とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    井上一樹

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神の井上一樹新ヘッドコーチ(49)がこのほどインタビューに応じ、V奪回を狙う来季への意気込みを語った。矢野監督の参謀役は、打撃コーチから立場が変わっても「コミュニケーションモンスター」として奮闘することを約束。今季は8勝16敗と負け越した巨人を倒すために必要な要素を語り、同級生の巨人・元木ヘッドコーチへの対抗心も示した。

      ◇  ◇

     -中日では現役時代に落合監督の下でプレーし、2軍監督の経験もある。理想のヘッドコーチ像は。

     「僕の理想論は、コーチ陣で協力し合いながらやる中で『助さん、格さん』、『角、飛車』じゃないですけど、監督の負担を減らしてあげるポジションかなと思ってます。監督に全てをお伺いして、『どうしましょう?』というのだと、監督が考えないといけないことがいっぱいある。例えば、僕レベルで判断できることであるのならば、それは『こうしといて』と僕が指示をして。ワンクッションとして、僕が決められることは決めていったら監督の負担が減るのかな、と。そこが一番の仕事かなと思っています」

     -昨年の打撃コーチ就任会見では「コミュニケーションモンスターになりたい」と話した。立場が変わっても考えは変わらないか。

     「一番テンション、モチベーション、意識を高めていかなきゃいけない練習は何か。守備でエラーが多いということを考えれば、そちらでのコミュニケーション、言葉の交わし方というのが、すごく大事になってくる。そういうことを意識するのであれば、やっぱり走攻守の全てにおいて『コミュニケーションモンスター』になっていかなきゃいけないかなと思っています」

     -課題の守備でも積極的にアドバイスを送るのか。

     「立場が変わったからといって、バッティングのことを全くノータッチにするわけでもないし、守備のことは分からないから守備コーチに任せますというのも『なし』だと思っています。最終的にはチームが強くなるために、自分が思うことも言いたいし、みんなが思ってることも聞きたい。そういうところはすごく意識をしたいと思います」

     -監督との意思疎通も大事になってくる。

     「監督とコーチという壁はしっかり作っていますけど、監督もやっぱりざっくばらんに話をしたい場面はあるでしょう。気持ちの疎通という部分で公私ごちゃ混ぜで、なあなあというのではダメですけど。本当にユニホームを脱いだ男と男の一対一の会話というのも監督は持ちたいだろうし、僕もそういうふうに話をしたいという思いもあります」

     -今季は優勝した巨人に8勝16敗と負け越した。ライバルの印象、強さとは。

     「軸がしっかりしている。幹がしっかりしていて、枝葉の部分(の選手)が、自分の仕事が何なのかというものを、巨人の選手たちは分かっている。自分がパーツとして『俺はこれを仕事としてやっています』という自覚の強さがある。これが違いなのかなと」

     (続けて)

     「阪神の選手も考えていると思いますが、巨人の選手は、それがより強いのかなと。練習量で『こんなに差がありますよ』というのはないと思う。でも、常に緊張感を持って練習しているということが、8勝16敗という数字につながってしまっているのかなと思います。あとは、原監督が選手を信頼してサインを出していますね。うちの選手も、監督があっさりサインを出せる信頼関係を築いていかないといけないと思っています」

     -来季も優勝に向けて大きな壁となる。具体的な改善策は考えているか。

     「明るく、楽しんでやるというのが、阪神のモットーですけど、練習の中でメリハリの利いたことをやりたいですね。(秋季練習の投内などの)連係でも失敗して『えへへ、と言ってるんじゃねえぞ』という話はしてあります。『これ以上、失敗してはいけないという緊張感を持て』ということは、投手陣にも言っているので。そういう下地を今作って、春からは本格的にいっちゃうよと。今ここ(秋季練習)にいるメンバーが、春のキャンプが始まる時に、フェニックス(リーグ)にいるメンバーや新人に、『緊張感というものを伝授しなさい』『基盤として作れ』ということは言っています」

     -巨人・元木ヘッドと同級生。同じ役職を担う。

     「元木と同い年ということは知っています。原監督に認められて、ヘッドコーチをしているわけですから、すげえなとは思っています。たぶん、他のコーチにないものを元木ヘッドは持っていると思うんですよね。コーチ論に正論はないと思うんですけど、原監督の中で『元木なら信頼できる』というのを作り上げたからこそ、ヘッドをしていると思うんですよね。なので、僕は僕でチームにくまなく目配り気配りすることで、チームを支えるという部分も大事にしないといけないと思っています。僕も(ヘッドコーチに)なったばかりなので、来年のシーズンが始まった時には、相手のベンチの動き、練習風景、新聞で出ているコメントなども意識しながら、いい意味で張り合っていきたいなと思います」

     ◆井上 一樹(いのうえ・かずき)1971年7月25日生まれ、49歳。鹿児島県出身。現役時代は左投げ左打ちの外野手。鹿児島商から89年度ドラフト2位で中日入団。通算成績は1215試合863安打、79本塁打、349打点、打率.275。09年現役引退後は中日1軍打撃コーチ、2軍監督などを歴任。14年からの野球評論家を経て、20年に阪神1軍打撃コーチ就任。来季はヘッドコーチを務める。




