とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    その他球団

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     昨年、阪神からの引退勧告を拒否して自由契約となったものの、いまだに去就が決まらない鳥谷敬内野手(38)の周辺が、にわかに注目されている。一部で「このまま引退か」ともささやかれるなか、ここへきて獲得の可能性がある球団が複数あることが分かった。その一つが「球団が難色を示していた」とされるロッテ。すでに選手からも待望論が噴出するなど、キャンプを前にした近日中にも、何らかの動きがありそうな状況だ。

     鳥谷は昨季限りで阪神を退団した当初、公私にわたって親交が深い井口監督が指揮を執るロッテへ移籍することが有力視されていた。

     ところが、当のロッテは現時点で獲得の意思を示していないばかりか、球団関係者も「その件(鳥谷の移籍)はもう立ち消えでしょ。ウチは若手育成にかじを切ったわけだからね。いくら彼(鳥谷)が(井口)監督と親しくてもベテラン獲得となれば球団、チーム方針に反するわけだから」と獲得を否定してきた。

     だが、鳥谷のロッテ入りは完全に消滅したわけではなかった。球界関係者によると「井口監督は鳥谷の獲得をまだあきらめていないようだ。鳥谷サイドも条件面などで軟化しており、どうなるかわからない状況だと聞いている。すぐにロッテ入りが決まれば『デキレース』だと思われてしまう。キャンプまでに動く可能性はある」という。

     舞台裏では何が起きているのか。関係者の話を総合すると、鳥谷サイドの希望した条件とは、金額よりもある程度の出場試合数を確保することだったという。だが、球団側が「若返り」を理由に出場試合数を契約に盛り込むことに難色を示し、交渉はストップ。それでも井口監督だけでなく、選手や球団OBたちからも「鳥谷獲得」を望む声が噴出し、鳥谷サイドも軟化の兆しを見せてきていることから、交渉が一気に進む可能性が出てきたという。また、ロッテ以外にも「条件にこだわりがないのなら…」と関心を寄せている球団があることも分かった。

     実際、現在自主トレ中のロッテ主力選手は「球団の育成方針は間違っていないと思いますが…」と前置きしながら、現場の声をこう明かす。

    「実は鳥谷さんが阪神を退団して以降、選手の間ではロッテに来てほしいという意見が圧倒的に多いんです。野球に対する取り組み、姿勢がお手本になるほど素晴らしいと聞いているので、みんな『一度一緒にやってみたい』と。それに戦力としても内野の全ポジションを守れた(鈴木)大地が楽天に移籍してしまったので、内野のバックアップ要因が手薄です。若手が育っているとはいえ、シーズンを通して活躍できるか、となると不安が多い。優勝を狙うなら鳥谷さんが必要だと思います」

     球団OBも「若手育成というけれど、そのためにも鳥谷の力は必要。キャプテンシーもあるし、試合に出たいとアピールする姿勢や、練習に取り組む姿勢など、若手に見てもらいたいところはたくさんある。若手と本気で競争させたら、ロッテは確実に強くなると思うよ」とほぼ同意見だ。

     ロッテではこれまで、この時期に去就が決まっていない選手を入団させる際には、春季キャンプでテストを実施するパターンが目立っている。2年前には大隣(現投手コーチ)が同様の流れで入団。現在の今岡二軍監督も阪神を自由契約になった翌年の2010年春季キャンプにテスト生として参加し、入団した。

     果たしてキャンプまでに鳥谷の去就は決まるのか。それとも――。

    【ロッテの内野事情】ロッテの今季内野陣は4番候補の一塁・井上を筆頭に、二塁に中村、三塁には昨季チーム最多の32本塁打を放った助っ人・レアード、昨季イースタン打撃3部門(本塁打、打点、安打数)でリーグトップに輝いたプロ3年目の安田も控える。

