とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    金本知憲

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: あちゃこ ★ 2018/01/15(月) 17:37:34.84 ID:CAP_USER9
     阪神・金本知憲監督が15日、プレーヤー表彰で野球殿堂入りし、都内で行われた殿堂入り通知式に出席した。現役時代は広島、阪神でプレー。21シーズンで2578試合に出場し、2539安打、
    476本塁打、1521打点をマークした。

     98年から2011年まで1766試合連続出場。99年から10年まで、大リーグ記録を上回る1492試合最多連続試合全イニング出場を達成し、“鉄人”と呼ばれた。

     通知式でのスピーチ全文は以下の通り。

     「昔、野球を始めた時にある人から、野球というスポーツはきりがない。プロ野球に入ること、レギュラーを取ること、そして名球会、その上に殿堂入りというものがあるからと。そこまで向かって頑張れよ、
    と言われたことを今日思い出しました。こんな僕がこういう賞を頂いていいのかな。年齢的にもまだ若いし、本当に恐縮しています。

     まだ現役の監督をやっていますけど、この殿堂入りという賞を頂いて、ホッとせず、また野球界のためにもできることがあれば協力していき、野球界の発展のために頑張っていこうと思います」

     報道陣との一問一答は以下の通り。

     -今の心境。

     「驚きと喜びが本当に交錯しています。どちらかというと、恐縮する思いの方が強いです」

     -1年目での殿堂入りは

     「それが僕であっていいのかな。純粋に。自分よりプロ野球界に貢献された方、実績を残された方はたくさんいると思うんですけど。本当に僕でいいのかなと正直に思います」

     -連続フルイニングの記録も讃えられた。

     「フルイニングを目指して記録を作ろうとやってきた訳ではない。日々、毎日試合に出なくてはいけない。数字を残さなくてはいけない。休んではいけない。その連続、結果がたまたま記録になっただけ。
    目指した記録ではない。そこを評価して頂いたのはうれしく思います」

     -けがをしない理由は。

     「一番はその時の責任感じゃないですか。チームのために試合を抜けられないという思いでした」

     -印象に残っているシーンは。

     「いっぱいあるんですけど、広島時代で言うと、連続無併殺記録。タイ記録、新記録の時、なぜか一塁にランナーがいて。ランナーがいなかったら自動的に更新するんですけど、なんでタイ記録と新記録で
    ランナーが一塁にいるんだろうと。そこでヒットとホームランが打てた。笑い話のような、自慢のような…。タイガースに来てからは日本シリーズのホームランですかね。甲子園球場が一番沸いたというか、
    あの日が一番、拍手喝采を浴びた日じゃないかと思います」

     -恩師の星野さんへの思いは。

     「去年、星野さんが選ばれて、入れ替わるように自分が。本当に選ばれましたという報告がしたかった。残念です。本当に。もう70歳でかなり丸くなられてるんで、おそらく優しい言葉をかけて頂いたかなと思います」

     -今シーズンへの思いは

     「監督就任して3年目ですし、もちろん結果はほしいです。内容もほしい。両方を追い求め、当初の志を強く持ったまま、ぶれずに強いチームを作って優勝したいと思います」


    456


    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180115-00000103-dal-base

    引用元: ・【野球】阪神・金本監督が殿堂入り「星野さんに報告がしたかった」

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: あちゃこ ★ 2018/01/06(土) 17:04:38.64 ID:CAP_USER9
     阪神・金本知憲監督が6日、西宮市内の球団事務所内で報道陣に対応。4日に膵臓癌で亡くなった楽天・星野仙一球団副会長に関して、沈痛な面持ちで口を開いた。

     「私も昨日の夜遅くにちょっと噂を聞きまして。朝、正式に聞くまでは、ウソであってほしいなと思いながら、夜中、何回も目が覚めたりしたんですけど。
    いまだに受け入れられないという感じはありますね」

     突然の訃報の衝撃で戸惑いを隠さなかった。金本監督にとっては、恩人と言える存在。02年にFA権を取得した際、熱心に口説かれて広島から阪神移籍を決断した。
    「根気よく、執念を持って僕のことを説得して、嫌がる僕を強引にという方が近いですけど、本当のそのおかげで僕も2回優勝させてもらって」。03年に星野監督の下で
    18年ぶりのリーグ優勝を経験し、日本一にもあと一歩に迫った。

     「星野さんが監督をやってなかったら、2003年も2005年もまず優勝はなかったと思いますし。そういう意味で僕も2回も優勝させてもらって、本当に
    いい思いをさせてもらったのは星野さんのおかげだと思ってますし、僕の中では関西の父親代わりみたいな方でしたね」

     昨年12月1日に大阪市内で催された星野氏の殿堂入りを祝う会で会ったのが最後。その時、03年の優勝メンバーで共に壇上にあがった。その会で星野氏は
    「もう2年ぐらい(優勝は)待ってください」と呼びかけていた。その言葉に、優しさを感じていた。

     「周りのファンのため…僕のためにね、あまり急がせるなと、もっともっとと急がせるよりは、あと2年という期間を口で言ってくれて、どっしりやれよという
    メッセージだなと僕はそう思ってます。僕ら現場は、1年1年が戦いで勝負なわけですけど、そこを大きな心で、僕をかばうつもりで、2年というのを出してくれたんじゃ
    ないかなと思います」

     監督就任3年目の幕開けと共に飛び込んできた悲報。今はまだ受け入れられないが「お別れというか、感謝しかないですけど、これから見守っていって
    ほしいなと思います」と、星野氏の思いを受け継ぎ、戦っていく。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180106-00000113-dal-base
    no title

