とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    藤川球児

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

    ◆日本生命セ・パ交流戦 オリックス6―4阪神(14日・京セラドーム大阪)

     藤川の19試合ぶりの失点で手痛い逆転負けを喫した。

     先発の西が、古巣相手に7回までロメロの2ランだけに抑える快投。しかし、8回先頭から3連打を浴びて1点差とされ、1死二、三塁で藤川に託した。藤川は2死満塁までこぎつけたが、暴投で同点に追い付かれると、西野に右越えの勝ち越し2点三塁打で力尽きた。西は8回途中5失点で、6敗目となった。

     藤川は「何十回、何百回と結果を出しても、1回ダメなら責任を負うポジションに変わりはない。明日以降、チームとしても自分としても強くなるのが大事」と強調した。矢野監督は「みんな一生懸命やってくれた結果やし、勝負しているんやから。それが、勝ったり、負けたりいろんなことが起こりうるから。それは受け止めていかんとあかんと思う」と前を向いた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190614-00000317-sph-base



    【一軍】交流戦【阪神4-6オリックス】 8回裏 勝ち越しを許す 投手:藤川 打者:西野 結果:ライトオーバー2点タイムリースリーベースヒット  http://hanshintigers.jp/  #hanshin #tigers #阪神タイガース #ぶち破れオレがヤル



    @hanshintigersjp 継投遅すぎ 勝てる試合何試合落としたらいいの?



    @hanshintigersjp もう、アカンて😭 PJさんいたら8回から投げられたのにな😖⤵



    @hanshintigersjp オリックスには負けたくねぇ〜


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/06/12(水) 06:32:11.04 ID:7ZUrxMtX9
    ◆日本生命セ・パ交流戦 ソフトバンク2―2阪神=延長12回引き分け=(11日・福岡ヤフオクドーム)

    ありったけの力を込めた。同点の延長10回2死二塁。明石に対しての11球目は148キロ直球。
    バットに空を切らせると、力強くほえた。1回3K、全て直球で空振り三振。
    1四球だけの無失点で、NPB史上7人目の通算150ホールドを達成した。

    「(ホールドは)できて浅い(96年にパで制定)んでね。昔からもっと優れたリリーフの方がいた」と謙遜したが、
    150セーブ&150ホールドはNPB初の快挙(Dバックス・平野が日米通算160セーブ、176ホールド。
    藤川はメジャーで2セーブ、1ホールド)。火の球右腕に新たな勲章が加わった。

    今季は4月6日の広島戦(マツダ)で1イニング2被弾で3失点。自ら2軍での再調整を申し出た。
    通常、甲子園のロッカーには荷物を残したままにしておくが、一度、全て運び出した。
    決意のリスタートだった。ファームでは低い球筋での遠投を繰り返し、ストレートのキレを取り戻した。
    再昇格後は本拠地でのナイターの日でも午前11時に球場入り。
    入念な準備で18試合、19イニング連続無失点と結果を出し続けている。

    チームは9回に追いつかれたが、今季3度目の引き分け。2位・巨人にゲーム差なしとした。
    体調不良のジョンソンが不在のブルペン陣を、38歳が支えている

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190612-00000001-sph-base
    6/12(水) 6:16配信

    3: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/06/12(水) 06:34:46.87 ID:FEZ41OEo0
    松坂世代最後の将

    14: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/06/12(水) 07:55:45.26 ID:NJsIDUIy0
    まだ150キロ出せるんだ…

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1560288731/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

    <日本生命セ・パ交流戦:ソフトバンク2-2阪神>◇11日◇ヤフオクドーム

    阪神は「日本生命セ・パ交流戦」のソフトバンク戦で延長12回の激闘の末、引き分けた。矢野燿大監督(50)は4回、就任後初のスクイズを北條に命じて決めさせるなど小技も駆使して主導権を握った。だが9回に先発メッセンジャーがあと1人から同点とされた。だがリリーフ陣が踏ん張り、ドローに持ち込んだ。

    阪神が誇るリリーフ陣が、執念の継投で引き分けに持ち込んだ。先陣を切ったのは藤川球児投手(38)だった。1回1四球3三振と流れを断ち切って球団初、史上6人目の通算150ホールドを達成。「トップクラスに興味がない。クローザーもやっていたし、自分の中では価値観は無い」と記録には無関心だったが、大きな仕事を果たした。

    2-2の同点に追いつかれた10回。先頭の3番グラシアルを148キロ直球で空振り三振に仕留めると、炎のストレートは熱さを増した。4番デスパイネは四球で歩かせたが、5番松田は148キロ直球で空振りの3球三振。6番明石には10球粘られたが、最後は148キロ直球で空振り三振に仕留めた。ソフトバンクの強力な主軸を相手に真っ向勝負で3アウトは全部空振り三振。2軍再調整を経て最昇格した4月27日の中日戦から18試合連続無失点と、この日も安定感は抜群だった。

