とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    ジョン・エドワーズ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    ◆練習試合 オリックス―阪神(12日・京セラドーム大阪)

     阪神のジョン・エドワーズ投手(32)が汚名返上のマウンドに上がったものの、特大アーチを浴びた。

     8回から3番手で登板し、簡単に2死を奪ったものの、T―岡田に1ボールから甘く入った149キロの速球をジャストミートされた。高々と右翼方向に舞い上がった打球は5階席を飛び越え、7階席前の壁にぶち当たった。

     エドワーズは9日の広島戦(マツダ)でシーズン中ならプロ野球ワーストタイとなる5者連続四球でKO。中継ぎエースとして不安を残した状況だが、この日も結果を残すことはできなかった。




    #阪神タイガース エドワーズ T-岡田にホームラン打たれた o(T◇T o)



    T-岡田に7階席にもってかれるようではエドワーズはあかんな


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◆練習試合 広島―阪神(9日・マツダ)

     阪神の新外国人、ジョン・エドワーズ投手(32)が、5点ビハインドの7回から登板。打者5人に5四球を与え、予定の1イニング持たずに降板した。

     先頭の5番・メヒアにストレートの四球。メヒアの代走・上本の盗塁失敗で1死となり、右腕も落ち着くかと思われたが、安部にも四球で出塁を許した。長野、田中広にも連続四球で1死満塁。会沢には3ボール2ストライクとしたが、6球目の直球が大きく外れて押し出し。たまらず矢野監督がベンチを飛び出し、投手交代を告げた。

     リリーフした谷川が犠牲フライの1点のみに抑えたため、エドワーズは1/3回で2失点。この日の26球のうち22球が直球で最速149キロを計測したが、制球が一向に定まらなかった。昨季限りで退団したジョンソンに代わる新セットアッパーとして、今季の8回を任せる見込みだが、開幕前に大きな不安の残るマウンドとなった。




    阪神エドワーズ5者連続四球はやばない?


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神の新外国人ジョン・エドワーズ投手が収穫の1回ゼロ封だ。

    8回から登板すると、先頭長谷川に8球粘られて四球。1死後、明石にも四球を与えたが、1死一、二塁から内川、九鬼を連続三振。

    エドワーズは「いい感覚で投げられていたけど、先頭打者に粘られて四球を出した点は反省点。その後は修正して投げることができたし、ランナーを背負った状況やクイックも試すことができた」と振り返った。




    さっき帰ってきてハイライト見たけど サンズもホームラン打ったか エドワーズもスアレスもええし、 阪神だけ外国人枠7つくらいくれへんか?



    阪神の外国人枠は4番のボーアと先発のガンケルは入るとして、残り2枠が難しいね マルテもサンズもいいし、エドワーズとスアレスも使いたい


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     練習試合 阪神―広島(4日・甲子園)

     阪神の新外国人、ジョン・エドワーズ投手(32)が、チームの活動再開後初登板で1イニングを3者凡退。最速152キロの直球を軸にわずか5球で押し切った。

     3月20日のヤクルト戦(神宮)以来76日ぶりのマウンド。7回、先頭の鈴木誠には中前打を許したが、続く西川を内角の151キロ直球で詰まらせて二ゴロ併殺打。メヒアには中堅フェンス際への大飛球を打たれたが、球威が勝り、中飛で3アウト目を奪った。

     エドワーズは昨季限りで退団したジョンソンに代わるセットアッパー候補。スライダーを武器に勝利の方程式として8回を任される見込みだ。






    今日登板した秋山、能見、エドワーズ、スアレス、齋藤の5人のピッチャーは全員よかった! 今年も阪神投手陣のレベルは高い 打撃陣はボーアが中心となりこの3連戦のような感じでいけば今年の阪神はかなり期待できるだろう



    阪神、相変わらず救援陣エグいな‥ それぞれ一回を 能見サンが6球、エドワーズが5球、スアレスが9球、斎藤まで8球で終わらせるんだもんな‥ ひょっとして今年のカープしょぼい?


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神の新助っ人、ジョン・エドワーズ投手(32)が24日、甲子園でのシート打撃に登板し、打者5人をパーフェクトに抑えた。実戦形式は3月20日・ヤクルトとの練習試合以来、約2カ月ぶり。万全の仕上がりでブランクを吹き飛ばすと、スタッフと距離を取り、笑顔でエアタッチした。

     「いい感覚で投げられたと思っています。攻撃的な姿勢が自分の持ち味。(仕上がりは)70~80%というところ。改善の余地というか、まだまだ伸びていくと思っています」

     快晴の下、梅野を空振り三振に斬り、近本とマルテは中飛。ボーア、サンズから連続で空振り三振を奪った。この春、磨きをかけてきたカーブでボーアのバットに空を切らせ、さらに自信を深めた。

     「自分のカーブはキュッと鋭く曲がるのが特長。カーブが有効になれば、真っすぐとスライダーが生きる。投球のレベルを一つ上げてくれると思っている」

     米テキサスで育った助っ人は最短6月19日の開幕も大歓迎だ。日本は梅雨の真っただ中だが「アメリカでもフロリダだったり、他の地域でもプレーしていたからね」とケロリ。「しっかり寝て、水分補給をして、休める時間を取るべきだね」開幕が見えてきた中、新セットアッパーに死角は見当たらない。




    全球種織り交ぜて的を絞らせない。 PJさんに匹敵するとも噂されるエドワーズさん。 ジャイロスライダーだけでなく、カーブも第3の武器としてあるとのこと う〜ん、ますますPJさんみたい☺️ ガンケルさんもスアレスさんも開幕ローテ目指して好調みたいだし 今年の助っ人投手はマジ頼りになるかも🤗🐯


    続きを読む