とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    こやぶるスポーツ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    7月30日、今シーズン2度目の先発マウンドに上がった阪神の藤浪晋太郎。

     この登板に、特別な思いを持って見ていたのが、山本昌さん。去年1勝もできず、逆境から這い上がろうとする藤浪をキャンプ中、臨時コーチとして近くで見てきました。

    山本昌さん:
    「(今季初の1軍戦では)2軍戦に比べると、ちょっとコントロールが乱れていました。当然1軍なのでいいバッターがいて意識すると思うんですけど、そのへんが課題ですね。1軍でやるということは“勝つピッチング”をしないといけないので、それはもう自分の中でやっていかないといけないと思います」

     復活へのきっかけは、藤浪自身が掴み取るしかない…昌さんはそう感じていたのです。

     ヤクルトを相手に、2年ぶりの勝利を目指した藤浪のピッチング。先頭バッターに対し、藤浪は4球すべてストレートを投げこみます。

     序盤2回までは、36球のうち、何と33球がストレート。

    山本昌さん:
    「真っすぐでストライクが入れば余裕を持って投げられますので、捕手の梅野がストレートの感覚を藤浪につかんでほしいと考えているのかもしれません」

     藤浪の課題の一つ、フォアボールを減らすためには、ストレートの間隔を序盤につかむこと。梅野の願いのこもったリードは与四球わずか1という数字にも現れました。

     慎重197cmと恵まれた身体から繰り出される魅力的なストレート。
    かつては、160キロを誇る、豪速球でした。

    山本昌さん:
    「本人はまだ6割くらいじゃないですか?ストレートの質は全盛期と比べると良くないんですよ。質という意味でまだ6割ですね」

     1点は失ったものの、序盤でコントロールを乱さなかった藤浪。
    3回からは変化球も交え、復活に向け素晴らしいピッチングを見せます。

     1点リードを許し、迎えた6回、藤浪にとって正念場がやってきます。先頭バッターに甘く入った変化球をとらえられ、ノーアウト2塁のピンチ。

     今季初の1軍登板となった広島戦でも、力みが出始めたのは同じ6回。変化球のコントロールが定まらなくなったところ、ストレートを狙い打たれて痛恨の逆転満塁ホームランを浴びました。ピンチで力みが出た藤浪に課題があったと、昌さんは見ていました。

    山本昌さん:
    「当然1軍なので全力で投げるんですけど、(結果を出していた)2軍の時は9割とか8割5分の力で投げていたんです。力を抜いて投げて欲しいですね」

     力の抜けた藤浪を見てみたい。しかし、30日、その昌さんの予想とは違い、マウンドには闘志むき出しで投げ込む藤浪の姿がありました。

     コントロールを制御しようとしていた藤浪から、荒々しい藤浪へ…。6回2アウト、ランナー三塁。変化球の投げミスが、すぐに失点につながる場面でも、しっかりと前を向きバッターに向かっていきます。

    山本昌さん:
    「躍動感がホント出てきた、この回。全然違いますよ!」

     暴投を恐れず、躍動感を持って投げ込む藤浪がそこにはいました。結果は見事、変化球で空振り三振。この日一番のガッツポーズを見せます。

     今季2度目の先発登板は、7回を投げ4失点ながら、自責点は1。今後に期待を持たせるピッチングを披露しました。

    山本昌さん:
    「まだまだ上があるんです。藤浪には。かなり上がある。このピッチングが出来たということは、次も先発のチャンスをもらえるはずなので、今回は勝てなかったですけど、こういうピッチングをしていれば必ず野球というのは勝ちがつきます。良く投げました。負けたのは仕方ない!」


    (関西テレビ8月1日(土)午後5時から放送『こやぶるSPORTS』より)




    2020/8/1 ストレート系平均球速(min 30Pitches) 藤浪晋太郎、どう考えても球界の至宝なんだよな pic.twitter.com/kbFFEUksHD



