とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    藤川球児

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇セ・リーグ 阪神2-1巨人(2020年7月9日 甲子園)

     阪神は今季初めての甲子園で20年版「勝利の方程式」の面々がそろい踏みした。0―0で迎えた7回。力投のガルシアからバトンを受けた岩崎が、瞬く間に仕事を果たし流れを呼んだ。

     「ガルシアが頑張ってくれていましたし、ゼロで次につなぐことができて良かった」

     大城、増田大を1球で仕留めるなど3人をわずか7球で料理。開幕戦で吉川尚に逆転2ランを被弾して以来となる巨人戦登板でやり返すと、直後の攻撃でボーアの先制2ランが飛び出し今季初勝利が転がり込んできた。

     そして、自慢の直球で出色のパフォーマンスを披露したのは8回に登板したスアレスだ。先頭・吉川尚に対して157キロを計測すると、2死から岡本への3球目に160キロをマーク。17年のドリス以来、球団3人目となる大台に到達した。その後、宿敵の4番を最後は144キロのスプリットで空を切らせて3球三振。打たれる気配は皆無で2番からの3人を圧倒し「前のピッチャーがみんな頑張っていたし、勝っている展開でつないでくれて気合も入った。コントロール良く抑えることができた」と振り返った。

     9回、つないできたバトンを受け取ったのは藤川。今季から本拠地での登板時に流れる日米通算250セーブへの演出映像に送り出されマウンドへ。2死一、三塁から亀井に右前適時打を浴びて1点差に詰め寄られるも、最後は石川を右飛で今季2セーブ目。節目の記録へあと5と一歩進んだ。「内容が本当に良くないですが良くなるように努めていきたい」と前を見据えた。

     今季初めて勝ちパターンの3人が勝利、ホールド、セーブをそろって記録。有観客試合に臨むにあたって、藤川は最後に言った。「現状で自分も含めて、ファンの方々を納得させられる投球ができていませんが、必ず納得させられるような投球ができることを約束してやっていきたい」。虎党の声援も追い風に、ギアを上げる。(遠藤 礼)




    トミージョン手術後3年経過してちょうど完全な状態に戻ったころに獲得できたのかな。思ってた以上にえぐい球投げてる。 阪神・スアレス160キロ&岩崎3人斬り 盤石投球で藤川につないだ  https://news.yahoo.co.jp/articles/c982f059cbcda5f60fb07a46e13834d6b38feb5d 



    7回小川or望月 8回岩崎優 9回スアレス 今の状況なら藤川は岩崎とスアレスの控え


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    ◆JERAセ・リーグ公式戦 阪神2―1巨人(9日・甲子園)

     阪神・藤川球児投手(39)が今季2セーブ目を挙げ、日米通算セーブを245に伸ばした。松坂世代初の名球会入りとなる日米通算250セーブにあと5セーブと迫ったが「内容が本当に良くないですし、自分の中でも反省するところがある。そういう(守護神)ポジションなので、どんどん良くなるように努めていきたい」とコメントに自戒を込めた。

     藤川は2点リードの9回のマウンドに上がると、先頭・中島をストレートの四球で歩かせた。2死から大城の右前安打で一、三塁とされると、代打・亀井の右前適時打で1点差に迫られた。最後は代打・石川を右飛に仕留め、甲子園開幕を白星で飾ったが、本人は納得がいかなかったようだ。

     名球会入りがカウントダウンに入り、10日のDeNA戦からは有観客での試合となる。ここまで防御率は12・27と苦しんでいるだけに「現状、自分も含めて、ファンの方々を納得させられるような投球ができていませんが、必ず納得させられるような投球ができることを約束してやっていきたい」と火の玉ストレートで相手打者をねじ伏せる活躍を誓った。




    藤川球児39歳にショックを受けてしまった



    藤川球児の調子が良くない。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <阪神2-1巨人>◇9日◇甲子園

    阪神藤川球児投手(39)が今季2セーブ目を挙げ、日米通算250セーブまであと5とした。

    2点リードの9回にマウンドへ。先頭の中島に四球を与えるも、続く重信を134キロフォークで空振り三振。パーラを初球の146キロ直球で三邪飛に打ち取った。その後2死一塁から大城に右前打、2死一、三塁から亀井の右翼への適時打で1点をかえされたが、最後は石川を133キロフォークで右飛。今季甲子園初戦での白星を守り抜いた。

    藤川はこの日、今季初セーブを挙げた6月27日DeNA戦(横浜)以来4戦目の登板だった。




    藤川しゃんやったぁ✨😍✨ 2セーブ目❤️ #阪神タイガース



    甲子園での初戦勝ったで~(^▽^)藤川球児ヒヤヒヤでしたが243セーブ(日米通算245セーブ)達成!ボーアもナイスHRでした(笑)阪神2-1巨人(試合終了) #hanshin


