とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    藤川球児

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


    阪神藤川球児投手(39)が若手にゲキを飛ばした。室内で行われた試合前練習。キャッチボールなどで汗を流した守護神は、残り24試合の戦い方を熱く訴えた。


    藤川 緊張感の持ち方ひとつで戦い方が変わると思う。優勝争いをしているつもりで戦ってみることで、どういうプレーが生まれるかとか、チームにとっていい勉強になると思う。

    チームは逆転CSを目指して奮闘中。だがもっともっと緊張感を高め「優勝争いしているつもりで」戦うことができる絶好のチャンスとみていた。1ランク上のステージを想定して戦う経験が来季以降、シビれる場面で生きるとの考えだ。

    藤川 チーム自体が若いので来シーズン以降、ジャイアンツと競ってこの時期が来ていたらということを考えると、気持ちも上がると思う。そういうメンタリティーで、精神状態を知っておくことは重要になる。

    7月後半から守護神を任され、登板10試合で9セーブ。救援失敗は1度もない。NPB234セーブはソフトバンク・サファテと並ぶ現役最多だ。言葉と結果で引っ張る藤川に矢野監督は改めて信頼を口にした。

    矢野監督 球児も自分がどうなろうが、チームのためになることを体現してくれている。いつも頼りにしているけど困れば困るほど、頼る部分は出てくる。本当に心強い。

    藤川 シーズンの終わりはより強く終わることを意識している。強く最後の一歩を踏むことは、チームとしても大事なこと。

    阪神の優勝は05年が最後。歓喜を知る現役は藤川と鳥谷の2人だけになった。だからこそ伝えたい。強い気持ちで、残り試合を駆け抜ける。【奥田隼人】





    岩崎 防御率0.78 WHIP0.69 PJ 防御率1.17 WHIP0.87 藤川 防御率1.67 WHIP1.19 ドリス 防御率1.77 WHIP0.76 島本 防御率2.17 WHIP1.01 贅沢すぎるわ 欲をいうなら右の若手でこのクラスがでてきてほしい



    岩崎、ジョンソン、藤川、島本、ドリスの防御率すごいな 優勝争いしててもおかしくないブルペン勢だな


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1


    ◆ 白球つれづれ2019~第34回・39歳の守護神

     阪神がここへきて元気だ。先週1週間の戦いは5勝1敗で2位のDeNAと3.5ゲーム、3位の広島とは3ゲーム差。(26日現在、以下同じ)優勝はともかくクライマックスシリーズ進出には虎党でなくても「ひょっとして?」と思う位置につけている。

     この夏の陣の立役者は39歳のストッパー・藤川球児である。7月下旬に不調の守護神、R・ドリスに代わって中継ぎから昇格すると10戦で9セーブ。今月24日のヤクルト戦で最終回に登板するとあっさりと3人で料理、その投球内容も17球中、15球がストレートで2奪三振と、安定感は群を抜いている。今季9セーブ目は通算234セーブとなり、ソフトバンクのD・サファテと並ぶ現役最多記録でチームの5連勝に花を添えた。


    ◆ あれは火の玉や!

     藤川の代名詞と言えば「火の玉ストレート」。全盛期の球速は156キロを計測したが、現時点では150キロに届かない。それでも今季の奪三振率は「13.40」と驚異の数字を残している。ちなみに同部門のリーグトップはセ・リーグが山口俊(巨人)の10.10で、パリーグは千賀滉大の11.54。もちろん長いイニングを投げる先発と、ほとんどが1イニング限定のストッパーとは条件が異なるとはいえ、藤川が未だに三振にこだわり、三振を奪える投手であることに変わりはない。

     「あれは火の玉や!」藤川の名を一躍とどろかせたのは、2006年のオールスターゲームのことだった。すでに球界のスーパースターの地位を築いていた清原和博と全球直球勝負。バットにかすりもしない快速球を目の当たりにして清原が驚いた。過去の球史を紐解いても藤川より速いボールを投げた投手はいくらもいる。現在の藤川のストレートは快速球とは言い難い。それでいて、なぜこれだけの数字を残せるのか?

     すべては、その球質にある。野球界では「ホップする」と表現される浮き上がるストレート。かつて、広島は藤川対策として「見た目よりボール1個分、上を振れ」とチームで指令を出したという逸話が残る。ボールに対して人差し指と中指を少し離して投げるのがストレートの一般的な投げ方だが、藤川の場合は二本の指を密着させる独特の握り。これで、よりボールに力を加える。

     さらに投球板からホーム方向に踏み出す足が一般的な投手より半足から1足分広いのも藤川の特徴、出来るだけ前でボールをリリースすることで「球持ちの良さ」が加われば打者にとっては数字以上の速さに幻惑される訳だ。


    ◆ 松坂世代のひとり

     1998年のドラフト1位。世で言う「松坂世代」の一員だが、入団当初は茨の道が待ち受けていた。虚弱体質でファームでも走り込むことからスタート。浮上のきっかけは、当時二軍コーチだった山口高志との出会い。上から投げ下ろしてボールを地面に叩きつける感覚を伝授されて軸足に体重を乗せることで球速は急激にアップ。この山口こそ、阪急時代に「火の玉ストレート」で速球王と呼ばれた伝説の男。藤川の火の玉伝説は不思議な縁で語り継がれていくことになる。

     40歳も目の前の今、ストレートだけで抑えられなくなっていることは承知している。スライダーやフォークを混ぜながらの投球だが、それでも奪三振へのこだわりは捨てていない。