    阪神・井上ヘッドコーチ 同級生の巨人・元木ヘッドと「張り合っていく」 G倒でV/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2020/11/24/0013887224.shtml  @Daily_Onlineより 最大目標は日本シリーズで4勝して日本一やから 張り合ってもしかたないんとちゃうかな🤔。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神井上一樹ヘッドコーチ(49)が20日、オンライン取材に応じ、ドラフト1位の近大・佐藤輝明内野手(21)の外野起用構想を明かした。

    「先輩たちが、彼を見た時にどういうような相乗効果を生むのかが一番楽しみです。黙っていてもなるでしょうね、起爆剤には。やっぱり彼の存在が気にならない選手はいないでしょうから。これは内野外野関係なく」。まだ見ぬ主砲に、V奪回の起爆剤を期待。4球団競合の末に獲得したその存在が、ポジション争いも激化させるからだ。

    近大では主に三塁を守ったが、阪神の三塁には大山がいる。今季28本塁打を放ちホームラン王争いをした主砲を、簡単に動かすことはできない。「外野も視野に入れながら、こちら側は練習をさせていかなきゃいけないかなと思います」と起用構想を明かした。「彼がたとえば、僕は三塁にこだわります、って言うんであれば、もちろんそこで競争はさせます」。まずは本人の意見も聞く方針だが、現状のポジション構成を考えれば、外野の方が出番が増えるとの考えだ。

    大学2年春までは外野を守ってベストナインにも選出され、経験値に問題はない。佐藤輝は14日に用具提供を受けるミズノ社と打ち合わせを行った際、「まずは試合に出たいという思いが強い」とポジションにこだわらず、出番を求める意思も示した。順応性の高い期待のドラフト1位が、チーム力の底上げに一役買う。【磯綾乃】

    ★阪神佐藤輝を巡るポジション発言 10月26日のドラフト会議直後、矢野監督は「うちにハマるならやはり、外野になってくる」と構想を披露。翌27日に矢野監督が訪問した指名あいさつでは、佐藤輝が「内野をやってみたい」と伝え、近大・田中監督も「内野で見たらとお話させていただいた。外野から内野なんてまずない。本人も内野で勝負したいと。一塁でも三塁でも二遊間でもできる」と内野起用を売り込んだ。佐藤輝はミズノ社と話し合い、三塁用だけでなく、外野用、一塁用と3種類のグラブを用意してキャンプに備える。




    阪神井上コーチ外野も視野佐藤輝明の起用明かすにゃ



    途中で内野から外野行くより最初から外野1本で勝負した方が打撃生かせてプロで長く生きて行ける気する 福留みたいに守れたら 阪神井上コーチ「外野も視野」佐藤輝明の起用明かす(日刊スポーツ)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201121-21201016-nksports-base 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


     「阪神秋季練習」(15日、甲子園球場)

     今シーズンを2位で終えた矢野阪神が15日、約2週間にわたる甲子園での秋季練習を開始した。北川新1軍打撃コーチがユニホーム姿で参加するなど新体制でのスタート。練習前に5分を超える訓示を行った井上新ヘッドコーチは「来年はみんなでもう一回、アマチュア野球に戻ろうや」と全員でテンションを上げ、声出しをすることでチームが一つになることを望んだ。

     再出発はくしくも因縁の日付から始まった。昨年オフからことあるごとに“予祝”として日本一を宣言していた矢野監督。「2020年11月15日、日本シリーズ第7戦、タイガースは日本一になりました!」。そう言い切っていた、その日が来季へ向けてのスタートとなった。

     練習前には「今日から新たに2021年が始まるという気持ちで」と選手に話し掛けた指揮官。「この練習で積極的な“いいミス”をすることが成長につながる。エラーしないが一番じゃなく積極的にチャレンジしていくことを一番でやっていこう」と引き続き“挑戦”をテーマに掲げていくことを強調した。

     この日は2軍打撃担当から昇格した北川新1軍打撃コーチも練習に参加するなど新体制の初日。1軍打撃担当から昇格した井上新ヘッドコーチは矢野監督の後を継ぎ、身ぶり手ぶりを交えながら5分を超える訓示で選手たちを鼓舞した。

     「来年はみんなでもう一回、アマチュア野球に戻ろうや!」。そう選手に呼び掛けた井上ヘッドがその意図を明かす。「もうちょっとやんちゃになってもいい。お利口さんばかりでは野球はやれないよというところを感じていた。『みんなで一つのチームになって頑張ろうぜ!』っていう時に、すかすなと」

     一部の選手だけではなく、全員参加でテンションを上げて声を出す。「みんなそういうふうな形で上げていく。それがエラーの削減にもつながると思う」。アマチュア野球時代のようなムードを作ることが緊張感を生み出すと持論を述べた。

