とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    井上一樹

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神で若虎ナインのパワーアップが著しい。21日のヤクルト戦では1メートル75センチ、71キロの植田海内野手(23)が満塁弾、22日には1メートル76センチ、68キロの島田海吏外野手(24)も本塁打を放つなど、これまでどちらかといえば、守備走塁が専門の“自衛隊”だった面々が、長打でアピールした。

    「去年の秋から春キャンプと、一貫して若い子を振り込ませてきた井上打撃コーチの教えが徐々に形になってきている」。そう語るのが阪神OBで野球評論家の柏原純一氏だ。

     そのうえで同氏は「選手がソノ気になっている今こそ、次の一手の打ちどき」と、さらなる真価を目指した“刺激注入”を提案する。それは「年間を通じて、このレベルをキープするために、スイングのキレ、スタミナを養う」ことを目的とした投手陣が通常行うような走り込みに主眼を置いた「調教トレ」だ。

    「他のコーチにも協力してもらって球場のポール間や、内野手でも外野でアメリカンノックを受けるなど、下半身をイジめる。連続ティーなどやって振る力、パンチ力がついてきた今だからこそ、年間を通じてそれをいつでも出せるだけの下半身の土台をつくっておく」という考え方だ。

     折しも22日現在で開幕日は未確定で、練習試合でもとくにビジターでは、練習時間も限られてくる。そんな制約があるなかでも試合前練習でもコレを行うことが可能なのも利点と同氏は語る。

    「普通なら野手のほとんどが『なんでそんな投手の練習?』って思う人間が多いと思うけど、植田や島田のような非力が課題の選手が、これまでと違う姿を見せたことで、他の選手も『こいつらでこれだけ伸びるなら』って周囲も納得する。選手からすればこれまでにない『新しい能力』を作って、認めてもらうチャンスだし、誰か一人でも伸びしろを見せれば、それはチームの戦力に跳ね返ってくるわけだしね」

     若虎が変われば、今季の阪神の成績も大きく変わってきそうだ。




    やっぱり井上コーチは有能だったね。矢野さんのナイスな人選。井上コーチ来てくれて本当にありがとう。 井上コーチ効果で植田&島田の“阪神自衛隊”がバットでも前進 若虎よ下半身をイジめ抜け (2020年3月23日) - エキサイトニュース  https://www.excite.co.jp/news/article/TokyoSports_1786521/  @ExciteJapanから



    めっちゃ阪神撃ちよるやん、もしかして井上一樹打撃コーチ有能


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    ◆練習試合 ヤクルト0―10阪神(22日・神宮)

     阪神・北條史也内野手(25)が、2安打1打点と存在感を示した。

     「2番・遊撃」で先発出場。左腕・山田大に対し4回先頭で左前打を放つと、らしさを見せたのが5回だ。無死一、二塁でバスターエンドランを敢行。低めの難しい球を三遊間に転がし、左前適時打とした。狙い通りの結果に「しっかりサイン通りできて、プラス打点もついた。一番いい形になったので、良かったです」と振り返った。

     井上打撃コーチは「すごろくのように1個ずつ(塁を)進める中で、足を絡めるのがテーマ。今日のジョー(北條)は最高の形だった」と絶賛した。







    5回表無死一、二塁でバスターから左前へ適時打を放つ北條史也選手。 #阪神 #タイガース #北條史也 #練習試合 #速報 pic.twitter.com/EYLwIwwZnE


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◆練習試合 ヤクルト7―2阪神(20日・神宮)

     阪神のジャスティン・ボーア内野手(31)が「4番・一塁」で先発出場し、3打数1安打も待望のアーチは生まれなかった。

     これで、春季キャンプ中の練習試合を含めれば通算12試合31打席で本塁打なし。井上1軍打撃コーチは助っ人勢に「そろそろ花火的なものが見たいと、みんな思っている。そうでしょ?」と本音をのぞかせた。




