とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    うえぽん

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2
     「阪神2-1DeNA」(3日、甲子園球場)

     4万6552人のスタンドが、一瞬の無音状態と化した。放物線を描く白球がゆっくり、左翼スタンドに進んでいく。着弾と同時に沸きに沸く聖地・甲子園。殊勲の阪神・上本博紀内野手は足早にダイヤモンドを駆けた。西を、チームを救った起死回生の同点弾。待望の今季1号が、延長での劇的サヨナラ勝利につながった。

     4月28日・中日戦以来の先発出場。1点差の六回だ。DeNAの先発・阪口に五回まで2安打無得点に抑えられ、国吉に代わった直後。先頭の上本は「いつも狙っている」という初球、147キロの直球をフルスイングした。速球を捉えた今季1号は昨年5月1日のDeNA戦以来、367日ぶり。悪夢を振り払う一発となった。

     「復帰して一番苦労したのが目でした。ボールのスピードになかなか付いていけなかった」。昨年5月5日の中日戦。二盗を試みた際、左膝前十字靭帯(じんたい)を損傷した。3試合連続猛打賞と無双を誇る中での負傷。再建手術を受け、シーズンを棒に振った。全力プレーの代償だが、離脱とともにチームは低迷した。

     リハビリで故障箇所は万全な状態に戻った。ただ1年近いブランクで、プロのスピードに慣れるまで時間を要した。動体視力を回復させるために「いろいろ試した」とメガネを試したり、専門医に相談するなど試行錯誤の繰り返しだった。ケガから間もなく1年。速球を振り抜いた一発は、完全復活を告げる合図にもなった。

     矢野監督がベンチを飛び出して迎える。国内FA権を持ちながらリハビリに専念していた昨オフ、就任直後に慰留され、熱い思いに応えて残留を決めた。「どうしても勝ちたい」。感謝は結果で示すと決めている。サヨナラの喜び一瞬に、足早にグラウンドを後にした。「明日はまた明日」。頼れる男が帰ってきた。上本博紀が帰ってきた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190504-00000021-dal-base



    【一軍】公式戦【阪神1-1DeNA】 6回裏 同点弾や!うえぽん、最高! 投手:国吉 打者:上本 結果:初球攻撃!低め147キロ真っ直ぐをジャストミート!レフトスタンド中段へ飛び込む第1号同点ソロホームラン!!  http://hanshintigers.jp/  #hanshin #tigers #阪神タイガース #ぶち破れオレがヤル #博紀がヤル



    @hanshintigersjp 日本人枠 令和第一号ホームランは上本さんで🆗✌️



    贔屓目なしで言いますけどうえぽんのホームランが1番かっこいい


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     ◇練習試合 阪神4―4日本ハム(2019年2月17日 宜野座)

     前日のハイライト、いや、それ以上に鮮やかな一発だった。「1番・二塁」で先発した阪神・上本が、第1打席の初球を捉えて2日連続の先頭打者初球本塁打。正真正銘の離れ技に、スタンドではどよめきと拍手が入り乱れた。

     「基本的にそうです(初球を狙っている)。結果はたまたまなので」。経験に裏打ちされた高い技術から、最高の結果を生み出した。早大の後輩にあたる有原が投じた真ん中低め145キロを、バックスクリーン左へ叩き込んだ。前日のケース打撃でも才木の初球を完璧に捉える左越え弾。キャンプにおけるインパクト十分の打撃内容は、内野手争いの中で頭一つ抜けている。

     第4クールを総括した矢野監督が言う。「(MVP)は上本か北條か、ですかね。上本も2日続けて初球ホームランを打っていますから。見事に持ち味を見せてくれた」。セールスポイントである一発長打のパンチ力に、大きく頷いた。

     「今日は良かったですけど、明日はどうなるか分からない。今日は今日です」。決して浮かれることなく、冷静に言葉をつなぐ姿も頼もしい。若手の突き上げを制するように打ちまくる32歳から、目が離せない。(巻木 周平)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190218-00000061-spnannex-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/01/10(木)08:09:37 ID:FVh
    1

     阪神の上本博紀内野手(32)が春季キャンプ1軍スタートになることが濃厚であることが9日、分かった。昨季は「左膝前十字靱帯(じんたい)損傷」でシーズン途中に戦線離脱。この日から鳴尾浜でリハビリを開始した中、今季最大の目標に「ケガをしない」ことを掲げた。二塁定位置争いでは糸原らとの戦いとなる2019年。背番号00の逆襲が始まる。

     吐息は白く、時折みぞれも舞った。気温5度。新人合同自主トレ開始で熱気に包まれたこの日、同じ鳴尾浜のグラウンドで始動した上本がじっと足元を見つめていた。「僕としては、一日一日しっかりやっていきたい」。19年のテーマは「ケガをしない」こと。シーズン途中離脱からの脱却だった。

     昨季は5月に“落とし穴”があった。安芸スタートになったが、3月3日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)から1軍へ。4月下旬から「1番・二塁」でスタメンに定着すると、打率・422をマーク。そんな中迎えた5月5日の中日戦で、二塁に滑り込んだ際に左膝を負傷。「左膝前十字靱帯損傷」の診断を受け、6月に再建手術を行った。

     全ては恩返しのために-熱い思いがあった。度重なるケガに泣き、プロ10年間で100試合以上出場したのはわずか3度だけ。さかのぼれば、左肘内側側副靱帯損傷、右目周辺の裂傷、左上前腸骨棘の亀裂骨折…。全力プレーの中で負う代償はいつもいつも、大きかった。だからこそ今オフ、上本はFA権を行使せず残留を決意。「ケガばかりですが、僕のことを応援してくれる人がいる。そういう人たちに恩返しできれば」と虎党への思いを明かしていた。

    万全の状態証明

     約7カ月間の懸命なリハビリ。一つずつできる練習が増え、今ではランニングや室内での打撃練習も行えるまでになった。予定通りに進めば、キャンプインでは全メニューを消化できる見通し。「寒いので、慎重にはやっていきたい」。ここまで順調にリハビリを行っているからこそ、逆に気を引き締めた。

     矢野監督らの期待も大きく、春季キャンプでは1軍の宜野座キャンプからスタートすることが濃厚だ。ただ、上本自身は「安芸(スタート)でもしっかりやらないといけない。のんびりというのはない」と1、2軍関係なく、最初からアピールするつもり。定位置奪還へ糸原らとの競争になるが、まずは1軍首脳陣に万全の状態であることを証明する。

     「足をケガして、実戦もまだですし、ユニホーム着てバリバリも動いていないので。今はまだしっかりリハビリ頑張ります」

     リハビリの先に見えてくる、2年ぶりの1軍キャンプへ。ここで立ち止まっているわけにはいかない。

    https://www.daily.co.jp/tigers/2019/01/10/0011967080.shtml

    引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1547075377/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2018/12/18(火) 23:10:30.98 ID:3Ecqr93S0
    b975733b



    サード上本でレフト大山?

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1545142230/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2018/11/24(土) 00:40:12.09 ID:BmIqEzlA0
    no title

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2018/11/24(土) 00:41:36.18 ID:0d8h1fhQa
    柴田講平で草

    3: 名無しさん@\(^o^)/ 2018/11/24(土) 00:42:29.92 ID:+aEKwiZo0
    右は誰

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1542987612/

    続きを読む

    このページのトップヘ