とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    野球全般

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

     平成最後の「伝統の一戦」。甲子園には今季最多の4万6516人が詰めかけた。大勢はもちろん、リベンジを切に願う虎党たち。だが、ため息ばかりが渦巻いた。

     打ってダメ、守ってもダメ。悪い部分ばかりが目立つ試合だった。

     この日は打率リーグトップの梅野を5番に据えた。が、空回り。四回1死一、二塁で投ゴロ併殺、六回2死一、二塁で二ゴロ。九回も投ゴロ併殺で最後の打者となった。「打ちたいという気持ちが強かった。出直してきます」と梅野。阪神戦3勝無敗のメルセデスを打ち崩せなかった。

     守りでは先発・西の足を引っ張った。四回は糸原の失策によって先制点を献上し、九回も失策、悪送球、暴投が絡んで試合を決定づける3点目を与えた。

     戦前から人気を二分してきた東西の老舗球団。2リーグ制後は劣勢が続くがその対抗心は強い。昭和60(1985)年に巨人・槙原からバース、掛布、岡田が放った「バックスクリーン3連発」は語り草。今も、巨人にだけは、との思いを抱く阪神ファンは少なくない。それが……。

     巨人に開幕から1勝もできずに6連敗。平成を締める一戦は前日に続く零封負けで、平成通算318勝435敗(17分け)と大きく負け越して幕を閉じた。伝統を紡いできた1人、矢野監督は「(勝ちたいという気持ちを)もちろん強く持って戦っている。まだ先がある。リベンジできる形をつくっていきたい」。トラは目覚めるのか。時代は令和へと移る。(辻隆徳)

     阪神から見た「伝統の一戦」対巨人の戦績

    【昭和】

    ・1リーグ制時代(1936年~49年)  85勝 84敗 3分 勝率5割  3厘

    ・2リーグ制時代(1950年~88年) 410勝546敗51分 勝率4割2分9厘

    【平成】(89年~2019年)     318勝435敗17分 勝率4割2分2厘

    【令和】(19年~     )      ? 勝 ? 敗 ?分 勝率   ?

     西(神) 打線の援護に恵まれず2敗目。「見ての通り、自分の責任です。自分たちのしたいことができなかった」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190421-00000045-asahi-spo

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    aJGq-OIl_400x400

     (セ・リーグ、阪神0-2巨人、5回戦、巨人5勝、20日、甲子園)阪神は打線が振るわず完封負け。巨人に開幕から5連敗となり、今季最初の甲子園デーゲームでの伝統の一戦で、今季最多4万6462人が声援を送ったが、ため息に変わっていった。三重県からきた竹内海斗くん=高校生=は「巨人強いね。やられてしまった」と脱帽も「まだまだこれから。巨人を倒さなきゃだめ」とここからの巻き返しを願った。

     奈良県の立石宏明さん(47)=会社員=は「大山はこのまま4番で使い続けてほしい。若手に経験を積ませて、まずはチームの土台を作ってほしい」とここまで全試合で4番の大山をはじめ、若手野手陣の成長に期待を込めた。福島県から遠路はるばる駆けつけた山下正明さん(51)=会社員=は「楽しみにしてきたのに…。一回のチャンスで先制していれば。あそこで雰囲気を作るの必要ですよね」と嘆いた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190420-00000580-sanspo-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

     阪神が19日の巨人戦(甲子園)で4-12と大敗。4万2364人が詰めかけた甲子園はため息…。大阪府池田市の山本玲くん(6)=小学生=は「ことし甲子園に来るのは3回目だけど、全部負け。いっぱい打って勝つところが見たい」と残念そう。奈良市の伊藤信行さん(70)は「打つか、抑えるかしないと。野手は打てる選手か、守れる選手かを徹底して使い続けるべき」と力説した。また大阪市の篠原里歩さん(27)=会社員=は「木浪くんのホームランが出た時は逆転できるかもと」、大阪市の大野修吾さん(19)=大学生=は「(近本と)2人とも甲子園でホームランを打てるのはすごい。もっとスタメンで使ってほしい」と“キナチカ”に期待を寄せた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190419-00000582-sanspo-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

    20日のプロ野球予告先発は以下の通り。

    <セ・リーグ>

    中日柳裕也-ヤクルト石川雅規(ナゴヤドーム=午後2時)

    阪神岩貞祐太-巨人ヤングマン(甲子園=午後2時)

    広島床田寛樹-DeNA井納翔一(マツダスタジアム=午後2時)

    <パ・リーグ>

    楽天美馬学-オリックス東明大貴(楽天生命パーク=午後2時)

    西武今井達也-ソフトバンク・スアレス(メットライフドーム=午後2時)

    ロッテ・ボルシンガー-日本ハム上沢直之(ZOZOマリン=午後2時)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190419-04190518-nksports-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

    阪神陽川尚将内野手(27)が19日、今季初昇格を果たした。

    昨オフに右肘のクリーニング手術を受けた影響もあり、春季キャンプは2軍スタート。今季は、ここまで2軍で20試合に出場して打率2割3分9厘、1本塁打、4打点。

    昨季は4番も任された男が、逆襲に燃える。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190419-04190354-nksports-base 




    続きを読む

    このページのトップヘ