とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    阪神タイガース

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     「巨人4-2阪神」(17日、東京ドーム)

     阪神が巨人相手に連敗を喫し、カード負け越しが決まった。八回に北條、福留の連続本塁打が出て完封負けは阻止したが、2試合でわずか3得点と、低調な打線に兆しが見えない。

     試合は初回、先頭の近本が三塁前に転がす絶妙なセーフティーバントで出塁。2つの盗塁で三塁まで進んだが、2番の北條が見逃し三振に倒れるなど、またしてもあと1本出ず、先制機を逃した直後だった。マウンドに上がった西は1死から坂本との対戦。初球、真ん中に甘く入ったスライダーを狙われ、32号ソロとなった。

     ここまで、チームトップタイの5勝(7敗目)を挙げている右腕だが、7月2日のDeNA戦(甲子園)から、5戦連続でホームランを浴びるなど、一発に泣く展開もある。狭い東京ドームで、フェンス最前列の飛球だったが、なかなか打線の援護に恵まれない中、痛い先制点を与える形になった。

     今季20試合目の登板で、先制点を許したのは18度目。5月3日のDeNA戦(甲子園)から登板15試合連続で先制を許している。巨人戦は今季8度目の登板だったが、またしても勝利ならず4敗目を喫した。

     西は二回以降、打線の援護を待って粘投。六回は1死満のピンチを招いたが、若林を三邪飛、代打・石川を三ゴロに抑えて脱し、野手の反撃を待った。6回7安打1失点は、先発として十分な投球内容。それでも8敗目(5勝)と、なかなか勝ち星が伸びてこない。

     「先制を許してしまったことは反省ですが、内野の声掛けも含めたバックの守備、梅野のリードに助けてもらい、その力をもらってピンチの場面でも、粘って抑えることができました」

     前夜は、再三の好機で4、5、6番と主軸が凡退。矢野監督も「バッターが打たんかったから負けただけ。何とかしたらなアカンよね。俺らはプロである以上、結果で評価される」と、厳しい口調で奮起を促していた。この日、四回の攻撃前にも円陣を組むなど、現状打破の策を練ったが、結果につながることはなかった。4番のマルテは2試合連続安打だが、5番のソラーテ、6番の大山らが、チャンスであと1本出せなかった。

     苦しい試合展開が進むと、1点差で迎えた七回には、2番手の能見が3点を失った。それでも八回、北條が4号ソロで完封負けを阻止すると、福留も6号ソロで続いた。だが、反撃はここまで。4点差を引っ繰り返す力は残っていなかった。

     18日は中5日でガルシアが登板予定。今季、巨人には6勝12敗と大きく負け越している。同一カード3連敗を喫すれば、早々と今シーズンのカード負け越しも決まる。シーズンは残り31試合。まずは助っ人左腕で連敗を止めたいところだ。




    【一軍】公式戦【阪神2-4巨人】 北條、福留の連続アーチも追い上げ及ばず連敗。明日は勝利頼むで!頑張れ阪神タイガース!  http://hanshintigers.jp  #hanshin #tigers #阪神タイガース #ぶち破れオレがヤル



    @hanshintigersjp 知ってた



    @hanshintigersjp 明日は勝ってくれ😤


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     「巨人2-1阪神」(16日、東京ドーム)

     阪神は好機で2併殺と拙攻に泣き、惜敗でカード初戦を落とした。先発の高橋遥は7回4安打2失点の粘投も実らず5敗目(2勝)。7月7日の広島戦を最後に、登板5戦連続で白星から遠ざかる。

     試合は初回、初めて2番に座った木浪が右前打で口火を切った。続く福留も右前打でつないだ。今季、東京ドームの打率は・520。巨人の先発・桜井に対して、4打数3安打1本塁打と好相性を誇るベテラン。相性通りの結果でチャンスメークした。

     さらに4番のマルテはフルカウントから四球を選んで1死満塁。ソラーテにつないだ。前回、7月26日の対戦では昇格即決勝2ランを放つなど、イメージの良い球場。1-1からの3球目をきっちりと打ち上げ、三走・木浪は頭から先制ホームに滑り込んだ。

     ソラーテは7日のヤクルト戦(神宮)以来、8試合ぶりに打点をマーク。「先制のチャンスだったし、バットをコントロールして、しっかりコンタクトすることを意識して、アグレッシブに打ちに行こうと思っていたよ。初回から1点取ることができてよかったね」と振り返った。

     だが、四回。岡本に2ランを浴びて逆転を許すと、以降は再三得点圏に走者を進めながら、あと1本が出ない苦しい展開。五回、1死一、二塁でマルテが三ゴロ併殺。さらに八回だ。先頭の福留が激走で二塁内野安打を奪うと、続くマルテは10球粘って四球で出塁。続くソラーテの二ゴロの間に、1死一、三塁の同点機を作った。