     ショートもプロ3年目藤岡と同5年目の平沢がいるため、一見すればコマ不足には見えない。だが、レアード以外は一軍で確固たる実績を残しているとは言い切れない選手ばかり。ケガにより戦線離脱の可能性も否めない。となれば、豊富な実績に加え、内野の複数ポジションを守れる鳥谷は戦力としても必要な存在といえそうだ。




    ロッテ鳥谷。 見てみたい気はするけど、どうかなぁ。 鳥谷 引退危機から急転ロッテ再浮上 選手からは待望論噴出(東スポWeb)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200119-00000002-tospoweb-base 



    鳥谷選手はロッテ移籍が再浮上したか。 もし獲得されなかったら、引退だろうか。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/01/11(土) 14:24:40.73 ID:1Rl2WGHW0
    主観抜きで

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/01/11(土) 14:25:03.82 ID:1Rl2WGHW0
    どっちやろ

    18: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/01/11(土) 14:28:37.92 ID:qVCfmHZc0
    さすがにこの時点じゃわからん
    一年経てばある程度わかる

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1578720280/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ロッテ・安田尚憲内野手(20)が5日、大阪府茨木市内の母校・履正社グラウンドで自主トレを公開。後輩にあたる阪神のドラフト2位・井上広大外野手(18)=履正社=に“金言”を授けた。

     自身が3年生の時に、新入生として入学してきた井上。今年、プロの世界へ飛び込む後輩に「高校野球からいきなりプロ野球。最初は打てなくて。何ランクも上でなかなか簡単にはいかないと思う」。そんな苦労した経験も踏まえた上で「ブレないこと」とアドバイス。自分に“芯”を持って取り組むことが、大事だと力説した。

     井上ら母校の後輩たちは、昨夏の甲子園で初優勝を成し遂げた。「刺激になったし、今年は自分が頑張りたい。活躍するところを見せて、いいお手本になれれば」と言葉に強い力を込めた。


    ▼記事全文はこちら



    ドラフト2位の井上広大選手は、履正社高校の先輩、ロッテ安田選手からもらったバットを持参しました。「パリーグは安田さん、セリーグは井上と言われるような選手になりたい」と意気込んでいました。 #阪神 #タイガース #井上広大 #履正社 #ドラ2 #入寮 #虎風荘 pic.twitter.com/m01zjvN7za


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     虎党が喜ぶ新年の誓いだ。阪神・矢野燿大監督(51)を、デイリースポーツ評論家・新井貴浩氏(42)が直撃。矢野監督は就任1年目の2019年に6連勝フィニッシュで3位に浮上し、奇跡の逆転CS進出を果たした。現役時代に優勝を経験している2人は、チーム一丸で戦った昨季終盤の戦いぶりから、今年の飛躍を予感。指揮官からは優勝宣言まで飛び出した。対談その1。

      ◇  ◇

     新井貴浩氏(以下、新井)「あけましておめでとうございます。早速ですが、昨季は最終戦までの6連勝で、逆転CS進出。すごかったですね」

     矢野監督(以下、矢野)「あけましておめでとう。本当にあれがあったから、そういう印象で終わることができたと思う。どうしても勝ちたいというところで、(結果も出て)手応えをつかめたというのはあるね」

     新井「僕は20年間、現役でやらせてもらって、7年間タイガースのユニホームを着させてもらいました。外と中からタイガースを見て、あんなに盛り上がるベンチを見たのは初めてでした。矢野監督も初めてぐらいじゃないですか?あんなに盛り上がったのは」

     矢野「そうやね。楽しんだらアカンと思っていたから。能見、球児や、一緒に(現役で)やっていた人は『矢野、そんなん言うてるけど、現役時代やってへんやん』って思いはあると思うねんけど。それが一番結果が出ることだと自分の中で確信があって」

     新井「確信ですか?」

     矢野「ズバ抜けた成果を出したり、いい人生を歩んだりしている人って、楽しんでいる人が多い。俺らはプロやから楽しんだり、笑ったらアカンと教えられた。でも、逆なんやなって。全部をひっくるめて『よし、苦しいことも楽しんでやる』っていう。だから、それを言っている俺が一番楽しもうと思っていて、それがガッツポーズになったり」