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    守護神とともにチームも上昇だ! 阪神は8日に予定された甲子園開幕の巨人戦が7日に続いて雨天中止となり、再び9日に仕切り直し。日米通算250セーブまであと6に迫る藤川球児投手(39)は、3戦連続の中止を「準備期間」と捉え、ここから自身の状態は上向くと予告した。頼もしいクローザーが聖地初戦のマウンドに万全で上がる。

       ◇   ◇   ◇

    まさかの3日連続試合中止にも、藤川のプラス思考は揺らがなかった。「じっくり調整させてもらっていますね。自分自身の中でもいい準備期間になっています」。これで11日も登板間隔が空いたが、調整期間として前向きにとらえた。

    今季ここまで3試合に登板。初登板の6月23日ヤクルト戦は1回2安打1失点。同25日の同戦も1点リードの9回にマウンドに上がったが、2死一、二塁から西浦にサヨナラ3ランを浴びた。「悔しいし、絶対にやり返します」とリベンジを誓い、同27日DeNA戦はサンズの3ランで逆転した直後の9回に登板。2死満塁のピンチを招くも、粘りの投球で無失点に抑え今季初セーブ。日米通算250セーブまであと6とした。

    自身の状態について、39歳のベテランは冷静に分析する。「まだ14試合しか消化していないですし、時期としては7月ですが、本来の試合数であればまだ4月序盤ですし、感覚としては、まだまだここから状態は上がってくると思うので1日1日しっかりやっていきたいです」。昨季は7月下旬に2軍降格したドリスに代わって守護神の座に就き、16個のセーブを積み重ねた。チームは4勝10敗で開幕から最下位に沈むが、ここから接戦をものにし、守護神とともに上昇したいところだ。

    3試合連続の中止により9、10月の予備日に試合が組み込まれた場合、2度の13連戦を戦う可能性も出てきた。そんな異例のシーズンにも藤川はペースを崩さない。「オーバーペースになりすぎないように気をつけながら、自分に出来る限りのことを精いっぱいやっていきたいです」。10日からは観客を入れた試合も開始される。経験豊富な守護神につないで、聖地で白星を積み重ねたい。【磯綾乃】




    阪神藤川プラス思考「じっくり調整」中止は準備期間  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202007080001114.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp  さすがは球児さん。 焦る事なく冷静に捉えていますね☺️🐯



    藤川球児も、戦力外間近だったけど今や名球界入りまで登り詰め… 上原だって、先発で不振だったけどクローザーで復活してそのままメジャー行き大活躍して100勝100H100Sの偉業… 堂林も、時の人になりかけたけど不死鳥のごとく再起して… 野球って、本当1つのきっかけで変わる恐ろしいスポーツ🤔


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     【トラとら虎】

     開幕ダッシュに失敗した阪神に、ダブルストッパー案が浮上してきた。球団OBは「厳しいコロナ日程を考えれば、藤川ひとりに頼るのは危険すぎる。早く手を打つべき」と進言する。

     発案のきっかけは、藤川球児投手(39)が25日のヤクルト戦(神宮)で、西浦に浴びた痛恨の逆転サヨナラ弾。それでも矢野監督は「これからも(抑えで)いってもらう」と、全幅の信頼を寄せるが、関係者の間では来月40歳を迎える高齢ストッパーのマウンドを案じる声がキャンプからあった。

     「火の玉といわれた150キロ台の速球を望むのは、もう無理。球威で圧倒できなければ、制球力が求められるが、元々甘い。ヤクルト戦ではその欠点を突かれた」と先のОBは指摘する。そういえば今季初登板の23日の同カードでも4点リードの9回、ピシャリといかず、長短打を浴びて1点を失い、周囲に不安を抱かせた。

     いま、救援陣で一番安定しているのは、今季ソフトバンクから移籍してきたロベルト・スアレス投手(29)である。役目は藤川につなぐ8回のセットアッパーで、25日現在、2試合に登板、無失点。最速156キロの剛球を勝負球にしており、「あの球威なら抑えも務まる」と関係者の間で評価は高く、にわかに藤川との併用案が浮上してきたというわけだ。

     「阪神が一度だけ日本一になったとき(1985年)は、山本和、中西のダブルストッパーが一つの売りだった。まねしろというつもりはないが、藤川の疲労の蓄積を防ぐ意味でも2人制は効果がある」とも先のОBは推奨する。

     矢野監督も高らかに優勝宣言している以上、一考を要する新手の打開策ではないか。(スポーツライター・西本忠成)




    抑えもだけどそこに繋ぐまでが不安定。スアレスが二人欲しい。 欠点突かれ球児被弾! 阪神、ダブルストッパー案浮上(夕刊フジ) - Yahoo!ニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/7a4b87e9af22c678a11318e2417d91684b455533 



    欠点突かれ球児被弾! 阪神、ダブルストッパー案浮上 #産経プラス 去年ほどの球威も無さそうだしそれもありだな🤔  https://www.zakzak.co.jp/spo/news/200628/bas2006280001-n1.html 


    続きを読む