜明け、「応援メッセージがたくさんきて、実感が湧いてきました」と徐々に現実を受け入れつつある。

     これからはプロとして多くの人に夢を与える立場になる。まずは、4年間過ごした熊本の復興に貢献する。入学直後の16年4月に熊本地震で被災。南阿蘇のグラウンドは使えなくなった。「まだ使えませんが、大学のソフトボール場や周辺の協力もあって、練習できています。本当にありがたい」。多くの人に支えられて、野球が続けられたことに感謝した。

     思いを伝えるためにも目指すのは球宴だ。2年前に熊本で開催された試合に補助員として携わった。「近本さんも出られていた。自分も1年目から出たいです。そのためは、1軍で投げられる投手にならないといけないので」と力を込めた。

     憧れの投手である藤川を参考にした投球フォームで最速149キロを誇る本格派右腕。2年春には抑えとして全日本大学選手権出場に貢献し、日本代表候補にもなった。この日は、同大学の施設でウエートトレーニングなどで汗を流した小川。即戦力として期待される若武者が、お世話になった熊本の地に快投を届ける。




    昨日のドラフト会議にて、阪神6位で小川一平くんが指名されました!本人も待ってる間ドキドキだったと思いますが、指名されてほんとよかったです! これがスタートラインなので、大活躍する姿期待してます!!! #ドラフト会議2019 #東海大学九州キャンパス野球部 #小川一平 #阪神6位 pic.twitter.com/84clzLk6oK



    阪神タイガース ドラフト6位指名 小川一平 阪神初一平‼️ めちゃ応援するっ‼️



    小川一平くん、ドラ6ながら 秀太枠か! これは楽しみになってきた!!! #阪神タイガース


    続きを読む

    このページのトップヘ