     さらに新ヘッドは「キャプテンの糸原だけでなく、マイペースでおとなしめな近本、試合にずっと出てる悠輔、キャッチャーのリュウ、それから聖也。年齢的にも、それらの連中がテンション上げていかないと」と近本、大山、梅野、木浪の個人名を挙げ、チームを引っ張っていく役割を担うことを望んだ。

     2021年こそ結果が求められる矢野政権3年目。来季へ向けての秋季練習は、さらなる意識改革を求める新ヘッドのアツい大号令から始まった。




    16日の日刊スポーツ大阪版1面。阪神が甲子園で秋季練習を開始。21年シーズンへの出発日。選手への訓示でゲキを飛ばしたのが来季からヘッドになる井上一樹打撃コーチ。3年連続で12球団ワーストの85失策を記録した猛虎再建には、野球少年のような元気と緊張感が必要だと熱血ワードを連発 pic.twitter.com/oGJc3I0PUU



    萬屋のようにポジションを固定しないやり方は間違っています。 阪神井上コーチ再建手応え「毎日守備練習」一問一答  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202011150001183.html  #スマートニュース


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    矢野阪神が勝負の3年目に向けて「内閣改造」に着手する。阪神井上一樹1軍打撃コーチ(49)のヘッドコーチ昇格案が浮上していることが30日、分かった。熱血指導で若手選手を鍛え上げた手腕を高く評価。参謀役として矢野監督を支える。また、清水雅治1軍ヘッドコーチ(56)の2軍総合コーチ配置転換や守備、走塁のスペシャリストを臨時コーチとして招へいするプランもある。

      ◇   ◇   ◇

    矢野阪神がコーチ陣のテコ入れを実施することが明らかになった。阪神が井上1軍打撃コーチのヘッドコーチ昇格を検討していることが分かった。同コーチは就任2年目を迎える矢野監督に請われて昨年10月に1軍の打撃コーチに就任。会見では「コミュニケーションモンスターになる」と宣言し、選手と積極対話する指導方針を打ち出すと、昨秋、今春キャンプでは若手を熱血指導で鍛え上げた。

    コロナウイルスの影響から3カ月遅れとなった今季は新外国人ボーア、サンズのケアにも務め、不調に陥った際も粘り強く指導。本塁打王を争う大山と両助っ人を中心に、チーム本塁打はすでに昨季を10本上回る104本となった。近本、大山らの軸を固定しつつ、シーズン後半には小幡ら若手の起用も積極的に推し進めた。来季は打撃に加えて守備、走塁、作戦などを含めた参謀役として、指揮官を支えることが検討されている。

    また、井上打撃コーチのヘッド昇格プランとともに清水1軍ヘッドコーチを2軍総合コーチに配置転換する案も持ち上がっている。1、2軍の連携を密にすることでフレッシュな戦力を1軍に送り込むことが狙いだ。その他は平田勝男2軍監督(61)ら主要ポストの変更はないとみられるが、高代延博2軍チーフコーチは今季限りで退団する可能性が高い。さらに来春キャンプでは守備、走塁のスペシャリストを招く案も検討している。12球団ワースト80失策と課題の守備を集中的に鍛える計画だ。チーム力強化のためにあらゆる手を尽くす。




    高代コーチ退団とか草でしょ



    お友達内閣強化。。。笑 高代さんは金本さんのために来てくれた方だから、最後に小幡くんをあそこまで育ててくれた事に感謝かな。。。 守備走塁のスペシャリストって、高代さん以上のコーチいないから! 阪神井上コーチのヘッド昇格検討、高代コーチ退団か(日刊スポーツ)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201031-20301134-nksports-base 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「阪神0-9中日」(30日、甲子園球場)

     両リーグ最多10度目の完封負けを喫した阪神。中日先発・大野雄を前に2安打無得点と打線が沈黙した。

     2カ月ぶりの対戦となった左腕に対して井上打撃コーチは「大野投手が自信を持って投げているなというのはすごく感じるし、それに対して攻めていこうという気持ちはあるけれど、今日は完全に攻めの投球をされてしまったなと思います。球種や狙い球を絞るという状況まで持っていけなかったというのが正直なところです」と話した。

     また、この日は3番・大山、5番・原口と新たな打線を組んだ。同コーチは「原口が最近調子が良いし、相手が手ごわい大野投手だったので、全体のバランスと原口をどう生かして使おうかと考えた時に今日の並びになったということです」と説明した。




    阪神・井上コーチは大野雄に脱帽「球種や狙い球を絞るという状況まで持っていけなかった」/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2020/09/30/0013745027.shtml  @Daily_Onlineより しゃーない



    これだけ失策が多いのにコーチの責任が問われないのは不思議。 どう考えても外れ久慈、もとい外れ籤やろ。 矢野井上が三顧の礼で井端を招聘すべき。 阪神10度目完封負け 矢野監督「言い訳できない」62失策も全球団ワースト(デイリースポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/f044500ee1b50b2bd48c7c099dbb8c0a75113a99 


    続きを読む

    このページのトップヘ