     名球会入りの目安となる250セーブまで、あと16個。守護神復帰を公言した今季だが、開幕直後は中継ぎでも打ち込まれて、自らファーム行きの再調整を志願した。3年間のメジャー挑戦は故障と手術に明け暮れ、帰国後も1年間は四国アイランドリーグに在籍して後輩の指導にもあたった。回り道のように見える屈辱の日々を乗り越えて今の藤川がある。

     先発も中継ぎも経験して、そして抑えに戻ってきたオールラウンダー。こだわりの火の玉はまだまだ消えない。

    文=荒川和夫(あらかわ・かずお)

    BASEBALL KING





    去年から火の玉 生き吹き替えしたな。 がんばれ球児! 阪神・藤川球児の「火の玉伝説」は生きている(ベースボールキング)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190826-00200843-baseballk-base 



    ストレート被打率 藤川球児 .131(107-14) 岩崎優 .084(83-7) 強えぇ



    藤川球児(39)、おっさんのくせに全盛期のような火の玉ストレートで三振を取るの巻 #hanshin


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     阪神がヤクルトに7-4で勝ち、今季初となる5連勝を飾った。一回に福留の2ランで先制。三回に逆転を許したが、四回1死満塁から高山の2点二塁打で再び逆転した。先発野手全員安打となる12安打で打線がつながった。

     九回は守護神の藤川が代打・荒木と奥村を2者連続見逃し三振に斬ると、最後は代打・西田を中飛に仕留め、今季9セーブ目。ソフトバンク・サファテと並ぶ現役最多タイNPB通算234セーブとなった。





    藤川球児234セーブ!?



    藤川球児、サファテに並ぶ歴代4位の234セーブ



    勝ったで~(>_<)藤川球児通算234セーブ(日米通算236セーブ)!タイガース5連勝! ヤクルト4-7阪神(神宮球場) #hanshin



    藤川球児(阪神)234セーブ(NPB232、MLB2)



    球児ついにサファテと並んで現役選手では最多セーブかあ リリーフで200HP達成してこれはほんまに素晴らしいよ 明日現地やし阪神にも6連勝してもらって、最後は球児で締めてサファテ越えてくれーー


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


    <阪神3-1DeNA>◇21日◇京セラドーム大阪

    阪神藤川球児投手がが今季8セーブ目を挙げ、日米通算セーブ数を235とした。

    名球会入りの投手の条件は200勝または250セーブで、藤川はあと15セーブ。今季チームは残り28試合で、フル回転すれば不可能な数字ではない。なお阪神生え抜き投手の名球会員は村山実(222勝)だけで、藤川が抑え投手として入会すれば球団初となる。球団生え抜き野手では、藤田平(2064安打)と鳥谷敬(2080安打)の2人が名球会入りしている。




    藤川球児が名球会入りのためではなく実力で抑えやってんのちょっと凄すぎるなあ



    藤川名球会いけんじゃね?



    虎🐯ほー 高山ほー‼️ マルテほー‼️ 藤川、名球会いけるやん


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     阪神・藤川球児投手(39)が19日、逆転CS進出に向け、チーム一丸で“アグレッシブ”に挑む姿勢を示した。チームは現在、借金7の4位で残り30試合。3位・広島とも5ゲーム差がついているが、Aクラス入りに向け「一戦一戦」と語気を強めて前を向いた。20日からのDeNA3連戦で弾みをつける。

     もう30試合しかない。いや、違う。まだ30試合ある。藤川はチーム浮上、逆転CS進出に向け、一戦一戦に全力を尽くし、チーム一丸となって果敢に勝利を目指していく必要性を熱い口調で語った。

     「一戦一戦、戦っていかないといけない。とにかく“アグレッシブ”にやっていくしかない。それしか言いようがないので」

     先月26日からクローザーを務め、ここまで7セーブを挙げる。20日のDeNA戦(京セラ)からドリスが再昇格するが、藤川はここまで43試合に登板して防御率1・67。存在は不可欠だ。

     前カードの巨人3連戦は登板機会がなかった。「投げたいというより、僕は勝ちたいというだけでね」。投げるだけじゃない。最終的に勝利をつかみ取るという熱き思い-。短いながらも、発する言葉には強い決意がみなぎっていた。

     ブルペンでは能見に次ぐベテランで、リーダー的存在。ペナントレースも佳境に差し掛かった状況だけに「チーム全体でやっているのでね。チーム全体としてやっていくということ。またあす、あさってからね」と団結して戦う大切さを説いた。

     現状を打開するため、清水ヘッドコーチは中継ぎ陣に対して「誰かをもう休ませることはできない。どうしても勝ちたいからね。気持ちはその一つだよ」と藤川同様に総力戦を訴え、残り30試合に全身全霊をかけて戦う意向を示した。

     弾みをつけるため、2位・DeNAとの3連戦でなんとしても流れを引き寄せたい。「とにかく一戦一戦。今のところはそれしか考えられない。選手ですから。僕らは選手なのでね、頑張りますよ!」。球児の熱い叫びが響いた。逆転CS進出に向けた正念場の戦いが始まる。魂を込めた一球一球を投じ、経験豊富なベテランが、チームに勝利を呼び込んでいく。





    クローザーは球児のままでいいんじゃないかな? #日刊スポーツ 「僕は(チームが)勝ちたいというだけ。チーム全体としてやっていくということ。とにかく1戦1戦。今のところはそこまでしか考えられない」by藤川球児 pic.twitter.com/s7nDLEEEMb



    藤川球児なんて阪神球団の最高傑作  https://twitter.com/chikamoto_5/status/1163457837214789632 



    阪神先発5回 6回岩崎 7回球児 8回ジョンソン 9回ドリス これめっちゃ強い こんなんしたら中継ぎ潰れるけど


    続きを読む

    このページのトップヘ