    ボーアは厳しいかも。。。 基本的に差し込まれてるから引っ張りきれない。 開幕が見えない中調整も大変だと思うがそろそろ形がみたいよね。 矢野監督も大山マルテの併用プランを試すみたいだし。 幸い選手はいるからね、今年は。 のんびり構えてたら置いてかれるよ  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200320-03200175-sph-base 



    良くも悪くもこんな感じの記事が出ちゃうのが阪神。しかもライバル誌から。そこは中日時代とちゃうから注意しといてよ井上コーチ🥺 【阪神】ボーア1安打も、いまだアーチ生まれず 井上打撃コーチ「そろそろ花火的なものがみたい」(スポーツ報知)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200320-03200175-sph-base 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神糸原健斗内野手が17日、「逆スリルティー」ドッキリを成功させた。

    井上打撃コーチが春季キャンプで考案し、布袋寅泰の代表曲「スリル」を合図に始まるボールケース1箱分の連射ティー。

    糸原は指導を仰ぐふりをしてバットを持ってもらい、曲をリクエストして自ら笑顔でトスを上げた。「大成功!」とガッツポーズの糸原に対し、両手の皮がめくれた井上コーチは「してやられた」と苦笑い。実はこのドッキリは矢野監督発案によるファンサービスの一環で、映像は球団の公式ユーチューブチャンネルにアップされる予定だ。





    糸原キャプテンが井上コーチにドッキリを仕掛けました!  https://youtu.be/qmZZvv3mhi0  @YouTubeより 糸原の得意げな表情が可愛すぎる🤣🤣🤣



    最高すぎ笑 めっちゃおもしろい! 糸原キャプテンが井上コーチにドッキリを仕掛けました!  https://youtu.be/qmZZvv3mhi0  @YouTubeより


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     オープン戦をセ・リーグチームではトップの3位で終えた阪神で野手陣が震える“鬼練習”がよみがえる可能性が出てきた。復活が検討されているのはキャンプ中の打撃練習メニューの一つで「キツイ練習も、よりメリハリをつけて」と井上一樹打撃コーチ(48)が発案した「音楽」を用いた練習法だ。

     キャンプ中はどの球団でも様々なジャンルの曲がBGMとして流されるが、今年の阪神では布袋寅泰の「スリル」が流れると、ティー打撃を行うペースを一気に速くするというのが決まり。選手はボールケースを空にするか、約4分30秒の楽曲が終わるまで、超高速テンポで打ち続けなければならず、最後は腕も足腰もパンパンに…。終了時は多くの選手がその場に倒れる過酷さで、奇抜なイントロやサビのインパクトも手伝い、選手間では「恐怖の曲」として恐れられた。

     この通称「スリルティー」は当初、鍛錬がメインのキャンプ限定で行う予定だったが、開幕延期で練習日が増えたことで“再演奏”の可能性が高まっている。「公式戦に入ったら、もちろん明日の試合が一番大事だけど(開幕まで)あと3週間とか1か月あるなら、もう1回体をイジめてやるのも手だと思っている」(井上コーチ)

     実際に神宮球場で行われた11日のヤクルト戦では、試合前に大山や陽川など先発を外れた面々を中心にこのメニューで追い込んだ。このときは、敵地で球場内の曲をセレクトできなかったが、17~19日に本拠地・甲子園で行うチーム練習では選曲が自在となる。

     その意図はキャンプ同様に「振る体力」を養うこと。条件は整っているだけに、あとは「夏から秋にかけてのバットを振る体力、貯金をつくってほしい」と話す井上コーチがいつゴーサインを出すかどうかだ。




    阪神・井上打撃コーチが発案 恐怖の「布袋スリル式ティー」が復活も(東スポWeb)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200316-00000028-tospoweb-base  練習に使われるんや



    阪神めっちゃ打つけど新しく打撃コーチになった人が良いんじゃないのか? ちなみにその打撃コーチは井上一樹って言う人なんだけど #CBCラジオ


    続きを読む