     だが、ここで6番の大山が大竹のシュートに詰まらされ、三ゴロの併殺打に倒れる最悪の展開。最終回も1死二塁と得点圏に走者を置きながら後続が倒れた。

     4、5、6番でわずか1安打と、主軸のバットから快音は響かなかった。この日は7月20日のヤクルト戦(甲子園)以来、23試合ぶりに木浪がスタメン出場。近本、木浪のルーキーコンビが1、2番に座り、3番の福留も今季4度目の猛打賞と気を吐いたが、勝利にはあと1歩届かなかった。

     17日の第2戦は西が先発する予定。今季ここまで巨人には6勝11敗と、大きく負け越しているだけに一矢報いたい。




    【一軍】公式戦【阪神1-2巨人】再三の好機を活かせず接戦を落とす。しっかり切り替えて明日は頼むで!がんばれ阪神タイガース!  http://hanshintigers.jp  #hanshin #tigers #阪神タイガース #ぶち破れオレがヤル



    @hanshintigersjp ええ加減遥人援護しろクソ打線



    @hanshintigersjp 今日の大山の戦犯レベル過去最高に高い



    @hanshintigersjp 再三の好機を活かせず敗戦って、いっつも見てるような



    @hanshintigersjp なんかやることあったやろ?


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1



    ずっと大好きな、永遠のヒーロー✨ pic.twitter.com/aYLzDVu0qo



    良太さんお誕生日おめでとうございます❕🎂🎉


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     阪神が14日の中日戦(ナゴヤ)を6―3で逆転勝ち。3位広島に4ゲーム差とした。矢野燿大監督(50)は3点を追う5回二死走者なしから先発・秋山を早々に見切って代打・木浪を投入するとこれが大当たり。木浪の右前打から怒とうの6連打と打線がつながり、一挙5得点の猛攻で試合をひっくり返した。執念が実った指揮官は「木浪がラッキーボーイ的な存在になってくれた。3点取らないと勝つことはない。(選手をベンチに)残していても仕方ない」と5回の攻撃を振り返った。

     残り33試合で首位・巨人とは8・5ゲーム差。逆転Vは絶望的ともいえる状況だが、チーム関係者は「監督は『今年は何が起こるか分からない。諦める状況ではない』とまだまだ優勝を見据えている」と明かす。就任1年目ですでに続投が内定している身であれば、来季を見据えた采配にシフトチェンジしてもおかしくはない。しかし、今年のセ・リーグは前代未聞ともいえるほど各チームが大型連勝、大型連敗を味わう乱戦。そのためまだ“ワンチャンあり”と見ているのだ。

     守備に難があり賛否がある新助っ人ソラーテを多くの試合で先発起用するのも、開幕からかたくなに4番で起用してきた大山の打順降格もすべては今季の逆転Vのため。16日から敵地で巨人3連戦を迎える阪神だが、宿敵を倒して弾みをつけるつもりだ。 




    ベイスターズ落ちてきたな 横浜と争うなら ワンチャン阪神CSある



    阪神強いわけではないけど 横浜と広島がまた落ちてきたからワンチャンAクラスあるよ



    カープもベイスも優勝するまでにはいかない感じだな あとはどっちかが崩れてきてくれれば阪神にも3位に入るワンチャン


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     「中日-阪神」(14日、ナゴヤドーム)

     阪神が五回、猛虎魂の底力を見せる。2死走者なしからの6連打で一挙5得点。3点ビハインドだった劣勢ムードを振り払い、逆転に成功した。

     3点を追う五回だった。四回までわずか2安打。そしてこの回も、簡単に2死走者なしになった。矢野監督が先発・秋山に代えて、代打を送った。積極的な攻めの姿勢。期待を一身に背負った代打・木浪が大きな反撃の起点となった。

     ここまで抑え込まれていた中日先発・山井から右前へとはじき返すと、劣勢だったムードは一変した。続く1番・近本が中堅頭上を越える適時二塁打で、一走・木浪も一気にホームへ。近本が今季124安打目を放ち、虎の新人コンビ・きなちかが“復活”した。

     さらに北條も適時二塁打で続き、福留が懸命な走りで内野安打をもぎ取った。そしてマルテが4番として、初の適時打を放つ。真ん中に甘く入ったスライダーをはじき返すと、同点とした。

     中日・山井を攻略する電光石火の5連打。中日ベンチも、三ツ間へとスイッチしたが、6番・大山がこの勢いを加速させた。2死二、三塁から、見事変化球を狙い打ち。中前へとはじき返すと、二走・マルテもヘッドスライディングでホームへとかえった。2死からの鮮やか5得点。24イニング無得点と、苦しみ続けた猛虎打線が意地を見せた。



    3点を追う5回表 大山悠輔 2点タイムリーヒットで逆転 この回一挙5点!!! https://t.co/jdh2yh1NYZ



    てか見る気失せてたら知らん間に一挙5点で逆転しとるし(笑)



    阪神打線が6連打で一挙5点とか22打席ヒット無かった木浪がホームランとかそら台風も来るわな しかもナゴドやぞ


    続きを読む

    このページのトップヘ