とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    ロベルト・スアレス

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


     いきなり矢野スペシャルや! 阪神・矢野燿大監督(51)が練習休日の27日、球団広報を通じて対応。6月19日の開幕からロケットスタートを決めるために、昨季終盤にオネルキ・ガルシア投手(30)をフル回転させた“秘策”を最初からつぎ込む可能性を示唆した。シーズンは120試合の“短期決戦”。目の前の1試合を確実にモノにする。

     6月19日に開幕がずれ込んだことで、レギュラーシーズンは143試合から120試合に減り、1試合の重みは大きくなった。日本一を公言する矢野監督は、キッパリと言い切った。

     「120に減ったということは、開幕ダッシュは、よりどこ(の球団)もしたいと思うところ。(自分も)そういう感じには、とらえてます」

     球宴休みもない、一気に突っ走る2020年。「1試合1試合、全力を尽くして戦っていく」という指揮官は、秘策をすでに脳裏に描いていた。

     「ガルシアも(起用法で)いろいろなことが考えられる。スアレスも今はスターターでやってもらっていますけど、中(救援)でやってもらうこともありえます」

     昨季終盤、6連勝でクライマックスシリーズに進出したときに使った矢野スペシャルだ。先発のガルシアを中継ぎに配置転換するとワンポイントやロングリリーフで、縦横無尽にマウンドへ送り出した。左腕はこの期間に3勝の活躍。すでに「今年も中継ぎがあるぞ」と伝達している。

     今季はソフトバンク時代にリリーフで活躍したスアレスもいて、手駒は豊富。開幕直後は長いシーズンでのリリーフ陣の疲労を考慮して、できるだけ先発に長く投げてほしくなるものだが、惜しみなく中継ぎを投入して勝ちをつかむ。

     そのためにこの日、発表された6月2日からの練習試合で、D6位・小川(東海大九州)や開幕ローテから外れた投手の適性をチェックする。金村投手コーチは「開幕ダッシュを考えると、中継ぎをどんどん投入することもイメージできる。フレッシュな投手にも、ロングリリーフをしてほしいと思っている」と明かす。適性ありとなれば、どんどん投げてもらう。

     開幕から一戦必勝。これが矢野虎2年目のチーム方針だ。(三木建次)




    皆さん、おはようございます🐯 矢野監督🐯🔥 開幕ロケットスタート案🚀 昨季終盤🐯6連勝からの CSへ進出した際 起用したガルシアと スアレスを ロングリリーフで🐯🔥 目の前の1試合1試合を 確実なモノに🐯🔥 必死のパッチや🐯🔥 打倒読売🐯🔥読売粉砕🐯🔥 🐯🐯🔥🔥🔥🔥  https://www.sanspo.com/baseball/news/20200528/tig20052805040001-n1.html 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2



    阪神に新加入したロベルト・スアレス投手(29)が24日、甲子園で行われた集合練習のシート打撃で打撃投手を務め、2者連続三振を奪うなど打者5人に対して1安打にまとめた。

    江越、島田と連続空振り三振に斬り、荒木に安打を許したが大山、糸原はともに外野フライに抑えた。練習後、球団広報を通じて取材に応じ「ストレートが走っていたので、感覚的にも良かった。コントロールよく投げれたし、いい集中力で投げれたことが良かったと思う」と振り返った。

    ソフトバンクから移籍した最速161キロ右腕は、当初は中継ぎ候補だったが矢野監督は先発候補としても期待を寄せている。スアレス本人も意気込み十分で「まずは6イニングくらいを2失点以内に抑えて、ゲームを作れるようなピッチングがしたい。先発でもリリーフでもマウンドに上がれば、やることは変わらないので自分のピッチングをするだけだよ」と、任されたところでフル回転していく。

    チームは23日から投手、野手とも同時間に集まって行う「集合練習」をスタート。1軍は甲子園、2軍は鳴尾浜に分かれて、投内連係などチームとしての練習メニューを再開。この日は集合練習となって初のシート打撃実施となった。




    スアレス、開幕1軍目指して頑張れ⚾️ 阪神 開幕ローテ争うガンケルとスアレス、そろってシート打撃で好投(スポニチアネックス) #Yahooニュース  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200524-00000185-spnannex-base 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神のロベルト・スアレス投手(29)が29日午前に甲子園での自主練習に参加。ブルペンで30球を投げて汗を流した後、オンライン取材に応えた。

     開幕が見えない中でも「肩の状態も保てている。いい感じできている」と順調な調整ができていることを強調した右腕。この期間を利用して英会話や料理に挑戦していることも明かした。

     「何か新しいことを見つけられる期間だなと思っていた。英語の勉強をビデオや本を見ながらやっていたし、料理も覚えながら、時間を有意義にと思って過ごしていた」

     食事では肉、野菜や魚のバランス重視した料理を作り、体調面にも気を使ってきた。「メンタルを強く持って、いつかはわからないですけど、しっかり準備をしていきたい」。先発ローテーション入りを目指す助っ投は開幕を信じて準備を進めていく。




    阪神スアレスがブルペン好感触「開幕に向けて準備」 自主練習後にオンライン取材に応じた右腕は「良かったよ。まっすぐも走っていたし、コントロールも良かった。これを続けていきたい」と満足げに話した。  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200429-24290198-nksports-base 



    取材しました!充実のおうち時間の詳細は紙面で! 阪神・スアレス準備着々ブルペンで30球「肩の状態も保てている」― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/04/29/kiji/20200429s00001173173000c.html 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1



    鳴尾浜 先発のスアレス投手は5回途中6安打2失点の内容でした。 #阪神 #タイガース #スアレス #鳴尾浜 #ソフトバンクホークス pic.twitter.com/F5vEjsboxe



    @NikkanNaruohama そんなに悪くは無いかな?


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <2軍練習試合:オリックス8-1阪神>◇19日◇オセアンBS

    先発候補の阪神ロベルト・スアレス投手が、オリックスとの2軍練習試合で2回2安打無失点と好投した。

    9日にメキシコでの滞在延長手続きのために離日。久しぶりの実戦となったが、最速は154キロをマーク。球威ある直球で打者を詰まらせる場面が目立った。

    「ボールも全部ゾーンに入っている。いい球速で投げることができた」。視察した矢野監督は「まだ上がるような気はする」と期待した。




    好投の阪神スアレスに矢野監督が期待「まだ上がる」  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202003190000865.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp  これはますますローテ入りへの期待が高まって来たぞ😄🐯 力強い直球に制球もバッチリ👌😁



    虎視眈々と先発を狙うスアレス🐯 pic.twitter.com/pgKVT3lF4X


    続きを読む