    @bluetiger_bb しかも球速はたぶん抑え気味でこれ


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     野球評論家の掛布雅之氏(65)が13日、カンテレのスポーツ番組「こやぶるSPORTS」に出演。今季のプロ野球開幕を直前に控え、矢野阪神の順位を予想した。

     掛布氏はレジェンド解説者として田尾安志氏、金本義明氏、片岡篤史氏とともに出演(田尾氏、片岡氏はリモート出演)。新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期となっていたプロ野球の開幕が19日に決まったことで、それぞれ順位予想を行った。

     掛布氏の優勝予想は阪神、巨人、中日、DeNAの4チームが並立。「高橋遥人がローテーションに入っていれば阪神の優勝にしていたと思う」と、5月末にコンディション不良で離脱した左腕の不在をマイナス要因とした。「巨人は去年の覇者。キャンプ見た時にチームバランスが一番いいのは中日なんですよ。DeNAは新外国人がすごくいいバッターが入りました」と上位混戦を想定した。

     阪神を優勝としたのは田尾氏ただ1人。「去年、なぜ勝てなかったかというと打線。優勝できる投手陣はそろっていた。(今季は)打線がものすごく補強されたと思う。外国人選手は当然いいと思うし、日本人選手のレベルが高い。そうなると優勝しかない」と言い切った。

     金村氏と片岡氏は3位と予想。当初、優勝を予想していたという金村氏は「この3カ月にいろいろありましたよね。期待していた藤浪、高橋遥人。左右のエースになるべきと思っていたのが、どちらも使えない」と評価を下げた理由を説明。優勝へのキーマンには「藤浪」を挙げた。片岡氏は「巨人に勝ち越せば、順位は変わってくる。セ・リーグは、ヤクルト以外はどこが上位に来てもおかしくない戦力」とコメントした。




    優勝予想、ぶち上げてくださいよ皆さん! 掛布氏らレジェンド解説者が矢野阪神の順位予想 優勝断言は田尾氏ただ1人/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2020/06/13/0013421885.shtml  @Daily_Onlineより



    こやぶるスポーツで、 掛布が、開幕5カード連続ロードで不利 になるって聞いてたけど、 他の解説者がぶった斬ってくれて安心した。 確かにタニマチがないのはでかいな。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神から自由契約になった鳥谷敬内野手(38)が30日、カンテレで放送されたスポーツ情報番組「こやぶるSPORTS大忘年会SP」(後3・50)にゲスト出演。虎党にメッセージを送った。

     番組のエンディングで阪神ファンへのメッセージを求められた鳥谷は、「16年間、本当にいい時も悪い時も本当にたくさんの声援をもらって…。その声援のおかげで苦しい時も頑張れました。(連続フルイニング出場が途切れてからの)最後の3年間というか…、本当に自分の立場を失い、その中でグラウンドに立った時の皆さんの声援が、すごい力になって、本当に感謝しています。今後、自分がどういう風になっていくのか本当に分かんないですけど、また皆さんに応援してもらえるような立場だったりとか、いろんな経験をして、また皆さんの前に立てたらな、と思っています。16年間、ありがとうございました」と感謝の思いを伝え、唇をかみしめるようにした。




    🐯 鳥谷 虎党への感謝❗️ 「自分の“立場”を失った後の 皆さんの声援がすごい力に…」👍 #阪神タイガース #鳥谷敬 記事デイリーさん pic.twitter.com/0a3TdkTUIk






    鳥谷 虎党への感謝「自分の“立場”を失った後の皆さんの声援がすごい力に…」  https://www.daily.co.jp/tigers/2019/12/30/0013000202.shtml  しんたろちゃんの事も心配してた…😢


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神から自由契約になった鳥谷敬内野手(38)が30日、カンテレで放送されたスポーツ情報番組「こやぶるSPORTS大忘年会SP」(後3・50)にゲスト出演。阪神ファンからの質問に答え、阪神への“復帰”について語った。