     新井「最初は選手も(様子を)うかがっていたと思うんです。『監督、本当にガッツポーズしているかな?俺たちもしていいのかな』と。でも、負けられない戦いで全部勝ってCSに行って、CSでは(DeNAとの第1戦の)逆転のシーンでベンチ前にみんなが出ていましたよね。『俺たちやっていいんだ。監督ってこういう考えなんだ』というのが1年かけて伝わったのが、あの戦いに出ていたと思うんです。矢野監督のやりたいことが浸透したんだと思いました。今年がすごく楽しみですね」

     矢野「ホント、そう思う。今言ってくれたように、そこに手応えがある。俺が喜ぶ姿を見せた時に選手は『喜んでいいんやな』と、どこかしらで確認していたと思う。でも(CSファースト初戦で)北條が逆転三塁打を打って翌日の新聞1面を見た時に、藤井(バッテリーコーチ)と久慈(内野守備走塁コーチ)が俺より前に出てガッツポーズしていて。選手全員、トレーナーまでガッツポーズして。俺がかすんでいるような。その写真を見た時にめっちゃうれしくて。俺らの野球というのが、その1面に出ていた。1年かけてみんなが理解してくれているな、という手応えは感じているね」

     新井「あのシーン、すごく印象に残っているんですよね。たくさんの人がベンチ外に出てワーってやっていましたよね。裏方さんも心から喜んでくれるのって、チームの雰囲気を表していると思うんですよね。本当に去年1年でグッと上がりましたよね。なんか…、優勝ですね」

     矢野「ばれた!?そうやで。俺、もう2020年は優勝するって決めてんねん。外国人も入って、ベテランもまだまだ頑張ってくれるやろうし、高山ら中堅も悔しさを持ってやってくれているし。全体的にグッと上がっていけるチームになってきたと思う」



    元旦のデイリー買ってきたよー!!! 新井さん&矢野監督✨✨✨ 矢野監督の 「俺、もう2020年は優勝するって決めてんねん」の言葉に期待しますよ! pic.twitter.com/onErEbw5Mb



    【矢野監督・新井氏 対談1】矢野監督 V断言「20年は優勝するって決めてんねん」/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2020/01/01/0013002542.shtml  # @Daily_Onlineより V断言゚(゚ノ∀︎`゚)゚。アヒャヒャ 行くぞ‼️2020年矢野阪神タイガース‼️


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     日本ハムは27日、チーム統轄本部の和田照茂トレーナー、青木走野広報兼通訳、蕭一傑通訳の退団を発表した。

     今季、台湾・ラミゴから加入した王柏融とともに入団した蕭一傑通訳は、08年度ドラフト1位で奈良産業大から投手として阪神に入団。2試合に先発し0勝1敗、防御率2・16だった。12年オフに戦力外通告を受け、ソフトバンクに育成選手として入団したが1年で再び戦力外通告を受けた。15年から母国・台湾の義大でプレーし18年限りで現役を引退。今季から王柏融の通訳として日本ハムに在籍していた。




    日本ハム 蕭一傑通訳の退団を発表 08年度阪神ドラフト1位の元投手(デイリースポーツ)- Yahoo!ニュース  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191227-00000076-dal-base  日本ハムは27日、チーム統轄本部の和田照茂トレーナー、青木走野広報兼通訳、蕭一傑通訳の退団を発表した。 pic.twitter.com/c3ECfFs7sa



    蕭一傑さん、次何するんだろ



    和田さん✨走野さんも退団なんですね😭選手は中々本音明かさないので、話を聴いてくれるメンタルトレーナー的な役割もありますから大変ですよねー😅どなたか適任の方お願いします🙏日本ハム、“大谷広報”青木走野氏、通訳の阪神ドラ1蕭一傑氏らの退団を発表(Full-Count)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191227-00646416-fullcount-base 


    続きを読む

    このページのトップヘ