    11回はリーグ最年長投手の40歳のベテラン、能見がしのいだ。1死一塁の場面で、この回から登板していた小野に代わりマウンドへ。犠打と申告敬遠で2死二塁、迎えた高田を148キロ直球で投ゴロに打ち取った。「何とかみんなでつないでいけたらと思っていた。これからもみんなで助け合っていけたら」。最終回はドリスが暴投で無死三塁のピンチを招くも、後続を抑え切り抜けた。

    矢野監督も必死につないだ左右の両ベテランを労った。「(藤川は)よく投げてくれてるしね。能見もランナー出てから。みんな本当にピッチャーがよく頑張ってくれている」。ブルペンを支えていたジョンソンを欠いた状態だが、リリーフ陣はこの日も無失点。執念リレーが演出した激闘ドローだった。【磯綾乃】

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190612-06111265-nksports-base


    藤川、史上初「150セーブ&150ホールド」(読売新聞オンライン) - Yahoo!ニュース おめでとう!!まじで嬉しい  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190612-00050012-yom-base 



    今でもよくわからないんだけど球児さん150ホールドと200ホールドポイント達成したのに全くニュースにならんのはなぜ?自分が間違えてるかと思ったけど達成してるよね?なんで?



    今日は阪神いい試合だったなーこんなの見られるとはねー福留さん球児さん能見さんが熱くやってるのがいい!


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2
     ◇交流戦 阪神4―3日本ハム(2019年6月9日 甲子園)

     阪神・藤川が、初対戦した日本ハム・清宮について熱い口調でポテンシャルの高さを認めた。

     今季初のイニングをまたいだ9回の先頭打者で対戦。2球目に投じた内角高めの148キロ直球で詰まらせ二飛に仕留めた。試合後、報道陣から清宮の印象を問われると「あと何年できるから分からないけど、新しい(新世代の)選手で1回、勝負したかった。ボールの見極め、バットの出し方が違う。間違いなくすごい選手になる。確信してる」と絶賛。

     対戦前から注目して映像で打席も見ていたことを明かし「(登板前の)ブルペンでは、20年見てきた中で一番と言っていた」と目を輝かせた。この日は2球で終了。交流戦での対戦は無くなり「2、3点差なら全球ストレートでいきたかった」と心を揺さぶる存在であることを強調した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190609-00000203-spnannex-base




    藤川球児ファンとしては対清宮の感想より「あと何年できるかわからないけれど」って言葉🥰 球児まだ現役来年もその先も続けてくれる気持ちなんだね\( ˆoˆ )/💕 阪神・藤川 清宮を絶賛「間違いなくすごいバッターになる」― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/06/09/kiji/20190609s00001173345000c.html 



    藤川球児、清宮幸太郎を「(プロ生活)20年の中で一番凄い打者」と絶賛。 相当な威圧感を感じたのだろう…!


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2
    <阪神3-2ヤクルト>◇22日◇甲子園

    阪神が接戦をモノにして連勝を飾った。これで貯金2。日刊スポーツ評論家の桧山進次郎氏は、7回に登板した藤川の21球による無失点投球を勝敗の分岐点に挙げた。

        ◇   ◇   ◇   

    阪神にとっては連夜の1点差勝ちになりました。派手に打って勝つというより、粘って、粘って、最後は競り勝つというのが、このチームの勝ちパターンだと思っています。

    なかでも「さすが」と思わせたのは、7回の1イニングを無失点に抑えた球児(藤川)の21球でした。ヤクルトが上位打線に回ってきたところで、ゲームの流れを引き寄せた形でした。

    同点の7回。1死から坂口、青木の連打で一、二塁。続く山田哲、バレンティンを連続の空振り三振にとるわけですが、相手打者からすれば、1球も打てる球はなかったといえます。

    7回裏の攻撃では、3番糸井の適時打で勝ち越した。その前の3打席はチャンスに凡退しましたが、あそこで1本が打てるところが、ベテラン糸井の真骨頂です。

    続く4番大山は左前打で左翼手バレンティンの拙守をみて三進し、糸井が長駆ホームイン。相手のスキを突いた当たり前の判断をした走塁だったとはいえ、常にこういった姿勢を積み重ねていくことが必要です。(日刊スポーツ評論家)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190522-05221160-nksports-base



    きっちり仕事を果たす、さすがベテランですね! 阪神・藤川、勝利呼ぶ好救援「梅野がしっかり配球してくれた」 - SANSPO.COM  https://www.sanspo.com/baseball/news/20190522/tig19052222470027-n1.html  @sanspocomさんから


    続きを読む

    このページのトップヘ