     虎党からの質問コーナー。応援歌が流れる中、バットを振った鳥谷は「もう(この応援歌を)聞けないと思うと寂しいですね」と口にした。

     虎党からは「阪神に戻ってほしい」「阪神に戻ってきてくれる?」という声が多数寄せられた。鳥谷は「当然、自分が決めれることじゃないので、その時のタイミングというか。そういう声をかけてもらえたら嬉しいと思います」と話した。

     MCの小籔千豊が「オファーがあったら、あっこ(阪神)は腹立つからもう二度と戻らん、ということはない?」と聞くと、「それはないです」ときっぱり、即答した。

     タテジマのユニフォームを着て16年。関東出身(聖望学園)だけに、「関西には慣れてきた?」という質問もあったが、「関東の方が楽ですね。たくさん人と接したい、という方ではないので…」と苦笑いで答えていた。





    鳥谷 虎党の阪神に戻ってくれる?の声に「声をかけてもらえたら嬉しい」  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191230-00000095-dal-base  虎党から「阪神に戻ってほしい」という声が多数寄せられた。鳥谷は「当然、自分が決めれることじゃないので、その時のタイミングというか。そういう声をかけてもらえたら嬉しいと思います」と話した。 pic.twitter.com/PPnTAi6QtJ



    @gnomotoke なんか國母みたいになってる…





    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    小籔千豊がMC、本田望結がアシスタントを務めるスポーツ番組『こやぶるSPORTS大忘年会SP』(カンテレ)の12月30日(月)放送回に元阪神タイガースの鳥谷敬選手が出演する。

    2019年のスポーツ界を盛り上げたアスリートを表彰する「ぶるっとアワード2019」の受賞者として、スタジオに登場した鳥谷。『スターでまじめ 長く活躍してくれたで賞』を受賞ということで、トロフィーを渡された鳥谷は「まじめっていうのが…。もう38歳なので恥ずかしいですけど、うれしいです」と苦笑い。

    小籔は「鳴り物入りで入団したスターがずっとまじめ。長いこと活躍するというのが難しいということも分かってきた年齢ですので、表彰させていただきます」と恐縮する。番組では、入団から16年間在籍した阪神タイガースでのプレーを振り返るほか、気になる去就などについて、トークを繰り広げる。

    芸能界ナンバーワンの阪神ファンから届いた質問で、「新しい目標はなんですか?」には「今38歳ですけど、22歳で入団したときの38歳のイメージよりも体が動く。この感覚でどれくらいまでやっていけるか維持するのも目標だし、自分がどう感じていくのかが楽しみ」と回答する。

    今現在の状況も包み隠さずに激白し、さらに踏み込んだ「条件は出してるんですか?」という質問にも即答。また、阪神ファンの小籔は「ぶっちゃけると、鳥谷さんの阪神の退団のされ方にはうっすら腹がたってる!」と、怒りを爆発させる。ほかにも、「将来、阪神の監督オファーがきたらどうする?」「今、どうやってモチベーションを保ってる?」など、スタジオ出演者からも止まらない質問の数々に、鳥谷はノンストップで回答する。

    さらに、ミスタータイガース掛布雅之が、「誰にも話したことはありません。彼が縦じまのユニフォームを脱いだから話せること」と、今だからこそ明かせるエピソードを告白する。「皆さんが見ているのは、鳥谷の氷山の一角のキレイな部分だけ。僕は氷山の下のドロドロ・ゴツゴツしたような鳥谷を見ている」と、鳥谷の真の姿を明かす。この模様は、12月30日・15時50分から放送される。




    @ayaka48_yan @YamadaSuzu_1211 @nmb_mionchan 生放送見てたよ。 楽しかった。 録画予約しましょ ↓ こやぶるSPORTS大忘年会SP 30日(月)午後3時50分 鳥谷が小籔 & 本田望結に阪神の全てを語り尽くす ジャニーズ vs ブレイク芸人 vs アスリート 阪神梅野 も緊急参戦! 緊急帰国したアノ阪神 助っ人を緊急直撃!真相激白!? https://t.co/TedOrQ5dnF



    あと、こやぶるスポーツまったくチェックしてなかったんやけど、鳥谷さんと梅ちゃん出るなら見なければ………


    続きを読む