    引用元: ・【野球】阪神・金本監督、星野氏の訃報に戸惑い隠せず「いまだに受け入れられない」

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: きのこ記者φ ★ 2018/01/03(水) 09:44:16.74 ID:CAP_USER9
    阪神・金本知憲監督(49)と片岡篤史ヘッド兼打撃コーチ(48)が新春夢対談。
    現役時代から信頼を寄せ合う2人が、監督とヘッドコーチとしてタッグを組んで臨む2018年シーズンに思いをはせた。
    18年ぶりのリーグ優勝を決めた03年のチームを理想に掲げ、「執念」で05年以来の頂点へ駆け上がる。まずは前編を。

    -あけましておめでとうございます。今年は片岡コーチがヘッド兼任となる。金本監督が期待するところと求めるものは?
    金本監督(以下金本)「改めて期待することはないですね。今まで通り、豊富な練習量と明るさと厳しさを両方、出してくれれば。
    ヘッドコーチになるので、今までは打撃だけを見ていればよかったと思うけど、仕事は増えると思うよね。
    守りとか走塁とか、ピッチャーのことも全部関わってくる。そこらへんはやってくれると思っています」

    -片岡ヘッドはどういう意識で。
    片岡ヘッド兼打撃コーチ(以下片岡)「ヘッドという仕事は初めてなので、具体的にどうしていくかは分からないですけど、
    打撃だけじゃないというところで、やっぱりピッチャーとかを見るのはすごく新鮮ですよね。高代さん、平田さんと経験豊富な
    コーチの方もいらっしゃいますし、そこでみんなの知恵を出してもらって、チームがいい方向に進むようにやっていきたいと思います」

    -以前から野球観が同じという話をしていた。
    金本「そうですね。矢野2軍監督も含めて、野球はグラウンドでピリッとやらないといけない。かといって暗くなってもいけないし。
    ピリッとした緊張感の中で明るさであったり、勝負に対する執念だったりとか、勝つ喜びとか。それを分かち合えるスタッフだと思っています。
    そういう意味で野球観は一緒ですよね」

    -「執念」というスローガンで、チームに一体感を持たせたいという話があった。03、05年の優勝時の一体感はどうだった。
    金本「本当に2003年はそういうメンタル、勢いだけでと言うかね。そんなに戦力はなかったと思うんですよ。みんなが奇跡的な数字を残してね(笑)。
    安藤もセットアッパー1年目で、何も経験がない中で奇跡的な活躍で八回を任されて、その次はウィリアムスですよね。
    あとは伊良部が日本帰って1年目だとか、野手では今岡、赤星、藤本、矢野、みんながキャリアハイっていうね。
    勢いというか、メンタルでワーッと行くぞみたいな優勝だった」

    (続けて)
    「2005年はどちらかと言えば豊富な戦力、安定した勝ち方だった。序盤でリードして終盤はJFKが出てきて勝つみたいな。
    ドラマチックさはなかったですね、2005年は」

    -理想型は03年型のチームか?
    金本「今のチームはまだ、2005年のようなドシッとした野球はできないと思いますね。だからこそメンタルが必要なんですよ」
    片岡「やっぱり2003年は緊張感がありましたよね。ゲーム差は2位とすごく離れてはいましたけど、チーム全体に緊張感が
    最後の最後まであった。そういうことが今のチームに必要だということは監督も思っておられるので。
    さっき言ったように今の時代はそれだけではダメだし、いいところを伸ばす明るさも大事だし。そういうところをバランスよくやっていかないといけない」

    10


    https://www.daily.co.jp/tigers/2018/01/03/0010865779.shtml

    引用元: ・【プロ野球】阪神・金本監督&片岡ヘッド新春対談 「2003年のチームが理想型」

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2018/01/01(月) 18:22:47.63 ID:Gj5QVKKPa
     -今オフの動向を聞きたい。日本ハム中田をFA補強するという報道が盛んだった。実際に補強を考えことはなかったのか

     金本監督 ないね。外国人の関係とか若手にポジションをね。育てて勝つのが大前提にあるので、基本的に消極的だった。

     -足りない所を補強すると言っていた

     金本監督 去年糸井を取ったように取る時は取りますよ。就任の時から常々、若手に言っている。「チャンスはやる、ダメなら補強する」。中谷が出始めてその前は高山。大山もね。芽を摘むわけにはいかない。

     -補強に動かなかったのは、中谷や大山の存在が大きかったのか

     金本監督 大きいね。野手のレギュラーが鳥谷以降はゼロの状況があった中で、作っていくのがあった。

     -監督の立場では、補強の誘惑があるのでは

     金本監督 そりゃ、簡単じゃん。簡単ですよ、補強して勝つのは。でもチーム改革、変革にはならない。なぜ僕が就任したかというと、そこを任されているわけだから。だからこそ、小野や青柳を辛抱強く投げさせた。そこらへんを(選手も)理解してほしい。

     -就任から監督がブレないことを大事にしている

     金本監督 僕がブレたら選手もブレる。コーチもブレる。一貫して、就任した時と志は変わっていない。

     -それだけ層が出てきた

     金本監督 そこらへんの底上げは出てきたけど、まだまだ大山も中谷も高山もレギュラーではない。

     -3年契約を結んだと聞いたが

     金本監督 契約年数は秘密よ。


    10


    https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/201801010000423_m.html?mode=all

    引用元: ・金本(49)「契約年数は秘密よ」

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2017/12/26(火) 13:13:53.40 ID:qutGPDDPa


    no title

    no title

    引用元: ・金本監督「最近ハイヒールが似合う感じになってきた」

    続きを読む

    このページのトップヘ